スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
月の輝く夜に・・・
本題の前に、大変遅ればせながら・・・

"USオープン五連覇・おめでとう ロジャー!!"

毎年のことだけどウィンブルドンが終わると途端にテニスのことは忘れる私・・・北京五輪も何も見ないうちに気がつけばナダールが金メダルに噛り付いてたし、全米もまったくフォローしてないまま月曜の朝新聞でマレーがガッツ・ポーズしてる写真を見て、一瞬、"エーッまさか彼が優勝??"と焦りまくる・・・というボケ状態。よくよく見ると、雨で準決勝が日曜に持ち越されて写真はそのときのもの、と判明して、ファイナルはフェデラーvsマレーということですごぉおく見たかったけど、私は全米を見られる環境にいないので・・・(涙)。当夜試合が早く決したお陰でその日のうちに(ロンドン時間の午前一時ぐらい?)"フェデラー優勝!"とわかって、もう~嬉しかった~~。スコアだけ見れば横綱相撲だったみたいだし、翌朝の英紙には「まるで(大人の)男と少年の間の試合みたいだった」と書いてる人がいたので、ロジャーさぞかし調子よかったんだろうなぁ~ きっと"快楽のテニス"(古くてすみません・・・)を具現化するがごときブリーリアントな試合を展開してくれたのであろう・・・と想像してはニマニマ。全英と全米・両大会で五連覇を達成した選手は過去存在しないということで、すごいなあ・・・またも歴史に新たな記録を刻んだわけですね。ほんとうにおめでとう!!(今年の全米の写真を探していて気に入ったのがコレ↓。お二人とも、来シーズンも任せたわよ~~)

http://usopen.blogs.nytimes.com/2008/08/24/player-interviews-nadal-federer-safina-blake/

さて、本題。

私が今所属している職場のチームに一人チャイニーズの若い女性がいるのだけど、彼女が今日、"Moon Cakeを持ってきたからみんなで食べよう"となにやら美味しそうなお菓子を切り分けてくれて、しばし仕事の手を休めデスクでティータイム。

このお菓子、見た目も大きさも(まさに)月餅みたいなんだけど、私は食したことのない・生地がさくさくと柔らかいもので、なんと中にゆでた卵の黄身が丸ごと入ってる(ウズラではなくて・・・普通の卵を小さくした感じ)。日本にもこれに似た中国菓子があって、まさに月餅と呼んでるけれど、こういうタイプのを食べたのは初めて!と感動してお礼を言ったら、中国には月餅も色んな種類があって、これは「お月見用のもの。日曜が中秋だから・・・」と。

・・・お月見・・・!

そうかそういう季節だったか・・・と思わず溜め息。ここのところ朝晩めっきり冷え込むようになったロンドンはもはや初冬の趣きで、とてもお月見という雰囲気ではないのだけど。聞けば、中国では最近は廃れつつあるものの、本来中秋はかなり賑やかにお祝いするものらしい。この月餅は卵をお月様に見立てているということで、う~ん・負けた(笑)と思わず唸らされてしまった。日本ではお月見といえばこれよ、とウエブで月見団子の写真を探して見せたら、へえ~と面白がっていた。(あ、中国ではススキのお供えはしないそうです。それから、「月見ヌードル(そば/うどん)」も存在しないらしい。生の卵を食べるなんて信じられない!と訝しがってました。)

で、月見用の月餅(「蓮蓉双黄月餅」というのが正式な名前だそう)の存在もさることながら、「月を愛でる」という文化を共有している民族が日本以外にもいるのだという事実に、妙に感動をおぼえてしまった。

まあ考えてみれば全然不思議はないわけだけど・・・月見という行事自体中国から伝わったものかもしれないし。観月という行為をどう感受するかは、日本人と中国人ではまた違うのでしょうけれどね・・・すくなくとも、イギリスには「月を愛でる」というこの美しい習慣(or感受性)はないのですよね・・・。

