スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マリインスキー@サドラーズ 演目変更!
あああ やられた・・・・

10/13開幕のマリインスキー@サドラーズ劇場の公演、プログラムが変更になってます。

今回のツアーのウリの一つだったディアナ・ヴィシニョーワ主演の新作・月に憑かれたピエロがOut、代わりに"Middle Duo"を上演するらしい(10/15、16)。

"ピエロ"はNYでの初演時の評判は散々だったけど、なんたってヴィシニョーワに振付けられたラトマンスキーの新作ってことで楽しみにしていたのに・・・。ヴィシは10/14、17とマリインスキーの米国ツアーで踊る予定があるらしいので、もともとがムリな話だったのだろうか・・・あーあ がっかり。(しかし私も大分前からArdaniのサイトで米国ツアーのキャスト情報は目にしていたのに、まるで節穴だったわけだ・・・)

サドラーズのサイトに詳細キャストが出ていますが、それによると唯一のビッグ・ネームはプログラム1の「アポロ」でタイトル・ロールを踊るイゴール・ゼレンスキー。女性のプリンシパル・ダンサーは一人も来ないようで、男性ではイゴール・コルプの名前が入ってるけど、彼は「ステップテキスト」しか踊らないみたい・・・。女性はエカテリーナ・コンダウーロワが複数の演目でソリスト役にキャストされていて、彼女が大活躍しそうな気配(”Middle Duo"を踊るのも彼女と、夫君のイスロム・バイムラードフ)。ほか出演予定のダンサーは、オスモールキナ、ノーヴィコワ、オブラスツォーワ、シクリャーロフ、セルゲーエフ、ロブーヒン・・・ あれ?ロブーヒン??

(またも)ダブル・ブッキング発見!10/15の「放蕩息子」にキャストされてるロブーヒン、この日はカリフォルニア・バークレー公演にも出演予定となってるんですが・・・

http://www.sadlerswells.com/show/Mariinsky-Kirov-Ballet/extras/programme-2-casting#title

http://www.ardani.com/mariinskybtouring.htm

・・・ううむ。正直言って、もし彼が来てくれなかったら大ショック!というわけではないけど・・・それより、ゼレが本当に来てくれるのか??こっちの方がかなり気になります。

【おまけ】 サドラーズのサイトで、マリインスキー・バレエについて語るウィリアム・フォーサイスのインタビュー映像を見られます。ここで、私的にびっくりした発言がありまして・・・フォーサイスがマリインスキーとパリオペと仕事をして強く印象に残ったこととして、(両バレエ団の)「エポールマンは同じ」と語っていること。えーっホントですか??と、技術的なことに疎い私にはかなり驚きのコメントでした。("同じ"とは思えないんだけど・・・。)彼の目には両バレエ団のスタイルは"familyみたいなもの"と映ったようです。マリインスキーのダンサー達の腕の使い方がフォーサイス自身の学んだスタイル(school)と基本的には同じだったので、彼等と仕事にとりかかるや即座に"ファミリーだ!”と感じられたのだとか。

http://link.brightcove.com/services/player/bcpid1753218794
2008-09-28 08:59 | マリインスキー・バレエ | Comment(7)
Comment
おはようございます。

 チケットを買ってあるんですが、いけるかどうかが微妙になってきている今、キャストに華やかさが欠けると思うと、ちょっと。フォーサイスが観たくてブッキングしたので、演目の変更に僕があれこれ言う資格はないですけど、マリインスキー、ロンドンやイギリスのバレエ・ファンのことをどう思っているんでしょうか。
守屋 2008/09/28(日) 14:36:02) 編集


守屋さん こんにちは。

フォーサイス・プロはそもそもキャスト情報はリリースされてなかったので、確かに文句は言えませんね~(笑)。チケット発売が始まった時点でブローショアに名前が出ていたのはヴィシニョーワだけだったでしょう その彼女が来ないというのはちょっと、あんまりでは・・・と思うわけですが、まあこのバレエ団の場合はねえ・・・"イギリスやロンドン"に限らず、どこでも"公平に"やってることですから。

