スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
イタリアン・オペラ・シーズン@ROH・その①
先月来続いているロイヤル・オペラの"イタリアン・オペラ・シーズン"、せっせと通っております。以下三公演分まとめて、一言コメント。

☆ ラ・トラヴィアータ (6/17)

ヴィオレッタ: ルネ・フレミング
アルフレード: ジョセフ・カレーヤ (Joseph Calleja)
ジョルジョ・ジェルモン: トマス・ハンプソン

ディレクター: リチャード・エアー
指揮: アントニオ・パッパーノ

お初の全幕・フレミングでしたが、むむ・・・。何か、ちょっと違うなあ。一幕最後のアリアはテクニカルにはあまりよくなかったような。ステージへの入り込み方はハンパでなく凄いんだけど、やや躁病的で、最後のシーンもこの調子だったので、ちょっとねえ・・・(肺病で死の床にある人物には見えない)。あと、意外だったのが、この方結構地味なのね・・・という印象が残ったこと。あまり華やかでないというか・・・大変プロフェッショナルなパフォーマーとは感じましたが。総じて、昨シーズン見たネトレプコのヴィオレッタの方が私的にはずーっと良かったなぁ、と。

トマス・ハンプソンのアルフレード父は、ダンディでなかなかカッコ良かった。演技も歌唱もさすがに安定してたけど、例のアリア(プロヴァンス~)はややヒロイック過ぎたような・・・もうちょっと泥臭いというか、コテコテお父っあん系?の熱血歌唱の方が私は好きかも。

多分今回初めて聴いた(見た)アルフレード役のジョセフ・カレーヤ(と読むのでしょうか?)はよかった。アルフレードのアリアをこれだけ朗々と・明澄に歌い上げる歌手を聴いたのは久々だったような。イタリア語ネイティヴっぽい発音だったのだけど、キャスト・シート上の名前をみると・・・はて、一体どちらの方?周りの人たちに聞いてみたけど、誰も知らない。ロシア人らしい・・・なんて怪しいこと言ってる人もいたけど、後日友人からマルタ出身との情報が。うん、この方はなかなか立派な歌唱でした。

☆ 仮面舞踏会 (7/2)

リッカルド: ロベルト・アロニカ
アメリア: アンジェラ・マランビオ
レナート: ダリボー・ジェニス
ウルリカ: エレーナ・マニスティーナ
オスカー: アンナ・クリスティ

ディレクター: マリオ・マルトーネ
指揮: マウリツィオ・ベッニーニ

Un Balloは音楽が大好きなので、ROHでかかっていればたいがい見に行く演目の一つ。現行のこのROプロダクションも結構好きなので、まずまず楽しめたけど、歌手陣は特に印象に残らず・・・敢えて言えばウルリカ役のメッツォが一番好きだったかな。シーズン最後のせいか故障者続出でキャストがころころ替わってるロイヤル・オペラなんだけど、なんとこの日も。リッカルド役のラモン・バルガスが何故かこの日だけ戦線離脱。まぁ、私は特に彼のファンというわけでもなく・かつ初日に彼で聴いた友人から特に良い話は聞いてなかったので、傷は浅いですが。代役のロベルト・アロニカとアメリア役のアンジェラ・マランビオは大変な声量の持ち主・堂々たる歌唱ではあったけど、最近やや食傷気味のタイプの歌手で、うーむ。(一番印象に残るのが声の大きさ・・・!)軽やかで親しみやすい旋律満載のこのオペラの魅力とはイマイチ相容れなかったような・・・

☆ トスカ (7/9)

トスカ: アンジェラ・ゲオルギュー
カヴァラドッシ: マルチェロ・ジョルダーニ
スカルピア: ブリン・ターフェル

ディレクター: ジョナサン・ケント
指揮: ジャック・ラコム

キャスト変更の嵐の中で一番驚いたのがこれ。ゲオルギューって、日頃誰かのピンチ・ヒッターを務めることなんてあるのでしょうか??(その逆のケースは沢山ありそうだけど・・・)

もとはデボラ・ヴォイトが歌う予定だったのだけど、彼女の降板でゲオルギューとネリー・ミリチョーの二人が半分ずつ担当することに。

実は私はゲオルギューの声質と歌唱法が苦手で、意識的に彼女の登板日は外すようにしてるので今まで全幕もので実見(聴)したのはニ回だけ。今回は腹をくくって見に行ったのだけど、恐れいていたほど拒否反応は出なくて、ホッ・・・。しかし、やはりどうもぴんとこなかったな。彼女の声はこの役には細すぎるのかなあ・・・その弱さをカバーするような歌唱法(に聴こえる)に萎えてしまう。演技力も、どうなんでしょう??私の目にはドラマ性が希薄だったけど・・・。結局この方に関する限り、感心できたのはルックスだけ・・・だったなあ。

