スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ウィルフリード・ロモリのガラ公演 (11/7)
三週間前に南仏・サント・マキシムで行われたロモリのガラ公演("Carte blanche a Wilfried Romoli")、パリとトゥールーズから駆けつけた5人のダンサーが6演目を上演しました。休憩なし・正味一時間強のスピーディーな公演だったので、感想もサクッと・・・・

・・・・と、その前に、再び会場のCarré Léon Gaumontについて、一言・・・結構印象が強烈だったので。街の中心からかなり(2km)離れたところに位置していることは前回も触れたけど、にもかかわらず劇場専用の送迎バス等のサービスはなし。ロケーションがまたびっくり。車が猛スピードで飛ばす国道沿いに忽然と姿を現す巨大な体育館みたいな建物で、周囲には何もない。この劇場、映画館との複合施設になっていて、入口に大きなビルボードが立ってるのだけど、専ら映画のポスターが掲げられているのみで、この公演のポスターはなかった。(劇場関連のイベントでは、先月の杮落し公演?のバーバラ・ヘンドリックスのはあったけど・・・そういえば街中でも公演ポスターは見かけなかったなあ 宣伝してた形跡まるでなし・・・。)

中に足を踏み入れると、ボックスオフィスらしき施設はない。カウンターに設置された受付で、予約しておいたチケットを引き取ろうとしてまたびっくり。クレジットカードが使えないばかりか、現金でもexact amountしか受け付けられないという!あとは、小切手払いのみ(勿論私はフランスで使える小切手は所有していない)。観察していたら小切手の宛先は市(町?)役所だったようで、あぁここは行政が文化事業の一環として運営してる劇場なのか・・・と初めて気づく(少なくともあの受付の対応からすると、営利目的の組織にはまるで見えなかった)。

で、この調子で一体お客さんがどれだけ集まるのか?とやや不安ではあったのだけど、果たして会場に足を踏み入れると・・・・半分埋まっていたかどうか、という入り(劇場のキャパは5~600といったところか)。なんて勿体ない!と唖然としたけど、まぁ地方公演だとこういうこともあるんですかね 何よりこのロケーションだし・・・。(しかし、そのお陰で、ちゃっかりかぶりつきの席で鑑賞という運びに・笑。客席は空いててさびしかったけど、こんな辺鄙な会場に駆けつける熱心な方々だけあって?お客の質はよかった。子供連れの人も多かったのに、上演中こんなに静かに集中して見てる観客に遭遇したのは久々・・・)

"L'apres midi d'un faune"(Nijinski): Wilfried Romoli et Laura Hecquet

ナルシスティックなところがまるでなくて、透明感すら漂わせているロモリの牧神。じゃ色気に欠けるのか?というとそんなことはなくて、先月トレヴィーゾで見たときも感じたのだけど、なかなかにセクシー。ニンフ役のエケがいかにも若く(青く)て、かつステージプレゼンスに差がありすぎて、二人の間にケミストリーは感じられなかったかな・・・(まぁ去年凄いのを見てしまってるからね・・・)。エケは清潔な乙女の雰囲気が出ていてまぁまぁよかったけれど、例の、上体を後ろに反らしてポーズするシーンでは、(井脇さんの舞台が目に焼きついてるので)"ソリが足りな~い!"と思わず心の中でツッコミを入れてしまった。

"Who Cares?"(Balanchine): Breno Bittencourt et Magali Guerry

トゥールーズ・バレエのソリスト二人によるWho Caresからのpdd。"Embraceable You"にのって踊っていたんだけど、この曲好きなので、見ていて気持ちよかった。なかなかチャーミングなペアで(特に男性の方)、若々しくて軽妙なダンスに、客席が一気に暖まったような。

"Sept danses Grecques" (Bejart): Laurent Hilaire

はい、かっこよかったです。こんな至近距離でイレールのギリシャを見られるなんて・・・嬉し恥ずかし(笑)。見ている間は、完璧にフリーズしてました・・・

"La mort du cygne" (Fokine): Laura Hecquet

パリオペ・ダンサーの踊る「瀕死」は初めて見たような。ローラ・エケ、登場したときにまずびっくりしたのが王冠のようなティアラをちょこんと頭の上にのっけていたこと。チュチュもややデコラティヴで個性的。でももっとびっくりしたのは、彼女の表現。相当役に入り込んでいたのか表情がとてもエモーショナルで、こんな彼女を見たのは初めて。鳥というよりははっきり人間を志向している(ように見える)表現はあまり目にしたことがなくて、新鮮だった。

"Don Quichotte" (Petipa): Breno Bittencourt et Magali Guerry

ドン・キのgpddというのは、ある意味最もハードルの高いガラ・ピースの一つだと思うのだけど・・・トゥールーズ・ペア、苦戦してました。フランスという国は、古典バレエをレパートリーにしているカンパニーがいまやパリオペとボルドーぐらいしかない極寒の状況・・・という話を聞いたことがあるけど、本当だとすると、トゥールーズのダンサー達も日頃古典を踊る機会はないだろうから、まぁ仕方ないのかな・・・。私的には彼等が常日頃踊り込んでいる演目を披露してほしかったけれど、観客には十分アピールしていたようで、大層盛り上がった。