ただ、個人的な印象にすぎませんが、今年春の英国地方公演の布陣や今回のSWの状況を見ると、今マリインスキーにとってイギリスは上得意客(市場)ではなさそうだな・・・と感じたりはします。一つ心配なのが、ゲルギエフとプロモーター・Hochhauserの関係ですね・・・。数年前にショスタコーヴィチ・プロ上演を巡って両者の関係にヒビが入って以来マリイスキーはロンドン(ROH)には来てないんですよね(今回のSW公演にはHochhauserは一切絡んでません)。あの一件以来プロモーターの交渉力が弱くなってるんではないか・思った以上に両者の溝が深まってるのではないか、なんて想像したりも。ファンとしてはどこが呼ぶかはどうでもよくて、ともかく彼等のダンスを見られればそれでいいのですが・・・。
Naoko S 2008/09/28(日) 22:31:44) 編集

NaoKoさん、サドラーズのCastはホントに残念ですね。
ディアナの「月に憑かれた~」が無いのも、とても残念ですね…。逆にいうと、ディアナはアメリカツアーに参加が濃厚な訳ですね。(マリインスキーの場合、始まるまで怪しいので、何だか疑ってしまいます)でも、Londonにもう数年もツアーに行っていないのも驚きです。今回のアメリカツアーも確か、かなり久しぶり。やはり数年ぶりぐらいではないでしょうか?NaoKoさんの推察だとゲルギーとプロモーターの関係が悪化?それも背景にありそうですね。Londonが市場として魅力が無いなんと考えられませんが~。
マリインスキーは急速に世代交代が始まったので、以前のようなバラエティーに富んだ演目での公演は出来ないのが実情ですよね…。(特に女性のプリンシパルで、実際に海外公演で踊れるのは3人ですし。男性だって、人数が足りないですよね。コルスンツェフは例のロパートキナ問題もあり?今回のアメリカツアーには参加してないですね。ううっ。)実情は1st、2ndソリストが主役を踊ったり、
ですよね。何だかとっても地味になったなあ、と思ってしまいます。
マリインスキーは昨年はバンコクツアーもしていたし、ロパートキナはシンガポールでガラ公演をしたり、タイ国王在位のお祝い公演と、アジアづいているのかしら?(日本以外なんですよね)
まりあ 2008/09/29(月) 08:16:46) 編集

な、Naokoさ~ん、こんにちは! 3年ぶりのマリインスキーバークレー公演を半年前から心待ちにしているKaoruです。おひさしぶりです。私はNaokoさんと逆で、同時期にまさかSadlersでもマリインスキー公演があるとは全然知らなかったので今、貴ブログを拝見して驚愕している次第です。で、「げげ、もしや・・・?!」と思いCal Performanceのほうをチェックしてみたら・・・ 「無い!」いや正確には「無くなっている!」 そうです。14、15日のガラに(まだArdaniのサイトには名前が残っているけど)ロパートキナの名前が無くなってる~~~。ああ、またやられたか!?マリインスキー!という感じです。 実際緞帳が上がるまで何が起こるか分からない、と自分を慰めているのですが、つい先日に”最終確認”のつもりで見たCal Performanceのキャストには彼女の名前が明記されていたので、この数日で変更されたかと。

http://www.calperfs.berkeley.edu/presents/season/2008/dance/kb.php

特に15日に当初予定されていた影の王国を楽しみにしていたので痛恨(大袈裟?!)の思い。 なんか今脱力状態なんですが、最後まで何が起こるか分からないということに期待?して2週間後を待ちますわ・・・
Kaoru 2008/09/30(火) 03:35:22) 編集


まりあさん

>>でも、Londonにもう数年もツアーに行っていないのも驚きです。

あ、ごめんなさいあの書き方では誤解されてしまいますね・・・マリインスキーが最後にロンドンで公演したのは2006年夏、そして来月また来てくれるわけなのでそんなに間があいてるわけではないのです。でも前回はコロシアムでの「ショスタコーヴィチ・フェスティヴァル」という一種のイベント、今回はサドラーズでネオ・クラシック&コンテンポラリーのダンスを披露・・・と、"通常"のROHでの引越公演と趣を異にしているんですよね。(ROHに最後に来たのは2005年夏でした)

