【本の紹介】東京12チャンネル 運動部の情熱
バレエの話題は三日(回)と続かない今日この頃ですが・・・スポーツ漬けだったこの夏のイギリスにすっかり感化され、そうよ私だってもともとスポーツ観戦好きだったし・・・と、「イチロー見たい熱」が再燃したりしてたところに。どんぴしゃのタイミングで、こんな本に出会ってしまいました。これはもう、勢いで紹介しちゃうしかないでしょ~。

先月出張で数日間東京に滞在していたとき、「すっごく面白い本だよ~読んでみて」と姉に渡されたのがこれ「東京12チャンネル 運動部の情熱」。

このタイトルを見ただけでぴんとくるのは、12チャンを見られる環境にある首都圏在住、かつ私と同世代か上の人?・・・と、全国区の話題ではなくて恐縮ですが。一昔前の12チャンを知る人なら、そしてスポーツ・ファンなら、この東京ローカル局のスポーツ番組の先進性を記憶されてることと思いますが・・・例えば、サッカーが日本ではごくマイナーなスポーツだった時代に地道にサッカー番組を放送し続けていたこととか(いまや伝説の?、「三菱ダイヤモンド・サッカー」)。他局とは一味も二味も違う、こだわりの番組作りを可能にしたのが、名物部長・白石剛達さん率いる運動部の熱き男たち。ローカル局でリソースに恵まれない分をアイデアと人脈となにより情熱とガッツで克服、新境地を切り開いていく。彼等の奮闘ぶりが「昭和」「高度経済成長期」という時代とシンクロして、(スポ根)ドラマを見ているような興奮と臨場感を味わいました。昭和の(一)裏スポーツ史としても読めるかも。

・・・え~ちょっと種明かししてしまうと、実は登場人物の一人が私の親戚なのです。そのためちょっと思い入れが入ってるかとは思いますが、スポーツ好きなら誰でも楽しめること請け合い!ですので、書店で目にしたら是非手に取ってみてください。


東京12チャンネル

2012-11-05 08:32 | | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--