スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロディック引退
うわ~マズい。うっかりしてたら全米テニス、すでに二週目突入。ここのところ忙しくて週日は全然フォローできず、さっきようやく公式サイトに行ってきたんだけど・・・びっくり。ロディックの引退表明のビデオが。

・・・そうかぁぁ 引退するんだ。決断に至った理由は、トップ・プレイヤーに伍して戦う力がもはや自分にはないと判断したこと、ただトーナメントに出ているだけの存在になりたくない、と。率直で正直、彼らしいなあ。

同じ日のフェデラーの記者会見でもこの話題が出てた。同年代でジュニアの時から切磋琢磨しあってきた仲だからさびしいけれど、彼自身がこの決断に満足してることを知ってるから、彼のためによかったと思うよ・・・と淡々と。(ウィンブルドンでのロディックの優勝をことごとく阻んだのがフェデラーなので)過去3回の決勝での顔合わせについて訊かれ、ロディックのこの大会への貢献からしたらほぼチャンピオン同然と言っていいと思う・・・と語っていたけど、多分、2009年のファイナルのことが念頭にあったのでは。あれは、ほんとうに凄い試合だったものね。たまたま最近、YouTubeでこの試合のダイジェスト版を見ていて、なんとまあスリリングな試合だったことか・・・と興奮していたところ。近年のスラム大会・準決/決勝でのロジャーの対戦相手はほぼカウンターパンチャー一色だけど、ロディックだと二人とも攻撃型プレイヤーだから、あらためて見たらえらく新鮮だった(二人ともプレイが早い!)。

しかし、テニス・プレイヤーが30歳を過ぎてトップ・レベルを維持するのはやはり大変なことなんですね・・・。ロジャーにはまだあと数年は頑張ってほしいなあ。取敢えず、全米の行方やいかに??

(2009年全英決勝 当時書いた記事↓)

http://londonballet.blog60.fc2.com/blog-entry-573.html#
2012-09-03 08:51 | 未分類 | Comment(6)
Comment
いつも楽しく拝見してます。バレエファン&フェデラー神!な人間です。
「ロディック引退」の文字にびっくり。フェデラーの前に何度も苦杯をなめた彼。フェデラー大好きですが、3年前のあのファイナルは、私もロディックを勝たせてやりたかった・・・。彼の試合後のインタビューは、今年のマレーののそれと同じく、涙なしでは見られませんでした。
今年は恒例のバレエフェスイヤー。楽しく見ましたが「フレッシュな新星」は見つかりませんでしたね。ロンドンからのバレエレポも期待しています。
トモコ 2012/09/03(月) 13:56:15) 編集


トモコさん はじめまして(?)。バレエ&フェデラーの大ファンなんですね~。ロディックの引退はご存知ありませんでしたか。2009年のファイナルは、私の記憶に残る最もエキサイティングなウィンブルドン決勝の一つですわ・・・。

さて、ロディックは明日のQtrsでデル・ポトロと対戦。さぞや盛り上がるでしょうね~。そして、なんと今日不戦勝だったロジャーは、次はベルディッヒですね(要注意だな~)。

バレフェス楽しまれたようですね。確かに今年のラインナップはあまり意外性とか新味はなかったのかな??

ロンドンからのバレエレポ・・・はぁぁぁ(嘆息)。なにせ今のところバレエを見に行く予定がまるでないもので、ご期待には添えませんわ・・・。(あ、ロイヤルの白鳥にオーシポワが客演するらしいので、コワイものみたさで、チケットが買えれば行きたいなあとは思ってるんですが。)
Naoko S 2012/09/04(火) 06:57:53) 編集

初めましてでした。お返事ありがとうございます。フェデラーのテニス、好きなんですよね。サーブどっかーんとか、粘って粘ってカウンターパーンチだけ!とかじゃない、引き出しの多さが。そのプレーに「魅惑」される数少ない選手です。私がテニスって面白い!と思ったのは'80-'90年代初頭の全豪、ウィンヴルドンです。レンドルvsエドバーグなんて(全豪セミファイナル?フルセット)今でもテレビの前でしびれていたのを思い出します(ああ、年が…)。万華鏡のようにテニスの魅力が全部詰まった試合、フェデラーならひとりで見せてくれそうじゃないですか?パワー一辺倒ではないワザを!!全米のロジャーにも期待したいですね。
ちなみに、こちらにブログは1バレエファンとして拝見し始めたので、テニスの記事を読んで同じ趣味だ~と個人的に盛り上がっていました。
長々失礼しました。
トモコ 2012/09/04(火) 23:52:38) 編集


