スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マリインスキー・バレエ 「フォーサイス・プロ」 (10/13)
マリインスキー・バレエ@サドラーズ劇場でのミニ・シーズン、昨夜の初日を見てきました。

で、早速ですが、昨夜の最大のヒットは・・・・

アレクサンドル・セルゲーエフ!!

・・・ひゃ~も~~驚きましたよ 次世代のスターですね、彼は。間違いなし!!

いや、実はセルゲーエフには以前から目をつけていたので(笑)今更驚くまでもないんだけど、ここまで魅せてくれるとは・・・!彼はまだ20代前半のはず(入団は2004年)、童顔なせいもあって見た目はいたいけな少年・・・という風情なんだけど、踊りは恐ろしいほど成熟してる・・・

http://www.mariinsky.ru/en/company/ballet/second_soloists/dancers4/sergeyev/

初めてこのダンサーをしっかりと認識したのは、あの、超・駄作と散々叩かれ、今後ニ度と陽の目を見ることはないだろう・・・と思われる、ゲルバー版「黄金時代」で主役を踊るのを見たとき。特に、ネオ・クラシックの振付で踊られる男同士のpddで見せた、柔軟でしなやか・かつダイナミックな動きに度肝を抜かれ、その後コンテンポラリー作品でソリストに抜擢されるのを何度か目にして、マリインスキーの"モダン要員"として着実に地歩を固めているのかなぁ・・・という印象をもっていたのだけど。いや~それだけじゃすみそうもないなあ この逸材は。(古典作品では端役でしか見たことがない・・・純クラシックではどんな風になるのか、見てみたいなあ・・・)

セルゲーエフは長身で手足が長くて頭が小さい・・・というイマドキのマリインスキー標準の体型をしてるのだけど、シルエットの美しさが群を抜いていて、まずはそれだけで目立つ。私は日頃男性ダンサーに関しては必ずしも柳のように細い・中性的な体型をいいと感じる方じゃないんだけど、彼の個性(ダンス)が実にこの体型によって引き立てられているというか・・・。実にナチュラルでスムースでいながらインパクトのある踊り、そして、なんとも不思議な空気感を纏っているんですよ 浮世離れしてるというか・・・昨夜は彼の周囲だけスポットライトで照らされているように見えて、彼が舞台にいる間は他の人たちは殆ど視界に入ってませんでした。(あ、今更ですみません セルゲーエフが踊ったのは最初の「ステップテキスト」と最後の「イン・ザ・ミドル・・・」です。)

というわけで、急遽「セルゲーエフ祭り」と化した「フォーサイス・プロ」初日。他のダンサーについては駆け足コメントを・・・(キャストは事前の発表どおりだった!)


"ステップテキスト”

冒頭一人舞台に登場する男性ダンサー、プラチナ・ブロンドのベリーショート・ヘアで、一瞬、「これ誰??」とおそるおそるオペグラを覗くと、いかつい顔の・・・ロブーヒンだった。うーん、なーんかこの方ガラが悪いというか、ヤンキーな雰囲気なんだなぁ・・・踊りも粗雑っぽいし。(苦手・・・)

コルプとコンダウーロワのpdd。コルプはまたヘアスタイルが変わった?トップを伸ばして耳の辺りでワンレングスに揃えてて、下は刈り上げてる?これは見たことのないパターンだわ・・・と、しばし髪型に注目してしまった(笑)。さすが彼の踊りには安心感があるな~出演演目これだけなんて、なんて勿体ない・・・<ロブーヒンは一杯踊るっていうのに・・・>。コンダウーロワは大西洋を一っ飛びして駆けつけてくれたわけだけど、ややお疲れ気味?少し動きが硬く見えた。燃えるような赤毛に朱赤のユニタード、長身・美貌の彼女は見た目のインパクトは絶大なのだけど・・・。(蛇足ながら、結構びっくりしたのが彼女のお化粧・・・"30・40年代の銀幕のスタア"かくや・・・という、完璧なクチュール顔なんですよ。彼女に似てる女優がいたなぁ・・・と懸命に思いだそうとしたんだけど、思い出せなかった・・・。)

ああ、それにしても、マリインスキーのダンサーってほんっと~~に身体が柔らかいんですねえ もうみんなクネクネで(笑)、関節がないみたい。こんなに柔軟なダンサー集団、久々に見たなぁ・・・・と妙な感慨が。

