スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バレエ ラ・バヤデール初日
ああ、なんと・・・。2013年はボリショイ・バレエ団の大厄年か??呪われてるとしか思えない・・・昨夜のバヤデール初日、信じられないアクシデントが起きてしまいました。

二幕の婚約披露宴のパ・ダクションのイントロ。ガムザッティ役のアレクサンドロワとソロル役のラントラートフがジャンプで交差したときに二人の脚がバッティングしてしまい、アレクサンドロワが脚?足?をしたたか打って退場してしまったのです。

問題は、ここから。舞台上に緊張が走り動揺を隠せないながらもコール・ドは踊り続けてたんだけど、音楽を止めない以上舞台は続行するものと思ってステージを凝視すること数分間。しかしいつまでたってもマーシャは戻ってこないし、代役の投入もなし。重苦しい空気のままコール・ドが踊り終わるとラントラートフが登場してソロ。ソロルのVがあるってことはこのあとガムザッティのVね、とちょっとほっとしたのも束の間、ラントラートフが踊り終わったらそのままフィナーレに突入!!最後のグラン・フェッテはコール・ドの女の子の一人がなんとかかんとか代わりに回って大変な歓声を集めていたけど私はどっちらけ・・・。ボリショイのダンサーだったらこれぐらい、いやこれ以上に踊れて当然だもんね。(こういう場面でコール・ドが天晴れのパフォーマンスを見せて一夜にしてスター誕生!ってなことになってたらバレエ漫画みたいで面白かったんだけどねえ・・・特に感心する出来でもなく。)

その後も幕を降ろすでもなく舞台は続行。ザハロワ@ニキヤが登場して嘆きのソロを踊るシーン、ガムザッティは相変わらず舞台に戻ってきてなくて、これじゃあプロットが破綻するんですけど・・・とハラハラしてたら途中からやっとマーシャが戻ってきて、でも椅子に腰掛けるのでなく、やっと、っていう感じで立ったまま。ザハロワが毒蛇に咬まれるやお父さん(ラジャ)にエスコートされて舞台から去っていきました・・・。

いやはやショッキング。生の舞台にアクシデントはつきものだけど、事後処理がお粗末すぎ。ガムザッティのVのないバヤデールなんて・・・一部返金してほしいぐらいだわよ まったく。負傷したマーシャが舞台袖に消え去っていったとき、彼女が戻って来られないなら(私の好きな)アンナ・チホミーロワはいないのかしら、いるなら出してほしいなあと一瞬脳裏をよぎったのよね。(彼女は今日のマチネでガムザッティを踊る予定になってる。)そのチホミーロワ、3幕の影の王国のシーンでシェードの一人で登場してました。なぜ彼女を代役に立てなかったのか?いや彼女がムリでも他にアンダーはいなかったのか??不可解至極。

ああ、今も負傷直後にびっこをひいて舞台袖に消えていくマーシャの後姿が脳裏に・・・。昨夜は彼女の怪我がどの程度のものなのかまったく見当がつかなかったけど、さきほど友人からきいた情報では、かなり酷い様子で残るロンドン・シーズンは絶望的とか・・(号泣)。かわいそうなマーシャ 一日も早い回復を心からお祈りしています・・・
2013-08-03 21:44 | ボリショイ・バレエ | Comment(17)
Comment
dansomanieさんのところで一報を目にし、こちらに伺って詳しい状況を知ることができました…。レポートを拝見し、9000km離れた日本でびっくりしているので、当日その場にいらしたNaokoさんはじめ観客のみなさんはどれほど驚かれたことか…。

ボリショイ、いろいろあったので指揮系統、日本的な言い方をすると、危機管理がうまくいっていないんでしょうか。

とにかく今はマーシャの回復をお祈りするのみです。1日も早く、あの艶やかな姿を舞台でまた見られますように!
Bera 2013/08/04(日) 10:29:41) 編集

マーシャが怪我したと知って情報探しをしましたが、日本ではダンソマニでも詳細不明です。某ブログのコメントに「snapped Achilles」らしいと書き込みがあってショックです。
どうか一日も早くマーシャが舞台に戻ってこられますように。
peterhofmann 2013/08/04(日) 17:44:07) 編集


