スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バレエ ドン・キホーテ (12/3)
昨夜の東京初日のドン・キ、無事見ることができました。

・・・ああ 来てよかった 生きててよかった・・・としみじみ思わせてくれたボリショイ・バレエ団に、心からの感謝と拍手を!

主役のマーシャ@キトリは、もう、なんと言っていいか、わたしはあまりに彼女のことが好きすぎて、いまも胸がいっぱい・・・ただただ幸せでした。なんて輝かしく、バレエ芸術(と観客)への愛に満ちたパフォーマンスだったことでしょう。マーシャは確か30歳になったばかりと記憶してますが、この若さでここまで芸を極めてしまってよいものか・・・と身震いしてしまうほどの完成度の高さでした。

あと、もう一つ深く感動したのは、観客の質のよさ。昨夜のマーシャご本人の調子が良かったことは確かだと思うけど、まず登場シーンで暖かな拍手、彼女が絶妙のタイミングで見事な見得を切るたびに盛大な拍手の嵐で、あれですっかり"ワタシのお客様!"と気を良くして、さらに奮起していたんじゃないかな。(私は常々マーシャは日本のバレエ・ファンに特別にウケるタイプではないのではないか・・・と思っていたので、あのレセプションの暖かさがすごく嬉しかった。)

もちろん主役以外のダンサーに対してもツボを得た拍手とブラヴォーが飛んでいて、随所でボリショイ・バレエ団へのリスペクトをひしひしと感じる客席の雰囲気。このオーディトリウムを埋め尽くした観客の大半がバレエファンなんだろうなあ・・・と、一元のお客や観光客の多いロンドンやパリでは味わえない鑑賞体験が新鮮で、なんともうれしかった。(香港から見に来ていたballet.coerのダンスライターの方も、観客の的確な反応に感心してました。)

昨夜のキャラダンは残念ながらベテランのマルハシャンツやジブロワを欠いていたし、そのほかのサポート陣もファーストキャストではなかったけど、それでもこれだけクオリティが高い・・・ボリショイのドン・キはやっぱり特別!

今夜はオーシポワ&ワシーリエフだったんですね。オケのテンポがさらに高速になって、閉演時間が昨夜より数分早まったことでしょう!
2008-12-04 14:10 | ボリショイ・バレエ | Comment(16)
Comment
ああ、Naoko Sさん、素晴らしい東京公演の幕開けだったのですね!見に行けなくともNaoko Sさんのレポを拝見しただけでちょっとこみ上げてくるものが…(マーシャ&オーシポワ@キトリの日はできることなら、見に行きたかった~!)。
会場の雰囲気がまた素晴らしかったようで、自分がその場を共有することができなかったのが、本当に残念です…。私事ながら、この楽しい時期に風邪をひいてしまって、Naoko Sさんや他の皆さんのレポを拝見しながら舞台を想像するしかないのですが、来週の9日に向けて盤石の体制で臨みます!
Bera 2008/12/04(木) 22:26:56) 編集


Beraさん お加減いかがですか?東京に着いたらマスクをしている人がたくさんいて、風邪が流行ってるのかなあ・・・と気になっていたところでしたが、Beraさんも風邪でダウンされていたとは!早期快復お祈り申し上げます(来週の「小川」は何が何でも参戦してくださいね!)。

客席の雰囲気は、日本のバレエファンの方なら特にどうってこともないのかもしれませんが、外から来ると新鮮なんですわ~。ああいう雰囲気の中で踊れるダンサーたちもきっと気分いいだろうなーと想像します。

私は今から東京を離れてしまうのでマーシャの白鳥をみられないのですが、来週また戻ってきて、いよいよ今回の帰省のクライマックス・「小川」です!!マーシャとフィーリンの2ショットを思い浮かべてはすでに目頭が熱くなってますが、泣かないようにがんばります!
Naoko S 2008/12/05(金) 12:25:18) 編集