"アプロクシメート・ソナタ”

この作品は前回、コヴェントガーデンでの上演時になかなか面白く見た記憶があって、今回もまずまず楽しめた(途中やや眠気に襲われる場面があったけど・・・)。第一カップルのイワノフとシェシナはいい味だしてたし、第三カップルの女性、多分初めて見た若手・アナスタシア・ペトゥシュコワがかなり気に入った(女性陣の中で最も大胆&リスキーな踊りを披露)。

”精密の不安定なスリル”

お馴染みのダンサーたち、オブラスツォーワ、ノーヴィコワ、シクリャーロフ、ジュージンが登場。(・・・で、この中に一人、どこから紛れ込んでしまったのか・・・?と大疑問符のつくダンサーが。エレーナ・アンドロソワという、あまり見覚えのない人だったのだが、全然踊れてなかった・・・。)

この作品に関しては、ともかくオブラスツォーワがあまりにも可愛いかった、それしか憶えてない。フォーサイスをあんなにスウィート・かつお姫様~な表情で踊るダンサーを見たのは初めてで、不意を衝かれてかなり動揺してしまった(笑)。ノーヴィコワもまずまず手堅く、この二人はよかった(さすがファースト・ソリスト。しかし、この二人もメイクはばっちり"女優仕様"なのよね~)。男性陣は二人とも盛大な笑顔を振り撒きながら踊っていたけれど、やや詰めの甘いシーンが散見され・・・特にシクリャーロフ。(相変わらず?所々はっとするようないい動きも見せていたけれど。)

"イン・ザ・ミドル・サムワット・エレヴェイテッド"

うーん なぜこんなにもロブーヒンが起用されるのかが疑問。彼はゴールブ&コンダウローワとpddを踊ったのだけど、明らかにコンダウーロワの相手としては背が足りないし、どこか悪目立ちしてる印象が・・・。ここでも俄然光っていたセルゲーエフはシェシナと短いpddを踊ったのだけど、二人の身長差が凄いので(数10センチある)バランスに難があったのが惜しかった(個々にはいい動きしてたのだけど)。観客の反応はこの作品が一番よくて、カーテンコールはかなり盛り上がった。

☆Ballet.coのギャラリーで舞台写真を見られます:

http://www.ballet.co.uk/gallery/jr_mariinsky_kirov_forsythe_programme_swt_1008

<キャスト>

"Steptext"
Ekaterina Kondaurova
Igor Kolb, Mikhail Lobukhin, Alexander Sergeyev

"Approximate Sonata"
1st Pas de Deux Elena Sheshina, Andrey Ivanov
2nd Pas de Deux Ryu Ji Yeon, Islom Baimuradov
3rd Pas de Deux Anastasia Petushkova, Anton Pimonov
4th Pas de Deux Ksenia Dubrovina, Alexey Nedviga
Pianist (Solo) Liudmila Sveshnikova

"Vertiginous Thrill of Exactitude"
Elena Androsova, Olesya Novikova, Evgenya Obraztsova
Vladimir Shklyarov, Maksim Zyuzin

"In the Middle, Somewhat Elevated"
Irina Golub, Ekaterina Kondaurova,
Olesya Novikova, Elena Sheshina,
Evgenya Obraztsova, Ksenia Dubrovina,
Mikhail Lobukhin, Alexander Sergeyev, Anton Pimonov
2008-10-15 09:48 | マリインスキー・バレエ | Comment(6)
Comment
NaoKoさん、サドラーズの公演のお話をお待ちしていましたよ~。セルゲーエフ、私は映像でしか見た事ないのですが、やはり、すばらしいですか!見たいです!来年の来日に夫人のパヴレンコと踊ってくれないかしら?ディアナは不参加だけど、なかなかすばらしい公演のようでよかったですね。ディアナは
足首のケガはどうなんでしょうね。BalletTalKのジゼル評を私も読みましたが、ちょっと心配です。(でも、ジゼル、ドンキを見られるアメリカのFanが羨ましい)ロパートキナのムッルと踊るプティ作品の事ですが、あの作品をムッルと踊る予定みたいです。ムッルのオフィシャルHPに出ていたのです。多分初めてですよね。
今、日本では、ルグリFanの最大の大騒ぎが!私の知人はチケが買える公演なのか怪しい、と半分諦めてます。なんと、ルグリのオフィシャルHPに12月に日本で「チャリティエトワールガラ」があり、しかも新高輪の飛天の間で。クリスマスディナーショー? 訳わかりませんよね~。