"Un trait d'union" (Preljocaj): Laurent Hilaire et Wilfried Romoli

どうもこの作品というと、まずは冒頭の照明が気になる体質になりつつある・・・(笑)。今回はカラヴァッジオ系の青白い照明だったのだけど、(トレヴィーゾ同様)ちょっと落し過ぎ・・・イレールがほとんど真っ黒な影に見えてしまうシーンもあって、無念。(本当に難しいのね このライティング・・・)イレールだけでなくロモリも、いまや現役ダンサーではなくなってしまったわけだけれど、衰えは全く感じさせない。お二人の体力・気力が続く限り見せていただきたい演目です ほんとに・・・。

二人の熱演にカーテンコールでは客席から盛大な拍手とブラヴォーが贈られていたけど、後ろの方で"Merci beaucoup!"と叫んだ人がいて、ああいい感じだな・・・とほっこり・暖かい気持ちになったのでした。
2008-11-30 12:19 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(13)
Comment
Naoko Sさん、お待ちしてました、ロモリガラのご報告~!
Naoko Sさんのお手にかかってしまうと、地方のプチ公演であっても、なんだかオペラ座でミックス・プロを観ているような気がしてきます…。殿&ロモリの「Un train~」と南仏のこじんまりとした劇場とのマッチングを想像していると、ちょっと不思議な感じがしてくるのですが、ほんわか気分になれる公演だったとのことで、何よりでした。

さあ~、怒濤のバレエ強化月間(爆)、12月です!9日と27日(も、と勝手に決めちゃいます・笑)マーシャをご一緒に応援ですよね?そこに殿&ロモリの記事ですと彼らのアブデラムとマーシャ@ライモンダとパワフルな組み合わせをつい想像(期待)してしまうのは、私だけでしょうか…(笑)。
Bera 2008/11/30(日) 12:49:00) 編集

Naoko様、お待ちしておりました~!
いやぁ、フランス国内の地方公演って色々な劇場があるのですね~
チケット代の対応には愕然・・・
(ある意味ティピカルなフランスのお上の対応・・・という感じではありますが^^;)

それにしても殿のギリシャとトレデュニオンをかぶりつきで・・・とは至福の時間。
想像して思わずタメ息です~☆
ロモリさんもがっちりとした安定感とどこかサラリとしたセクシーさを漂わせていらしたのを10月に確認しているだけに、まだまだ観たいダンサーその2、ですし(笑)
あぁ、日本で熟年ダンサーガラでもやってくれないかしら?
(目の肥えた日本の観客は反応すると思うのですが・・・チケットも売れるはず!?)

ところでシュツットガルトの総合的なクオリティの高さを実感した今週の次はもうボリショイウィークの始まりとは、早いものです。
小川、お待ちしておりますわv
maria 2008/12/01(月) 03:00:11) 編集


Beraさん こんにちは。

前置きばかり長いレポで、お粗末さまでございました・・・。地方公演はパリで見るのとはまた違った味わいがあって、面白いですよ。またこの種の公演を見る機会に恵まれるといいのですが・・・。

>>さあ~、怒濤のバレエ強化月間(爆)、12月です!

いや~私、前回の"バレエ"強化月間はいつだったかなぁ・・・と振り返ってみたら、恐ろしいことに、1月のボリショイ公演(@パリ)まで遡らなきゃいけないような・・・(笑)。久々に血沸き・肉踊るバレエの舞台を見られるぞ~~と、ここんとこコーフンしっぱなしです。

あ、Beraさん、私9日は勿論ですが(まだチケット取ってないけど!)、3日のドン・キ初日も見たいと思っております(同左・・・)。Beraさんは27日のライモンダをご覧になるのですか?私、パリ行きはまだ何もアレンジしてないんですが、多分この日に行きますよ~!


mariaさん こんにちは。

>>あぁ、日本で熟年ダンサーガラでもやってくれないかしら?

ほんとですよねえ・・・私もここ数年アイデアを暖めておりますが(笑)、せめて殿とロモリのユニオンだけでも、日本の観客に見てもらいたいですよ・・・。

>>ところでシュツットガルトの総合的なクオリティの高さを実感した今週の次はもうボリショイウィークの始まりとは、早いものです。

メジャー・カンパニーの来日ラッシュで、バレエファンは大変ですね~(体力・時間・金銭的に・・・)。今年最後の大物がボリショイなのでしょうか?オオトリに期待ですね!(会場でお目にかかれるのを楽しみにしていますv)
Naoko S 2008/12/01(月) 07:23:06) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2008/12/01(月) 20:03:49) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2008/12/01(月) 22:17:10) 編集

NaoKoさん、お久しぶりです。もう日本に無事に到着されていらっしゃるでしょうか? 東京はLondonに比べて暖かく感じられるますか?私も、明日のドンキ、日曜日のザハロワ白鳥、小川(つい最近までシュツットでした。)と、ハードなスケジュールです。仕事も忙しい時期で、Balletを見るのもきついと感じるお年頃です~。明日は、日本では久々のドンキ。なかなか見る事が出来ない演目なので、どうしても行きたいのですが。仕事が~。
日本での滞在、ボリショイを楽しんでお過ごしください。
まりあ 2008/12/02(火) 07:47:16) 編集