これには色々理由が考えられそうだけど、まず気候的に北ヨーロッパでは成立しにくいような。少なくともイギリスには日本のようなはっきりした四季はないですからね 特に日本の秋にあたる季節がないんだな。夜10時頃まで明るい夏が終わるとそのあとは駆け足で冬が訪れ、寒くて月見どころじゃないし。("秋の夜長”と呼べるような風情ある時期ってあるのだろうか?って感じで、"長すぎる夜"が延々つづく・・・)あと、やっぱり曇天が多いのかな そもそも月がクリアに見える夜が少ないような気もするのだけど(激しく事実誤認してるかもしれないけど)。

冬のクリアな夜に月がくっきりと見えたら見えたで、それはまた日本で見た月とはかなり趣きが違う・・・というか、見ている私の感じ方が違うということだろうけど。

冬の夜ロンドンで見える月は、大抵凍てついた・厳しい表情をしてるのです。大気の状態とかで見え方はいくらでも変わるんでしょうが、なんていうか周囲を拒絶して孤立しているように見えて、まるでコネクトできない・・・と感じる。日本にいた時は月はもっと身近な存在だったのに・・・青白く冷たく光る月を見ていると心が寒くなってくる。こういうことって、案外ボディブローのようにじわじわ心に効いてるんじゃないかなぁ(小さからぬ喪失感・・・)。

まあせっかく同僚が思い出させてくれたことだし、(お天気が心配だけど)日曜の夜は、空を見上げてみることにしますか。
2008-09-13 10:34 | 英国生活 | Comment(25)
Comment
Naokoさん、こんにちは。
日本はまだまだ残暑厳しいですが、湿気も減り、夜はだいぶ涼しくなり、日が落ちるのも早くなってきており、秋が近づいているのを感じます。私は秋が大好きなので待ちどおしいです。
去年10月にロンドンを訪れたときは毎日が良いお天気で割と秋っぽかった気がします。ラッキーだったのでしょうか。
日本のいいところって四季がはっきりしていてそれぞれ違った趣があるところですよね。だから四季を楽しむ行事や感性があるのでしょうね。
イギリスは大好きだけど、お天気と食べ物がやっぱりどうにも惜しいのですよね・・・。全く住む予定はないですが、「やっぱり私は住めないなぁ」と勝手に思ったりします(ごめんなさい)。

都さんが、イギリス留学に来たときに、どんよりお天気が辛かったとおっしゃっていますが、そうだろうな~と思います。
Naokoさんはいかがでしたか?お天気って気分をかなり左右しますよね。イギリス人は当たり前のことだから気にならないのかしら?
asaco 2008/09/13(土) 12:33:12) 編集

Naoko Sさん、こんにちは。ロジャーの笑顔、素敵でしたよね。「もうピークは過ぎた」とかいろいろささやかれてましたが、チラッと見た限りでは横綱相撲ならぬ「貫禄のテニス」だったように思いました。ここはやっぱりラファとロジャーのファイナルを期待していたのですが(ロジャーも待ってくれていたのに)、マレーとのSFではやや身体が重そうでした。ラファらしからぬアンフォースド・エラーも多かったようですし。まぁ、ラファは昨年はこの時期本当に調子が悪くてUSオープンも4回戦で負けてしまっていたのでSFまで来てくれたことに満足です。あと、日本人としては錦織くんの将来にも思いを馳せたのでした。フェレール相手にアップセットをやってのけたんですから!あぁ、来年のローラン・ギャロス(ウィンブルドンも)が楽しみです~♪今年のロジャーはなんか調子が出ていなかったので、ロジャーとラファががっぷり四つに組んだ試合を見てみたいです。
Odette 2008/09/13(土) 14:01:48) 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2008/09/13(土) 20:45:08) 編集


asacoさん こんにちは。日本(東京?)はちょうどいい季節に入ったようですね。

>>日本のいいところって四季がはっきりしていてそれぞれ違った趣があるところですよね。だから四季を楽しむ行事や感性があるのでしょうね。

まさに仰るとおりですよね・・・イギリスって大変大雑把に言うと(私の感覚では)"二季"ぐらいしかないような・笑。日本にいた時は考えたこともなかったけど、こちらに来て、気候風土が人間活動に与える影響を身をもって感じて、和辻哲郎の『風土』を初めて読んだりしましたよ(途中で放ったらかしにしたままですが・・・)。

>>イギリスは大好きだけど、お天気と食べ物がやっぱりどうにも惜しいのですよね・・・。

この二つに関しては絶対妥協できない!という人は、イギリスは避けるべきですね(笑)。他のことに価値を見出さないと・・・

>>Naokoさんはいかがでしたか?お天気って気分をかなり左右しますよね。イギリス人は当たり前のことだから気にならないのかしら?