Naokoさま
ステキなマーシャの最高にチャーミングな舞台を堪能致しました。
ボリショイらしいオケの疾走感、手馴れた脇の分厚い演技もあり、
”ボリショイのドンキ”だなぁ、と。
客席の雰囲気・・についてはご指摘いただいて、あら、そうですか?(笑)という感じですが、確かに客席がいいリアクションをしていましたよね。
わたくし、ボリショイ祭りの締めはNaokoさまと同じく9日の「小川」ですが、明日、アレクサンドロワの「白鳥」も観てまいります。
ジークフリートには一抹の不安もありますが(笑)マラーホフガラでその素晴らしい予告編(?)を見せてくれたマーシャの白鳥が楽しみですv
maria 2008/12/06(土) 04:17:08) 編集


mariaさん こんばんは

3日は楽しかったですね~♪今夜の白鳥はどんな風だったのかな~と想像中です。(mariaさんのご報告を伺うのが楽しみv)

早いもので、週が明けたらいよいよクライマックスの「小川」!ご一緒に、目一杯楽しみましょうね~!
Naoko S 2008/12/06(土) 21:02:05) 編集

NaokoSさま、お久しぶりです!私は4日のオーシポワとワーシリエフの「ドンキ」と7日のザハーロワの「白鳥」を観てきました。4日はお察しの通り、オケがとても速かったです。これに合わせて踊る二人はもうすごいっ!の一言で圧倒的な存在感でした。ワーシリエフのあの笑顔と跳躍、、素敵です。7日はザハーロワはもちろんのこと、道化役の岩田さんも素敵でした。ボリショイってやっぱりすごいですね。次はいつ観ることができるのかわかりませんが、また日本に来てほしいです。NaokoSさまにもまたどこかでお会いできますこと楽しみにしております!
Chikap 2008/12/08(月) 10:33:13) 編集

いよいよ今日ですね!
私は順調にアレクサンドロワのドンキ、ザハの白鳥を見終わり、いよいよ待望の今日です。感想はいろいろあるのですが、アレクサンドロワのキトリは可愛かったですね!またオケが素晴らしいですね~。日曜日は特に素晴らしい音色でしたし、私、最近ちと飽きていたザハちゃんでしたが、この日は違う~。岩田さん、コパヒーゼ、ああもう、最近こんな素晴らしい舞台見たのは久々~。なんと、ソワレにゲルギエフがご家族と観劇。「何故ゲルギーが日本に?」ロンドン交響楽団と来日中なのですね。日曜日は昼間に演奏会が小牧であり、終わってから東京に。昨日は東京文化会館で演奏会。
客席にゲルギーがいたから更に盛り上がったのかもしれませんね。
まりあ 2008/12/09(火) 07:56:08) 編集

NaoKoさん、「小川」は楽しかったです~。久々のフィーリン、アレクサンドロワの二人一緒の舞台。やはり、フィーリンが一緒だとアレクサンドロワの魅力が倍増、倍増。Switchが入った~。という感じです。他のDancerの楽しい演技にも笑って笑って笑いました。ワンちゃんが可愛かったです。フィーリンはやはり素敵!まだまだ踊って欲しいな!
まりあ 2008/12/09(火) 21:43:07) 編集


Chikapさん お久しぶりです!ボリショイWeekを堪能されてるようでなにより~。久々にみるオーシポワのキトリはさらにパワーアップしていましたか?ボリショイ、次の日本公演はいつになるんでしょうね?一度みると彼らなしではいられない体質になってしまいますよね このカンパニーは・・・次回の来日がそう遠くないことを祈りましょう!


