スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
新シーズン<2011/12>開幕。ROの「ファウスト」ほか
秋の到来とともに、また新たなバレエ・オペラシーズンの幕開けです。ロイヤル・オペラの開幕プロはプッチーニ三部作、チケット持ってたんだけどどうにも重い腰が上がらずパスってしまった根性のない私・・・。先週水曜の「ファウスト」でようやくシーズンが明けるや、その後(予定外に)連荘で劇場通いすることに。何に行ったかというと、

9/21 ロイヤル・オペラ 「ファウスト」
9/22 クリスティアン・ゲルハーハーのコンサート(「冬の旅」)
9/24・昼 ロイヤル・バレエ 「ジュエルス」
9/24・夜 クリスティアン・ゲルハーハーのコンサート(「白鳥の歌」)

・・・で、明晩はロイヤル・バレエのリハーサル(@リンバリー)を見る予定。これも友人に誘ってもらったので急遽行くことになったのですが、何気にRBのリハーサル見るのって初めてかも。

先週のハイライトは、もっちろん、クリスティアン・ゲルハーハーのコンサート@ウィグモア・ホール。実は彼がロンドンに来ていたことを知らず、初回のコンサート聴き逃してしまったのだけど(シューベルトのソング・サイクルで全3回公演だったのです)、幸い聴くことのできた二回の公演は素晴らしかった・・・。昨冬彼のWolframに雷に打たれたが如く、まっさかさまに恋に落ちてしまったわけですが、やっぱり、かな~り好みのタイプの芸術家だわ~と再確認しました。

で、ROの「ファウスト」。これはですね、豪華絢爛、オール・スター・キャストというのがウリだったのですが・・・・。all star, on paper....といいましょうか、ま、自分の好みに合わなければオールスターもギャラのムダ使いってだけなのよね~(チケット代いつもより高いんだもん)と、大して有り難味を感じられない結果に。ちなみに、そのA-list・キャストはこちら:

ファウスト: ヴィットリオ・グリゴーロ
メフィストフェレス: ルネ・パーペ
マルグリット: アンジェラ・ゲオルギュー
ヴァランタン: ドミトリー・ホロストフスキー

この日唯一の収穫は、苦手なゲオルギューにアレルギー反応出なかった、ってことかな。この役は彼女に合ってましたね、最後なんて哀れな女の風情が良く出ていて思わず涙を誘う・・・。(しかしこのリブレット、というかマルグリットの処遇、酷すぎませんかね?見てて頭にきた、というか気分悪くなった・・・。)私的に一番期待してたのはルネ・パーペだったんだけど、特に感じられるものがなくて・・・大変立派なパフォーマンスではあったけど。タイトル・ロールのグリゴーロは・・・実は苦手なんです、この方。って言ってもこれ以前に実見したのは昨シーズン、ネトレプコと組んだマノンの時だけなんだけど、あの時の暴力的とすらいえる脅威のデシベル・レベルとクサい演技があまりに強烈な印象で・・・。今回、声質はなかなか綺麗なんだな、と感じたけど、あの歌唱法は・・・かなり独特では?それと、フランス語のオペラにまーーったく聴こえなかったな。(グリゴーロの歌唱に、途中までイタリア語のオペラと思いこんで見ていた人を知ってます・・・)

総じて歌手たちの間にケミストリーが感じられなかったのも痛い。デヴィッド・マクヴィカーの演出も私はそれほど好きじゃないし、次回再演のときはもう見なくていいかな(forgettableな演出なのか?前回も見てるのにまったく憶えてなかった)・・・って、文句ばっかり書いてますが、まあ、こういうときもあるよね。

RBのジュエルスは、今回の再演は見るつもりなくてチケット一枚もブックしてなかったんだけど、急遽友人の付き合いで行くことになり。マチネのせいか?チケットほぼ完売状態でオケストールしか空いてなかったのでストール席にて鑑賞しました。ステージに近くて集中して見られたせいもあるのか、とっても楽しかった。2ndキャストだったんだけどダンサーたちもなかなかよかったし(ただ一人をのぞいては・・・)。バランシンの偉大さをまたまた再認識して、昨日は日曜をいいことにジュエルス三昧、DVD(パリオペ)とYT(マリインスキー)で映像を見てうっとりしていました。で、ロイヤルのファースト・キャストも見たくなったので、10/5の公演、チケットが取れれば行こうかな・・・と考え中です。
2011-09-27 08:44 | オペラ | Comment(3)
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2011/09/27(火) 20:46:44) 編集

こんばんわ。いかがお過ごしですか?

 ここに激反応。

>フランス語のオペラにまーーったく聴こえなかったな

 昨年の「マノン」を観たときに、全く同じ印象でした。フランス語のニュアンスを全く感じられなくて。でも、周りは大絶賛だったので、こんな感想を書いたのは僕だけでした。

 ロイヤル・オペラ・ハウスに行くのはまだ先ですが、来週、サドラーズ観るカーンの新作がとても楽しみです。
守屋 2011/09/28(水) 05:23:07) 編集


守屋さん お久しぶりです。

そうそう、マノン好評でしたよね 私にはとても不思議でしたが・・・。お陰で今季、ロイヤルオペラはグリゴーロばっかり招聘して、迷惑だったらありゃしない(・・・とか言ってるのも超少数派??)。

ファウストの公演、フランス語がきれいだなあと思ったのはジーベル役のミシェル・ロジエだけでした(声も美しくてよかったです、この方)。で、帰宅してから彼女のバイオを調べて納得、フランス系カナダ人でした。フランス語のオペラってnon-nativeには相当難しいのかな~。
Naoko S 2011/09/29(木) 08:03:53) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。