ロンドン・オリンピック開幕!
いよいよ始まりました、オリンピック。昨夜の開幕式はビクトリアのパブで友人たちと見ていたんだけど、前半の演出は相当ビミョーで、皆口々にぶーぶー文句言ってました(私も・・・)。私たちのグループは多国籍だったんだけど、周囲はほとんどがブリティッシュとおぼしきお客で、彼等が一番盛り上がってたのは女王様が登場してGod Save the Queenが流れたとき。みんな立ち上がって一緒に歌ってたな~。あと、Mr.BeanのChariots of Fireは笑えたな~ 一国のプライドをかけたセレモニーにもこの手のギャグを挟まずにはいられないのが英国人の悲しき性(?)。Mr. Beanとサイモン・ラトルの共演なんて珍しいものもう二度と見られないだろうなあ。

ともかくこのセレモニー長くって(始まったのが夜9時でその二時間近く前からスクリーンに貼りついてたのですよ・・・)、集中力切れそうになったときようやく聖火登場。で、あの聖火台の演出にはビックリ!!聖火が松明から花びらみたいな形のお皿?に一つ一つともされて火の輪になったときは、(鈍いので)へえー拡散型の聖火台なんだー珍しいなぁ・・・とその後の展開を予想できず。火の花弁が徐々に空に上っていってさらにそれが結集して一つの大きな炎になったときには、すっごく感動した。あの炎の束にはなんとも古代チックな力強さと神秘性があって、ふとファンタジーの国・不思議の国=イギリスが眼前に現れたような気がした。あとに続くファイヤー・ワークもよかったし、前半のイマイチ感を払拭して余りある素晴らしい演出だったかと。(これだからあなどれんのよねーイギリス人・・・)

ちょっと調べてみたところ、あの聖火台をデザインしたのは42歳のイギリス人・トーマス・ヘザーウィック氏。この二年間極秘裏にプロジェクトを進めてきて野心的なデザインなだけにご苦労も多かったようです。他にどんな仕事をしてる人なのかなーとプロフィールを見てみたら、自分に身近な所では、新型のロンドン・バス(新ルートマスター)のデザインを手がけられたとか(ほー)。かのテレンス・コンラン卿から「現代のダヴィンチ」と呼ばれているそうなので、相当革新的なデザイナーなんでしょうね。

http://www.bbc.co.uk/news/uk-19028963

オリンピック、始まる前はそれほど気分盛り上がってなかったんだけど、始まったらやっぱりソワソワして気になっちゃいますね・笑。(案外私のようなロンドナーは多いのではないかと・・・)取敢えず、日本選手団の活躍に期待したいところです!!
2012-07-29 10:59 | 英国生活 | Comment(2)
Comment
こんにちわ。ご無沙汰です。お元気そうですね。

 僕もまだ観に行っていないのですが、ヘザーウィック氏のデザインを集めた展覧会が、V&Aでまだやっているはずです。
守屋 2012/08/17(金) 02:54:43) 編集


守屋さん こんばんは、お久しぶりです。V&Aの展覧会の件、私もここに貼ったリンクから飛べる記事で目にしたのですが、ちらっと見て、わざわざ行くほどではないかな・・・なんて思ってたんですが。聖火台が話題になったまさにこの時期にV&Aで個展?はれるなんて、デザイナーとしての才能だけでなく、業界内に相当強力なコネももっている人なんだなあ・・・と感心してしまった私です。

オリンピックが終わってしまってさびしいので、パラリンピックに行こうかな・・・とチケットを探してビックリ。同じ思いの人が多いのか、今のところ全種目売り切れ?ニュースサイトを検索したら、すごい勢いで売れてるらしいことがわかりました。やはり、皆同じこと考えてるんですねえ・・・
Naoko S 2012/08/17(金) 07:41:34) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--