スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
熊川哲也のブロンズ・アイドル
すっぽり雪におおわれたブリテン島・・・

昨日来せっせと降り続けた雪のお陰で交通網がすっかりマヒしてしまったロンドン、通勤の足が奪われ今日一日は思わぬ"休日"となりました。なんでも18年ぶりの大雪、ロンドンでも20cm積もったとか。拙宅のフラットの共用ガーデンには誰がつくったのか、雪だるまならぬ・雪でできたヨークシャーテリア(?)像が。これがなかなか可愛いんだけど、いつまでもつかな・・・

さて先週見てきたロイヤルのラ・バヤデール、前回の記事ではメインロールを踊った三人のことしか触れられなかったので、サポート・キャストについて若干付記しておきます(&昔話を少々・・・)。

実は、この日は役デビューのダンサーがもう一人いまして・・・大僧正のエリック・アンダーウッド。開演前にキャストシートを開いておかなかったので、最初登場したときには彼とわからず、「ん~誰?こんな人いたっけ?」。よくよくオペグラで覗いてみてびっくり・・・「えーっアンダーウッドがこんなコテコテのキャラクター・ロールをやるなんて・・・」。

エリック・アンダーウッドも比較的"ニューフェース"で、Dance Theater of Harlem、ABTをへてロイヤルに入団したのは2006年秋(現在ソロイスト)。シャープで現代的センスのある踊りをするダンサーで、コンテンポラリーの新作ではほぼ毎回起用されている人なのですが、その彼が大僧正とは。

大体この役はギャリーとかマリオットとか、(プリンシパル)キャラクター・アーティストがキャストされるのが普通なんですが、現役バリバリの(若い)ダンサーが演じるとこうも違うか・・・と面白かったです。アンダーウッドにはベテラン・アクターであるキャラクター・アーティスト達のような濃ゆ~い演技力はないけれど、動き・所作が引き締まっていてなんともクール、それが威厳につながって、(ごく自然に)高い地位にある人物に見えた。褐色の肌にメタリックな装飾つきの・燻したような赤色のローブがよく似合っていたし、意外にこれは彼の当たり役になるかも・・・。

さて、サポート・キャストのもう一人は、ブロンズ・アイドルを踊ったブライアン・マローネー。こちらは・・・かなーりテンション下がるパフォーマンスでした。このダンサーをこの役で見たのは初めてだったと思うんだけど、なにしろ"止め"がまったくできてないので全てがダラダラと流れてしまって、mmm・・・。前回・アッツオーニ&プトロフ組の時は佐々木陽平さんが踊っていて、これも殆ど印象に残ってないんだけど(彼を配役すること自体理解に苦しむが・・・)、マローネーが踊るのを見ていたら、「マカロワ版のブロンズ・アイドルってこんなにつまらなかったっけ??」とあまりにも腑に落ちず、帰宅してすぐにYouTubeで熊川哲也の映像を探して見てしまった。

一昔前のロイヤルのブロンズ・アイドルといえば、極めつけはなんといっても熊川君のだったんですよね・・・。で、彼が踊ると毎回異常に盛り上がったのですよ 客席の反応の凄さたるや、三幕始まったばかりなのに、もう帰っていいですかって気にさせられるくらい(笑)。こういう、劇場が興奮の坩堝に叩きこまれたときの様子を形容する英語に、"bring the house down"ってイディオムがあるんだけど、彼はこれを踊ると必ず"brought the house down"してましたからね。

あの興奮は一体何だったんだ・・・ひきかえこのヌルさは・・・同じ振付とは思えない!と映像を見てみたんだけど、どうやら同じみたい。で、映像で見る熊川@ブロンズアイドルは勿論上手いんだけど、ライヴで見たときのあのケタ外れの輝きと爆発力は伝わってこない・・・うーん。

やはり舞台は生ものですね・・・見終わったあとに思わず"キャ~~!"と叫び声あげたくなっちゃうような、あの鮮烈なブロンズ・アイドルが懐かしい!(プレイバ~~ック!!)と、しばし懐古趣味にひたってしまったのでした・・・。
2009-02-03 09:24 | ロイヤル・バレエ | Comment(10)
Comment
私、初めて生で観たブロンズ・アイドルが熊川くんで(1992年のロイヤル来日公演)、以来、誰のを観ても満足できない体質になってしまいましたよ・・・・・・ははは、今となってはちょいと恨めしいです(^ ^; 

アレはホントに、特別でしたよね・・・・(懐かしい)
RIE 2009/02/03(火) 18:54:08) 編集


>>私、初めて生で観たブロンズ・アイドルが熊川くんで(1992年のロイヤル来日公演)、以来、誰のを観ても満足できない体質になってしまいましたよ・・・・・・

え~~っ RIEさんもですかっ!?

