スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロイヤル・オペラ/バレエの2009/10シーズン
ロイヤル・オペラハウスの来シーズン、ようやく詳細情報が入ってきました。

Royal Opera 2009/10 Season

● Linda di Chamounix (concert performance): 7,14 September 09

● Don Carlo: 15 September - 1 October 09 (Kaufman)

☆ Tristan und Isolde: 29 September - 18 October 09

● Carmen: Take 1 / 6-24 October 09 (Galanca, Alagna), Take 2 / 5-26 June 10

● L'Heure Espagnole/Gianni Schicchi: 17-28 October 09

☆ The Tsarina's Slippers: 20 November - 8 December 09

● Der Rosenkavalier: 7-22 December 09 (Isokoski)

● La Boheme: 19 December 09 - 11 January 10 (Nakamura/5,7,11Jan)

● The Rake's Progress: 22 January - 3 February 10 (Spence)

● Cosi Fan Tutte: 29 January - 17 February 10

☆ The Gambler: 11-26 February 10

☆ Tamerlano: 5-20 March 10 (Domingo/5,8,11,15,20)

● The Cunning Little Vixen: 19 March - 1 April 10

● Il Turco in Italia: 3-19 April 10 (Kurzak)

☆ Aida: 27 April - 16 May 10 (Alvarez)

● La Traviata: Take 1 / 11-24 May 10 (Hvorostovsky), Take 2 / 11-17 July 10 (Gheorghiu)

● La Fille du Regiment: 17 May 10 - 4 June 10 (Florez/17,20,22,25,27 May, Dessay)

● Le Nozze di Figaro: 31 May - 3 July 10 (Schrott, Isokoski)

☆ Manon: 22 June - 10 July 10 (Netrebko, Villazon)

● Simon Boccanegra: 29 - 15 July 10 (Domingo)

● Salome: 3-16 July 10


以上メイン・ステージでの上演作品のみ、日程は上演"期間"。☆はニュー・プロダクション、()内は目に留まった出演歌手。

私的に楽しみなのがロシア・オペラの新作二つ(Tsarina's Slippers/チャイコフスキー、Gambler/プロコフィエフ)。ドミンゴが2回来ます(ヘンデルのオペラ&ボッカネグラ)。フローレスは連隊だけなのね(デッセイも戻ってきます・嬉しい!)、湖上の美人は来々シーズンまでお預けかな。椿姫にゲオルギュー登場だけど彼女は3回しか歌わないようで、チケット争奪が凄そう・・・。新作・マノンの主役ペアは下馬評通りネトレプコ&ヴィリャゾン。そして、中村恵理さんがムゼッタ@ボエームに抜擢されています。


Royal Ballet 2009/10 Season

● Mayering: 8 October - 10 November 09

● The Sleeping Beauty: Take 1 / 23 October - 24 November 09, Take 2 / 18-23 January 10

●☆ Agon/Sphinx/New Mcgregor: 4-18 November 09

● The Nutcracker: 26 November 09 - 1 January 10

● Les Patineurs/Tales of Beatrix Potter: 14 December 09 - 13 January 10

● Romeo and Juliet: 12-20 January/4-25 February/1-12 March 10

☆● New Watkins/Rushes/Infra: 19 February - 4 March 10

● La Fille Mal Gardee: 9 March - 28 April 10

● Concerto/The Judas Tree/Elite Syncopations: 23 March - 15 April 10

● Cinderella: 10-30 April/3-29 May/5 June 10

●☆ Electric Counterpoint/New Scarlett/Carmen: 5-15 May 10

● Chroma/Tryst/Symphony in C: 22 May - 11 June 10


ちょっと地味目のラインナップ??こんなにトリプル・ビル(しかも現代もの)の多いシーズンは珍しいような・・・。安全牌の全幕ものを沢山上演したい気持ちはわかるけど、くるみとR&Jはともかく、眠りはこんなに回数やって客席埋まるのだろうか・・・前回特別オファーが出てたような記憶があるけど。ベアトリクス・ポター物語(邦題は「ピーター・ラビットと仲間達」っていうんですね これ)が早くも再演されるのは嬉しい(楽しみはこれだけだったりして・・・!)。09年秋シーズン(ピリオド1)のキャスト情報は未入手で、くるみのキャストが気になるところですが・・・とりあえず、"2009/10シーズンのロイヤル・バレエ人事リスト"に都さんの名前を見つけて、一安心。

