スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロパートキナの白鳥<ちょっと珍しい映像>
皆様こんにちは お久しぶりです・・・年明けから無闇やたらと忙しく、気がつけばなんと二月も二週目!なんてこった・・・今年はまだ一度も劇場にも行ってないし(オペラのチケット一枚無駄にした・・・)記事のネタもないのでブログも放置してましたが、忙しい中にも全豪テニス(Roger~~!)とYTはチェックしてました。(まあ息抜きですわ・・・)

で、先週YTで嬉しい映像を見つけたのでご紹介。3年前にBBCで放映されたチャイコフスキーのドキュドラマが全編投稿されていました。プレゼンターの英国人音楽家・チャールズ・ヘーズルウッドがワガノワ・バレエ学校を訪ねるシーンでロパートキナが登場します(インタビューと、彼女とイリヤ・クズネツォフが白鳥のアダージョを踊るシーン・6分ぐらいからスタート):

http://www.youtube.com/watch?v=TRSI2PYdero

(続くPart5の前半にも再びロパートキナの白鳥がちらっとですが挿入されているので、どうぞお見逃し無く~。)

この映像のロパートキナ、凄く好きなんですよ~YTで見られて嬉しい。(3年前の放送直後に書いた記事はここにあります↓)

http://londonballet.blog60.fc2.com/blog-entry-134.html

全編に登場するロシアの若手音楽家達による演奏がまた素晴らしいんですよ~再見して、感心至極。チャイコフスキーを愛する方には是非ご覧頂きたい、とてもよく出来たドキュドラマです。
2010-02-08 10:06 | マリインスキー・バレエ | Comment(10)
Comment
おおお~、Naoko Sさん、素敵な映像のご紹介、ありがとうございます!興奮しながら見てしまいました…。

先々週末なぜか耳から「白鳥~」の第1幕ワルツの音楽が離れなくなってしまい、これは映像も見ねば、と思って、録画していたロイヤルの白鳥を見たのですが、ヌニェズのちゃきちゃきなオデットに???でアニエスやゲルギーが振ったロパートキナの映像を見て口直し(笑)しました。ロパートキナはワガノワで後進の指導もしているんですね。

日本でこの手のドキュメンタリードラマを作るとなると、もちろんビジュアル的に外国人を主人公にしたものは×ですが、日本人を題材にしたものもなんだか…ってことが多いです。でも、ご紹介頂いたのは、ドラマ、解説、音楽シーンのつなぎ方がいいですね。週末ゆっくり全編見てみます。
Bera 2010/02/09(火) 10:42:59) 編集


Beraさん

>>「白鳥~」の第1幕ワルツの音楽が離れなくなってしまい、

おおそうでしたか!どんぴしゃのタイミングだったようで、紹介した甲斐がありました~。

今回再見して、白鳥の湖、つくづく音楽の素晴らしさに打ち震えてしまいましたよ。そして、この音楽にこれだけぴったり嵌るバレリーナが同時代に存在することにあらためて感動してしまいました・・・ビデオ、つい繰り返し見てしまいます。

>>日本でこの手のドキュメンタリードラマを作るとなると、もちろんビジュアル的に外国人を主人公にしたものは×ですが、日本人を題材にしたものもなんだか…ってことが多いです。

ほほーそうですか。このドラマも、オール英国人キャストっぽいので、ロシア人が見たらどう思うのでしょうねえ・・・

まあでも良く出来ているしロシア・ロケがふんだんにあるし、(しつこいようですが)演奏も素晴らしい!ので、全編ご覧になっても損はしませんよ~(太鼓判!)。(このBBCの音楽家ドキュドラマ・シリーズはなかなか充実していまして、後日また記事にしたいと思いますv)
Naoko S 2010/02/10(水) 10:59:48) 編集

Naoko Sさん、
ロパートキナの白鳥<ちょっと珍しい映像>、ありがとうございました。独りで語りかけてくれるDVDのヴァリエーション・レッスンも良かったけど、相手がいるインタビューや実際に生徒にレッスンをつけているところも、ロパートキナの別の表情を垣間見ることができました。

ところで、YTで、私も「ロパートキナの白鳥<ちょっと珍しい映像>」を見つけました。
"Lopatkina Swan Lake 1995"で検索すると、1/7から7/7まで(順序はバラバラ)、彼女がプリンシパルに昇格した年:1995年の"Swan Lake"!!!を観ることができます。
yosh 2010/02/10(水) 23:29:18) 編集


yoshさん

>>"Lopatkina Swan Lake 1995"

おお~これは初めて見ました!

