スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ファン・ディエゴ・フローレス リサイタル (5/7)
都さんのトーク・レポがまだ書けてないけど、私にしては珍しく二夜続けてバービカンに行って来たので、忘れないうちに自分用メモを・・・まずは金曜のフローレス・コンサートから。

- 前回、喉の調子が悪くて後半はかなり可哀想なことになっていたあのコンサートと比べると、格段に良い出来。ピアノだけを相棒にしたintimateな雰囲気のコンサートに、この会場は大きすぎるよなあ・・・という気はしたけど。(フローレスはbig voiceの持ち主じゃないので、最上階までちゃんと声届くのかなぁと危惧していたが、バルコニーに座っていた友人のレポによれば、問題なく聴こえたと。)

- 前半は専らロッシーニの小品集から(Wikiによれば「サロン・ミュージック」)。上手いなあ・・・と唸らされはするものの、今ひとつ乗り切れずに睡魔に襲われそうになる瞬間あり。ここのところジャズばっかり聴いててすっかりジャズ脳になってしまってるせいか、あまりに心地よく品の良い彼の歌声・整ったサウンドに反応できなくなってるんだろうか ひょっとして・・・。(いかんなあ・・・)

- 二部はスペインのフォークロア風の歌曲(サルスエラ?)が続く。初めて聴く曲が大半なのでなかなか面白かった。が、どうも、なにかしっくりこない・いささかの違和感も感じられて・・・。フローレスの声質があまりに浮世離れした・天上的な性質のもののせいか、この種の庶民的な(大地にしっかり足がついてる)ナンバーは、私の耳には強く迫ってこなかった。私的に一番気に入って・もっと聴きたいと思わされたのはアンコール二曲目のフランス語のオペラ・アリア?あと、初めて(彼で)聴いた、これまたフランスもののウェルテルのアリアもなかなかよかったなあ。一番最後、アンコール四曲目は、ご愛嬌というかんじでリゴレットのアリア。(ピアノがあの旋律を奏で始めると、オーディエンスがどっと沸いていた。)ケレン味たっぷりに、コントロール力の確かさをみせつける終わり方に、客席は大喜びだったけど、生で聴いて、この曲はやっぱり彼には向いてないな・・・と確信してしまった。(なまじテクニックが優れてるだけに、役の向き不向きを決めるのはテクニックじゃないんだなーと改めて感じ入った次第。)

- この国のオペラ・オーディエンスに最も愛されているパフォーマーといって過言ではないフローレス、この夜もお客さんの喜びようは、そりゃーもう凄かったです。もう、ほとんどアイドル歌手のファンのノリ、会場内には"はあと"マークが盛んに飛び交っていて、満員の観客のラブラブ光線を一人果敢に受け止めるラブリーなテナーに、別の意味でも感心してしまった。 

☆ Juan Diego Florez in recital @ Barbican Hall

Piano: Vincenzo Scalera

Domenico Cimarosa
- Il matrimonio segreto - Pria che spunti in ciel l'aura

Gioachino Rossini
- Peches de vieillesse, Book 1 - No. 2, La lontananza
- Peches de vieillesse, Book 3 - No. 9, Le Sylvain
- Soirees musicales - No. 4, L'orgia
- Otello - Che ascolto! ahime! che dici!

INTERVAL

Jose Serrano
- La alegria del batallon - El mismo rey del moro

Agustin Perez Soriano
- El guitarrico - Suena, guitarrico mio

Rafael Calleja & Tomas Barrera
- Emigrantes - Adios Granada, Granada mia

Amadeo Vives
- Dona Francisquita - Por el humo

Jules Massenet
- Werther - Pourquoi me reveiller?

Adrien Boieldieu
- La dame blanche - Viens, gentille dame

ENCORE
- "Cessa di più resistere..."
- French operatic aria?
- Peruvian folk song?
- "La donna e mobile..."
2010-05-10 02:22 | オペラ | Comment(15)
Comment
おはようございます。

 僕も似た様な印象が残りました。別に、けなすためにコンサートに行っているわけではありませんが、けなすことも褒めることもできなくて、スリルにかけてしまって。彼の歌声に不満があるわけではないのですが。
守屋 2010/05/11(火) 14:20:11) 編集


守屋さん こんにちは。

そうでしたか イマイチの印象でしたか。私は彼のファンなので、歌声を聴けるだけでとりあえず満足ではあったのですが、興奮させられることはなかったですね・・・。間もなく開幕の"連隊"に期待しましょう!
Naoko S 2010/05/13(木) 09:30:42) 編集

