スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
金子扶生さんのキトリ・デビュー (10/25)
ロイヤル・バレエの新作・ドン・キホーテ、昨夜やっと見てきました。実は9月下旬から体調を崩して数週間仕事を休む状態に陥り、ファースト・キャスト(ヌニエス&アコスタ)のチケットをムダにしてしまい・・・マックレー&高田さんの公演も見たかったけど叶わず、なんとか金子さんのデビューには間に合ったという次第。

さてその昨夜、金子&ソアレス組の初日ですが、金子さんはまずまず立派なキトリ・デビューだったと思います。これは昨シーズン彼女の金平糖の精のデビューを観たときにも感じたことだけど、大抜擢の公演初日にもかかわらず物怖じとか全然してなくて堂々としてる。まあ彼女はロイヤルでのキャリアこそまだ浅いですが日本では既にプロとして踊っていたわけで、そう驚くことでもないかもしれないけど、真ん中を踊って当然、って雰囲気を醸しだしてるんですよね・・・これはいいこと。あと、私のようなロートル・バレエファンの目には、彼女はいまや貴重な古風なバレリーナの美質を持つダンサーにみえるのですよね。華もあるし・・・昨夜の舞台上でもまずまず"特別の存在"に見えましたから。

金平糖を踊ったときは、妖精というより貴婦人って感じだなあ・・・と印象に残ったけど、キトリを踊ってもエレガント。一幕のバルセロナの街の情景では快活な町娘だったけど、欲を言えば、若いダンサーならではの大胆さがもっとあってもよかったかも。(慎重を期していたのかも。なぜか最近ROHの舞台は滑りやすいと噂で、この日もメルセデス役のダンサーが登場シーンで派手に転倒してました・・・)

パートナーはティアゴ・ソアレス、二人の並びはなかなかよかったです。高身長同士で(今のロイヤルでは珍しい)ハンサム・カップル、金子さんは大人っぽい雰囲気があるので年上のティアゴとも違和感なくマッチしていてアダルトなペアでした。ティアゴ、パートナリングはまあよかったし(奥方に鍛えられてるせいか)、いい身体してるし、キャラはばっちりなんだけど、単体でみると、君の踊りは・・・

ちょ~っと、レイドバックしすぎじゃあありませんかぁ・・・というか、あんなヌルいバジルのソロってありなのか??正直彼にtechnical brillianceは期待してなかったけど、その低い期待値すら下回る出来。この方、この夜舞台上唯一のプリンシパルだったんですけど・・・これでいいのか・・・。(あ、でも繰り返しますが、彼はラテンの雰囲気はばっちり出ててキャラクター的には申し分ないのですよ。なだけにあのヌラクラなダンスが惜しい。最終的にはなんか憎めなくて、まっいいかーって許しちゃいましたが。笑)

最終幕のgpddは音楽が自分には耳慣れないアレンジかつスロー・テンポ、振付も見慣れたものと若干違っているせいかすぐには入り込めず。二人の踊りも細部に粗さが目につきちょっとハラハラしながら見てました。ティアゴがそんななんで、金子さんの方が完成度が高く見えましたが、彼女もグランフェッテはもう少し精度を上げられるのでは。あと、(これまた金平糖の時も感じましたが)優雅さを追求するためか?時々動きの区切りが流れてしまって小気味よさが失われてるような。振りによるけど素早く動くべき所とか特に、メリハリつけるともっといいんだけどなあ、なんて感じながら見ていました。(偉そうですみません~都さんのことが脳裏にあったのかも・・・)

この二人が踊るシーンで私的に一番よかったのは、二幕冒頭のジプシーの野営地でのデュエット。確かバヤデール一幕の逢引のシーンの音楽が使われていてしっとりした雰囲気、大人な二人に似合っていました。あと、二幕後半の酒場のシーンで、キトリとメルセデスがテーブルの上で踊るところがあるんだけど(これって珍しい趣向では?)、このスパニッシュ風のキャラダン、金子さんの動きは柔軟かつメリハリがあって決まってました。アコスタ版ドン・キのキトリには随所に大人な雰囲気の振付が与えられているので、なるほど彼女を配役したのは当りだな、と頷けました。

