スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ウィーンフィル・ニューイヤー・コンサート2010&ジロのビデオ
いよいよ年の瀬・・・一週間後に迫ったニューイヤー・コンサート、注目のバレエ部門のゲスト・ダンサー、今回は誰かなぁと思っていたら、エレオノーラ・アッバニャートとニコラ・ル・リッシュなんですね~。

ダンソマニに紹介されていたこのリンク↓から見たのですが、衣装をかのヴァレンティノが手がけているそうで、鮮やかな赤のドレスを纏ってニコラにエスコートされるエレオノーラが、素敵~。(髪をダークに染めているので一瞬誰かわからなかったのだけど、なかなか似合ってますね~)

http://www.artforart.at/Content.Node/content/news/news.en.php

あとちょっとググってみたところ、こんな情報が↓。バレエ・シーンの撮影は、今回初めて美術史美術館で行われたとか。レナート・ツァネラ振付で、ポルカ"Ein Herz, ein Sinn"とワルツ"Morgenblätterwalzer"の二曲で踊られる模様。

http://www.austriantimes.at/news/Business/2009-10-21/17421/New_Year's_Concert_ballets_at_Museum_of_Art_History

肝心の当日のフル・メニューはこちらのサイトから見られます。指揮は二度目の登場(?確か)、ジュルジュ・プレートルさん。英国でのTV放映は、1月1日(金)11:15~、BBC2にて。

http://www.wienerphilharmoniker.at/index.php?set_language=en&cccpage=newyearsconcert

それからこれ、ちょっと面白かったので貼っておきます。マリ=アニエス・ジロがフレンチ・ポップス・シンガー(でいいのかな?)バンジャマン・ビオレーのビデオ・クリップに出演・踊っています:

http://www.youtube.com/watch?v=xtmVTfGJUzA

NBSサイトのジロ・インタビューで言及されてたのに興味をひかれて映像探してみたのですが、振付はジロさん自身がされたとのことですが・・・。彼女は綺麗だけど、ビデオ自体は・・・ちょっと笑ってしまいました スミマセン・・・(アナクロすぎでは~~?)フランスではこういう音楽が流行ってるのね~と面白い発見ではありました。
2009-12-26 08:45 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(7)
Comment
エレオノーラ、ダークカラーのヘアでとてもイタリアのシニョーラなゴージャスさが出ていてお似合いですね!
ブランドはもう若手に任せているValentino御大が一緒に映っていらっしゃるのがなんだか嬉しい。
この赤のドレスは自ら手がけられたのかしら・・・。

ウィーンフィルのNYコンサート、マラーホフが芸監の頃はABTつながりのスターが結構ゲストで出ていましたが、今後はルグリ先生人脈?で、パリオペのスターが拝めそうですねv
二コラとエレオノーラもうれしいですけど、今後も期待できそうです^^

そしてそれ以上に嬉しいのが、プレートルさんの指揮!
彼はウィーンフィルとはつながりが深いのになぜか一昨年が初めてのNYコンサートでしかも歴代最高齢、なぜ今まで振らなかったのかと言われたものでしたが、そのフランス風の洒脱でゆったりとした
指揮ぶりは本当に魅惑的でしたのでとてもとても楽しみです♪

マリ・アニエスのVideoClip、どんななのかしら?とわたくしもインタビューで言及していらしたのに好奇心を持っていましたので、ご紹介嬉しく拝見・・・
うーん確かにちょっとレトロな男の夢?っぽいですね(笑)。
ジロさんの横顔が美しいですv
maria 2009/12/28(月) 01:56:04) 編集


mariaさん

>>エレオノーラ、ダークカラーのヘアでとてもイタリアのシニョーラなゴージャスさが出ていてお似合いですね!

この写真だと目の色もダークっぽく見えませんか?(カラーコンタクト着用?)一瞬、"わ~フォンテーンっぽいダンサーだわ"と反応してしまった私・・・

>>そしてそれ以上に嬉しいのが、プレートルさんの指揮!

mariaさんがさぞ喜んでらっしゃるだろうな~と想像しておりました。二年前のコンサートの後に書き込みしてくださって、プレートルさんの指揮とても楽しまれていたご様子だったので。さて、今回はどんな感じに??

>>うーん確かにちょっとレトロな男の夢?っぽいですね(笑)。

はは・・。これって"今"のチャート・ヒット曲(ビデオ)なのよね?と一瞬目を疑ってしまい・・・。この手のコンセプト、今でもありなのか・・・と眩暈がしてしまいました。(20年前と大して変わってないということですかね・・・)
Naoko S 2009/12/28(月) 22:45:44) 編集

