スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
サラファーノフ、ミハイロフスキーに移籍
今日ballet.coのキーロフ・フォーラムで見たオドロキの情報。なんと、マリインスキーのプリンシパル、レオニード・サラファーノフが来年1月ミハイロフスキー・バレエに移籍するそうです!既に劇場サイトに詳細がでています(英語):

http://www.mikhailovsky.ru/en/events/leonid-sarafanov-is-coming-to-the-mikhailovsky-ballet

伝統的なレパートリーに安住することに満足できず、コンテンポラリーで新境地を開きたい・・・というのが移籍を決めた理由のようですが。ミハイロフスキーといえば、ナチョ・デュアトを新芸監に迎えると聞いてびっくりしたのがちょっと前のこと、カンパニーのカラーが変わってしまうとやめていくダンサーが出るのかなぁ・・・なんて思っていたけど、なるほど、逆に、この人の下で働きたい(踊りたい)と他所からダンサーが移ってくる、というケースがあってもおかしくないわけだ(第一号?)。

今週末から始まるマリインスキーとボリショイの合同ガラ、日本のバレエ・ファンがマリインスキーのダンサーとして踊るサラファーノフを見る最後の機会になるのでしょうか。
2010-10-20 07:32 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(12)
Comment
Naoko さん、Bignewsですよね。最近、ミハイロフスキーのミッケリツアーのガラにオレーシアと参加していたりしていたので、何かね~・などど思ってはいたのですが。。ミハイロフスキーのダンサー達はナチョのNewsの時はかなり動揺したと聞いてます。それはそうですよね。古典ばかり踊ってきたのですもの・・・。サラファーノフは(ファンの皆様にはごめんなさい。悪い意味ではないのです)クラシックを踊るにはどうかな??という踊り方の部分があるダンサーに感じていました。あれは、意図してそのように踊っていたのかしら?それともそのように身体が動いてしまうのかしら?などといつも思っていました。ので、ナチョの元でコンテンポラリーに挑戦したいと彼が考えているのでしたら、私の感じていた部分は後者の理由だったのかしら。。
今回がマリンスキーのダンサーとして彼の踊りを見る最後となってしまいます。そして、私がかなり気になるているのは、彼の妻のオレーシアが一緒に移籍してしまうかどうか?なんですけど。
彼女にはマリンスキーにぜひとも残って欲しいのですけど。
まりあ 2010/10/20(水) 09:23:56) 編集


サラファーノフの移籍はバレエ団にとっては痛いでしょうけど、まああれだけ踊れる人だから新しいことに挑戦したいというのはわかりますよね。奥様ですが、彼女も移籍、ということにはならないのでは・・・という気がしますがどうでしょうね。(少なくとも両バレエ団とも同じ街にありますし・・・ね。)
Naoko S 2010/10/22(金) 09:02:57) 編集

Naokoさん、マリンスキーのファンとしては、せっかくここで育ったダンサーの移籍は残念な事です。やはり、古い言い方になるけれど、ここに骨をうずめて欲しいですね。本人の希望であるなら仕方がないけれども。(でも、あまり彼の移籍は私にとっては・・ではないです。)あ~すみません~。
おっしゃるよう、かなり近くにあるバレエ団への移籍になりますね。
まりあ 2010/10/22(金) 11:23:21) 編集


>>マリンスキーのファンとしては、せっかくここで育ったダンサーの移籍は残念な事です。やはり、古い言い方になるけれど、ここに骨をうずめて欲しいですね。

でもサラファーノフはもともとキエフからの移籍組だしワガノワ卒でもないし、マリインスキーに骨を埋めなきゃいけない義理もないのでは・・・

さて今日から始まりましたね~合同ガラ。ロパートキナとコールプのダイヤモンドが無茶苦茶羨ましいです・・・!
Naoko S 2010/10/24(日) 00:20:24) 編集

Naoko S 様、

>>ロパートキナとコールプのダイヤモンドが無茶苦茶羨ましいです・・・!
2006年の前回来日公演で伝説になったという舞台。初めて観させていただきました。
なるほど、ロパ様だからこそ、この演目が成立するのだな、と納得しました。全ての一瞬が美しいスティール写真がスムースに流れていきました。

yosh 2010/10/24(日) 01:10:55) 編集


わーっ yoshさん!ご覧になったんですね ダイヤモンド!!