Naokoさん、こんにちは。お久しぶりです~。
フローレスさんって、アイドル歌手ののり?みなさん「はあと」マークさんですか?
一度、お目にかかってみたいですわあ。
え~。ご存知かもしれませんが、FaceBook に、なんとマリンスキーバレエも登場していてますね。
マリンスキーフェステイバルでの「アンナカレーニナ」「カルメン」の映像、がもう見られますね。「アンナ」はデイアナもロパートキナもどちらも魅力的です。
もし、まだでしたらぜひぜひ、御覧くださいませ~。
あと、6月19日・20日にロパートキナがヴェルサイユ宮殿で公演するんですね。見に行かれないなあ。私は・・・・。
まりあ 2010/05/17(月) 11:18:14) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/05/17(月) 11:24:36) 編集


>>あと、6月19日・20日にロパートキナがヴェルサイユ宮殿で公演するんですね。

WOW!!

まりあさん 素晴らしい情報をありがとうございました!(全然知りませんでした~)フランスなら、と早速ダンソマニを覗いてみたところ、ヴェルサイユにある劇場でガラ公演(Carte branche)があるのですね。チケット代が25ユーロと信じられない安さなのにびっくり。ロパートキナはフランスでそれほど知名度があるとは思えないのですが、お客さん集まるのかなあ・・・(かなり小さめの劇場みたいですが)。

幸い公演日周辺は特に予定もないのと6月中に消化しないと没収される休暇が残ってるので、もはやすっかり行く気になっております!(どなたか、ご一緒にいかが~?)
Naoko S 2010/05/19(水) 08:54:16) 編集

wow !!
ヴェルサイユ宮殿には行ったことありますが、ヴェルサイユの劇場って近くなんですか??
ロパートキナはおフランスでは確かに知名度がなさそうですね~。
最近、かなり活動的ですよねえ。どんな演目やるんでしょう。
やはり、コズロフと踊るんでしょうかねえ。
Naokoさん、フランスが お近くてうらやましいです。
ご覧になられたら、ぜひお聞かせください^^
初夏のヴェルサイユ、素敵そうですねえ。
まりあ 2010/05/19(水) 09:20:58) 編集


まりあさん 公演チケット、ブックしちゃいましたよ!誰を連れてきて・何を踊ってくださるのか不明ですが、楽しみです~~。

そうそう、ロパートキナ最近活動的ですよねー ダンソマニの別スレッドで目にした情報によると、今月末にはコズロフとメキシコで踊るみたいだし・・・心強いですよね。
Naoko S 2010/05/22(土) 22:36:26) 編集

NaoKoさん、早い動きでいらっしゃいますね!
う、うらやましい~。
大劇場ではなさそうですし、近くに感じられそうですね。
それに、メキシコでコズロフと。情報ありがとうございます。
一つ一つの舞台が貴重な時期ですよね。
まりあ 2010/05/23(日) 23:19:05) 編集

NaoKoさん、来年の事になりますが、ミラノスカラ座バレエの来シーズンは芸監がヴァジェ-エフに交代した影響と思いますが、ライモンダ(ヴィハレフ改訂版)の上演、ゲストにノヴィコワも予定されてマリインスキー色が反映されて来ています。ノヴィコワは好きなバレリーナですが、出産を期に
来日の機会は遠のきそうで残念です。私が何故スカラ座をちょいちょい気にしているかというと、マッシモ・ムッルがいるからなんです。
彼はスカラ座というよりはプティ作品を踊るDancerとしてとても気になる人です。ロパートキナと踊った「レダの白鳥」もYouTubeで見ましたが素晴らしいんです。でもなかなか見る事が出来ないDancerの一人。もしかしたら、もうチャンスはないかもしれません。前置きが長くてすみません。で、本題は来年1月~2月にかけて「マノン」を上演予定だそうです。ゲストはギエム。とくればもちろんギエム・ムッルです。(ザハロワ・ボッレも予定されてます)私はギエムのマノンは彼女にピッタリの役とは思わないのですけど、最後のマクミラン全幕の舞台になりそうですよね。しかもムッルと。ムッルのデ・グリューはもう、私は大好きなんです。^^
一月にミラノかあ、現実的には限りなく…。
ギエムは来年秋に来日「さよならトゥシューズ」なあんて、センチメンタルな。勝手な予想でマクミランをムッルと。ニコラも来るのかなあと思ってましたが、スカラ座でマノンを踊るのならムッルとの共演は日本ではないような。(残念)公演の詳細はまだ出ていませーん。「芸監の一言」来シーズンはこんな予定です、という説明?に記載されているのです。スカラ座は情報UPがかなありのんびりしていますから、頻繁にHP見に行かないと、逆に出遅れそうです。見に行かれる方はぜひぜひ。
NaoKoさん、ご都合がつくのであれば、ぜひぜひ、行かれて下さい~。(最後は悲鳴)
まりあ 2010/05/25(火) 08:13:38) 編集



