スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マリインスキーのパレルモ公演
君よ知るや南の国・・・ 先週イタリア・シシリーでミニ引越公演を行っていたマリインスキー・バレエ。連日30度?の残暑厳しき南国まで追っかけしていた友達がレポを寄せてくれました。ご本人に承諾を頂いたのでそのままここに掲載しちゃいます。演目はドン・キホーテ、出演ダンサーについての寸評です。(友よ感謝~~!)

「主役キトリを踊ったダンサー・・・個人的には小粋なノーヴィコワさんがダントツでしたが(サラファーノフとの息は全く合ってなくて冷や汗ものでしたが)、果てしなく美しくしっかりキトリしていたオスモルキナも捨て難いです。ゴルブもかなり好感が持てましたがちょっとあっさりで印象薄。トカチェンコは体育会系であまり美しさを見出せなかったため、得点低いです。

バジルはサラファーノフはサポートがサイテーですが、個人ワザ(?)は跳んでも回っても相変わらずお上手。茶目っ気もたっぷりですし。コルサコフもかなりテクニックがあるしボーイッシュでなかなかイケてました。(しかしキューバ軍のいとも簡単そうな片手リフト歩行を見てしまった後なので、なんでたったの3秒も片手リフトできないの?と冷
たい目で見てしまいましたが。)ルックスもテクニックも今ふたつのロブーキンはもう結構という感じ。昨年の放蕩息子ではいい味出していたのですが...しかし彼は千秋楽のフィナーレでオスモルキナを肩にリフトしたままジグザグに舞台奥に小走りに引っ込んでいくというお遊びを披露して芸人根性(?)を発揮してくれました。

最後に、<全回>エスパーダを踊ったバイムラードフは渋くて凄くかっこよかったです!!」

ヴィシニョーワ&ファデーエフ組も当初キャストされていたんだけどファデーエフの病気でダブル降板となってしまったんですね・・・友達はマッシモ劇場近くを優雅に歩いていたヴィシニョーワに遭遇したそうです。↓ballet.coのフォーラムで見た劇場のURLリンクです。ちょっとですが舞台写真を見られます。

http://www.teatromassimo.it/stagione/op08DonChisciotte.html
2006-09-29 09:48 | マリインスキー・バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。