スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
パリオペのバレエ・リュス・ガラ公演
12月16日に行われる、AROP(パリオペ友の会)のガラ公演ですが、Dansomanieに出演者情報・第一弾が出ました。それによると、

「薔薇の精」 : ニーナ・カプツォーワ、マティアス・エイマン

「牧神の午後」 : ニコラ・ル・リッシュ、エミリー・コゼット

「三角帽子」 : ジョゼ・マルティネス、マリヤ・アレクサンドロワ

「ペトルーシュカ」 : マニュエル・ルグリ、ナタリヤ・オーシポワ、カール・パケット


・・・ってことで、やったね~~ジョゼとマーシャの三角帽子!!(ガッツポーズ!)

何を隠そう数日前にこのガラ公演のチケットをブックしてしまった私・・・この二人の共演を見られると信じて大枚はたいてしまったのですよ。(信じる者は救われる~~?)

いや、つい最近までこのガラのことは視野に入れてなかったのだけど(なにせチケット代がバカ高いしドレスコードがあってめんどくさいし)、このガラの翌日にシャンゼリゼ劇場で行われるグルベローヴァのコンサートに行くことを本気で検討し始めたのが事の始まり。当初は17日にグル様のコンサートを聴いて、翌18日の「バレエ・リュス」を見られればいいやと目論んでたのだけど、なぜかバレエ・リュスはチケットが早々に売り切れていて電話して聞いてもほんとに・一枚もない・・・とかなり状況険しそうで。リターンが出る保証はないし、当日長々と並ぶのも嫌だなあ~それなら16日のガラはどうかなと見に行ってみたら、ちょっと前までは200ユーロ超のチケットしかなかったのに、安い席種のが出ていたのでした。で、ネットでは席を選べないので電話してみたら、第4カテゴリー(95ユーロ)の中で比較的いい席を用意できますよ、と言われたのでついついブックしてしまった・・・。

しかしここ、このプログラムの通常公演なら30ユーロもしないようなエリアなんですけどね 確か・・・我ながら正気の沙汰ではないが、このガラ公演にボリショイ・ダンサーが客演するとは前々から聞いていて、絶対マーシャが来るだろうな・・・と踏んでたのですよね。(マーシャとジョゼはボリショイが三角帽子を上演したときに共演していたという記憶があり・・・)

それに、これだけチケット代高いんだから(トップ・プライス400ユーロ)他の演目もベスト・キャストでくるだろう・・・との期待もあって散財してしまったのだけど、マチアス&ニコラ&ルグリが見られそう~!ってことで、まずは首尾上々?(しかし、ペトルーシュカのキャストが面白いなあ・・・オーシポワとルグリがこういう作品で共演するとはねえ・・・)

特別公演なのでオマケ演目もついてくるのですが、あとは、他の作品にどのダンサーが来るか・・・オレリーがどれかに出てくれるといいけど、候補としては白鳥かジゼルのpdd?もしくは、瀕死の白鳥の"pdd"という珍しいエントリーもあるけど・・・(フォーキン版をテスマーが改訂したものらしい。)

興味津々なのは、シェヘラザードのpddを誰が踊るか。上演されるのはフォーキン版らしく、となると多分パリのダンサーで踊れる人はいませんよね??ってことは二人ともロシアから調達?今この作品をよく踊っているロシアのトップ・ダンサーというと、女性では、ロパートキナ、ヴィシニョーワ、ザハロワ・・・まさかこのうちの誰かが来てくれるとか?はたまたベテランのリエパ、ニオラーゼ・・・?(で、男性はひょっとして・・・ツィスカリーゼとか??)

誰が来るにせよ、高~~いチケット代(しつこい)に見合ったトップ・ダンサーにしてね お願いします!!

☆ ガラ公演のメニューはこちら↓。チケット予約もできます:

http://www.arop-opera.com/fr/Saison/GalasDetails.asp?From=Particuliers&Saison=Par0910&Theme=2&NumSpect=317
2009-11-14 23:38 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(4)
Comment
おはようございます。ゲイルが過ぎ去って、穏やかな朝ですね。

 パリ・オペファンのブログを読んでいると、ジョゼが踊る「三角帽子」はことのほか評価が高くて、いつかは観てみたいと思っているんですが、ロイヤルがやるわけないし。とてもうらやましいです。演目とキャストを眺めていると、「バレエ・リュス」生誕100年を盛り上げるパリ・オペの意気込みを感じます。
守屋 2009/11/15(日) 17:39:32) 編集


守屋さん こんばんは。昨日の嵐はひどかったですねえ 引き換え今日は穏やかな一日だったこと・・・明日はまた雨がちのようですが。

ジョゼの三角帽子、パリでのお披露目は今回初めてのはず?(日本では確かソロVを踊ってますね)バレエ・リュス本公演のパートナーは多分マリ=アニエスになるのではないかと思われますが、私としてはアレクサンドロワとの共演を熱望していたので、ほんとに見られるなら嬉しいです。(イギリスにいたら何年待っても見られない演目と思われ・・・)

>>演目とキャストを眺めていると、「バレエ・リュス」生誕100年を盛り上げるパリ・オペの意気込みを感じます。

バレエ・リュス"生誕"の地は、いってみればパリですものね。この貴重な記念の年にパリで関連演目を上演しない手はありませんよね。

パリオペがバレエ・リュス・プロを上演するのは随分久しぶりのはずなんですよ(それでチケットの売れ行きがいいのか?)。彼等のペトルーシュカは見たことがないので、これも非常に楽しみです。
Naoko S 2009/11/16(月) 06:12:18) 編集

Naokoさま、こんにちは。
ロシア語のツィスカリーゼ・フォーラムによりますと、12月16日のガラの「シェヘラザード」はツィスカリーゼとアニエス・ルテスシュだそうです。

http://community.livejournal.com/tsiskaridze/130315.html

11月10日にボリショイ劇場で行われた「グラチョーワのベネフィス公演」でもグラチョーワ相手に「シェヘラザード」を踊ったニコライさんですが、あの日は衣装がちょっとね~。同じ衣装を着るのか、不安が(笑)。12月19日にパリ・オペのくるみ割りに客演するニコライさんですが、その前にガラにもご出演されるとは!レポ、待ってますね!
けいちか 2009/11/23(月) 16:54:23) 編集


けいちかさん こんにちは

さすがロシアのフォーラムは情報が早いですね!ニコライさんとアニエスのシェヘラザード・・・!と目がすっかりテンになっていたところに続報が。

なんと、ザハロワ、スクワルツォフも来るようです!(公式発表が出ました)別記事にしますね~。
Naoko S 2009/11/24(火) 09:59:58) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。