カヴァラドッシ役のマルチェロ・ジョルダーニの最後のアリアには詩情が感じられず、スカルピア役のブリン太は・・・この人の声はこの役には軽すぎるような気がした。(やっぱりこの役はもっとヘヴィーな声質を持った歌手の方が向いているのでは・・・)

ゲオルギューとターフェルというスター歌手二人を揃えた公演にもかかわらず、私的には全く盛り上がらなかった。帰りの地下鉄の車中同行の友人と意見が一致したのが、「今夜何観たかもうほとんど憶えてないね~印象薄々・・・」。

・・・と、上記三公演は必ずしも当たりではなかったけど、いいんです。一番楽しみにしていたセヴィリヤの理髪師、初日を見たけどすっごく良かったので~(フローレス~♪♪)。詳しくは、別記事にて。
2009-07-14 09:29 | オペラ | Comment(3)
Comment
フレミングにハンプソン、ゲオルギューにブリン太・・・
なんて豪華な面々!
さすがRoyalOpera、とまずはタメ息。

・・・の割にはあまり釈然とする内容ではなかったようで残念なことでした。
演目と歌手の相性、その日のコンディション、演出、など様々な要因が積み重なっての結果として、
大満足の舞台、というのはなかなか難しいものなのだろうなぁと思います。
フレミングは優等生的な人なので、メトの古典的な演出の「椿姫」で尚且つベストコンディションの(であろう)ときに観た限りでは好印象だったのですが・・・。
でもわたくし、ネトレプコのヴィオレッタは未見ですので・・・。
観たら彼女がデフォルトになってしまいそう(^^)
ドラマチックですものねv

ゲオルギューは声質があまり好みではないので、
とても美しい方だからヒロインにはピッタリなのになかなか満足できません。
などと勝手なことを言っていられる幸せをほのぼのと感じつつ、
メインディッシュ、「セヴィリヤ」レポお待ちしております~

maria 2009/07/14(火) 10:54:20) 編集

おはようございます。天気、また良くなりそうですね。

 僕はカレヤを観るのは今回でトータルで5回目くらいでしたが、きくたびに上手くなってきていますね。ロイヤルには2年に一回くらい出演しているようですが、もっと頻繁に登場願いたいです。彼は、マルタ島の出身です。
 僕も初日に、舞台脇の席からみました。フレミングの歌唱、確かに第一幕はあっさりしている印象がありましたが、後は彼女の演技力に惹き込まれました。

 ロイヤルはシーズン終盤に度重なるキャスト変更に見舞われているようですが、それを考えるとディドナートは立派ですね。これまた初日に観ることができましたが、ずっと記憶に残る舞台になりました。勿論、フローレスの例のアリアをきくことが出来たのは、本当に望外の喜びでした。レポ、楽しみにしています。
守屋 2009/07/14(火) 14:35:50) 編集


mariaさん こんにちは。

>>演目と歌手の相性、その日のコンディション、演出、など様々な要因が積み重なっての結果として、大満足の舞台、というのはなかなか難しいものなのだろうなぁと思います。

ほんとーに。その、珍しく"大満足の舞台"が、今回はセヴィリヤでした。(まぁでも私はひっじょーにストライクゾーンの狭い・かつ聴く耳のない観客なので、あまり参考にならない感想ですが・・・スミマセンです。)

mariaさんはフレミングをMETのトラヴィアータでご覧になったのですね。(ロイヤルの現行プロダクションもかなりトラディショナルなんですよ~。)優等生的とは、なんとなくわかります。ネトレプコのヴィオレッタは一見の価値ありますよー 機会がありましたら、是非。

ゲオルギュー、mariaさんも苦手でしたかー。彼女は大人気ですけど、私は相性合わないみたいです・・・。

なんと、早いもので明日がフローレス出演の最後のセヴィリヤ公演です(その後残る一回は別の人が歌う)。レポは初日と明日の分まとめて・・・となっちゃいそうです。


守屋さん こんばんは。

カレーヤさん、時々RO公演に出てたんですね 私は全然知りませんでした。しかし聴くたび上手くなってるってすごいですねー。私も彼なら歓迎です また近々戻ってきてほしいなー。

トラヴィアータは舞台の近くでご覧になったのですね(私も明日は珍しくSCサイドの舞台寄りです。カテコの時にフローレスを近くで見たいがために取った席!)。確かにフレミング、尻上がりに調子をあげていた印象があります。

守屋さんのブログで(充実の)セヴィリヤ・レポ拝読しましたよ。すっかりディドナートにぞっこんのご様子・・・♪彼女、本当に車椅子で歌い続けているようで、そのプロ根性には脱帽!です。フローレスのアリアについて、たしか守屋さんが"まるで天使達が降りてきたかのよう"というような絶妙の形容をされていましたが、読んでいてついニマニマしてしまいました。(劇中アンコールがなかったのが残念!)

またあのアリアを聴くことができるって、なんたる幸せ~。明日が楽しみです!
Naoko S 2009/07/15(水) 10:10:12) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。