私がロンドンに来たのは夏(8月)で、その冬はブリテン島が大寒波に襲われた年で、いまだかつて経験したことのない寒さに、"こりゃもうダメだ~"と日本に帰ることばかり考えてましたよ。幸いあれが今までで最悪の冬で、その後は何とかなっていますが。

いやいやイギリス人でもこの"miserable"な天気を逃れるために太陽を求めて移住する人が少なくないですよ・・・年間何万人だか?のイギリス人が海外に移住してます。行き先はオーストラリア、スペイン、南仏・・・etc。(お天気だけが理由ではないだろうけど、かなり重要なファクターであることは確か。セカンドハウスの購入先も圧倒的に太陽サンサンのところが多いです。)


Odetteさん こんにちは。地元New Yorkersもフェデラーvsナダールの顔合わせに期待してたみたいですが、残念でしたね。

若手の追い上げが厳しいとはいえ、やはりこの二人は別格ですよね あらゆる意味で・・・来シーズンもこの二人を中心にテニス界は動くでしょうね 楽しみです~!(あ、まだ今シーズンも終わったわけではないですが・・・汗)
Naoko S 2008/09/14(日) 03:47:10) 編集

こんばんわ。夏がくるのが遅すぎ、と言うくらいの好天ですね。

 昨晩は、ブリン太の歌をラジオで聞きながら、輝く月を眺めていました。イギリスの中秋の名月もまたいいものだと、改めて思いました。今晩は晴れますかね。
守屋 2008/09/15(月) 01:49:12) 編集


守屋さん こんばんは。

イギリスの天気、悪い悪いと書いてたらリヴェンジするかのように(笑)この週末は晴れましたね。

今夜の月、クリアではないけどお出ましくださってますね・・・(ブリン太、なにか公演に出てたんでしたっけ 聞き逃しました~~)
Naoko S 2008/09/15(月) 04:51:26) 編集

Naokoさん、こんにちは。
好天とのことで、よかったですね~。
こちらはまだまだ残暑が続いていますが、スーパーに行きますと、確実に秋を感じます。食欲の秋です。
お月様ですが、私がベランダに出たときは見えませんでした。残念。

ところで、東京ではマラーホフとルグリ出演のジゼル(東バ)が連日上演です。この二人のアルブレヒトを日替わりで見比べられるところって東京だけでしょうね。(とっても興味深かったです!)
asaco 2008/09/15(月) 14:57:56) 編集


asacoさん こんにちは。

食欲の秋、いいですね~。私がこの時期特に恋しいのは栗ですね・・・栗おこわとか、栗でできたお菓子・甘いもの類なんでも。イギリス人ってなぜか栗を食べる習慣がないんですよね・・・

マラーホフとルグリは、日替わりどころか単発ずつでもロンドンでは見られませんよ!10年に一度ぐらいガラのゲストで来てくださるかどうか、という頻度(!)かなあ・・・見たかったら自分で本拠地まで見に行かないと。お陰で私は近場のパリで踊っているルグリはともかく、マラーホフは全然見られません。追っかけしてでも見ておくべきですかね?? 
Naoko S 2008/09/16(火) 09:01:56) 編集

