スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
グルベローヴァ、ガルニエ降臨!(11/20 AROPガラ)
またまた大変ご無沙汰してます Naoko Sです・・・(ゼイゼイ)。実は4日前に身体の某箇所を手術して、現在自宅療養中です(こう見えて?結構病気持ちなんですよ私・・・常にどこかガタがきてる状態)。あまり長時間眼を使ってはいけないので、ブログの更新なんてしてる場合じゃないんですが、手術前にパリオペから来たe-mailに驚愕のお知らせが出ていたので、どうしても紹介したくて。

なななぁぁんと、かのエディタ・グルベローヴァ様が、来月のパリオペ特別ガラ公演にご出演!!

これ、きわめーて画期的なことではないですかー??グル様がパリオペの舞台にお立ちになるって、いったい何10年ぶりのことなんでしょう・・・。以前も書きましたが、日本とドイツ語圏(&スペインでも?)で圧倒的な人気を誇り神格化された存在のグル様、活動の場もほぼこの地域に限定されていて、ブリテン島はもちろんのこと、フランスもほぼスルーされて久しく、しかもパリオペで歌うことなんて近年殆どなかったわけで(去年シャンゼリゼ劇場でリサイタルがあってレポしましたが、あれは稀なoccasionだったわけで)。

この公演、AROP(パリオペ友の会)の創設30周年記念ガラだそうですが、"サルコジ大統領がパトロン"となってるんですが、これは大統領ご臨席ということかなあ。きっとそうなんだろうなぁ だってチケット代がまた偉く高いのですよ。昨年私の見たバレエ・リュス・ガラ、チケット代が高い・高いと散々騒いでましたが、今当時の記事をひっくり返してみたら、トッププライスは400ユーロだったようで。今回は、桁が違います 2,500ユーロ!

プログラムの演目は、バレエが、デフィレ~チャイコフスキーpdd(ドロテ&マチアス)~パキータからポロネーズ(アニエス&ジョゼ&エコールの学生達)~ボレロ(ニコラ)。リリックの方は、私には見慣れない名前の方が多いんですが、ざっと書き出してみると:

- Duo des Fleurs Lakme/Mallika "Lakme"
Inva Mula et Karine Deshayes

- Air de Figaro, "Le Nozze di Figaro"
Luca Pisaroni

- Air de Mimi "La Boheme"
Inva Mula

- Air de Charlotte "Werther"
Sophie Koch

- Air de Lenski "Eugene Oneguine"
Piotr Beczala

- Air de la Contessa Almaviva "Le Nozze di Figaro"
Barbara Frittoli

- Duo de Faust/Mephistopheles "Faust"
Piotr Beczala et Luca Pisaroni

- Air de la Folie - Lucia di Lammermoor
Edita Gruberova


- Final Serenade to Music
avec l'ensemble des Solistes de la soiree et la participation de l'Atelier Lyrique de l'Opera National de Paris

・・・こんな感じ、グル様は大トリとして登場され、ルチアの狂乱のシーンを披露されます!(ぶるるっ)

まぁ~しかし、興味深いですね どういう経緯で招聘されたのかが。もしかしたら、昨年のあの戦慄のコンサートを見ていた関係者の誰かが、このお方を是非国立オペラ座にお招きせねばっ!と焦ったとか?サルコジ大統領がファンとか?あ、もしや受勲では!等々想像してしまいます~。

そして、こちらもびっくり。なんとなんと、ダンソマニ情報によれば、ロパートキナが年末のパリオペ白鳥の湖公演にゲスト出演の噂ありとか!

多分ほんとなんでしょうねぇ これはほんとびっくりです。ヌレエフ版白鳥、これまでロシアからはザハロワ、ヴィシニョーワが客演してますが、いよいよロパートキナですか。パートナーは、自前でないとするとジョゼしか考えられないけど、どうかなぁ・・・ジョゼのサイトを見てみたけど、特に情報なし。彼女が客演するなら勿論見に行きたいけど、年末の白鳥ってキャストわかってからじゃチケット入手できない可能性(多)大で頭痛いなあ・・・まさかプレミエではないですよね??(あ、ダンソマニの白鳥プレ・キャストを見てショックを受けたのが、オレリーの名前がないこと・・・彼女は踊らないの?何故にー??)

というわけで、パリ発のニュースにすっかり振り回された今日一日。年末のパリオペラ座というのは、ほんとに油断ならない場所なんですよねえ・・・
2010-10-03 07:13 | オペラ | Comment(12)
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/10/03(日) 12:13:48) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/10/04(月) 04:14:45) 編集

Naokoさん
病気ご療養中とのこと、驚きました…。どうぞお大事に。

11~12月のパリオペ、なんだかさざめきだっていますね~。グルベローヴァ、フリットーリ以外は普段パリオペによく出演している歌手でしょうか。

白鳥はとっても驚きですよね~。年末渡仏予定ですが、今回はあまりオペラ座とは縁がなく、観られるのは1公演のみなんです。作品的にはガルニエの方が興味がありますが、もし、もしもロパートキナ&ジョゼが観られるのだったら…、それかオレリーが出演するのだったらバスティーユに駆けつけちゃうんですけれど。

