スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
パリオペの「かぐや姫」?
これ、ちょっと前に仏語フォーラム(Danser-en-France)で噂になってるのを見て以来、気になってるのですが・・・。

このフォーラムでは早くもパリ・オペラ座の来シーズンのラインナップが話題になってます。そもそも某仏語オペラ・フォーラムで"パリオペ・オペラ"の予想上演演目が語られていた流れで、「バスティーユでかかりそうなバレエの演目」の噂を上記サイトの方がキャッチしたようなのですが。

その"噂"によると、上演されそうなバレエは、「くるみ割り人形」と、あらたにレパートリー入りするイリ・キリアンの"Kaguyahime"とか。さらに、マウロ・ビゴンゼッティというイタリア人振付家(Aterballettoという名前だけは聞いたことのあるカンパニーの芸術監督?)が新作を振付ける、という情報も・・・。

で、「輝夜姫」なんだけど、本当にレパートリー入りするのだろうか?私は勿論見たことない作品で、確かDVDが出てたなぁ・・・とうっすら記憶にある程度。ちょっと検索してみたけれど残念ながら映像は見つからず(YouTubeにはポストされてないみたい・・・)、レビューもそれほど多くない。わかったのは、作曲・台本を石井眞木という日本の現代作曲家(故人)が手がけて、88年にNDTが初演したということ。(↓は最も参考になった・一NDTファンによるコメント)

http://www.euronet.nl/users/cadi/Response.html

私はそもそもキリアンには疎いし、世間でどれほどの評価を確立している作品なのかは結局わからなかったけど、本当の本当なんだろうか。だとしたら、タイトル・ロールは誰が踊るんだろう・・・等々と、ただの噂かもしれないのに、ついつい思いを巡らせてしまうのでした。
2009-01-23 09:22 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。