Naokoさん、こんばんは。
イギリスでは栗を食べる習慣がないんですか(驚)?パリなんかでは栗ものありますよねぇ。
栗おこわ、栗スウィーツ・・・最高ですよね。

マラーホフですが、「追っかけしてでも見ておくべきですかね??」に対してですが・・・うーん難しい質問です。私は大好きですし素晴らしいダンサーと思っていますが、芸術監督と二束のわらじ&昨年手術をした影響が出てしまっているかなと感じました。
対してルグリですが、あの方は「超人」ですね。「世界最強の40代ダンサー」と密かに名づけました(笑)やっぱり踊りだけに集中しているルグリと監督兼務のマラーホフとは体力的に差があると思いました。
でも、私はマラーホフの表現したアルブレヒトに惹かれたんですけどね。面白いですよね。

来年のバレエフェスの時期に帰国されるというのはいかがでしょう?
asaco 2008/09/18(木) 23:13:30) 編集


>>イギリスでは栗を食べる習慣がないんですか(驚)?パリなんかでは栗ものありますよねぇ。

私の観察するところでは、あまり一般的ではないような・・・お料理に使うこととかはあるかもしれないですけど。

私、栗ペーストを使ったケーキ類(モンブランとか!)が大好きなので、以前はパリに行くと必ず探して食べてましたけど、最近はそうでもなくなってきました・・・。(食べなければ食べないで段々それに慣れてきちゃうんですよね・・・淋しい話ですが。)

ジゼルのお話有難うございました。マラーホフとルグリ、それぞれに素晴らしいアルブレヒトだったんですね~。実はベルリンって行ったことがないので、観光とバレエの抱き合わせでマラーホフが踊っているうちに是非一度・・・などと夢想し始めています。

>>来年のバレエフェスの時期に帰国されるというのはいかがでしょう?

ん~バレフェスは今特に惹かれないんですよね 前回とかのラインナップを見る限り・・・。ロパートキナと都さんの二人をいっぺんに見られるというなら、ちょっと考えちゃいますが・笑(ありえないでしょー?)。
Naoko S 2008/09/19(金) 06:59:02) 編集

Naokoさん、こんばんは。
ベルリン観光とマラーホフ鑑賞の抱き合わせ、良いと思います!ぜひぜひ行かれてください。
マラーホフのジュテの軽やかさは世界一だと思います。
ほんとうにふわっと浮いて一切音がしないのです。
都さんかマラーホフかですね、音がしないダンサーは。
彼独特の演技も私は好きです。

ロパートキナと都さんをいっぺんに見られることは・・・多分なさそうですね(笑)
asaco 2008/09/20(土) 01:00:13) 編集

こんにちは。お久しぶりです。ルグリの心配なケガです…。東京バレエ団とのジゼル公演ですが、私は見に行かなかったのですが、見に行った友人の話によると、東京の最終日に、2幕で様子が変であったとの事。右脚?その後大阪公演があり、1幕も、なんか本調子ではなさそうだなあ、と思っていたら2幕はなんと降板になってしまった。との事。左脚のケガ?今夏からは思えばハードだったかも…。エトワールガラの助っ人もありましたし。ひどいケガではなく、POBの舞台に復帰できますように。(ジゼルの日替わり公演は、ハードだったのでは?舞台終了後に東京バレエ団にラシルの公開レッスンもこなしたそうですし。)
まりあ 2008/09/23(火) 01:19:01) 編集


まりあさん こんにちは。

ルグリ、この夏の凄絶な労働量を考えれば疲れが出てもおかしくないですよね。でも昨夜ダンソマニに、バスティーユでほかのダンサー達と一緒にいるルグリを見かけた、という目撃情報が出てましたよ。ガルニエでは今夜もデフィレがあるのですが、早ければ今夜にも復帰??(彼は本舞台での出演は12月のベジャール・プロまでないので、やっと少し休息できますね。)
Naoko S 2008/09/23(火) 09:10:13) 編集

NaoKoさん、ルグリの近況をありがとうございます。バスティーユを歩いていた…。なんか、安心しました。あまり深刻なケガではなさそうな感じですね?
12月迄に少しゆっくりできるのでしょうか~。
NaoKoさんはもうご存知かもしれませんが、ベルリンでマラーホフ&フレンズの公演があるんですね~。10月後半から11月初旬ですね。誰が出るんでしょう?今年の2月の日本公演のメンバー(フィーリン、アレクサンドロワ)というわけではないですよね。(日本からは上野水香さんが招待されているそうですね)やはり、佐々木さんは凄い!です。
まりあ 2008/09/24(水) 07:56:51) 編集