まりあさん、マーシャの白鳥はあまり調子がよくなかった&パートナーもぱっとしなかった、と公演を見た友人から聞き、涙にくれておりました。(かわいそうなマーシャ・・・)

でもでもその分昨夜の小川で思いっきりハジけてくれましたよね!大・大・大好きなマーシャ&フィーリン・ペアが舞台に登場したとき、「ああ見に来てよかった・・・・」と心がぽかぽかになりました。クリィサーノワ&メルクーリエフもよかったし、客席の反応もよかったし、ひたすらハッピーな夜でした。

ゲルギー目撃情報ありがとうございました。敵陣視察ですかね~(笑)充実のボリショイ・バレエの舞台を鑑賞して、わがマリインスキーも!と奮起してくれるとよいのですが。 
Naoko S 2008/12/10(水) 13:30:02) 編集

NaoKoさん、日本迄いらした甲斐がある素晴らしい舞台でしたね!
アレクサンドロワの白鳥のPartner、例の彼ですね、仕方ない人ですね~。私もつくづくフィーリンがいつかインタビューで言っていた「マーシャの鍵を持っている」に納得てす。が、マーシャのPartner問題はちょっと悩ましいですね~。
マリインスキーは来年来日です。演目もバラエティーですし、日本にまたいらしては?ロパートキナも来ると思います。
まりあ 2008/12/10(水) 17:04:25) 編集


まりあさん こんにちは。

昨夜ロンドンに戻ってきて、自宅に着くなりベッドに倒れこんでひたすら爆睡してしまいました。(パブロン服用してるのですがなかなかすっきり熱がひきません・・・)

あ~それにしてもほんとに行った甲斐がありました。厳選して2回しか見ませんでしたが2回とも素晴らしい舞台で、小川では感極まりっぱなしでした。フィーリンはズルいですよね あんなにカッコよくて・かわいくて・素敵な状態で去ってしまうなんて・・・。マーシャのパートナー問題は本当に頭が痛いですけど、広いロシア、どこかに有望な若手が潜んでないかしら??

>>マリインスキーは来年来日です。演目もバラエティーですし、日本にまたいらしては?ロパートキナも来ると思います。

ボリショイのパンフの後ろの方に速報が出てましたよね・・・私は予定されている演目にはあまり惹かれなかったのですが(ジゼルにしてほしかった・・・)、来夏ロンドンに彼等が来てくれなかったら、日本公演かなぁ・・・。
Naoko S 2008/12/12(金) 18:37:24) 編集

Naokoさん、素晴らしい舞台を分かち合えて、とてもうれしいです。
フィーリンの美しいつま先、アレキサンドロワのダイナミックな踊り、宝塚も真っ青の男装の格好良さ、目に焼きついています。
ヤーニンが見られなかったのは残念だけど、サーヴィンもカッコよくて、気に入りました。

お風邪を治して、次のパリオペに備えてくださいね。
最終日はイレールのアブデラムらしいですよ!
マーシャかイレールか、ベジャールプロか、どれを選ぶかうれしい悲鳴ですね。御希望のものが無事ご覧になれることをお祈りしています。
テス 2008/12/12(金) 21:06:03) 編集

Naokoさん、お帰りなさい。会場やそこかしこで(笑)お会いできてよかったです~。しかしあの日は寒かったですよね。お風邪の方は大丈夫ですか?どうかお大事になさってくださいね。
でも、マーシャとフィーリンを観られて、日本まで遠征した甲斐がありましたよね!

私の方は、たしかに体力的にはもう限界な感じでしたが、なんとか全8回のボリショイ祭りを乗り切れました。
本当にマーシャは可愛い&かっこいいい&大好き~ですよね!明るい小川での彼女を観られて本当に良かったです。そしてフィーリン、ホントに最高でした!あれが最後かと思うと寂しいのですが、最後にあんなお茶目な姿を見せてくれてどこまでも粋な人でしたよね。

そしてオペラ座のオフィシャルにもイレール様のアブデラム発表されてしまいましたね。これは是が非でも、Naokoさんには観ていただきたいです~。大晦日にガルニエでお会いしましょう!
naomi 2008/12/13(土) 01:30:37) 編集

