スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
「アグリッピーナ」の評判
先週聴いてすっかりハマったヘンデルのアグリッピーナbyチューリッヒ・オペラ。クリティックのウケがどうだったか、すっごく知りたい・けど知るのがちょっとコワい・・・と"恐る恐る"レビューを探して読んでみたところ・・・

むむむ やはり・・・

カサロヴァはあんまり評判良くないですね・・・っていうか、酷評してるレビューワーも数人。まぁ気持ちはわからないでもないですよ ファンの私ですら、"ちょっと、どーよ"って瞬間が結構あったし。でも、後半のアリアは良かったのに~~(勿論このアリアに言及して賞賛してる人もいましたが)。

一番キツイのがGuardianで、『カサロヴァはもはやかつてのgreat artistではなくなってしまったのではないか、と懸念を抱かせるパフォーマンス・・・彼女の深くくぐもった(foghorn)低音はしばしばヘンデルのラインを壊し、演技はくどすぎ・やりすぎで、まるで"Absolutely Fabulous"のジェニファー・サンダース』・・・・。

"controversial"なカサロヴァをのぞくと他の歌手陣の評判は概ね良好で、中でもネローネ役のアンナ・ボニタティブスの評価が高いような。確かにこの方はクリーンな歌唱で好感度大でしたけど。不思議な雰囲気をもったオットーネ役のマリヤーナ・ミヤノヴィッチというメッツォ(滅法背が高く痩身で中性的)は、結構名の知れた人だったんだ~彼女はちょっと評が割れてますね。(RFHは彼女には大きすぎたようだ云々。確かにこの方の声は細かった・・・Rear Stallsに座っていた友人はよく聴こえなかったと言ってた。)

レビューで読んで初めて知ったのだけど、このプロダクション、現在本拠地・チューリッヒで上演中。その合間を縫って一日だけサウス・バンクにコンサート上演しに来てくれたという、珍しい?アレンジだったのですね。そのチューリッヒ・オペラのサイトで公演フォトが見られるのだけど、モダンでやや過剰感がありそうで(←カサロヴァにぴったり!)、興味津々。劇場版観たかったな~。

http://www.opernhaus.ch/e/spielplan/spielplan_detail_impressionen.php?vorstellID=10325981

Orchestra La Scintillaと指揮者のミンコウスキーは大変評判がよろしいです。この公演の最強のファクターなんて書いてる人もいたり(ごくごく妥当かと・・・)。で、無知な私は初めて聴くオケでしたが、ちょっとググってみたら、知る人ぞ知る・欧州でも有数の精鋭部隊のようで(なにせ常日頃積極的にクラシック聴くことなんて殆どないので、世の中にどういうオケがあって・どこがいいかなんて、まるで判っていない・・・)。また近いうちに聴く機会があるといいなぁ。(チューリッヒ、急速に惹かれつつあります!)
2009-05-25 10:26 | オペラ | Comment(4)
Comment
私も行きました。発売初日に最前列ど真ん中を席を買って、長い長い間待ちました。
私のブログにカーテンコールの写真は勿論のこと、チューリッヒの舞台の写真も載せてありますので、ご興味あればどうぞ。

チューリッヒのオペラハウスは、こじんまりしてて、でもバルトリとか凄い人が結構出るので、私も一度行ってみたいです。
ロンドンの椿姫 2009/05/31(日) 01:14:11) 編集


椿姫さんお久しぶりです~&コメント有難うございます。

早速貴ブログにお邪魔してきました。当日の充実ぶりが伝わってくるカテコ写真に感激~。

椿姫さんは最前列だったんですね。私もブックするとき迷いに迷ったんですが、カサロヴァは近すぎない方がいいだろうという判断により、オケの真ん中あたりにしました。結果、カサロヴァに関しては正解だったかと・・・(笑)ミヤノヴィッチはちょっと弱かったです。(リア・ストールズに座っていた友達の話では、彼女の位置でしっかり声が響いてきたのはカサロヴァだけだったとか・・・。ちなみに、満席とはいかなかったけど、最終的にはお客の入りはまずまずだったのではないかしら。公演二日前にサイトをチェックしたときは、2Fは完売でした。)

カサロヴァのジャケット、そうですよね~あれ着たままでよかったのに。二部で立派な二の腕を露にされて登場したとき、思わず、"うっ・・・”と息を止めてしまいました(笑)。

>>チューリッヒのオペラハウスは、こじんまりしてて、でもバルトリとか凄い人が結構出るので、私も一度行ってみたいです。

このオケはよくバルトリのお供をしているみたいですね。若い人が多くて見た目もなかなか魅力的だな~と思いましたが(女性奏者に綺麗な人が多くなかったですか?)、イケメン・チェリストには気づきませんでした 次回はしっかり注目したいと思います~。(チューリッヒ、惹かれますよね!)
Naoko S 2009/05/31(日) 23:59:01) 編集

Naoko様、こんばんは!

カサロヴァさま、今週末、日曜日に新国立劇場で「チェネレントラ」を観に行く予定ということもあり、大変興味深く拝読致しました。
チェネレントラに彼女があうかどうか・・・というのもまた非常に微妙な感じがしつつも、相手役もシラグーザですし、新作ということでちょっと見てみようかな、と(笑)

「チェネレントラ」はこちらでも名前の出たバルトリ主演、チューリッヒ歌劇場公演の映像で観ており、いたく気に入ったので・・・。でも全くの別物になりそうですね(^^;)

ちなみにバルトリは声量の問題で、あまり大きな会場が向かないヒトなのでチューリッヒはご本人もピッタリのサイズ、ということもあり、大変気に入っていらっしゃるというインタビューを読んだことがあります。
maria 2009/06/04(木) 02:41:19) 編集


mariaさん こんにちは

カサロヴァ、明日新国にご登場ですか!彼女のチェネレントラは実見したことがないので羨ましい~楽しんできてくださいね(&レポを心待ちにしておりますv)。

>>ちなみにバルトリは声量の問題で、あまり大きな会場が向かないヒトなのでチューリッヒはご本人もピッタリのサイズ、ということもあり、大変気に入っていらっしゃるというインタビューを読んだことがあります。

ほおーそんな背景があったのですか。バルトリってあまり声量ないんでしたっけ・・・私今秋バービカンで行われる予定の彼女のリサイタルをブックしてあるのですが、ケチって安い席にしたのでかなり舞台が離れてるんですよね 失敗したかなあ・・・。

会場のサイズもさることながら、あのオケだから一緒に仕事したくなる、という要因も大きいのではないでしょうか。mariaさんお気に入りの映像、見てみたくなりました・・・
Naoko S 2009/06/06(土) 10:15:08) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。