以前は1年かせいぜい2年おきぐらいにROHで3週間+のサマーシーズンがあったので、随分ご無沙汰してるような感じがしちゃうんですよ。来夏が正念場?ですね もし来年も公演がなかったら・・・ちょっと悲観的になってしまいそう・・・。


Kaoruさん、お久しぶりです~ お元気でしたか?

>>14、15日のガラに(まだArdaniのサイトには名前が残っているけど)ロパートキナの名前が無くなってる~~~。

今見てきました・・・

ああなんてことでしょうね まったく・・・。思わずCal Perf.の前のOrange Countyのサイトに行ってみたんですが・・・

ここにもロパートキナの名前はありません・・・10/12はオスモールキナとイワンチェンコになっています。あとシクリャーロフも脱落?劇場サイトではドンQでヴィシとロブーヒンが組むことになっていたり(!)、Ardaniのサイトと違う情報も・・・。

http://www.ocpac.org/home/Events/EventDetail.aspx?EventID=746

ついでにOrange Countyの前のシカゴ・Auditorium Theaterのサイトも見てみたのですが、こちらでは公演回数がArdaniサイトより一回少ないことになってる・・・(Ardaniサイトでは初日は10/1、劇場サイトでは10/2!)。

うう、頭が混乱してきた・・・

ロパートキナはどうしちゃったんでしょうね?実は去る土曜に彼女は本拠地・St.Pでバヤデールに出演予定だったようなのですが結局踊らなかったと聞いて、ちょっと心配していたのですが・・・

マリインスキー(バレエ&オペラ)は10月初旬はベルリンでも公演があるのでひょっとしたらそちらに登場するのかな・・・と見に行ってみましたが、彼女の名前はありませんでした。

http://www.deutscheoperberlin.de/

3つの英米フォーラムを覗いてみましたが、不思議とこの件話題になっていませんね。マリインスキーのことだからもう今更・・・ってことなのか、ロパートキナに特にこだわる人が少ないのか??

当日幕が上がるまではほんとに何が起きるかわかりませんが、前々から心待ちにされていたマリインスキーの公演、楽しめるとよいですね!

(ところでシカゴ・オーディトリアム劇場のサイトでお宝映像を見つけたので♪これは別記事にします~<既にご覧になってるかな? Kaoruさんのお陰ですわ 感謝!)
Naoko S 2008/09/30(火) 07:54:01) 編集

ああー、動揺まだ冷めやらぬKaoruです。Naokoさんの、St.Pでのキャンセルのお話を聞いて心配しています。で、私もクリティカルダンスのForumチェックしてみました。St.Pでの彼女のキャンセルが、USツアーのための体力温存じゃないかしら、という意見がちらほら出ているのですが、3か所から名前が消えているということは彼女のUSTour同行はかなり怪しいですね。 とはいえ風評を立てるのが目的ではないのでこれ以上は私も控えますが、久しぶりのマリインスキー、心から楽しみたいです(涙)。
Kaoru 2008/09/30(火) 09:30:13) 編集


Kaoruさん、C-Dの書き込み読みましたが、私は正直どうかなぁ・・・とかなり悲観的です(追い討ちをかけるようでほんとに申し訳ないですが)。最後の最後までキャスト情報に名前が出ていながら蓋を開けてみたら舞台に登場しなかったロパートキナ・・・というケースに過去何度か遭遇しているもので・・・。(まぁ逆に、過去痛い目にあっているが故の偏見に満ち満ちた見方にすぎないとも言えますが・・・彼女一人に限りませんが、幕が上がるまでは本当に誰が来るかわからないのがマリインスキーですからねえ・・・)
Naoko S 2008/09/30(火) 10:15:16) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。