スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
プラシド・ドミンゴ・セレブレーション@ROH
先週木曜(10/27)と今日(10/30)の二回、オペラハウスでプラシド・ドミンゴのガラ公演があり、出かけてまいりました。

ドミンゴのロイヤル・オペラ・デビュー40周年を記念するお祝いの特別公演で、オテロ、リゴレット、シモン・ボッカネグラの三作品の最終幕のみ抜粋上演。

三つとも概ね陰鬱な雰囲気で悲劇的な結末を迎えるオペラなので(オテロとシモン~は最後本人が死んじゃう、リゴレットは娘を失う)お祭りっぽい雰囲気はまるでなかったけど、今のドミンゴがやりたい(&今の彼に出来る)演目がこれ、ということなら文句はありません。純粋にオペラのパフォーマンスを楽しむという以上に、長い・長い間ほんとうにどうもありがとう、と稀有の歌手にたいして観客がお礼を言う場だったと思うので。こうした機会を設けてくれたオペラハウスに感謝。(ドミンゴももう70歳。いつ歌手人生に幕を引いてもおかしくないし・・・)

初日の27日はカーテンコールで上階から盛んにフラワーシャワーを浴びていたドミンゴ、落ちてきた花を拾って客席にむけて投げ込んでいたのですが、ストールの前から2列目に座っていた友人がそのうちの一つを見事キャッチ。白いカーネーションだったんだけど、いいでしょ~と見せびらかしてくれました。くくっ、かなり羨ましかったぞー。

それと今日は、とってもゴージャスな友人Aちゃんがドレスアップして同行してくれて、気持ちが上がりました♪♪オペラハウスって圧倒的に年配の(しかも相当な)お客さんが多くて、どうにも客席地味なんだもん・・・Aちゃん、ありがとう~~。

172_blog.jpg

173_blog.jpg

Plácido Domingo Celebration

The Royal Opera
27 October 2011/30 October 2011

Conductor: Antonio Pappano

OTELLO ACT IV

Otello: Plácido Domingo
Desdemona: Marina Poplavskaya
Emilia: Hanna Hipp
Lodovico: Paata Burchuladze
Cassio: Pablo Bemsch
Montano: Jihoon Kim
Iago: Jonathan Summers


RIGOLETTO ACT III

Rigoletto: Plácido Domingo
Gilda: Ailyn Pérez
Duke of Mantua: Francesco Meli
Maddalena: Justina Gringyte
Sparafucile: Paata Burchuladze


SIMON BOCCANEGRA ACT III

Simon Boccanegra: Plácido Domingo
Jacopo Fiesco: Paata Burchuladze
Amelia: Marina Poplavskaya
Paolo: Jonathan Summers
Gabriele Adorno: Francesco Meli

Orchestra: Orchestra of the Royal Opera House
2011-10-31 06:56 | オペラ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。