全ての一瞬が美しいスティール写真ですか・・・(嘆息)。私は大変幸運なことにロパートキナをこの演目で何度か見ていますが、あの2006年の舞台はベストの一つですね 素晴らしかった・・・。

マリインスキーは来夏ロンドン公演があるようなのですが、ジュエルスもってきてくれないかなあ 近年上演してないのですよ・・・。ロパートキナのダイヤモンドは、何度でも見たいです!
Naoko S 2010/10/24(日) 08:34:35) 編集

Naokoさん、サラファーノフ、は確かにワガノワ出身ではないし「義理」はないんですけど、近年は彼の出演するDVDも発売されたり、ゲストダンサーとして出演したりと看板ダンサーとしての扱いを受けているという印象でした。いまさらですが、だったら、一枚でも、アンドリアンとデイアナのDVDをダンサーとしての盛りの姿を残して欲しかった。と思うのですよね。
昨日、合同ガラを観て参りました。
ロパートキナの踊る「パ・ド・カトル」は素敵でしたよ。マリータリオーニを踊りました。まるであの時代から抜けでたような、腕や脚の複雑な動きがなんとも美しい。。 短い時間でしたが至福の時でした。この演目だけで私は満足してしまいました。
ダイヤモンドは何度も観ていますが、やはり、ロパートキナだからこその美しさですね。当初の予定ダンサーたちの不参加(デイアナ、ザハリワ、アレクサンドロワ、アンドリアン)に加えてルンキナがまだ完全復活していない様子で、演目がかわってしまった事が残念でした。
オシポワとワシリーエフは、なぜかスポーツを見ているような気分になる二人ですね。Garaで、コールドがいない事もあって逆にダンサーの持ち味が露出するわけですが、次世代のダンサーたちにはあまり興味が湧かず、
私の好きなロシアバレエを少し遠くに感じてしまいました。
まりあ 2010/10/24(日) 11:38:20) 編集

Naoko S 様、

>>ロパートキナのダイヤモンドは、何度でも見たいです!
私も心に染みてくる踊りは何度でも観てみたいですね、DVDでなくライブで。

性懲りもなくBプロの方も行ってきました。
「ロシアの踊り」も良かったです。前半の優美と後半の素早い踊りが豪華な衣装とともに今も脳裏に残像しています。
yosh 2010/10/25(月) 01:19:17) 編集

Naokoさま、大変ご無沙汰しております!
実は夏以来しばし、PCアクセス回数を減らしておりまして・・・
特にバレエ関係はさっくりしばらくお休みにしていたので、あまりに遅い反応で本当に恐縮ですが、Naokoさまが大変な時期をお過ごしの時にも御挨拶もせずに失礼いたしました。

合同ガラ、初日と2日目、A,Bプロ一回ずつ、3列目センターで観て参りましたが、初日すでにあまりのゴージャスさに目がくらみ、楽日のチケットを会場で追加購入してしまいました^^;

バランシン研究家ファテーエフの細かな指導を受けつつ・・というロパートキナのダイヤモンド、数度目ですが、何度見てもこれが最高の舞台、と思うのにその中でも見るたびに完成度、天上界度が増すという・・・。
本当に未踏の高みをこの人はどこまでも昇っていくのだなぁとその過程(でも到達点に見えますが)を見つめることのできる幸せをかみしめた舞台でした。

さて、わたくしもサラファーノフの移籍には驚きました。
今までクラシックの主役を踊るにはどこか抽象性の高い彼の踊りが物語の役柄を演ずるにはおさまりの悪さがあるように感じていたのですが、今回、スッと王子なら王子、村の若者なら若者、と、べたな演技で、ではなく音楽との融合性できれいに作品を表現している姿を見て、成長を感じると共に、彼自身、ひとつの目標を達成して次に向かう準備が出来ているのだなぁと、納得した気持ちにもなりました。

