スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
三大エトワール揃い踏み!@トレヴィーゾ
イタリアから戻ってきました~。

昨夜(10/5)北イタリア・トレヴィーゾで開催された、パリオペ・ダンサーズのガラ公演・"Gala des Hommes"を見てきました。イレール、ルグリ、ロモリの三大エトワールが無事に登場して下さって、遠路駆けつけた甲斐がありました。

会場はキャパ700人とこじんまりした&内装がとても可愛らしいテアトロ・コミュナーレ。エトワール以外の出演者《若手》は、シモン・ヴァラストロ、ブルーノ・ブシェ、ニコラ・ポールの三人(当初出演予定となっていたステファン・ビュイヨンは不参加)。演目ほか詳細は、後ほど・・・

今回もまた二泊三日の週末・駆け足旅行だったのだけど、ガラの前日はトレヴィーゾでなくヴェネツィアに宿をとりました。4月にポルデノーネのガラを見た時もトレヴィーゾから入ってここで一泊して、街は大体見て回ったし、やはりヴェネツィアかな・・・と。(注:私の利用したライアン・エアはトレヴィーゾ空港に着くのだが、殆どの乗客の目的地はここから車で約4、50分のヴェネツィア。トレヴィーゾ空港からヴェネツィアまでは直通バスも出ている。)

ヴェネツィアは(確か)7、8年ぶり二度目の訪問。前回はただ漫然と・目的をもたずに街の中心部をぶらぶら散策しただけだったのだけど、今回は、イタリア通でItalophoneのバレエ友達・mariaさんとご一緒させて頂いたお陰で、バレエ鑑賞という本来の旅の目的を忘れそうになるくらい(笑)とっても密度の濃い・有意義な時間を過ごすことができたのでした。(mariaさん、本当に何から何までお世話になりました・・・v)

島全体が丸ごとテーマパークのようなヴェネツィア、あまりにも見所が多すぎるせいもあり、私のような怠惰な旅行者は、表面を掠めるだけで終わってしまっていたのですが(汗)、いつの日かじっくり向き合ってみたいものだ・・・と思えるようになったことが、最大の収穫かな・・・。

幸いお天気に恵まれ、イギリスの基準では夏といっていいくらいの陽気で、海の匂いが嬉しかったなあ(&海風が気持ち良かった!)。以前も同じことを書きましたが、二時間飛行機に乗っただけでこれだけ世界が変わるものか・・・と。帰路のフライトがスタンステッド上空に差しかかり、雲の隙間からグレーの靄がかかった町並みが見え始めたとき、思わず、"この島は呪われている・・・”と呟いてしまった(笑)。
2008-10-07 10:18 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(5)
Comment
Naoko様、こちらこそお世話になりました!
それにしても豪華なGALAでしたね~
今でもポーッと(一生このままだったらどうしましょう)しています・・・。
冷静に記事にできるのはさていつになることやら。

成田に着いたら晴れでした。Veneziaよりも気温は高く、人々の服装も軽いのですが、空は薄青い秋空で、やはりイタリアの強い陽射しと真っ青な空とは違いますね。

Veneziaは街そのものも第一級の美術品ですが、絵画芸術の宝庫でもあり、じっくり向き合うと恐ろしく手ごたえのあるところ・・・何度再訪してもまた改めて訪れたくなる都市のひとつですv
maria 2008/10/08(水) 05:58:04) 編集


mariaさん ご帰国早々お疲れのところ、わざわざ書き込んでくださってありがとうございます~。

「ユニオン」と「さすらう」の豪華二本立て(&勿論他の演目もですが)、イレール・ファンにはたまらない好企画でしたね。08-09シーズンをこのガラ公演でスタートすることができて、なにやら幸先いいわ~と、すっかり私もハイになってます!

今日出社して、週末ヴェネツィアに行ってたんだ~と言ったら、同僚達にひどく羨ましがられました。(ロンドンは寒くて雨が降っていたらしい・・・嗚呼) 彼の地がいかに暖かくて・明るくて・賑やかで美味しかったか話すと(←嫌味~~!)、皆一様にウットリした表情で、いいなあああ・・・と反応するのが可笑しかったです(笑)。

例によって何も予習もせずガイドブックも持たずに訪れたヴェネツィアでしたが、アートからファッションから食にいたるまで、mariaさんに解説して頂いたお陰で、ぐーっと世界が広がりました(感謝です~v)。次回は、ちゃんと勉強してから再チャレンジ(?)したいと思っております。
Naoko S 2008/10/08(水) 08:41:29) 編集

Naokoさん、こんにちは。
素晴らしいガラでシーズン開幕ですか。羨ましいです。モスクワも一足先にバレエ三昧の6日間がありましたが、現在はバレエ団がエカテリンブルグ引越公演のため、15日までバレエの公演はありません。

ところで、トレヴィーゾに行かれたのですね!私もトレヴィーゾ、行ったことあります!小さいけど可愛い町ですよね(トレヴィーゾも見ましたか?)確かにヴェネツィアに近いので、割を食ってる、と思うこともありますけど。また色んな楽しい話をお聞かせくださいね。
けいちか 2008/10/08(水) 14:35:08) 編集

ここを見て、この公演のことを思い出しました!どこでもドアのない現状ではどうがんばっても行けそうにないので、記憶から抹消されていたので(笑。

レポ楽しみにしています。(文化村あたりが呼んでくれないかしら・・)

一度しか行ったことありませんが、北の方からイタリアに降りていくと、光が違って、ホント感動しますよねー。
shushu 2008/10/09(木) 17:47:56) 編集


けいちかさん こんにちは~。

・・・"羨ましい"なんて、何をまたそんな(笑)。けいちかさんは連日ボリショイ劇場通いでシーズンが明けるという、バレエファン垂涎の日々だったではないですか~。

トレヴィーゾにいらしたことがあるのですね!(目的は・・・やはりバレエでしたか?笑)記事にも書きましたがここにはロンドンの東にある空港から直行便が飛んでいるので、結構便利なのです。4月にポルデノーネに公演を見に行ったときにトレヴィーゾで前泊したのでその時街中は歩いて回ったのですが、コンパクトなので一日あれば十分という印象で・・・今回はヴェネツィアにフォーカスしたのでした。


shushuさん こんにちは。

>>文化村あたりが呼んでくれないかしら

ほんとに!日本に"Gala des Hommes"をもっていったら絶対成功間違いなし、と思うんですけどねえ・・・

>>一度しか行ったことありませんが、北の方からイタリアに降りていくと、光が違って、ホント感動しますよねー。

そうなんですー こうまで違うものか・・・と、毎回感動してますわ、私(笑)。殿追っかけのお陰であまり普段なら足を伸ばさないような街を訪問することになり、そのことにも感謝してるのですよ~。
Naoko S 2008/10/10(金) 08:16:16) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。