ご養生なさって、ロパートキナの舞台を楽しまれますように(その前にグルベローヴァ@ルチアが控えてますね~)。
Bera 2010/10/04(月) 10:07:25) 編集

Naokoさん、驚愕の情報ありがとうございます。
大統領がパトロン;ってやはりすごいですね~。
Paris はいいですねえ。今年から来年にかけては、POBとボリショイが盛り上りそうですね。でも、マリインスキーもプレルジョカージョの振付をレパートリーにするそうで楽しみです。
やはりロシア・フランス年の一環でしょうね。
オレリーですが、デフイレにも登場しなかったとの事ですし、
今シーズンはお休みでしょうかね・・・。
まりあ 2010/10/04(月) 13:18:31) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/10/04(月) 19:37:49) 編集


Beraさん お見舞い有難うございます。(なんとか、だましだましやっておりますのでご心配なきよう。)

毎年この時期のパリでは何かと浮かれたイベントがあって、ついフラフラと釣られて出かけて行ってしまう私ですが、今年もまた・・・。前回パリで白鳥を鑑賞したのはなんと5年前(!)になりますが、あのときはイレールのロットバルトに釣られてだったんですよね・・・(遠い目)。

で、確か当時Beraさんもご覧になっていたと記憶していますが、前回上演時はオレリーのオデット/オディールが素晴らしかったですよね。今回は登板予定がないようで、ほんとに残念なことです・・・。(あれが最初で最後・・・??)

今年の年末、ガルニエでは何やってるんだっけ??とさっき確認に走りましたが、モダンミックスなんですね。渡仏されても一夜しかバレエ鑑賞にあてられないとなると、う~~んこれはやはり白鳥のキャスト次第ですねー。

来月の特別ガラ公演ですが、情報紹介しましたが私自身はこれはパスするつもりです。せっかくグル様を聴くのであれば全幕オペラで聴きたいので、ウィーンかミュンヘンに遠征した方がいいんですよね~。どなたか、このガラ公演に行かれる方がいらしたら、是非ご感想を聞かせていただきたいです!


まりあさん、

>>やはりロシア・フランス年の一環でしょうね。

今回のロパートキナ客演にもこれが関係してるのでしょうかね。

オレリーはデフィレにも出なかったのですか、なんと・・・。今シーズンお休みって、それはさびしすぎますよ~ あーあ。

そういえば、(突然ですが)エルヴェ・モローってどうしちゃったのでしょうか??全然踊ってませんよね・・・今回も彼のジークフリート・デビューは無しなのか・・・今一体どういう状態なのか、心配です。 
Naoko S 2010/10/05(火) 01:39:18) 編集

NaoKoさん、その後いかがでいらっしゃいますか?Londonの気温を見ると、もうかなり深い秋でしょうか。え~と、パリオペのエルヴェの状況は伝わって来ないですね…。何回か踊る予定になっていたかと思うと名前が消えてしまっているところを見ますと…う~ん。でもデフィレには登場したそうですから、少なくとも、出演するかもしれない?ところまで来ているのではないかと…。全て私の予測ですが。彼もせっかくfacebookをやっているのだからファン向けに少しはメッセージ出してくれたらよいのに、と思ったりします。彼の踊る姿、早く観たいですね。
エルヴェもですが、私の大好きなマリインスキーのアンドリアン・ファジェーエフも昨年一月のワシントンでのケガ以来、少しずつ出演していますが、今月もバヤデ・アンナカレーニナ(そもそもは春にプレミエにディアナのパートナーとして出演予定でしたが。)の出演予定から名前がまた消えてしまいました。春のリベンジかと思ったのにがっくり。ディアナいわく、「彼はケガからの復帰をしつつあるがトラウマを乗り越えなければならない」(超訳ですが、こんな感じです)Dancerの舞台に立つ大変さを垣間見たような一言です。
このアンナ・カレーニナ
はディアナ、ロパートキナとダブルキャストで@マリインスキー劇場。観たいです。マリインスキーは来年N公演が予定されていて上演予定とか。
日本で待っていても可能性は薄そうですね…。
まりあ 2010/10/07(木) 08:07:14) 編集

Naokoさん、思っていた通りなんですけど、
31日って・・・(行こうと思えば日本からでも可能だけど、チケは・・・)
以下はジョゼのHP転写です。^^

- « Le Lac des Cygnes »

Du 29 novembre au 31 décembre 2010

Agnès letestu / Uliana Lopatkina et José Martinez

まりあ 2010/10/08(金) 10:12:20) 編集

おはようございます。9月にお目にかかったばかりだったので、手術のこと驚きました。どうか無理されないように。

 グルベローヴぁはミュンヘン等で舞台でご覧になったほうがいいと思います。今週もヴィーンで舞台に立ったようですね。
守屋 2010/10/08(金) 14:30:21) 編集


まりあさん、エルヴェはデフィレには出ていたんですか 情報ありがとうございます。ちょっと安心しました・・・早く復帰してガンガン踊ってほしいですよね。

ところで、ジョゼのサイト私も見ましたが、12/31に出演とは特定していませんよ~。白鳥の上演期間をざっくり載せているだけですね 今のところ。(上演期間11/29~1/5のところを11/29~12/31と記されているので、一月の登板はナシなのね・と解釈することは可能ですが。)

勿論ロパートキナの出演が大晦日公演になる可能性はありますが、チケット代が高いので、できることならば避けていただきたい(笑)。あと、AROPの子供用マチネの回だけはなんとしてもやめてほしいです。他の日ならいつでも馳せ参じますので~!


