スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロンドンでチープ・シック(激安店情報)
またまた、久々のブログ更新。期末にむけて仕事がジワジワと忙しくなってきてしまったのと、まぁ特に書くネタもないので放置してたんですけど、昨日あまりにhilariousな出来事があったので、記事にしておこうかな・・・と。

結論から言うと、昨日UKの激安アウトレット・TK maxxで、Just Cavalliのプリントブラウスを、たったの12.99ポンド(約1,900円)でゲットしてしまったのです!

(・・・'Just'うんたらって一体何??というお方は、以下、パスしちゃってくださいませ・・・)

9月に入り、いよいよ本格的な秋。となると、イギリスではいつ冬の寒さが襲ってきてもおかしくないのです。で、秋・冬ものの洋服を物色しに、まず向かったのは巨大チェーン・ディスカウント店のTK maxx。英国全土に店舗を展開していて、ロンドンにもいくつかあるのですが、私がよく行くのは家からそう遠くない、西ロンドンのハマースミス店。ここは大型店舗で品揃え豊富、特にブランド品に遭遇する確率がかなり高いのです(当方の経験上は)。

まぁブランドといっても種類は限られてるし(イタリアものが多いかな)、ストック全体のごく一部なんだけど(大半は世界中から買い付けたという名の知れない中級メーカー?のもの)、定価の6割引は当り前、ということが多いので、サイズが合えばすごくおトク。

で、そのJust Cavalliのブラウスなんですが。シルク素材でCavalliの得意なやや派手目のプリント。普通のシャツカラーだけどVに開いてる胸元にフリル、袖はふくらませてあってウエストは絞ってある、かなーり女っぽいデザイン。ぱっと見とても着こなせそうもないな~と引きつつも(ヘタするとけばくなりそうだし)、かなり惹かれて試着してみる。と、さほど違和感なくて、こういうのもたまにはいいかも・・・で、値段は79ポンド(約11,500円)。これは買い!とバスケットへ放り込む。

他に同じブランドの黒い織物素材・バロック調のベルバラ風(!)ジャケットもあり、こちらも一枚あると夜の外出に使えるかも・・・と惹かれて試着。悪くはないのだけど、値段が199ポンドと可愛くなかったので、熟慮の上却下。さらに同じブランドの、このブランドにしては比較的コンサバな(・・・と見えた)紺のスカート・スーツも試着。スーツで150ポンドなら悪くないと思ったのだけど、さすがにCavalli、シルエットがかなりタイトで、ジャケットはともかく、ストレッチ素材のスカートは超ボディコンでヒップラインくっきり。う~んこのシルエットには見覚えアリ、20年前のバブル華やかかりし頃こういうのよく着てたよね・・・と一瞬遠い目に。今はさすがにムリでしょう、世間の迷惑だわ(笑)と、これも却下。

(ちなみに紺のスーツは一点のみだったけど、ブラウスの方は何枚かストックありました。ロンドン在住でご興味ある方はハマースミス店に駆けつけるべし。サイズは、私が行ったときは両方とも40しか置いてなかった。)

結局この他にゲットしたのは、ジャン・フランコ・フェレのセカンド・ライン、'FERRE'の濃い赤紫色のシャツブラウス(49ポンド)、これも有名なメーカーなのか?初めて見たのだけどLAのSeven7というブランドのジーンズ型茶のパンツ(25ポンド)、通勤用の靴(無名ブランド・29ポンド)、Biothermの化粧水(ほぼ半額)、イタリア&フランス産のバス・フォーム二種。

・・・話が遠回りしましたが、そもそも何故79ポンドのカヴァッリのブラウスに13ポンドしか払わなかったか、といいますと・・・実はよくわからないんだけど、多分、レジの男の子が間違えたんですね。支払するとき随分安いなあとは思ったけど、ぼんやりしてて特に異変に気づかず。帰宅してレシートを見てみると、どこにも79ポンドのエントリーがない!代わりに、12.99ポンドの、"Sun Glasses"という、見に覚えのないエントリーが・・・。

そういえばあのお兄さん、あまり要領よくなさそうで、セキュリティ・タグを外したあとに値札をそこいら中に散らしてしまって、あとでスキャンするのに手こずってたなあ・・・と。多分、前のお客?の値札か何か、間違ってスキャンしてしまったのであろう(Thank you~♪)。