ロパートキナ、わっかーい&初々しいですねえ・・・彼女にもこんな荒削りな時代があったんですね 新鮮~~。(ありがとうございましたv)

ところで話題変わりますが、YTに例の、クライバー@こうもりリハーサルの映像が全編投稿されていて(日本語字幕付き!)、めでたく見ることができました。も~~抱腹絶倒の面白さ。で、すごくいいこと言ってるんですよねー惚れ直しちゃいました(笑)。(しかし、ここのところYT映像ネタばっかりだなあ・・・ブログの看板つけかえなきゃいけないかも??)
Naoko S 2010/02/13(土) 10:26:24) 編集

ロパートキナ、クライバー両方とも見ました。
YTってありがたいですね。
なんだか、とても嬉しい。^^
macska 2010/02/13(土) 23:37:44) 編集


>>YTってありがたいですね。

まったく~。一昔前なら考えられないことですよねー(年寄りくさくてすみませぬが)。

・・・ということで、YTネタ、続きます~。
Naoko S 2010/02/15(月) 00:02:53) 編集

Naoko Sさん、

ロパートキナ、現在の研ぎ澄まされた舞からすると荒削りの感がありますが、今を彷彿させるものがあるような気がしました。

>>・・・ということで、YTネタ、続きます~。
続けちゃいまちょうか。
短いですが、こんなん見つけてしまいました(クライバーが最後に出てきますよ)。
http://www.youtube.com/watch?v=dzy9VpJ8-rQ
歴代ワーグナー振り4人、クナ、クリュイタンス、ベーム、そして、クライバーのバイロイトのリハらしいです。
yosh 2010/02/16(火) 00:00:13) 編集


>>>>・・・ということで、YTネタ、続きます~。
>>続けちゃいまちょうか。

(くくっ・・・先越された・・・悔)

>>歴代ワーグナー振り4人、クナ、クリュイタンス、ベーム、そして、クライバーのバイロイトのリハらしいです。

見ました。最初のお二人は??全く存じ上げませんが、クライバー、踊ってますねえ(というか泳いでるというか・・・)。このビデオのコメント欄に、"もっとクライバーの映像UPお願い~~"と書いてる人がいて、思わずそうだ・そうだ~と呟いてしまいました(笑)。
Naoko S 2010/02/16(火) 10:26:55) 編集

NaoKoさん、お久しぶりです。お忙しくていらっしゃったのですね~。私も何だかばたついてまして落ち着かない毎日。YTの話題にも遅れをとっていまして~。ザハロワが体調不良で降板して、白鳥を見れずじまいなので、今年はまだバレエを観ていないのです。(働きすぎではないかしら?今が脂がのってきた頃なのに。お大事にね。ザハちゃん)さて、ロパートキナがOlympic関連でバンクーバーで何かを踊るとは聞いていたのですが、勝手に白鳥だろう、と思っていましたら、なんっと!アロンソ版「カルメン」をwithコズロフと!
あ~激しく観たいですわ!秋のボリショイとの合同ガラでぜひ踊って欲しいんですけれど。

絶対カッコイイと思うんですよ。
まりあ 2010/02/17(水) 18:48:01) 編集

Naoko S さん、

>>最初のお二人は??
Wikipedia(『』)では、
①『ハンス・クナッパーツブッシュ(Hans Knappertsbusch, 1888年3月12日-1965年10月25日)』:名前があまりにも長いので「クナ(Kna)」と呼んでいます。大の練習嫌いと伝説の大昔の大指揮者です。
クナの逸話は本当に面白いです。
②『アンドレ・クリュイタンス(Andre' Cluytens, 1905年3月26日-1967年6月3日)』:「指揮はセンス」だと仰ったとか、これも練習嫌いの大昔の大指揮者です。
だから、この二人のリハーサル映像?!なんて、とても貴重な映像でした。
yosh 2010/02/18(木) 00:52:42) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。