【4/22追記】 オペラハウスのサイトにプレス・リリース一式が掲載されました:

http://www.roh.org.uk/pressandmedia/pressreleases.aspx
2009-04-11 10:22 | オペラ | Comment(6)
Comment
おはようございます。発表がまだ先だと聞いていたので、この情報はうれしいです。「シャモニーのリンダ」は誰が出るんでしょうね?グルベローヴァだったりしないでしょうか。ヘンデル死後250年の年の割にひとつだけというのが気になりますが、個人的には「薔薇の騎士」、「イタリアのトルコ人(クジャァクにはぴったりでしょう)」、「連隊の娘」がうれしいです。
 オペラの充実振りに引き換え、バレエはなんというか、「ヤナウスキーが踊れそうな全幕がない」、と。吉田さんには、ぜひ、ぜひ、ぜひ、「リーズの結婚」に。
守屋 2009/04/11(土) 15:49:27) 編集

Naokoさん、速報ありがとうございます!
都さんのお名前があったという情報もありがとうございます~(重要!)。可能性があるのはリーズ、ロミジュリ、シンデレラですかね。
ベアトリクス・ポターがこんなに早く再演とは意外です。ダンサーたちはびっくりしているんではないでしょうか(笑)
ラインナップ、確かに「お!」という演目がないかもしれませんね・・・。
asaco 2009/04/11(土) 18:26:06) 編集


守屋さん こんばんは。

今シーズンの演目発表は昨年3月末に記事にしてるんですよ 今年はちょっと遅かったですね。(ちなみに情報元はオペラハウス発行の"Season Guide 2009/10"です 多分週明けにはこれが公式サイトに載るんじゃないかな・・・)

>>「シャモニーのリンダ」は誰が出るんでしょうね?グルベローヴァだったりしないでしょうか。

あ、期待させてしまってすみません グル様ではありません・・・タイトルロールを歌うのはEglise Gutierrezという方です(Cuban-American Sopranoだそうです)。

>>オペラの充実振りに引き換え、バレエはなんというか、

もうこれは世界中どこでも同じでしょうねえ ロシアは多少は違うかもしれないけれど。このラインナップを見ていると、ROHの資源の大半がどこに使われているか、一目瞭然ですね・・・


asacoさん こんにちは。

>>都さんのお名前があったという情報もありがとうございます~(重要!)

ほんと、重要ですよね!ドキドキしながら人事簿に目を通したのですが、今シーズン同様、"Principal Guest Artist"としてお名前がありました(よかった よかった)。asacoさんがあげてくださった三演目すべてにご登場いただけたらいうことないのですが、現実はどうなるでしょうか・・・

>>ベアトリクス・ポターがこんなに早く再演とは意外です。ダンサーたちはびっくりしているんではないでしょうか(笑)

これは、ほんと意外でした~。ダンサーの皆さんは戦々恐々としてるかもしれませんねえ 大変そうだもの・・・でもクリスマス・シーズンにかかってるし、チケットは飛ぶように(?)売れることでしょう~。
Naoko S 2009/04/12(日) 06:50:19) 編集

おはようございます。今朝のテレグラフに、オペラ・クリティクのルパート・クリスチャンセン氏のコラムで、ヴィリャソンがメトの「愛の妙薬」をドタキャンしたことが書かれていました。ロンドンでは、同じく「キャンセルしがち」としてすでに評判が定着している印象のあるネトレプコとの「マノン」は上演できるんでしょうか。これ、2010年の10月には18年ぶりの日本公演での上演が予定されています。
守屋 2009/04/13(月) 17:43:40) 編集


ヴィリャゾンは復帰後どうも調子が今ひとつみたいですね・・・傍目には、仕事入れすぎだと思えてならないのですが。来シーズンもさることながら、私は二ヵ月後のオペラハウスでのリサイタルも心配です(まぁ私の場合トニーのピアノが目当てなんですが・・・)。

>>ロンドンでは、同じく「キャンセルしがち」としてすでに評判が定着している印象のあるネトレプコとの「マノン」は上演できるんでしょうか。

ん~ダブル降板という事態だけは避けていただきたいですが、どうなるかわかりませんねー。しかし、ROの日本公演は18年ぶりなんですか?ROって日本でのブランド力弱いんですね ここは一つ、奮起して頑張っていただきたいですね~。
Naoko S 2009/04/15(水) 08:59:36) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2009/04/16(木) 02:33:59) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。