(しかし、この手のブランド品の値段設定自体がそもそも異常、要はほんと'言い値'だよね・・・安く買うに越したことありません。一体正規価格いくらだと思いますか?これ。商品についていたブランドのタグによると、『小売価格398ユーロ、アウトレット価格239ユーロ』とある。このアウトレット価格というのはイタリア国内のかしら?TK maxxではここから更に大幅ディスカウントして売ってるわけですが。ユーロとポンドは今殆ど等価だから、398ポンドとして約58,000円ですよ・・・!これが日本に渡ると更に高くなるんでしょうけど・・・そうちょくちょく着る機会があるとは思えない服に、遊び感覚ではこの半額でも出せないなあ・・・激安だからこそ。ちなみに、フェレの方は、公称価格165ユーロ、アウトレット価格99ユーロらしいので、約半額。)

このよーにサービスはかなりテキトー(orカオス状態)、試着室はいつも混んでてしかもあまり綺麗ではないし、神経質な人には向いてないけど、ひたすらValue for Moneyを求める方・ロンドンは何でも高くてせっかく来ても買い物なんてそうそう出来ない、とお嘆きの方にはおススメ、一見の価値ありますよ。私の経験では、デザイナー・ジーンズはほぼ常時どこかしらのブランドを置いてるような(私自身はSerfontaineと18th Amendmentのを購入したことあり・いずれも定価の7割引ぐらいでした)。あと、ランジェリーはラ・ペルラとそのセカンド・ラインのマリッツィア、フランスのHuitなんかを置いてることもあります。

店舗については、よりロンドンの中心部、High Street Kensingtonにも店がありますが、ここは私的にはあまりヒットしたことありません・・・。ストック(量)自体がハマースミス店よりかなり劣る印象が。(でも状況変わってるかもしれないし、近々また覗いてきます~。)

http://www.tkmaxx.com
2009-09-07 02:22 | 英国生活 | Comment(2)
Comment
おはようございます!

なになに、何ですって?
JustCavalliのシルクブラウスがまぁレジのアクシデントとはいえ、そのような価格で・・・
ちょっとした幸運ですねv
そしてお似合いになりそうです。
わたくしもRobertoCavalliのワンピースを持っていますが
彼の作る服は本当にカッティングがきれいで女性の身体のラインを美しく見せますよね。
店頭で見るとやや派手め、というかケバめというか・・に一瞬見せますが、着ると良さがわかりますv

ちなみにジーンズ、セブンだと多分定価¥20000台だったような・・。
わたくし自身はあまりジーンズを穿かないのでさほど詳しくはないのですが、カットがきれいで人気があるブランドのようです。

ご紹介されたそのお店のラインナップの中ではラ・ペルラとマリツィアがあるというところに心の中でラインマーカーを引きました(笑)
街中にアウトレットがあるなんて良いですね^^


maria 2009/09/08(火) 05:52:44) 編集


mariaさん こんにちは。

"ファッション番長"(貴ブログで使われていた表現を借用♪)のmariaさんに反応していただいて嬉しいですわ~。

ほんとに、ちょっとした幸運でしたね これは・・・。でも、翌日会社でこの話をしたら、同僚の女性陣は面白がって聞いてくれたけど、誰一人として驚いてる人はいなかったです。それだけこの種の間違いってありふれてるのかなあ。

ところで、mariaさんにCavalliのワンピ、すごおおく似合いそう・・・!(今度着て見せてください~~)

>>ちなみにジーンズ、セブンだと多分定価¥20000台だったような・・。

えーっそんなにするんですか!たかだかジーンズなのに何やら仰々しくCertificateなるものが付いていたので、ブランドなのかなあ・・・と想像してたのですが。今回ゲットしたのはフレヤー型のなんですが、確かにラインがすっきりしていてかつ穿き易いので、結構お値打ちだと思います。

>>ご紹介されたそのお店のラインナップの中ではラ・ペルラとマリツィアがあるというところに心の中でラインマーカーを引きました(笑)

そう、これかなりポイント高いですよねー さすがにデザインは限られてますが、玉石混交・大量のストックの中にあってもキラリと光っていてすぐ目に飛び込んできますよ~(笑)。
Naoko S 2009/09/09(水) 10:17:27) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。