まりあさん お久しぶりです~。

お陰様で無事到着いたしました。成田に着いたら大雨、東京は風が冷たくて、ちょっとがっかり。お天気よくなってくれるといんですが~。

まりあさんも明日のドンキをご覧になるご予定なんですね!師走に入ってお仕事も大変かとは思いますが、是非是非駆けつけてくださいませ。ご一緒に楽しみましょう~!
Naoko S 2008/12/02(火) 15:38:14) 編集

Naokoさんこんにちは。昨日の明るい小川は最高でしたね!

ところでもうご存知かも知れませんがビッグニュースです。ライモンダ大晦日公演はイレールがアブデラムを踊るそうです。ダンソマニ情報です。マチアス全降板のようですね。まずはNaokoさんにお知らせしないとと取り急ぎ
naomi 2008/12/10(水) 09:07:40) 編集


>>ライモンダ大晦日公演はイレールがアブデラムを踊るそうです。

え~~~~~~~っ!!

全然知りませんでしたよー ああーびっくりした!

これは、私に31日の特別料金払って公演を見ろということでしょうか・・・・(笑)

幸いまだ旅の予約何もしてないんで、こうなったら大晦日までパリに居座るしかないですね。情報ありがとうございました 大感謝です~!

ところで、昨夜の小川、naomiさんも楽しまれたようで嬉しいですわ~。でもあのどしゃぶりの中デマチしてたら風邪をひいてしまったようで、朝から解熱剤を飲んでフラフラしているていたらくの私です。(naomiさんは大丈夫でしたか?)重い身体をひきずって明日は這ってでも成田まで行かねば~。週明けには都さんの金平糖@ロイヤルが私を待っているのです!
Naoko S 2008/12/10(水) 13:40:46) 編集

Naokoさんお久しぶりです。
ボリショイ公演堪能されたようでなによりです。フィーリンが舞台に現れた時思わず涙ぐんでしまいました。やっぱり素敵です。できれば王子で締めくくりたかったんですけどね(笑)
風邪をひかれてしまったとのことですが、くるみまでに治りますように!
マーシャにフィーリンに都さんと夢のような12月ですね~
asaco 2008/12/13(土) 11:37:02) 編集


asacoさん こんにちは。「小川」ご覧になったのですね!

>>できれば王子で締めくくりたかったんですけどね(笑)

なるほどー フィーリン・ファンの方の間ではこうした声も少なくなかったんでしょうか。私としては、せっかくこの作品で新境地(?)を開いてくれたフィーリンに、もっともっと色んな顔を見せてもらいたかったな・・・と恨みが残ってしまうんですが。(でも笑ってさよならできてよかったとは思います・・・。)

お陰さまで風邪は克服しつつあります。ロイヤル・サイトで詳細キャストを見てみたところ、月曜のドロッセルマイヤーはギャリー(よぉーし!)、クララはルーツ、ハンス=ペーターはセルヴェーラと磐石の布陣ですね。一気にクリスマスが近づいてきた気分です!

>>マーシャにフィーリンに都さんと夢のような12月ですね~

最後の最後にイレールが加わってしまいそうですよ・・・(なんてことでしょう!)
Naoko S 2008/12/13(土) 13:44:35) 編集

最後の最後にイレール!これはもうParisに飛ぶしか・・と一瞬全てを賭けようかと思ったわたくしですが、冷静に考えると仕事が押している今、とても無理xxx
なのでここはNaokoさまに託します(スミマセン、勝手に・・・)
それにしてもこの年末のParis,マチュー、マーシャ、そして殿まで~(きゃ~)踊って踊ってなんて華やかなんでしょう!
11月から12月前半、シュツットガルトとボリショイのおかげで東京こそがバレエファンの聖地かと確信を深めておりましたが、最後はやっぱりパリですかしら。
しばらく更新をされていなかったのでお忙しいのかと思っておりましたが、お風邪をひかれてしまわれたのですね!(確かにあの日は寒かったxxx)早いご回復を祈念しております。どうぞお大事に。。。
maria 2008/12/19(金) 05:35:01) 編集


mariaさん、

殿ってば、ほんっとーに毎度人騒がせなお方でございますよねぇ・・・(こんな急に言われてもっ!・・・ですよね)。取敢えず(気分だけは)行く気になっていますが、なにせチケットも未だ入手していないし、本当に見られるかどうか・・・。マチュー、マーシャ、殿の舞台で今年を〆られたら最高なんですけどね~。

お見舞い頂き恐縮です。なんともタチの悪い風邪で、一旦快方に向かったかと思ったら、また高熱がぶり返してなかなか下がらず参りました。昨日から社会復帰していますがまだかなり咳がひどいんです・・・でもでも明日のくるみは絶対に見るつもりですよ~~!
Naoko S 2008/12/19(金) 08:52:31) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。