スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マチュー@バティスト~天井桟敷の人々
先月・今月と2回のイレール追っかけに資源を使い果たし、今回は見るのを諦めた「天井桟敷の人々」。パリオペ・サイトで抜粋映像を見てなんとなく舞台のイメージを思い浮かべていましたが、嬉しいことに、カーテンコールの様子をお知らせくださっているブログさんが・・・♪

ロンドンご在住で私とは職場も近い(笑)・ロンドンの椿姫さん、普段はオペラやコンサートの鑑賞レポを精力的にアップされているのですが、先々週ガルニエ宮で天井桟敷・・・をご覧になって、詳細レポをあげてくださってます:

http://ameblo.jp/peraperaopera/entry-10163249248.html

椿姫さん、マチューの美貌と華麗なダンスにすっかり魅了されたご様子で・・・レポを拝読して、しっかりお裾分けにあずからせていただきました~v(有難うございます!)

(そうそう、ダンソマニにベジャール・プロのプレキャストが出てましたね。マチューをニ演目で見られる日もあるようですが、残念ながら私は当たりそうもない・・・せめて一演目でも見られるといいのだけど・・・。)
2008-11-18 10:42 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(2)
Comment
紹介して下さって、ありがとうございます!
バレエに疎い私の無知丸出しレポートを、こんなバレエに詳しい方々がご覧になるブログに載せて頂いて恥ずかしい限りですが。

それに、コメントでたくさん補足して下さって助かりました。お陰で少しはサマになりました。

行く前にnaokoさんに教えを乞えばもっと深い楽しみ方ができたのに、まるっきり白紙のままで出向いてしまい、勿体無いことでした。

でも主役はどのダンサーか知らなくても、マチューは一人光り輝いて、華があって上手な凄い人だということはよくわかりましたよ。

幕間に連れがプログラムを買ったので、「おお、これがnaokoさんが言っていたマチューか」とわかったわけです。(だいぶ前ですが、カフェでお話したときにエトワールのマチューの話題が出たのを覚えてたんですよ)。

1ere LOGE DE FACE No.35という真正面のバルコニー席でしたが、3列目だったので、もうマチーが踊ってるときは立って強力双眼鏡でずっと凝視してました。そしてフランス語読めないのに終わってからせめてもの記念にとプログラムを買いました。

ほんと、たまたま行った日に人気の麗しいマチューを見られてとってもラッキーでした。ホクホク
ロンドンの椿姫 2008/11/19(水) 03:53:41) 編集


椿姫さん わざわざお出まし頂き有難うございます~。

"まるっきり白紙のまま"でご覧になって、かえってよかったではないですか~。(ヘタな偏見や先入観を持たずに舞台に臨めるって大事ですよね・・・)

>>だいぶ前ですが、カフェでお話したときにエトワールのマチューの話題が出たのを覚えてたんですよ

ええーっそんなことありましたっけ・・・。一体どんなミーハー話をしていたことやら、恥ずかしい~(赤面)。

椿姫さんも記事中ちらりと触れておられましたが、マチューをはじめパリには魅力的なダンサーが沢山いるんですよ~♪今後ともよろしくお見知りおきのほどを・・・v
Naoko S 2008/11/19(水) 08:58:10) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。