まりあさん、今仏語フォーラム(ダンソマニではなくD-e-F)を覗いてみたんですが、今夜の公演をご覧になった方の速報レポが出ていて、文面から察するにデフィレにルグリは登場しなかったみたいです・・・(二週間後のイタリア公演では是非とも元気な姿を見せていただきたいですが・・・←自己中ですみません!)

>>ベルリンでマラーホフ&フレンズの公演があるんですね~。10月後半から11月初旬ですね。

わ~そうなんですか この時期だと行くのは無理だけど、ベルリンでは"フレンズ公演"を定期的に上演してるみたいですね。以前ロパートキナが招待されていたような記憶があるんだけれど、また呼んでくれないかしら・・・そうしたら本気で検討しちゃうのですが。
Naoko S 2008/09/24(水) 09:29:17) 編集

NaoKoさん、デフィレにはルグリは出なかったんですか…。残念ですね、時の移ろいを感じてしまいますね。でも、楽しみにしていらっしゃる10月に向けて調整中なのではないでしょうか? マラーホフ&フレンズ、そういえばロパートキナも出た事ありましたね!やっぱりヨーロッパだなあ、いいなあ、日本では実現しないなあ、と思っています。マリインスキーは10月から11月にかけてジゼル、ドンキ、プティパプロ、そして12月の胡桃とアメリカツアーですね。ロパートキナは今回はジゼルは出ません。どうしてかしら?プティパプロのみで、ライモンダをイワンチェンコと踊る予定ですね。キーロフのジゼル、ドンキ、胡桃が見たいなあ~。
さて、日本では12月アリーナとコボーのシンデレラが予定されていますが、アリーナは来れるの?と不安が…。アリーナの首のケガ?はそんなにひどい状態なんでしょうか?何かご存知の事がありましたら、教えてくださいませ。
まりあ 2008/09/24(水) 18:24:10) 編集


>>ロパートキナは今回はジゼルは出ません。どうしてかしら?

えっキャスト変わったんですか??プロモーターのサイトにはまだ名前がありますが・・・(10/12のコスタ・メサ公演)

http://www.ardani.com/mariinskybtouring.htm

このサイトの情報も半年ぐらいずっと更新されてないような気がしますが、英米フォーラムでは特にキャスト変更のニュースは見かけてないのですが・・・どちらかでご覧になったのでしたら教えてください~。

>>アリーナの首のケガ?はそんなにひどい状態なんでしょうか?

そう、アリーナは新シーズン開幕直後のピリオド1の演目から完全にリタイヤしてしまったんですよね・・・。(ロイヤル・サイドから降板理由についての情報はリリースされていないようなので、"首の怪我"が原因なのかどうかはわかりかねますが。)秋シーズンだけでなく、来年1/3と1/10に出演予定だったくるみからも降板していますが、12月に日本で踊る予定があるのですか??(う~ん 大丈夫だろうか・・・)
Naoko S 2008/09/25(木) 06:59:33) 編集

NaoKoさん、ごめんなさい。驚かせてしまい、申し訳ありません。あれぇ~。私、ず~っと思いこんでました。ロパートキナはジゼルに出ないって。私の目の衰えは…。ロパートキナはジゼルに出演される予定ですね!。そして、おっしゃるように、Castの更新は全然されていないので、このとおりと思いたいけど、マリインスキーの事だから、わかりませんよね、ホントに、ニオラーゼがアメリカツアーに参加するの?って思いますし。
アリーナ、そんなにCancelしているのですかぁ。やっぱり12月来日は難しい感じがしますね。
チケットは凄い売れ行きでして、皆ながっかりしますね。気が早いけど、代役はどうなるんでしょうね…。(私としては、またまたローレン?って頭をよぎったのですが。皆様ごめんなさい)

