スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
大晦日のパリ・オペラ座 "Nouvel An"
一昨日からこちら英国は冬時間に切り替わりました。日本との時差は9時間。いよいよ暗くて長い冬の到来です・・・。

今年も残すところあと2ヶ月。パリオペ今年の大晦日のバレエ公演は「コッペリア」ですね(於バスティーユ)。HPのコッペリアのdistributionとは別のページにこの日のキャストが出ていました。デルフィーヌ・ムッサン/マチュー・ガニオ/ウィルフリード・ロモリの組で2006年を締めくくる模様。

<12月8日修正:スワニルダ役は怪我で降板のムッサンに代わり、メラニー・ユレルに--パリオペHP12月6日付更新情報より>

http://www.operadeparis.fr/Saison0607/Distribution.asp?Id=1006

私は大晦日の公演には一度も行ったことがないのですが、この日はチケット代がお高いのですよね・・・通常75ユーロの最高額の席が130ユーロになります。(シャンペンとカナッペが振舞われる、と聞いたことがありますが。)ネット上ではまだ全席種ブック可能みたいです。

ちなみにガルニエではアンジェラ・ゲオルギューのリサイタルがあるのですね。チケットの売れ行き、こちらはすごそうだなぁ・・・。
2006-10-31 09:50 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。