Beraさん まったくもう呪われてるとしかいいようがありませんねー 私はマーシャのファンなので特にショックが大きかったのかもしれませんが。

マーシャ、怪我で退場するまではまさにあの艶やかでゴージャスな舞台姿で華やかなオーラを撒き散らしてくれていたので、事件後は文字通り火が消えたようにさびしーい舞台になってしまいました。

後で振り返ってみると、ひょっとしてこういうケースでは代役投入する伝統?がボリショイにはないのか??と思ったりもしましたが、そんなことないですよねえ・・・。コール・ドだけで持ちこたえたパ・ダクションのイントロが終わったときにブーイングしてる人がいましたが、気持ちはよーくわかりました・・・。

私は先月後半休暇で日本に帰省していてロンドンに戻ってきたのがボリショイ初日の日だったんです。で、一週目の白鳥はパスしていいや~と、このバヤが初の鑑賞だったんですよ。それでこのアクシデント・・・もうマーシャを見られないと思うとテンションどっと下がります・・・。ご本人もどんなに無念なことか。じっくり、ゆっくり静養していただきたいですね・・・
Naoko S 2013/08/04(日) 22:19:03) 編集


peterhofmannさん マーシャの怪我、真相は不明ですが、私もアキレス腱損傷したという噂は耳にしました。一説によると既にロシアに帰国したとも・・・。もしアキレス腱切ってしまったなら一旦引っ込んだあととても舞台に戻ってこられる状態ではなかったはず。なぜ代役を立てなんだー!とあらためて文句言いたくなりますが・・・。今は一日も早くマーシャが完治されることを祈るばかりです。
Naoko S 2013/08/04(日) 22:29:57) 編集

Naokoさん、
マーシャのオーロラ、オデットの代役は、クリサノワとのことです。元気出してください。
DA 2013/08/06(火) 19:44:33) 編集


DAさん こんにちは!きっと今頃眠り・二日目の公演を楽しまれてることでしょうね。

はい、私もその情報昨夜ハウスで友人から教えてもらいました。で、昨夜見た眠りの初日まずまず楽しめたので、気を取り直して(チケットを持ってる)金曜の眠りと翌土曜の白鳥観に行こうかな~という気になっていますv
Naoko S 2013/08/07(水) 06:27:54) 編集

Naokoさん
気を取り直して下さってありがとうございます。

舞台もいいですが、チホミロワとはモスクワで仲良くなっているので、また今は寒くないので、毎日出待ちして、おしゃべりできるのも(が?)最高です。アーニャ大好きです。

いつもマーシャの具合聞こうと思うのですが、しゃべってると忘れてしまってます。すみません•••
DA 2013/08/07(水) 08:05:42) 編集

Naoko様

マーシャの手術は成功裏に終わったそうです!
なので、後は早い回復を待つのみですね。

気を取り直して、残りの公演を楽しんでくださいませ~。
けいちか 2013/08/07(水) 19:01:30) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2013/08/07(水) 20:05:57) 編集


DAさん アンナさんとお知り合いなんですね!毎日お喋りしてらっしゃるなんてロンドンまで来られた甲斐がありましたね。マーシャは既にモスクワだしその後の様子とかアンナさんはご存知ないんじゃないかなぁ。どうかお気遣いなく、ボリショイ公演を楽しんでくださいませ。


けいちかさん ホットな現地情報をありがとうございます!なんと手術なさってたんですか、ちょっとびっくり・・・でも成功したとのこと、何よりです。マーシャのことだから回復も人一倍早いことでしょう 復帰が待たれます!!


鍵コメントをくださったマーシャファン(?)の方へ
当日いらしてたんですねー やはりアンダーを立てずに舞台続行したあの展開には心中ブーイングでしたか~(笑)。われらがプリマの一日も早い舞台復帰を祈りましょう~!
Naoko S 2013/08/08(木) 07:39:57) 編集

Naokoさん、明日のアンダーは、ザハロワでした。曜日も入れ替えてたようで、木曜が、クリサノワでした。
DA 2013/08/09(金) 13:58:51) 編集

はい~昨夜(金曜)の眠り、ザハロワ主演で見てきました。ザハロワすっごおおおく綺麗でした!!今日はこれから白鳥です~。
Naoko S 2013/08/10(土) 21:52:06) 編集

