スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
シルヴィーのインタビュー&高田茜さん
皆様たいへんお久しぶりです&お暑うございます。二週間ほど日本に一時帰国していて、ウィンブルドンのファイナルに間に合うよう昨夜戻ってきました。

そのウィンブルドン、やりましたね~ジョコビッチ、初優勝!Man of the momentがその充実ぶりを余すところなく発揮して、見事な勝利でした。今後暫くはスラム大会の決勝ではこの二人の顔合わせが続くのかな・・・という予感が。(何を隠そうこの私、試合前に3-1でジョコ勝利!と予想していたんです<<ほんとだよ~~>>。当たって嬉しい~)

さて明日から社会復帰なんですが、今週はシルヴィー・ウィーク。火曜にサドラーズ劇場で"Sylvie Guillem – 6,000 miles away"公演が始まります。公演に先立ち今日のテレグラフ紙に長文のプレビュー&インタビュー記事が掲載されていました。インタビュアーによるフォーサイス新作の創作過程のレポ、最近スカラ座でマノンを再び踊った理由について語るシルヴィー・・・等々結構読みごたえのある内容ですので、ご興味ある方はこちらをどうぞ:

http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/dance/8609145/Sylvie-Guillem-interview-raising-the-barre.html

続いてこちらはballet.coで見た情報。毎年この時期に発表されるロイヤル・バレエの昇進情報、今年は高田茜さんがどこまで上がるかな~と注目していたんですが、First Artistからワンランク上がってSoloistとなった模様です おめでとうございます~。(ただしまだ公式情報ではありませんのでご注意ください。)

昨シーズンの怒涛の起用のされ方からして、また来シーズンにはなんとオーロラ・デビューが決まっていることからして(しかもパートナーはマックレー)、ひょっとしたらユフィさんみたいに飛び級昇進かな・・・と期待していたんですが、とりあえずは穏便な線で一階級上がった、ということのようです。(そのユフィさんの方はどうだったのかな~。ballet.coに要注目!)
2011-07-04 09:17 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(6)
Comment
おはようございます。フェデラーの準決勝敗退でショックを受けていらっしゃるのだと思っていました。日本、暑かったですか?

 最近購入していなかったテレグラフを買ったらギエムのインタヴューがあったので読みふけりました。フォーサイスの「腕を足に、足を腕に」という指示は面白かったです。ル・リッシュを観るのもおそらく2004年以来なので彼を舞台で見るのも楽しみです。
 今日は気合を入れて、村上隆の新作を観て、お茶して、サドラーズに臨みます。
守屋 2011/07/05(火) 15:51:03) 編集

守屋さん、昨夜はどうも~。

久々にマトモな振付家によるダンス作品(しかも新作)を踊るシルヴィーを見られて、楽しかった&嬉しかったです。昨夜は最後のエック作品がよかった・・・フォーサイスのもなかなか見応えあったけど。(キリアン作品はゲストダンサーが踊るとは想定していなかったので、ちょっとびっくりしました。全回(!)ご覧になる守屋さんの感想をお聞きするのが楽しみです~。

ところでロジャーが負けたのは準決勝ではなく準々決勝ですよん。夜中の3時頃まで睡魔と闘いながらTV見てたのに逆転負けしちゃって、ほーんとガッカリでした。二年続けてQtrsで敗退とはウィンブルドンの勝利の女神についに見離されたか??とそれがショックでしたが、女神は気まぐれなのでまだわかりませんよね。生暖かい目でKingのカムバックを見守ることにいたしますわ・・・。
Naoko S 2011/07/07(木) 08:10:22) 編集

Naokoさま、お元気ですか?
猛暑の日本をお楽しみいただけましたでしょうか^^
その節はありがとうございました♪
LONDONはさぞ涼しいことでしょう・・・

Sylvieの充実した記事のご紹介ありがとうございました。
11月の彼女の日本公演がますます楽しみになってきました。
8月のニコラの座長公演が延期になったのはショックでしたがNBSの「バレエの祭典」会員向けにチケットの振り替え案内先として、シルヴィーの新作「エオンナガタ」(18世紀のスパイである騎士EONと女形をかけた作品? 共演はロベール・ルパ―ジュとマリファント)とヴィシニョ―ワの「ジゼル」が。
新しいものみたさでシルヴィーを選びましたが、さて?

ロジャーはホントにがっかりでしたね!
そしてラファ・・・いや、ジョコヴィッチが頭角を現すのは自然の流れゆえ・・・
勝負は時の運ですから、これからもどんな復活劇が観られるのか、楽しみにしたいと思いますv
maria 2011/07/08(金) 02:49:59) 編集

mariaさん こんにちは。こちらこそ、その節はどうも~。お会いできて嬉しかったです(ありがとうございましたv)。

日本は相変わらず暑いですか?ロンドンに戻ってきたら梅雨のような天気続きでガックリです。日本でカンカン照りの日差しの下歩き回って日に焼けたと喜んでたのに、帰ってきたらみるみるうちに褪せてしまいました・・・恐るべし、イギリスの(悪)天候。

さてシルヴィー公演、昨夜二回目行ってきました。フォーサイスもエックもさらに楽しめて大満足(特にエックの"Bye"は心に沁みました・・・)、9月の再演も見に行こうかな~と考え中です。

日本では「エオンナガタ」を上演するのですね。これはダンス作品というよりはジャンル不詳のパフォーマンス劇?という印象がありました。舞台芸術全般に精通されているmariaさんがご覧になったらどのような感想をもたれるかしら・・・?お聞きするのが楽しみですわ。
Naoko S 2011/07/09(土) 22:07:43) 編集

こんにちわ。お久しぶりです。先々週、RBの台湾ツアーに行って参りましたー。羽田からたった3時間のフライトでRBの公演を観られるのはとても有難いです。コンテ作品はあまりよくわからないので、ロンドンではほとんど見たことありませんでしたが、RBのコンテはダンサーの個性を生かした作品になっているので無機質に感じることなく楽しく見ることができました。崔由姫さんがChromaを踊る姿は想像できませんでしたが、あぁいう作品も合うなぁ・・・と。ジゼルではミルタ役で小林ひかるさん、ウリィのひとりが崔由姫さん、パ・ド・シスのメインが蔵健太さんと高田茜さん、狩りのリーダー役に平野亮一さんと日本勢が大活躍でした。アーティストの中で何人かいいなぁと思うダンサーがいて、来シーズンも楽しみです。残念ながら崔由姫さんのプリンシパル昇格はなかったようで私も残念に思ってます。
ミッツィーカスパー 2011/07/12(火) 15:58:11) 編集


ミッツィカスパーさん こんにちは。お返事遅くなってごめんなさい。

台湾に遠征されたんですか ご苦労様でした。ballet.co毎日チェックしてるんですが、その後昇進情報まったく更新されてませんねえ・・・例年ならとっくに公式発表されてる頃なのに。

イギリスの緊縮財政のあおりを受けてROHも公的助成金を減らされているので、ひょっとしたらそれが昇進・昇給に響いているのかな・・・なんてふと思ったりも。
Naoko S 2011/07/17(日) 09:48:19) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。