NaoKoさん、いろいろ楽しみな情報が怒涛のよう…ありがとうございます。私も毎年NewYearコンサートは楽しみにしているのです。今回もビデオ録りしなくては、ですね。ヴァレンティノのお花のドレス、素敵ですね~。私は指揮者の方は存じ上げていなかったのですが、NaoKoさん、mariaさんのお薦めとあっては、絶対見逃すわけにはいきませーんね。
ボリショイ公演、ながあ~くて羨ましいです。日本にはなんっと2012年ですもの。スパルタカス・ジゼル羨ましい~。日本で「イワン~」に出演した、ロブーヒンが何と、一月からボリショイに移籍です。びっくり!彼の魅力がいっぱいの舞台だったのに(悲しい)スパルタカスへの主演も決まっているそうです。(ワシントン公演)もしかしたら、Londonでもロブーヒンが見られるんでは?最近はマリインスキーからソリスト、コールドのDancerの流出が止まりません。何が起きてるのかしら?それにしても来年のノヴォシビルスク& POB、POBからはは誰が参加するのでしょう。ノヴォシは遠いのです。ゼレを日本で見れなくなってから久しいです。行きたいなあ。来年はPOB,都さんの公演、マイヤリング(NaoKoさんはどのCastがお薦めでしょうか)
ローレンは来日しないようです。うっ~(前回の来日時にローレンが「次に来た時はジュリエットを踊ると思うの!」と言ってくれたのに)ボリショイ・マリインスキー合同ガラもあります。歌舞伎座取り壊しで、私のごひいきの菊之助さんを見るのも地方に遠征しないとならなくなります。う~お財布が厳しいです。
いろいろ取り留めなくお話ししてしまいました。
来年もよろしくお付き合い頂きたく、お願い致します。
まりあ 2009/12/29(火) 18:52:29) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2009/12/29(火) 19:38:48) 編集


まりあさん、

ニューイヤーコンサート、今年はドレスに注目・の楽しみが加わりましたね(笑)。

>>ボリショイ公演、ながあ~くて羨ましいです。日本にはなんっと2012年ですもの。

ええーっ・・・・・驚愕。

前回は昨年末でしたよね(私も見た・・・)、ってことは4年近く間が空いてるってことですか。これは何かのお仕置きか、はたまた拷問か・・・心から同情申し上げます・・・。

>>日本で「イワン~」に出演した、ロブーヒンが何と、一月からボリショイに移籍です。びっくり!彼の魅力がいっぱいの舞台だったのに(悲しい)スパルタカスへの主演も決まっているそうです。(ワシントン公演)

ロブーヒン移籍の件、噂にはなっていましたが、正式発表されたのですか?ワシントン公演でマーシャと組む予定になっているので(ドンQ)、本当なのかな~とは思っていましたが。

>>来年はPOB,都さんの公演、マイヤリング(NaoKoさんはどのCastがお薦めでしょうか)

「マイヤリング」ですが、何を隠そう私はこの演目が超~苦手でして、生涯で二度しか目にしておりません(確か・・・)。今秋上演されたときもパスしたので、今のキャストのおススメとか全然できないです・・・役立たずで申し訳ない~。

日本は来年もメジャー・バレエ団の公演が目白押しで、バレエファンは懐の休まるヒマがなさそうですね~。2010年も一度でも多くの、素晴らしい舞台に出会えますように・・・v
Naoko S 2009/12/30(水) 04:31:29) 編集

NaoKoさん、VALのDressもですが、(憧れのVAL)もちろんDancer→特にニコラが楽しみですV。最近は見られるだけでラッキーと思うDancerとなっています。あれほどのDancerなのにご自分の名前を冠した(日本流に言うと座長公演)をしない方ですしね。

マイヤリングはもしや、と想像しておりましたが、やはり苦手でいらっしゃいますか…。お役に立てないなんて、とんでもないです。そのお言葉が1番のアドバイスだったりするような。私も、唯一Videoになっているあの映像しか見ていないのですが、実はちょっと苦手としております。じゃあ、何故考え中か?何しろ日本での上演は20年ぶりで、二度と見られないというと見なくては損なのでは?と、貧乏性なのですわ~。(かなり考え中)
ロブーヒン、マーシャとドンキ!ですか。なんか見てみたいわ。マーシャ、マリインスキーからの男性Dancerと組む事多くないですか?(シュピレフスキーとか)

まりあ 2009/12/30(水) 08:42:09) 編集


>>マイヤリングはもしや、と想像しておりましたが、やはり苦手でいらっしゃいますか…。

ハイ、ご推察の通りです・・・。

>>じゃあ、何故考え中か?何しろ日本での上演は20年ぶりで、二度と見られないというと見なくては損なのでは?と、貧乏性なのですわ~。(かなり考え中)

へえー20年ぶりなんですか。じゃぁ次はいつになるのか(次があるのか)わかったもんじゃありませんねえ 見ておいた方がいいのかなあ・・・。でも、言われてみればこの作品はロンドンでもそう頻繁に上演しているわけではないですねえ 集客力の問題があるのかもしれませんが。

>>ロブーヒン、マーシャとドンキ!ですか。なんか見てみたいわ。

ロブーヒンってマーシャのパートナーとしては背がちょっと足りないんじゃなかろうか、と気になってるんですが・・・来夏のロンドン公演で確認できるかな~。
Naoko S 2009/12/31(木) 08:40:35) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。