Naokoさん
昨日の眠りが、5日間の中でベストだと思います。まあ、私はチホミロワが出てれば、ウキウキですが^_^
DA 2013/08/11(日) 02:30:14) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2013/08/11(日) 02:52:07) 編集


DAさん、昨夜がベストですか~いい舞台にあたったんだなあ よかったぁ。今夜の白鳥観てきましたが、まぁまぁだったかなー スクワルツォフがよかったです。
Naoko S 2013/08/11(日) 08:51:45) 編集

Naoko さん

お久し振りです。
この事故が起きてから既に1年4カ月が経ち、ご存知のようにマーシャは今年の春に舞台に復帰、11月下旬からの来日公演にも参加しています。

私は12月3日夜「ラ・バヤデール」のガムザッティ(ニキヤはザハーロワ、ソロルはラントラートフというファースト・キャスト)、12月6日昼「ドン・キホーテ」のキトリを観ました。

「ラ・バヤデール」はこの2人だと、バッティングする場面の迫力が凄いです。
第2幕の婚約式は大変華やかで、どの踊りもレベルが高く、堪能しました。ソロルとガムザッティのグラン・パは4人プラス6人のダンサーを従えて真ん中の2人がキラキラ踊っていましたし、ザハーロワの嘆きのソロも、出色の出来だったと思います。
第3幕幻影の場におけるコール・ドも、うっとりする程美しかったです。ちなみに、Naokoさんお気に入りのチホミーロワは第2ヴァリエーションを踊りました。

そして昨日の「ドン・キホーテ」、キトリが登場するシーンで大きな拍手が湧き、「あ、今日の観客は反応がいい」というのをマーシャ本人もすぐに感じ取ったようで、後から登場したバジル役のラントラートフ同様、踊りがどんどん乗っていくのが見た目にも分かりました。
ラントラートフはサポートも素晴らしく、頭上の片手リフトでは驚異的なバランスを魅せてくれました。
圧巻は最後のグラン・パで、コーダではキトリがグラン・フェッテの代わりに物凄いスピードのトゥールとシェネで舞台を2周しました(このヴァージョンは初見でした)。
ちなみに、チホミーロワはグラン・パで第1ヴァリエーションを踊りました。

マーシャが素晴らしいのは、Naokoさんもご指摘のように、観客とのコンタクトにおける感度の良さと誠実さ。
カーテン・コールでは丁寧に何度もルベランスを繰り返し、特に閉幕後のカーテン・コールでは鳴りやまない拍手に感激した様子で、最後は両手を顔に当て「私、泣きそうです」というジェスチャーをしていました。
私達も感激しました。

総論としては、主役級はもちろんのこと、コール・ドやキャラクテール・ダンサーの質の高さが世界最高水準であることを再確認した、というものでした。

まあ音楽(ボリショイのオケ)についてはどのプログラムでも非常にテンポが速く、ちょっと雑に感じたところもありましたが。

来年11月にはマリインスキー・バレエが「ジュエルズ」( 1夜のみ!)「白鳥の湖」「愛の伝説」「ロミオとジュリエット」を持って来ます。
今から楽しみです。
Katia 2014/12/07(日) 10:25:50) 編集

Katiaさん お久しぶりです!ずうっーーとほっぽらかしてたブログにコメントいただき感激です…ありがとうございました(嬉涙)。

マーシャ復活!のニュース、最近久々の明るい話題…てかそもそもバレエから遠ざかっていたので新鮮で、日本のバレ友が送ってくれるレポを心躍らせつつ読んでました。Katiaさんのご覧になった公演も素晴らしかったようで…熱く盛り上がった舞台と客席の様子がまざまざと浮かんでくる詳細なレポをありがとうございまし
た!

ここ一週間久々にYTでマーシャの映像を見まくってたら実物を見たくてたまらなくなってしまいました…来夏ROHにボリショイ来てくれるかなあ もし来ないならいよいよロシア行くしかないか??

マリインスキー情報もありがとうございました。愛の伝説は日本初上陸?ロパートキナ出そうですね 無茶苦茶そそられます~。
Naoko S 2014/12/14(日) 00:18:05) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。