スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バレエ 「セレナーデ/ジゼル」 (7/26・27)
Bolshoi Ballet in "Serenade","Giselle"

26th & 27th July 2010

CAST

"Serenade"
Valse: Ekaterina Krysanova, Egor Khromushin
Russian: Anastasia Yatsenko (26), Anastasia Stashkevich (27)
Elegy: Anna Leonova (26), Victoria Oshipova (27), Karim Abdullin

"Giselle" (Production: Y. Grigorovich)

Giselle: Natalia Osipova (26), Anna Nikulina (27)
Albrecht: Ruslan Skvortsov (26), Alexander Volchkov (27)
Hilarion: Ruslan Pronin
Bathilde: Kristina Karaseva
Wilfred: Vladislav Lantratov
Peasant pdd: Anastasia Stashkevich, Viacheslav Lopatin (26),
Daria Khokholova, Andrei Bolotin (27)
Myrtha: Maria Allash
Two Wilis: Victoria Osipova, Olga Stebletsova (26), Anna Leonova (27)

オーシポワのジゼル・デビューがネット上大旋風を巻き起こしたダブル・ビルですが、私的には両日ともセレナーデの方がぐっときたかも。何ら雑念がわくことなく、舞台を見ながらただただ綺麗だなあ・・・と陶酔させられたのは、この作品ではすごく久しぶりのことだったような。もともと好きなんだけれど、今回つくづくと、あーバランシンってすごい、バレエの本来的な美をこれだけ引き出すことのできる振付家が他にいるだろうか・・・と感嘆。一つ一つの動きはごくシンプルに見えるのに、それが彼の手にかかると、ごくごく自然に音楽を紡ぎ出す夢のようなムーヴメントの連鎖に。バレエを知り尽くしたマスター・コレオグラファーならではの傑作、であるが故に踊る人を選ぶきわめて差別的なバレエでもあるけれど、見た目も技量も粒揃いのボリショイwomen、魅せてくれました・・・。

ダンサー達は皆すばらしかったけれど、この作品ではどちらかというと個人が突出しすぎることなく匿名性を保ってほしいので、例えばヤツェーンコはそのべテランならではの持ち味・カラーが強く出すぎていて(表現力過多というか・・・)私的にはあまり好みでなかった。両日のリードを踊ったクリィサーノワはこの点透明度の高い、フレッシュなダンスをみせてくれて、大層魅力的だった。

で、メイン・ディッシュの「ジゼル」ですが。まずは初日のオーシポワ&スクワルツォフ。

オーシポワについて、「コッペリア」の感想で彼女の才能の凄さに舌を巻いた云々書きましたが、ジゼルに関しては、「才能(並外れた身体能力)がアダになることもあるんだなあ・・・」と。

彼女の身体能力の凄さは前回・前々回のツアーでいやというほど見せつけられているので重々承知しているつもりでしたが、今回更にまたレベルを上げてきたか?と驚嘆させられる、未だかつて見たことがないハイパー・テクニック。超人的な浮力、鉄壁のバランス・・・多分オーシポワは技術的には現在世界最高レベルのダンサーでしょう それは間違いなし。

でも、バレエ、特にジゼルのようなバレエはそれだけではないので・・・。私的には技術もさることながら(それがなければそもそも話にならない)バレリーナのマインド・パワーこそ見せてほしいので(だからベテラン・ダンサーの踊るジゼルの方が心の琴線に触れることが多い)。そういう意味で、彼女のジゼルはエモーショナルな部分では訴えるものがほとんどなかった。

一幕の村娘では技術を披露する場面はあまりなくてキャラクター造りが命だけど、私的にはあまり好みにあわず。冒頭、家から飛び出してきたジゼルに、一瞬ぎょっとする。ちょっと変わった髪形で・・・ウエービーな黒髪が額(の片側)に若干かかっているのだけど、オーシポワはただでさえ額があまり広くないので、なんというか、うーむ。(個性を出そうとしたのかなあ・・・)で、その表情は私の苦手な"泣き顔"なのであった(ご本人としては微笑んでいたのでしょうけど・・・)。演技は最初はやや抑え目、だんだん大きくなっていって、アルブレヒトの裏切りを知ってバチルドに貰ったネックレスを衝動的に外すシーンでは、なんとネックレスをひきちぎって後には玉が散乱・・・これにはひいた。狂乱のシーンでの表情は大きめだったけれど、特に印象に残っていない。