トモコさん

「魅惑される」、まさにですね~。ありえないプレーをさらっとやってのける・意外性がある、と、対戦相手のみならず観客を翻弄することにかけては右に出る者はいないですねえ・・・(ちょっと残念ではありますが。)

彼は滅法玄人ウケのいいプレイヤーですけど、オリンピックのテニスの中継聞いててついのけぞってしまったことがありました。元ウィンブルドン・チャンプで英国テニス界重鎮のヴァージニア・ウェイドさんが珍しく解説者をやってたのですが、この方露骨にフェデラーびいき。ほとんどフェデラーのプレイにしかコメントつけなくて、挙句に、『ロジャーのプレイを見てたら自分もテニスの腕前が上がった』って・・・ホントですかー?(笑)サービスが上達した・・・とか仰ってたような。

>>レンドルvsエドバーグなんて(全豪セミファイナル?フルセット)今でもテレビの前でしびれていたのを思い出します(ああ、年が…)。

レンドルvsエドバーグはまだ「新しい」ですよ(笑)。私などボルグ/マッケンロー/コナーズの時代からですから・・・

テニスもバレエも両方好き、っていう人結構多いんじゃないですかね。(特に、フェデラー・ファン。)ご存知かもしれませんが、英米メディアでは一時期フェデラーのプレー・スタイルとバレエ芸術のアナロジーに言及した記事がよく書かれてましたね。

さ~~て全米、どうなるでしょうね??ジョコとの試合が見たいなあ。ロジャー、頑張って~~。
Naoko S 2012/09/05(水) 09:16:50) 編集

「フェデラー+バレエ」!初耳です。いったいどんな内容の記事だったんでしょう?。
ところで最初Naokoさんに勝手に親近感を抱いたのは、バレエ界における永遠のMy darling がイレールだからです(殿っておっしゃってましたよね)。テクニックはもちろんですが、"プリンス”という枠になんぞ収まりきらないあの悪~い色気!。彼のル・パルクを生で見たかった~。なかなか今そういうダンサーがいなくてさびしいです。
たびたび失礼しました。
トモコ 2012/09/05(水) 15:45:08) 編集


>>「フェデラー+バレエ」!初耳です。いったいどんな内容の記事だったんでしょう?。

たしかNYTimesにあったなぁ・・とググってみたら出てきました。

http://www.nytimes.com/2009/08/31/sports/tennis/31federer.html?_r=1&scp=3&sq=roger%20federer%20footwork&st=cse

http://straightsets.blogs.nytimes.com/2009/09/14/tenniss-connection-with-ballet/

久々に読んでみたけどやっぱり面白い記事でした。是非ご一読ください~。

それにしても、アメリカ人はフェデラーをバリシニコフとダブらせるのが好きですね・・・この記事には登場しないけど、以前マッケンローもそんなことを語っていたし。私的には、フェデラーの浮遊感・あの地に足のついてない感じは、どちらかというとポワントで踊るバレリーナの霊妙さに通じるものがある気がするんですが。(女性的、というのではなくて、あのなんとも浮世離れした感じがねえ・・・)

お~~殿。トモコさんとは趣味が合うようですわねぇ~(うふふ)。悪い色気ね、仰りたいことはよ~~くわかりますわ・笑。イレールのル・パルクは何度か観ましたが、ホント、やばかったですよー。ああいう人は、それこそフェデラーと一緒で(笑)、なかなか現れないんじゃないですかね。

ところで、横目で全米テニスのライブスコアを見ながらこれ書いてたんですが、たった今、ロディックxデルポトロ戦終了しました!デルポが3-1で勝利。今頃アーサー・アッシュ・スタジアムではロディックのキャリアを祝ってものすごいお祭り騒ぎしてるんじゃないかな~。
Naoko S 2012/09/06(木) 07:11:59) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。