そのアコスタ制作の今回の新版について・・・ボリショイ版がデフォルトの人間には(いやそれ以外と比較しても)、ともかくスロー。おとなしい。全体の印象がなんともまったりしていて、舞台上アクションは起きてるんだけど、不思議と静かというか。舞台進行、音楽ともに慌てず騒がす、おっとりしてる・・・これはロイヤルのカラーという以上に、アコスタのテイストかな。来週もう一度同じキャストで見る予定なので、できればプロダクションももちょっとじっくり観察してきたいと思います~。(ティアゴよ、精進してくれ~~。)

〔10/28追記〕 ブログ友達のロンドンの椿姫さんがカテコの写真をアップしてくださっているので、リンクを貼っておきます。是非ご覧くださいませ:

http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-11654164460.html

そうそう、カーテンコールで立派な花束を沢山もらっていた金子さん。その中から花を一輪抜こうとしたんだけど(多分パートナーに捧げるつもりで)なかなか抜けず、思いっきり引っぱったら、そのままびょ~んと後ろに飛んでいった・・・という初々しいエピソードがあったことを思い出しました。
2013-10-27 08:35 | ロイヤル・バレエ | Comment(4)
Comment
こんにちは。ご無沙汰しております。体調いかがですか?無理されませんように。
私も同じ舞台を観ました。金子さん、慎重に踊っていましたね。(火曜日のロザリーヌとは大違いでした)その分、しっとりとした踊りは独特の雰囲気をまとって素敵でした。
滑るひと、振りが抜けちゃったひと、いろいろいましたけど、楽しいドンキでした。ブラッシュアップしていって、いい定番に落ち着いて欲しいなあと思います。
jun 2013/10/28(月) 19:55:07) 編集


junさん こんにちは。お気遣いいただき恐縮です。トシのせいか、一旦体調崩すと回復がのろいのなんの・・・まだ万全ではないのですが、ぼちぼちやっております。

金曜の公演、junさんもご覧になってたんですね!楽しまれたようでなによりです。ところで、『火曜日のロザリーヌ』って、R&Jですよね。へえ~~金子さんこの役にキャストされてるんですか。似合いそうだわ・・・

新版ドンキ、なにせ初見だったのでなかなか慣れませんでしたが、2回目に少し見えてくるかな?と期待してます。
Naoko S 2013/10/29(火) 07:00:15) 編集

おはようございます。ご無沙汰です。体調、いかがですか?という僕も、先日、胆石による猛烈な痛みで、A&Eに行きました。

 まだ書いていませんが、劇場中継の日と、金子さんのデビューの日を見ました。テレグラフが書いていましたが、「リーズの結婚」と重なる印象があるからロイヤルではドンQが根付かないのかなとは思いました。が、楽しい舞台でした。ソアレスに関しては、全く同じです。40歳のアコスタができること(技術的な面)の1割もできないとはどういうことか、と。

 ダンサーを比較するのは良くないことと自分を戒めつつも、金子さんの姿から、良い意味で、吉田さんの存在を思い出しました。
守屋 2013/10/29(火) 15:07:37) 編集


守屋さん こんばんは。お久しぶりです!

なんと守屋さんも体調を崩していらしたとは。胆石なんて痛そう・・・もうよろしいのですか?冬時間に切り替わった途端風が冷たくなってきましたね お互い身体には気をつけましょう・・・。

さてドンQ、ファーストキャストと金子さんの回をご覧になってたんですね。しかしソアレス、アコスタの一割以下ですかあ・・・。アコスタと比較しちゃうと酷だけど、まあちょっと、あの日のティアゴはあんまりでしたもんね。今週末の二回目は少し奮起してくれるのか、見るのが楽しみなような怖いような。

私はファーストキャストの公演、二回分チケットとっていたのに結局二回ともムダにしてしまったんですよ。UKフォーラムで目にしたんですが、クリスマスに公演録画がTV放送されるかもしれないそうで、もし実現したら私もファーストキャストを見られるかも・・・?

ところで、ENBの新作・海賊の評判がめっちゃいいですね~。来年一月にコロシアムに来たら見に行こうと思ってます。
Naoko S 2013/10/30(水) 08:05:28) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。