まりあ 2008/10/15(水) 13:49:29) 編集

おはようございます。会場では、お目にかかれてよかったです。また、ダンサーに付いて教えていただき、ありがとうございました。

 セルゲイエフ、確かに上手かったですね。ロブーヒンは、色気なさすぎ、冒険心なさすぎ、と感じました。特にイン・ザ・ミドルでの彼は、ぬるかったです。

 久しぶりに観るフォーサイスの振り付けは、楽しみました。間近で観て、彼の振付の凄さを再発見した感じです。

 恐らくNaoko さんのところにも届いているかも知れませが、11月3日にサドラーズでガラ公演があるそうです。
守屋 2008/10/15(水) 14:39:25) 編集

Naokoさん、バークレーミニ報告です。 ヴィシは昨夜登場せず、でした。やはり足の様子は良くないようですね。 プレイビルに今回の全公演分のキャストの最新版?(14日時点で)が印刷されていましたが、彼女は今晩(15日)のバヤデール(影の王国)がバークレーでの初登場になります。が、幕開けまは本当に彼女が登場するかどうか不安な気分です。 DonQも初日の金曜から日曜に変更になっていましたし・・・(代わりに金曜のDonQはソモア嬢が!がーん)。 

昨夜のプティパミックスとでもいいましょうか(笑)、ライモンダ(3幕)・バヤデール(影の王国)・パキータ(グランパ)の最大の収穫はやはり最後の最後に登場したテリョーシキナでした。 トリプルビルの最後、パキータグランパでこれぞプリマバレリーナ、古典の王道といえる気品と威厳のある立ち振舞、肩から腕、指の末端まで神経の行きとどいた造形美、際立っていました。(ひれ伏したくなるような・・・)

ところで、
> もうみんなクネクネで(笑)
Naokoさん、同感です。バークレーも同様でした。うぅー、こちらはプティパのミックスビルだっただけに、感懐というよりはすんごい違和感。その最たるところにソモワがいた、といえばいいでしょうか。左右不対象の220度くらいになってしまうカイゼルひげ状態のグラン・パドシャ、こんなものがマリインスキーの変なトレンドにならぬよう、祈るような気持ちです。 

ダブルブッキングというかサドラーズとの同時公演の余波で、今回のKirov@Berkeleyはなんとなく華に欠ける印象。コスタメサから大西洋越えしたのはコンダウーロワだけじゃなく、オスモロキナやのヴィコワ、みんなそちらにいってしまったようです・・・(涙) ヴィシの怪我といい今回のバークレー公演はどうも運に見放されているような感じもしますが、さて今晩彼女は現れてくれるかしら・・・。
Kaoru 2008/10/16(木) 03:21:27) 編集


まりあさん、セルゲーエフ、いいですよ。そういえば、背がひょろっと高くて細~くて、スッキリ清潔な感じがするところ、ムッルの若い頃に雰囲気ちょっと似てる・・・かも??(←テキトーに聞き流してください・・・)焦らずとも彼のことはこれから何度も見る機会あると思いますよ 何しろまだ若いし!

ルグリのスケジュール、すごいですよね~ 見てたらこちらが眩暈しそうに・・・。ひょっとして、バレエ・ダンサーのクリスマス・ディナーショーってこれが初めての試みでしょうか?(今後流行になったりして・・・)


守屋さん、先日はどうも。

第二プログラムはご覧になりましたか?私は昨夜(水曜)見たのですが、「放蕩息子」のロブーヒンが(フォーサイスプロとは打って変わって)とっても良くて、嬉しい驚きでした。

>>11月3日にサドラーズでガラ公演

劇場リオープニング10周年記念の公演みたいですね。ラインナップに特に惹かれなかったのと、どうやら"内輪的"なノリの催しみたいな雰囲気にすっかり気が萎えてブックしてませんが(ストールと1stサークルはパトロン・VIP客専用、一般には2ndサークルのチケットのみ販売!)、発売直後に「一般向け」チケットも即完売したようですね。