守屋さん、お見舞いありがとうございます。(なんとかぼちぼちやっておりますので・・・)

そう、グル様は今ウィーンでルクレチア・ボルジアにご出演中なんですよね これ、行きたかったなあ・・・この後はしばらくウィーンでのご出演はなさそうなんですよね。

ミュンヘンは、なぜかこれまでドイツというとこの街しか行ったことがないので、できればちょっと新味のある所に行きたい、という贅沢な願いがありまして・・・(ここに行けば愛しのカンディンスキーには会えるんですが~)。次回のグル様追っかけはいつになることか・・・今のところ未定なのですわん。
Naoko S 2010/10/09(土) 00:01:20) 編集

Naokoさん、

久しぶりにおじゃましてみると記事がいくつかアップされていて、そして、ご病気だったとのこと。びっくりしました。
あまり目をお使いになれないとのことなのに、書き込んでしまうのをお許しください。

AROPのガラ公演、すごいですね。行ってみたいです。私のオペラ好きの友人がいつもグル様のことを話しているので、いつか、と思いながらまだ機会に恵まれません。

12月の白鳥も、是非行きたいと計画していたのですが、愛しのニコラはドロテと踊り、オレリではないので、ちょっと思案中です。今2月にギエムのマノンをスカラ座に見に行きたいな、なんて思ってます。もちろん、ただの夢に終わるかもしれませんが。ロパートキナの白鳥も、いつも都合が悪くて見逃してるので、是非見てみたいです。チケット争奪戦が大変そうですが、バスチーユなら立ち見もあるので、日にちが合えば行ってみたいな!

そうそう、オレリはダンソマニ情報では、私生活に軸足をおきたいということのようで、しばらくお休みなのではないでしょうか。

私は、実は先週末にパリから戻りました。ちょっと行く用事があったので、以前から見たいと焦がれていたニコラの「若者と死」に照準を合わせていって来ました。
ニコラのランデヴーと若者を2回ずつ見ましたが、ニコラは期待にたがわぬ出来。大きくて柔らかい動きで、出てくるだけで場を支配するカリスマ性、あの年齢とは思えない若々しい官能性とダイナミックなジャンプ。もう堪能しました。それに、アバニャートが小柄なのに迫力があって、怖いのなんのって・・・素晴らしい出来でした。
ランデヴーはシアラヴォラとの組み合わせで話題になっていましたが、私には作品として不満があります。
意外に良かったのが「Le loup 狼」。衣装など雰囲気がバレエリュス的で、お話はちょっと切ない童話風。ペッシュとビュリオン、ピュジョルとコゼットで見ましたが、どちらもとても心に訴えました。

長々と書いておいて、なんですが、どうぞ、ゆっくりご養生ください。
テス 2010/10/11(月) 21:29:31) 編集


テスさん、お久しぶりです。眼の方はもう大丈夫なんです ご心配おかけしてすみません。

さて、なんとも嬉しいレポをありがとうございます!プティ・プロをご覧になったのですね~興味津津で拝読しました。

文面からニコラの充実ぶりがひしひしと伝わってきますが、他のダンサーたちもよかったみたいで。このプログラムはフランスのニュース映像で紹介されているのを見ましたが、ランデヴーは結構面白そうかもと想像してたんですが、テスさんはお気に召さなかったようで・・・一方、映像でチラッと見たときは、"何、これ~イソップ物語??"と不思議に感じたLe loupの方が面白かったんですね なるほど~。

ニコラは日本ではこの夏ボレロ公演があったし、来年でしたっけいよいよ座長公演も計画されてるし、これからも沢山ご覧になる機会がありますね(いいなぁ・・・)。12月の白鳥はまだ検討中でいらっしゃるとのことですが、いざとなったら立ち見・・・とはバイタリティありますね~私はあの立ち見券買うのに寒空の下並ばなきゃいけないのはやだ~と、そのオプションにかんしては既にすっかり腰がひけてます(笑)。そうはいっても、当日までにチケット確保できなければ他に選択肢はないわけですけどね・・・(嘆息)。

来年2月はシルヴィー追っかけでスカラですか あそこのチケットはネットで買えるのかな?争奪戦、相当激しくなりそうですけど、ご覧になれるといいですね!そうそう、グル様ですが、日本にはかなり頻繁に行っていらっしゃるので、機会がありましたら、是非是非。
Naoko S 2010/10/13(水) 06:56:55) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。