まりあさん こんにちは。毎度レスが遅くて申し訳ありませぬ・・・今は特に月末で忙しくてですねー(・・・と言い訳)。

さて色々と情報を有難うございます。スカラ座ですかあ オペラなら少し食指が動くけど、バレエを見にわざわざ遠征することは、まずないだろうなあ(笑)。

それにしてもシルヴィがマノン踊るんですね 驚き~。もう一組はザハロワ・ボッレとのことで、新旧サイボーグ型バレリーナの対決か??シルヴィの日本公演のタイトル、私も目にしたとき思わず引きました(笑)。こんなにハッキリ公言しちゃって大丈夫なんでしょうかねえ。
Naoko S 2010/05/31(月) 06:43:17) 編集

Naokoさん、お仕事お忙しい中、レスありがとうございます。 (気になさらずに~)
新旧サイボーグ、受けましたぁ。何故今まで気がつかなかったのかしら?
さすがにNaoKoさんでいらっしゃいます。ザハは、いつからかそんな踊りですね、確かに。デビュー時の踊り方が私は好きでしたが、元には戻れない? え~ギエムですが、クラシック全幕バレエを踊るパートナーはもうムッルくらいしか見当たらないように思いますが…。「マノン」をムッルと。私はもう一度観てみたいなあ。残念ながらNaoKoさん、食指が湧かないようでいらっしゃいますね。
残念ですぅ(しつこいですね)
まりあ 2010/06/02(水) 15:32:57) 編集


>>新旧サイボーグ、受けましたぁ。

これ私の造語じゃありませんよー よく使われてませんでしたっけー?

スカラは昔々、フェリを見るために行ったことあったなあ。彼女を二回見ましたよ ラ・シルフィードとR&J。そうそう、シルフィードの時のパートナーはムッルでしたよー!かなり前のことですが。
Naoko S 2010/06/04(金) 08:06:28) 編集

NaoKoさん、こんにちは。>新旧サイボーグ 、あれぇ、私が知らなかったのですね?フェリとムッルの舞台をご覧になっていらっしゃるのですね。うらやましい。フェリ、懐かしいですね。
日本では10月の「ボリショイ・マリインスキー合同ガラ」演目も発表されました。なかなか楽しみになって来ました。ボリショイ・マリインスキー
の共演もあります。「パ・ド・カトル」豪華なメンバーです。ロパートキナの「ロシアの踊り」→ルースカヤですよね?日本初の「フローラの目覚め」(あ~アンドリアンがいたらなあ)
最近ballet.CoにPostされていた「オヴラスツォーワの噂」が気になっています。確かにこのままマリインスキーにいたら役柄は限定されてしまいそうですしねぇ。
同年代の二人はすでにプリンシパルだし、ノヴィコワもいますし(サラファーノフとのbabyの写真見たのですがかわいい!)移籍して欲しくない、このガラだけは来て欲しい~。

ロパートキナ@ヴェルサイユ、もう少しですね。
楽しみですね。
まりあ 2010/06/06(日) 07:54:55) 編集


>>10月の「ボリショイ・マリインスキー合同ガラ」演目

私も早速JAサイトに行ってみてみました。パ・ド・カトルいいですねえー。(しかし、マーシャの今後のパートナーはやはりロブーヒンってことで落ち着いちゃうのでしょうか・・・複雑な気分。)

ロパートキナのルースカヤ、3月のヌレエフ・ガラで見ました。眼福ものでしたよ~。(短いけど・・・)

ところでパリ行きですが、ちょっと微妙というか行けなさそうな雲行きになってきてます・・・鋭意調整中です。
Naoko S 2010/06/07(月) 02:13:13) 編集

>>パ・ド・カトルいいですねえー。(しかし、マーシャの今後のパートナーはやはりロブーヒンってことで落ち着いちゃうのでしょうか・・・複雑な気分。)

同じ気分です~。このガラ、マリインスキーから移籍した方が多いですね・・・この時代仕方がないんでしょうけれど、男性がちと弱いですね・・勇壮さに欠けるというか、力強い男性の色っぽい踊りが見たいです。

ルースカヤ、最近見る機会がなかなか無いので、とても楽しみにしているんです。^^

パリ行き、ぜひぜひ、調整されてご覧になられるように~。(私の勝手な希望です。)

まりあ 2010/06/07(月) 09:40:58) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。