Kaoruさん、ウエストコーストからマリインスキー続報を有難うございます!(お待ちしてました~~♪)

ヴィシ、バークレー初日は降板だったのですか・・・15日はどうだったのでしょう。ドンQもキャスト動いてしまったようですが、なんとか楽日にヴィシに登場していただいて、華やかに〆てほしいですね。

>>最大の収穫はやはり最後の最後に登場したテリョーシキナでした。

おお~!"ひれ伏したくなる"・・・って、よくわかりますよ~今の彼女のプリマオーラはただ事でない凄さですからねー。

私はフォーサイス・プロで上演されたアプロクシメート・ソナタを見ながら、「ロンドン初演のときはこれにテリョーシキナが出てて、カッコよかったんだよなぁ・・・」と、遠くカリフォルニアに思いを馳せておりましたよ(笑)。

>>左右不対象の220度くらいになってしまうカイゼルひげ状態のグラン・パドシャ

うわ~これまたすごい形容ですなあ(笑・でも、すんなり想像できてしまうところがコワい・・・ )。

ソーモワ嬢だけでなく、コール・ドのダンサーにもこの傾向が顕著に目についたとしたら、憂うべき事態ですね・・・。まぁマリインスキーに限らず他のカンパニーでもこういタイプの踊り手はいると思うんですが、彼女等の場合はなまじ身体能力が<特別に>秀でてるだけに、キワモノ系に流れてしまう恐れがおおいにありそうで・・・。

>>今回のKirov@Berkeleyはなんとなく華に欠ける印象。コスタメサから大西洋越えしたのはコンダウーロワだけじゃなく、オスモロキナやのヴィコワ、みんなそちらにいってしまったようです・・・(涙)

ロンドンのバレエファンは、「いいダンサーは今アメリカに行ってる・・・」とぶーたれてますよ(笑)。オスモルキナは危ないんじゃないかと殆ど諦めてたんですが、無事登場してくれました(ご苦労様です!)。ゼレもちゃんと来てくれて・しっかり踊ってくれたので、私としては満足でした・・・Kaoruさんも公演を楽しまれてるといいのですが。
Naoko S 2008/10/17(金) 08:33:43) 編集

あああ、Naokoさま~~~。
Kirov二日目行ってまいりました。 一昨夜のニキヤ(ヴィシ)あの状態での彼女のニキヤをこの目で見ることができた、それだけで今回の私のKirov祭は報われた、そんな思いです。昨日はまだ脳内に「影の王国」が漂っていてこちらにご報告コメントを書くところまで現世に戻ってこれなかった私・・・。もうあの1幕のみで私が持っていたこの世の煩悩はすべて崩壊しました。幸せです・・・(これじゃまるで私が精神ソロル状態~~?!爆) これまで私はヴィシニョーワは偉大なテクニシャンで女王様だとは思っていましたが、舞台上のバレリーナとしての彼女は全く好きではありませんでした(すごい、とは思っても)。すべてがあの舞台で180度変換されました。もうそれしか書けないっす~。彼女の右足首、かなり酷い状態だと思います。もう彼女にはこれ以上バークレーで酷使してもらいたくない、日曜日も出なくていいから、とカーテンコールでは涙なしではいられなかったです。

Kaoru 2008/10/18(土) 04:09:08) 編集


Kaoruさん、地上に舞い降りてこられて早々に感動のお裾分けをありがとうございます!

・・・そうでしたか、ヴィシがそんなに素晴らしいパフォーマンスを・・・。足の不調をおして、マリインスキー・プリマの意地をみせてくれたんですね 伺っていて私もホロリときてしまいました。

日頃苦手意識をもっていたダンサーが奇跡のような舞台を見せてくれると、感動もひとしおですよね。公演が始まる前は何やかやとかまびすしくても、さすがマリインスキー、調子がいいときは観客をバレエ・heavenに飛ばしてくれるんですよね・・・。

この公演のレポ、米英フォーラムではあまり見かけなかったので、どうだったのかなぁ・・・と気になっておりました。Kaoruさんの貴重なご報告に、重ね重ね感謝です♪
Naoko S 2008/10/19(日) 02:11:13) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。