二幕でウィリとなったジゼル、技術的には圧巻。舞台を移動するときのスピード、天まで届くかという浮力、etc。何かとてつもないもの・この世のものでないものを見ている、という興奮はひしひしと感じられるのだけど(客席の反応はとても熱っぽかった)、何というか、世界最速の男が記録を新たに更新するのを目撃する興奮とかそういうものに近いような。バレエ的な感動とはちょっと違ったよなあ・・・と。

初日のジゼルでは主役のオーシポワよりもアルブレヒトのスクワルツォフの方が私ははるかに好きでした。ここのところ一皮向けたなーと感じていたスク君、今回さらにスリム・ダウンして?まぁいつの間にこんなに洗練されたダンサーに・・・と登場シーンでは嬉しい驚き。踊りは端正だし、何より演技面で以前は見られなかった(と思う)sympatheticで真摯な表情をみせてくれて、感激。アルブレヒトは年上のプレーボーイってことでオーシポワとのコンビネーションもコッペリアほどの違和感はなかった(でも、三日目を見た友人のレポでは、スク君にはカプツォーワのジゼルの方が合っていたとか・・・)。

二日目の主役・ニクーリナは、charmという点ではオーシポワよりも勝っていたような。二幕の技術的要請もしっかりこなしていて、今後が楽しみなジゼル。アルブレヒトのボロチコフは、クラッススよりはこっちの方が合ってるだろうと予想してたのだけど、うーん、特筆事項なし・・・(彼とは相性が悪いみたい)。

両日ミルタを踊ったのはアラシュ、細長のエレガントなラインと威厳のあるダンスがウィリの女王にぴったり(無表情だけど目力が強いところが、コワかった)。ミルタのお付きの二人のウィリ、アンサンブルとも、個々人の力量の確かさがあってこそ集団としてこれだけのパワーを発揮できるんだなあ・・・という当り前の事実に気づかせてくれたパフォーマンスx2でした。(Bolshoi ladies、素晴らしすぎます・・・)
2010-08-01 10:14 | ボリショイ・バレエ | Comment(12)
Comment
Naokoさま、こんばんは!
連日のBolshoiレポ、楽しく拝読していますv

うーん気性の激しいジゼルって(笑)わかりやすい絶妙なたとえで、イキイキと舞台を目の前に繰り広げてくださるレポ、さすがですわ。
マーシャの不在を除けば(合同ガラのメンバーからも外れてしまわれ涙・・・;;)、ボリショイチーム、酷暑の本拠地を離れて涼しいLONDONで伸び伸びとその実力を知らしめていらっしゃるようで、何よりです。

都さんのROYAL最後のジュリエット、および「神髄」公演での都さん、お任せください!と申した割には、あまりに遅々として進まぬ筆に呆れてしまわれたのではないでしょうか^^;?
今更?ですが、完了していますのでよろしければご覧くださいませ・・・

ちなみに「エトワール・ガラ」では反省?して最速レポを心掛けております(笑)


maria 2010/08/02(月) 03:27:02) 編集


mariaさん こんにちは

マーシャ、来ていますよ!ニコライと共に先週木曜のトリプル・ビルから登場くださってます。今夜は二人が主役の海賊を見てきたのですが、すっごーく楽しかったです。(マーシャはとってもゴージャスで綺麗でしたよ~~もうもう大好き~~)あと一回・木曜にもマーシャが登板するのですが、残念ながらパートナーはニコライじゃないんです。彼はもう明日にはロンドンを発ってしまうとか・・・もっと沢山踊ってほしかった!

(mariaさんの長編・力作レポ、楽しませていただいてたのですよ~コメントができなくて申し訳ないです・・・)
Naoko S 2010/08/03(火) 10:06:22) 編集

NaoKoさん、ボリショイ公演、大変羨ましく、興味津々読ませて頂いております。

私、日本の熱帯化にヨロヨロになってきており、なかなかコメント出来ず、申し訳ありません。
NaoKoさんの描写はさすがです。特にオシポワのジゼルについては目に見えるようです。私、全編ではないのですが、映像を見た事があるのですが(市販されていないです。ロシアのTV番組をPCに落とした物)怖かった~のりうつっている、というのでしょうか、プルッとしました。生でご覧になられたのですから、さぞ~。私も長くバレエを見ている者の一人として、技術が無くてはもちろんダメな世界は言うまでもないのですが、私はそこを越えたSomethingを求めているのだと強く感じるこの頃です。オシポワ、多分今の最強バレリーナなのですが…。
極暑の渋谷「エトワールガラ」で、私は自分の求めているバレエを再確認しました。

マーシャ、無事ご覧になられてよかったですね。
写真をballet.Coで見たのですが、美しいですね~。
まりあ 2010/08/03(火) 23:13:51) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/08/04(水) 07:49:09) 編集