終演後、デマチはダンサーの予定あり、とのことで拍手のみでお見送りください・・・になってしまったのですが、偶然駅ですれ違った時に彼に声をかけ、移籍後は日本で踊りを観る機会が減ってしまいますでしょうかしら、と申しましたら、東バでの客演予定は今後もあるので、NBSのサイトでチェックしていてくださいとのこと。
なるほど~。
グル様の公演回数と言い(笑)何かとやはり日本って恵まれているのかも・・・

そうはいっても、マリインスキーダンサーとしての彼を観るのは今回が最後となるのでしょうから、残り一回の観賞を楽しみたいと思います^^
maria 2010/10/25(月) 04:40:35) 編集


まりあさん、合同ガラのご感想お寄せくださってありがとうございます。オーシポワとワシーリエフの舞台がスポーツみたいって、うんうんよくわかりますよ~。(あれだけ命がけで踊っている若い二人にあまり小姑風の小言はいいたくないですが・・・笑)


yoshさん、Bプロもご覧になったのですね。ロパートキナのルースカヤ、いいですよね~!唯一の難は、上演時間が短すぎること・・・。


mariaさん、こんにちは。こちらこそお久しぶりです。貴ブログには足繁く通わせていただいてましたが、なんとPCアクセス制限をかけていらしたとは・・・そんな中わざわざお越しいただき、恐縮です・・・。(でも嬉しいです~♪)

>>合同ガラ、初日と2日目、A,Bプロ一回ずつ、3列目センターで観て参りましたが、初日すでにあまりのゴージャスさに目がくらみ、楽日のチケットを会場で追加購入してしまいました^^;

おお~素晴らしい。トータルで3回ご鑑賞ということは・・・近々貴ブログにて長大・詳細レポを拝見できそう??(期待してますv)

そして、なんと時の人(?)に突撃インタビューですか~さすが、maria様!

>>東バでの客演予定は今後もあるので、NBSのサイトでチェックしていてくださいとのこと。

ははは これウケました~。しっかりしてるというかちゃっかりしてるというか、NBSのサイトを要チェックねえ・・(笑)。むしろ移籍後の方が海外のバレエ団への客演がふえたりするのかしら?なんて想像したりも。

合同ガラ、明日・水曜が楽日なんですね。特別なサプライズ~余興とかあるのかしら どうぞご堪能なさって下さいませv
Naoko S 2010/10/26(火) 08:34:37) 編集

Naokoさん、こちらに違う話題を書き込ませて頂いて申し訳ないのですが、yoshiさん(vesperちゃん)のblogにROHの新作
「Alice In Wonderland 」の衣装を担当されるというニュースが上がっておりました。楽しみ~。しかも、1stキャストはローレン!!舞台は来年ですが、写真が上がるのが楽しみですっ。

(合同ガラは楽日もチケットを持っているのですが、うーん、私は行かないかも?です。なんか、かなりテンション下がってしまいました。ロパートキナのルースカヤは観たいのですが、何しろ上演の順番が2部の後ろの方で、そこまで行きつけなさそうな私です。ロパ^トキナには、今回もプテイとかジゼルとかバヤデールとか見せて欲しかったです。。。
パートナーの問題があるんでしょうけれども。。バレリーナのパートナー問題って難しいですよね~。)

まりあ 2010/10/26(火) 09:31:43) 編集


>>yoshiさん(vesperちゃん)のblogにROHの新作
「Alice In Wonderland 」の衣装を担当されるというニュースが上がっておりました。

おおーそうでしたか。(最近お邪魔していなかったので知りませんでした・・・ロンドンにお戻りになってたんですね。)「アリス」といえば、今日オペラハウスからDMがきていて、初日は特別(ベネフィット)公演になるようです。良席はトッププライスが1,500ポンドだったかな?バレエの新作でこういうイベントを打つのは珍しいですね・・・ローレン以外の出演者としては、ポルーニン、ワトソン、ヤノウスキーetcの名前があがっていました。
Naoko S 2010/10/29(金) 09:27:50) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。