NaoKoさん、お風邪お大事にされてください。やはり、日本とLondonは温度差もありますし、日本は風邪が流行っていますからうつってしまわれたのですね。今月はパリ行きも控えていらっしゃるのですよね。ライモンダ、ベジャールプロをご無事にご覧になられてくださいね。とっても羨ましいです。マリインスキー来年のプログラムですが、実に10年ぶりになる「フォーキンプロ」を楽しみにしているんです。あと「眠りの原典版」。ただ、10年前と比べたらDancerがね~小粒…。10年前の「シエラザード」はアルティナイ・ルジマトフ/ロパートキナ・ゼレンスキーという今からしたらありえない豪華な舞台だったのです。ジゼル、ドンキは日本では見られないんだと最近は諦めに近いです。何しろ日本ではやらないですよ~。私の記憶では過去に一回きりです。
フィーリンの舞台はとてもいい思い出になりました。ずいぶん余力のあるうちに舞台を去ってしまうのね…。
悲しいけどありがとう!
まりあ 2008/12/13(土) 08:30:22) 編集


テスさん、「小川」(&公演後のお喋りも・・)楽しかったですね!フィーリン&マーシャのハマりようったら凄かったでしょ~~。(この二人をフィーチャーした映像を商業DVDとしてリリースしてくれればいいのになあ ロシアではTV放送されてるのだから・・・。)サーヴィンのアコーディオン奏者は、ちょっとカッコよすぎでしたね(笑)。ヤーニンが踊るとまた全然違うので、是非ご覧になっていただきたいなぁ。

お陰さまで風邪は快方にむかっております。年末のパリのキャスト、イレール乱入(?)でさらに混乱の度を深めておりますが、私は一体誰を見られることになるんでしょうか(笑)。当日幕が上がってからでないとわからない・・・ってことになりそうですね。(「火の鳥」を踊ったマチューがこの世のものとは思えない美しさだった、という声を聞いておりまして、こちらも是非見たいんですけどねぇ・・・どうなることか。)


naomiさん、お見舞い頂きありがとうございました。naomiさんは東京全公演制覇されたんですか??凄いわぁ・・・・(尊敬のまなざし)

マーシャは今回の日本公演でファンを増やしたのではないかな~ 今最高潮にノッてるマーシャの姿を見ることができて本当に幸せでした。次はパリですね!(ほんと大晦日にお会いできるといいですが、どうなることか・・・)


まりあさん、お気遣い頂き恐縮です。お陰さまで順調に回復しています。

>>マリインスキー来年のプログラムですが、実に10年ぶりになる「フォーキンプロ」を楽しみにしているんです。

おおー日本では10年ぶりなんですか。ロンドンでは数年続けてフォーキン・プロを持って来ていた時期があって、あまり久しぶり(新鮮)という感じはしないんですよね。ロパートキナとコズロフの「シェヘラザード」は見てみたい気がするのですが・・・

なぜ日本ではドン・キやジゼルを上演しないのでしょうね・・・他の国では割と定番の演目なのに。ロパートキナのジゼルを見られるなら一時帰国《即》確定だったんですけど(笑)。

フィーリンには私も心からお礼を言いたいです。《最後に日本で踊ってくれて、ほんとうにありがとう!》
Naoko S 2008/12/13(土) 13:17:26) 編集

Naokoさん一押しの「明るい小川」、とにかく楽しかったです。行ってよかった、観てよかったと終わってからもルンルン気分が何日か続いてました。ダンサーの個性が生かされたボリショイらしい作品だと思いました。

Naokoさんのお風邪、どうか良くなっていることを祈ってます。明日は大事な「くるみ」ですものね。
ミッツィーカスパー 2008/12/14(日) 23:52:39) 編集


ミッツィーカスパーさん 先日はどうも~。「明るい小川」、大いに楽しまれたようで何よりです!

>> Naokoさんのお風邪、どうか良くなっていることを祈ってます。明日は大事な「くるみ」ですものね。

なんと、間に合わず昨夜は見に行けませんでした(涙)。一度熱が下がったかと思ったらまた高熱がぶり返す、の繰り返しでかなりタチの悪い風邪にやられてしまったようです。今は金曜に照準を合わせて、ひたすら静養・快復に努めております・・・
Naoko S 2008/12/16(火) 20:44:49) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。