まりあさん、オーシポワの二幕は確かにちょっと顔の表情が怖かったです(かなり入り込んでいたような・・・)。「エトワールガラ」は楽しまれたのでしょうか。東京はあいかわらず熱帯性気候?がつづいているようですが、どうぞご自愛のほどを~。
Naoko S 2010/08/05(木) 09:28:39) 編集

Naokoさん、オシポワはインタビューでも言ってましたが、ジゼル踊るとしばらくは虚脱感だそうで。。。内にこもってしまうそうです。。(ちょっと怖い~)
東京はド熱帯ですよ~。お気づかいありがとうございます。
「エトワールガラ」存分に楽しみました♡(私はマチューさらにだいいいい好きになりました♡そしてオヴラスツオーワ中心に)ですが、mariaさまのところにもおじゃましてコメントさせて頂いたのですが、どうも私は皆様とかなりずれた感覚のようですわあ。
10月にはこの二人でダンチエンコ劇場(フイーリンが芸監)でジゼルを踊るそうです。激しく見に行きたいのです。
ロシアは遠くて、しかも入国手続きが煩雑ですから、最初からあきらめてるんですけど。

まりあ 2010/08/05(木) 09:52:10) 編集


まりあさん、ボリショイ終わってしまいましたよ・・・今は脱力状態ですが、今回は参加メンバーがやや手薄だったのとフィーリンがいなくなってしまったこともあり、以前ほどは盛り上がれませんでした・・・。が、連日楽しませていただいたことは確かで、この後一体何を見ればいいのか、もはや年内のバレエ鑑賞はこれで終わりか??(あ、来月のアルヴィン・エイリー団は見るつもりなんですが~)

エトワール・ガラ、マチューは好演だったのでしょうか 楽しまれたようで何より~。しかし、マチューとオブラスツォーワがダンチェンコに客演って、面白いですねえ。ほんと、ロシアもビザ不要で気軽に行ける国だといいんですけどねえ・・・
Naoko S 2010/08/09(月) 07:49:43) 編集

Naokoさん、終わられましたか、脱力感、わかります~。
かなりな期間の公演でしたね。(うらやましいです)
そうですね。。確かに手薄ですね、& ボリショイMensがちと弱いですね。 だんだん、ツアーに出ないダンサーもいますよねえ。グダーノフは来なかったですか??(彼は日本にも来ない・・・)ツイカリーゼもあまり出演されずにお帰りになってしまったんですよねえ。
でも、やはりボリショイ公演はワクワク感ありますから楽しまれた事でしょう~。

今年はロシア・フランス年とかで今年から来年にかけて、いろいろ公演が活発なんですよね。オヴラスツオーワは、ダンチエンコのゲストに今年からなっているんですよ!!!
POBのモスクワ公演も来年予定されているとの事です。
なんと、「ル・パルク」ですよん。
気軽に行ける国なら行ってしまいますわ~。

エトワールガラ、ふふふふ、私、かなああり、皆様と鑑賞感覚はずれてはおりますが、いろいろ発見した舞台でした。
Naokoさま、お疲れのところとは思いますが、ご連絡お待ちしております^^

まりあ 2010/08/09(月) 10:06:40) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/08/10(火) 12:26:26) 編集

初めまして、東京のバレエ本を出しています、出版社健康ジャーナル社が運営する大人からのバレエ.com の管理人高野と申します。ブログを拝見しました。生の舞台をたくさん見れてうらやましい限りです。マリインスキーもボリショイも日本とロンドン公演の演目はかなり違うと聞いています。日本はお決まりのものしか見れなくてつまらないです。さて、私たちは四月にサイトをオープンしましたが、少しづつ方向性が見えてきて、9月半ばのリニューアルに向けて、バレエブログの充実と海外バレエ事情に力を入れることにしました。つきましては、是非naoko さんのブログをリンクさせていただけないでしょうか?海外バレエ事情も今少しですが、パリオペとワガノワアカデミーの留学生事情があります。是非ご覧になってください。また、ご協力いただけるようよろしくお願いします。
大人からのバレエ.com 管理人高野 
連絡先 writing@ballet-factory.com
大人からのバレエ.com 2010/08/24(火) 16:34:11) 編集


高野様 はじめまして。

さきほどメールをお送りしましたので、ごらんください。

Naoko S
Naoko S 2010/08/31(火) 09:34:09) 編集

Naokoさん、もう、本当にごめんんさい。
マーシャの「白鳥」はDVD発売なんて(私の願望からくる見間違いです)9月26日の公演が映画館で上映されるそうです。
うー私たちは見られないですね。。
まりあ 2010/09/14(火) 11:00:31) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。