スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ジャズ: グウイリム・シムコック・トリオ
一週間以上前に見た、ジャズ・ピアノとダンスのコラボ・プロジェクトについての覚書。

"Simcock Meets Charnock"

Purcell Room, Southbank Centre, 12 November 2010

Piano: Gwilym Simcock
Dance: Nigel Charnock

Double bass: Yuri Goloubev
Drums: James Maddren

- お目当てはピアニストのグウイリム・シムコック。ちょっと前に、ある年若いバレ友と音楽談義していて、私は普段はクラシックは聴かないよ ジャズが好きなんだ~という話をしたら、へえーじゃあ是非聴いてみて、と勧められたのがこのピアニスト。何でもかつて同じ音楽学校に通っていた仲なんだとか。友人いわく、前回彼のライブに行ったとき会場のお客のモバイルが鳴ってしまったのだが、ピアニストはそのリングトーンを受けて即興曲を創ってしまった。いや~あれは最高だったねー、と。ほおーと俄然興味が沸いてちょっと調べてみて驚いた。まだ20代だというのになかなか立派な経歴の持ち主で、彼のバイオ・レビューは華麗な形容詞のオンパレード。イギリス・ジャズ界の未来を背負って立つ、と目されている才能らしい・・・wow。

- シムコックの公式サイトで曲のサンプルを視聴した時の印象は、音はすごく美しいのだけど、綺麗すぎるきらいも・・・私自身の好みからするとややアカデミックすぎるかな・・・というものだったのだけど、やっぱりライブで聴くと違う!(行ってよかった・・・)

- コラボの相方のナイジェル・シャルノックはDV8というダンス集団の創始者の一人で、即興ダンスを得意分野としていると。インプロヴァイゼーションの名手の共演、というなかなかアイデア自体は面白そうなプロジェクトだけど、見る前は一抹の不安も・・・。即興のパフォーマンスってきっと相当難しいものだろうなあ お互いをよほど触発しあえない限り不発で終わっちゃうだろうし、そもそもどっちがリード役になるのか?とか何とか。

- 悪い予感はある意味的中。この二人、スタイルが違いすぎる・・・シムコックは非常にdisciplineがあり、一流の技術と自らの表現スタイルに矜持を持ちながら決してそれに耽溺することがない、自分を律しながら高みをめざす、そういうタイプのアーティストにみえた。シャルノックはその真逆・・・海千山千のルックスそのまま、ダンサーとしての能力や魅力は乏しい割りに(そのせいで、というべきかもしれないが)、ただひたすらオレを見ろ!的なアプローチで押し通そうとする、私の最も嫌いなexhibitionistタイプにみえた。彼のパフォーマンスのあまりの幼稚さとつまらなさにはアクビしか出ず、途中から目を瞑ってピアノの音だけ聴いていた。

- コラボは不発だったけど、二部で嬉しいことにダンサーが引っ込んで、シムコックのピアノにダブルベースとドラムスが加わり、ミュージック・タイム。

- ソロ・ピアノのときは音の美しさやテクニック(すっごい早弾き!とか)に感心しつつも Wow~~!!とまではいかなかったけど、やっぱりジャズはアンサンブルの化学反応が命。さすがにベーシストもドラマーもピアニストと音楽家としての行き方に共通したものがあるような、disciplineのある人たち。表面上はクールなんだけど沸々と内面からわきあがってくるものを静かに、忍耐強く待つ、決して安易なソリューションには与しない・・・とでもいうか。

- 昨年リリースされたこのトリオの初めてのCDのタイトル曲、といっていた記憶があるのでこれだと思うけど、"Blues Vignette"という曲が一番よかった(サンプル5曲目)。

http://www.gwilymsimcock.com/blues.htm

スローテンポで穏便に始まるのだけど、途中から音がどんどん強度を増して、高みをめざして上昇していく感じ。でもフワフワした・浮き足立った感じはまるでなくて、ソリッドな土台に支えられた上昇感。わあ これはまるで、カテドラルだ・・・三人のミュージシャンが、黙々と大伽藍を建設する職人たちに見えてくる。このトリオ、相当いいのではないか・・・!?

- 後半また(迷惑なことに)ダンサーが戻ってきてしまい残念なことになったが、このピアノ・トリオの演奏を聴く機会に恵まれただけで大収穫。ロンドンではもう当面ギグの予定はないみたいでがっかりなのだけど、とりあえずCDをゲットすることにしよう・・・。
2010-11-22 10:31 | 音楽 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。