スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ショパン・ソサエティ in UK
ずーっと棚上げ状態の都さんイベントのレポ、今日こそ書こう!と思っていたのだけど、昨日ちょっと面白い所に行って来たので、こちらを先に・・・

- 友人Jが数ヶ月前にショパン・ソサエティなる組織に入会した・・・という話は聞いてたのだが、いきなり、三日前に、ここが主催する内輪のコンサートで一曲弾くことになった・ついては聴きにきませんか、と誘いがかかった。演奏者一人につきチケット一枚しか配布されず、あとは協会会員のみが集うexclusiveなコンサートときいて、特にショパン好きでもなく・聴く耳のない人間が行くのも悪いのでは・・・と迷ったのだが、彼女の友人・知人の中で会場のあるリッチモンドに地の利がいいのは私だけ・他に行けそうな人がいないというので、何も予定のない三連休真ん中の日曜日、それなら、と出かけていった。(リッチモンドはロンドン、というかイギリス有数のスーパー・ポッシュ、お洒落な町。テムズ川沿いの景観が抜群に素晴らしくて、町の雰囲気が明るく・ポジティヴ・オーラを発してる感じが好きで、私もたまに遊びに行く。)

- 会場はPetersham Lodge、渡されたアドレスには通りの名前が記されているだけで番地がない。どこぞのPrince & Princess所有の邸宅、と言ってたけど、実際行ってみるとこの通りは邸宅だらけで、迷うこと暫し。(街の中心からはちょっと離れたこの辺りは初めて来たのだが、meadowがあったり立派なカントリーハウスがひしめいていて、お金持ちの住むヴィレッジという風情。さすがリッチモンド・・・ちなみに、会場を提供なさった"Princess"もコンサートの出演者として登場してました。)着いてみると、Petersham Lodgeは建物自体はさほど大きくなくて(勿論一般家屋よりは大きい)、部屋数も特別多くはなさそうだったけど、庭が広くて立派だった。ピアノは決して広くない踊り場のようなスペースに置かれていて、オーディエンスはそこにすし詰め状態。ざっと50人ほどいただろうか。

- コンサートは前・後半に分かれていて出演者は総勢14名。全員がショパンを弾くわけではなく、他の作曲家もちらほら混じっていた。皆さんアマチュアなのですが、奏者のレベルはバラバラ・・・というか、かなーりチャレンジャーな方もいて・・・ちょっと驚いた。で、上手い方も玄人はだしとか思わせるほど上手いわけでなく。(前者カテゴリーのツワモノになると、最初のうち何を弾いてるのかさっぱりわからないんですよ・・・訥々とした抑揚のない弾き方で、"これはひょっとして、モンク風ヘタウマ奏法か?"と一瞬思わされるものの、ただ単に、ヘタだっただけという・・・。)

- んなことピアノを弾けもしない人間に言われたくないよ~でしょうけど、これが日本だったら・・・とついつい考えざるをえず。昔、ピアノ弾きの妹の発表会やらコンサートやらよく行ったものですが、日本人ってこう、大体均質にそこそこのレベルを達成してるじゃないですか それがいいか悪いかは別として。で、多分一定のレベルに達してないと思ったら、恥ずかしくて人前で演奏なんてとても・・・と自粛してしまうんじゃないか。こちらは、超・マイペースなんですね。自分の弾きたい曲を・自己流で弾いてみましょう、で、観客がどう受け取るかとか殆ど興味なさそう。(大体出演者の皆さん、他の人の演奏をさほど熱心に聴いてる風でもなかったし・笑)彼等にとっては年に一度、同好の士が集まって場を楽しむことの方がはるかに重要なのかな。身内とはいえオーディエンスがいる以上はそれなりの演奏を披露すべき、などとついつい考えてしまう自分は、器が小さすぎなのかなあ・・・。(ちなみに私の友人は、子供の頃ピアノを習っていたけれど今は家にキーボードしかなくてたまに気分転換で弾くだけ・・・というoccasional pianist。コンサート出演の誘いがかかったときは、『私でいいのー??』と心底びびったらしい。)

- 絵画や美術品で装飾されたこじんまりした空間でピアノの音に耳を傾けていると、昔昔、ヨーロッパの上流階級の家庭でピアノ・コンサートが開かれていたときはこんな雰囲気だったのかなーとふと思ったり。そして、まあこの機会だけ捉えて比較するのもなんだけど、(日頃薄々感じていたように)日本のアマチュア音楽家のレベルはやっぱり高いんだなあと再認識させられた、面白いイベントだった。
2010-05-31 22:21 | 英国生活 | Comment(2)
Comment
Naokoさま、こんばんは!
Londonのスノッブな?方たちのさりげない音楽会レポ、興味深く拝見しましたv

日本でも、先日友人に誘われて(わたくしは行けなかったのですが)あとから話を聞いた個人宅でのサロンコンサートの様子と比較して、楽しむ心、芸術家をサポートする心は同じでも、その求める完成度の違いに国民性?を感じました^^;
こちらの集いは、チバリーヒルズ、と分譲当時話題になったエリアの邸宅で、芸大生に練習と発表の場を提供するというサポートをしている歯科医師の方の主催によるサロンコンサート、で、卒業生を含む芸大の主席クラスの方たちによる弦とピアノと声楽・・・で構成されたなかなか聞きごたえのあるものだったとか。

一方、先日イタリア映画祭で観た、「バール・マルゲリータの仲間たち」という当時高校生だった主人公の1960年代のボローニャの思い出・・・という趣向の映画の中で、美人のピアノ教師に惹かれて70の手習いで突然ピアノを習い始めたおじいさんのために、お母さんが(なんと元OPERA歌手のカーチャ・リチャレッリ!)自宅に近所の方を招いてリビングでサロンコンサートを開くのですが、(銀器に軽食、アペリティフを用意・・・で日本人の感覚からするととてもリッチな感じです)演奏は聞くに堪えず、お客さんは早々に退散・・というシーンがあり、なんとなくその発表しようとする心と出来栄えに対するユルさ・・・^^;を思い出しました。
maria 2010/06/03(木) 04:55:22) 編集


mariaさん こんにちは~。

あ、イエイエそんなにスノッブな雰囲気ではなかったんですよ 確かに、お客さんの中にはいかに~もアッパー~な空気を漂わせてる方が少なくなかったですが、演奏者はわりと普通の人たちで。

チバリーヒルズ(・・・ってどこ??笑)で芸大生によるコンサートですか それは聴き応えありそうですねえ。しかし、アマチュアといってもレベルが高すぎですね こちらのはもっとのんびりしてるというか、のどかだったので。

>>先日イタリア映画祭で観た、「バール・マルゲリータの仲間たち」という当時高校生だった主人公の1960年代のボローニャの思い出・・・という趣向の映画

うわ~これ凄く惹かれますね 面白そう。ボローニャは大・大・大好きな街なので、街の風景を見られるだけでもいいなあ・・・(イタリア映画祭というのも良さげなイベントですねえ)

>>演奏は聞くに堪えず、お客さんは早々に退散・・というシーンがあり、なんとなくその発表しようとする心と出来栄えに対するユルさ・・・^^;を思い出しました。

あはは・・・出来栄えに対するユルさ、言い得て妙ですね。お客さんに逃げられてシュンとしている(?)おじいさんの姿を想像して、かわいそうなような・可笑しいような・・・


Naoko S 2010/06/04(金) 08:50:02) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。