ATPツアー・ファイナル ジョコビッチ初優勝!
いや~やりましたね ツアー・ファイナル、ジョコ初優勝。第一セットは両者がっぷり四つに組んだ見応えあるショットの応酬、スリリングな展開ですっかりお腹一杯に。これでプレイヤーも客席も精魂尽きたか?第ニセット前半はややなかだるみして静かだったけど、先にサービスブレークしたフェデラーがこのセット奪取して3セット目に持ち込むんだろうな・・・と誰もが思い始めた矢先にジョコがブレイク・バック。その後はフェデラーのミスをついてパワーで一気に勝利を呼び寄せた。終わってみれば、7-6、7-5のストレート勝ち・・・いや見事でした。

ロジャーにはもっともっと攻撃してほしかったけど、(相変わらず)ファースト・サーブが決まらない上にジョコのリターンが良すぎて自分のゲームをさせてもらえなかった感じ。昨夜の対マリー戦を今夜の決勝の前にYouTubeでみたけど、この試合では惚れ惚れするようなアタッカー・テニスを展開していたんですよねえ。もう、ほんとに惚れるよ攻勢かけてるときのロジャー・フェデラーの美しいことといったら・・・。今夜のロジャーは第一セットの立ち上がりから飛ばしていてこれが(この時は)成功してたんだけど、そのプレイを見て解説者のアンドリュー・カスル(元ブリティッシュNo.1)が、「一生に一度でいいからああいうプレイをしてみたい・・・」と嘆息してた。キャリアを重ねて近年さらに攻撃性を強めているようにみえるロジャー、来シーズンもさらにアグレッシブなゲームをみせてほしいな。

(・・・しかし、ちと気になったのが、フェデラー人気、ちょっと最近カルト化してないか?ってこと。一部ファンのノリがなんか気持ち悪い・・・。この大会って特にフェデラーファンがこぞって参集する傾向にあるのかしらん?毎回フェデラーのサポーターが圧倒的に多くて、しかもうるさい!!そりゃーロジャーはカッコいいー!ですからねえ憧れちゃう気持ちはわかるけど。なんか、それはちょっと違うんじゃ・・・って人が多すぎるような。)

さて主役に戻ってジョコビッチ。ほんの数年前まで、ニ巨頭の影でnext best thingの存在だった頃、まだ子供っぽかったジョコを憶えている身としては、すっかり逞しく、いい男に成長した彼を見てなんか本当に嬉しくなりました。ロジャーもコメントしてたけど、"You're the best"-- おめでとう!!
2012-11-13 09:00 | 英国生活 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--