いやほんと、彼のブロンズアイドルは特別でしたよね・・・バレエの「役柄別・究極キャスト」を選出するとしたら、これは断然熊川君で決まりだな~(笑)。

私、この手の"短距離走型"というか瞬間の爆発力が命!の演目で水を得た魚のように踊る熊川君を、"な~んかマイケル・ジャクソンみたいだなぁ・・・"なんて呟きながら見てたものです 特に深い意味はないんですが(笑)。観客を熱狂させるスター性にちょっとポピュラー系入っているというか、バレエ界では珍しいタイプだったので。(・・・ってなことを思い出してしまいました。あ~貴重なキャラだったなぁ 懐かしや・・・)
Naoko S 2009/02/04(水) 10:29:31) 編集

はじめまして。Banbaと申します。いつも楽しく拝見させていただいております。
実は私も崔さんの公演を見に行ってきました。とてもしなやかで可憐でしたよね。お二人とも。ですが、私もブロンズアイドルに関しては同じ感想だったのです。熊川さんのは私は残念ながら生で見た事はなかったのですが、ブロンズアイドルというパートを知ったのはYoutubeの彼のファイルを見てからで、とても期待していたのですが、、少しメリハリがかけているなぁと思ったので、そう思ったのは私だけではなかったのだなぁと、ついついコメントを書いてしまいました。

そして、私も彼のブロンズアイドルを帰ってからYoutubeで見てしまいました。
Banba 2009/02/04(水) 18:53:05) 編集


Banbaさん はじめまして。コメントありがとうございます~。

さて、Banbaさんもあの夜ご覧になっていたんですね!他のキャストが良かっただけに、ブロンズアイドルがweakest linkに見えてしまって、残念でしたよね・・

今ballet.co(というUKバレエフォーラムがあるのですが・・・ご存知でしょうか??)を覗いていたら、新着ポストの中に、熊川@ブロンズアイドルについて触れている人がいました。いわく、"熊川のブロンズアイドルの燦然たるパフォーマンスは主役の女性陣を忘れさせるほど凄かった"・・・とかなんとか。(やっぱり皆熊川君を思い出しちゃうんだな~)

>>そして、私も彼のブロンズアイドルを帰ってからYoutubeで見てしまいました。

おお~~。きっと私達と同じ行動をとったバレエファンが他にも少なからずいたことでしょうね・・・!
Naoko S 2009/02/05(木) 09:20:11) 編集

Naokoさん

熊川哲也によるブロンズアイドルを見ていらっしゃるのですね、
うらやましい~。もう伝説となっている様子ですね。

>それが威厳につながって、(ごく自然に)高い地位にある
>人物に見えた

まさに!わが意を得たりという気持ちです。Infraとかで
きびきび踊っているときの彼と全然違いましたねー。
演技力で全く別のキャラクターになれるのって素敵です!

とと 2009/02/06(金) 03:02:31) 編集


>>熊川哲也によるブロンズアイドルを見ていらっしゃるのですね、
うらやましい~。もう伝説となっている様子ですね。

そうですね~もはやあれは・・・伝説といっていいでしょうねえ。

>>Infraとかできびきび踊っているときの彼と全然違いましたねー。
演技力で全く別のキャラクターになれるのって素敵です!

Infraの彼はカッコよかったですよね~さすがNYのダンスカンパニーで踊ってただけある、他のダンサーとはまるで動き方が違うなあ・・とワクワクしながら見てました(あそこだけ・・・)。

ballet.coフォーラムではメインロールの三人だけでなくアンダーウッドも絶賛されてますね。役柄に新しい生命を吹き込んだ・・・って書いてる人がいて、深く頷いてしまいました。
Naoko S 2009/02/06(金) 09:10:33) 編集

Naoko Sさん
ぜひBallet.coを私も覗いて見ます。
友達から、崔さんの回はに熊川さんを楽屋口からでてくるのを見かけたのだと聞きました。また、熊川さんの演技をぜひ英国でも拝見したいなぁと思いました。

ブロンズアイドルを見た続きで、熊川さんのローザンヌも見てみました。これもさらにすごいですよね。カルロスアコスタさんのローザンヌもみましたが、本当に輝いてるなぁって感じでした。



Banba 2009/02/07(土) 00:02:54) 編集


>>友達から、崔さんの回はに熊川さんを楽屋口からでてくるのを見かけたのだと聞きました。

え~~っそれは本当ですか!!どよどよ・・・(思わずどよめく・ミーハーなもので・・・)

公演を見にいらしてたんでしょうか それともブロンズ・アイドルの指導に?(笑)客席に姿を現していたなら絶対誰かがスポットするでしょうから、裏からご覧になってたのでしょうね きっと。

>>ブロンズアイドルを見た続きで、熊川さんのローザンヌも見てみました

はい、私も見ましたよ(笑)。投稿されてる他のビデオも片っ端からクリックしましたが、さほど数がなくて意外でした。
Naoko S 2009/02/07(土) 10:56:02) 編集

今月終わりにKバレエでピーターラビットを上演するので、その関係で渡英していたのかもしれませんね~。
ダウエルに最終確認をしに行ったとか(勝手な想像ですが)。
しかし、生で、しかも日本で観られるとは思わなかったので、本当に楽しみです~。

併せて上演する放蕩息子で彼は復帰をするのですが、大丈夫なのかな・・・と心配しております。
次にまた怪我をしたら復帰できずに引退という可能性がないわけではないと思うので、ゆっくり完治して欲しいと思うのですけど、なかなかそうはいかないんでしょうね・・・

asaco 2009/02/07(土) 13:48:23) 編集


>>今月終わりにKバレエでピーターラビットを上演するので、その関係で渡英していたのかもしれませんね~。

はあ~なるほど、そういう背景があったのかもしれませんねえ。ピーターラビット、あの着ぐるみ衣装はロイヤルからレンタルするのでしょうか。(作品は、楽しめること請け合いですよ 乞うご期待!)

>>次にまた怪我をしたら復帰できずに引退という可能性がないわけではないと思うので、ゆっくり完治して欲しいと思うのですけど、なかなかそうはいかないんでしょうね・・・

彼ももう36歳ですものね・・・今度こそ、復帰劇が成功されるよう祈りたいです。
Naoko S 2009/02/08(日) 09:27:00) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。