まりあ 2008/09/25(木) 08:05:16) 編集

Naokoさん、今度はタマラ、サラが降板みたいですね。(タマラはマノンから復活みたいですが・・)

12月新国立でのシンデレラ、アリーナは無理だろうと思い、取ったチケットは引き取り期限までにあえて取りにいきませんでした。
ここでじっくり治してほしいですよね。
asaco 2008/09/26(金) 00:40:57) 編集


まりあさん

>>気が早いけど、代役はどうなるんでしょうね…。(私としては、またまたローレン?って頭をよぎったのですが。皆様ごめんなさい)

おーローレンのシンデレラですか!お気持ちはよーくわかりますが(笑)、彼女シンデレラはまだ踊ってないんじゃなかったかな~。


asacoさん

昨夜ballet.coでタマラ降板の件は目にしたのですが、えっサラも?と慌ててまたフォーラムを覗いてびっくりしました・・・来年3月まで復帰できないと書いてる人がいますね・・・。それに、ごく最近モニカがあるファンに語ったところによると、「シーズン開幕前に18人も怪我人が出るという前代未聞の状況」だとか??(T&Vあたり、都さんが踊ってくれないかな~と書いてる人がいますね←激しく同意!)

アリーナ、12月の来日はやはり無理そうですかね・・・今まで働きづめだったから、本当にここでじっくり治療に専念していただきたいですね。
Naoko S 2008/09/26(金) 08:35:16) 編集

NaoKoさん、ロイヤルは18人もケガですか?やはり酷暑の中のアジアツアーがひびいてしまったのかしら?「アジアツアーは嫌だ」なんて言われてないでしょうか?心配になってしまいます。アリーナもこの辺りでじっくりメンテナンスして休んで、また来て頂きたいですね。ローレンはやはりシンデレラはまだ、ですか。私はダーシーが、ばらの花がぱあっと開いたかのような華やかで光り輝くシンデレラが忘れられません。
やはり新国ではなく、ロイヤルでまた見たいですね。さて、NaoKoさんは、12月はPOBの「さすらう~」&「アダージェット」 とボリショイ日本公演と、どちらになさるか、激しくお悩みですか?それとももう心は決められましたでしょうか?
まりあ 2008/09/26(金) 19:26:49) 編集


>>ローレンはやはりシンデレラはまだ、ですか。私はダーシーが、ばらの花がぱあっと開いたかのような華やかで光り輝くシンデレラが忘れられません。

ローレン確かまだ役デビューしてなかったと思うのですが定かではないので、テキトーに聞き流していただきたく。"ばらの花がぱあっと"ですか・・・日本公演のダーシーのシンデレラはすごく評判良かったですよね(何を隠そう私は彼女のシンデレラ見たことないんですよ!)。

12月は一時帰国します~。エアは早めにおさえておいた方がよいので、ちょっと前に決めてしまいました。ボリショイで踊るのはこれが最後になるかもしれないフィーリン(&マーシャ)の「明るい小川」、見ておかなくちゃね~!
Naoko S 2008/09/27(土) 09:21:33) 編集

今Ballet Coをのぞいたら、こんな書き込みがありました~

>Early info that next year's big screen performance is the 3rd June performance of Ondine (Yoshida/Watson).

と言っても、私は見られないわけですが・・・でもうれしいです。
来年六月から日本でもロイヤルバレエを映画館でライブ上映があるというニュースがあったので、もしかして・・・と期待してしまいます!(都さんの映像で幕開けなんて素晴らしいと思うのですが~)
asaco 2008/09/27(土) 23:49:11) 編集

NaoKoさん、おお、「明るい小川」のフィーリン(&アレクサンドロワ)をご覧に日本へいらっしゃるのですね。私も今から「明るい小川」を楽しみにしているんです。私は毎年、12月は風邪をひきやすく、今年こそ完全な体調で舞台を見たいなあ、と思っています。NaoKoさん、体調に気をつけられて、日本へいらして下さいませ。

ダーシーのシンデレラはあの一回しか見る事が叶わなかったのですが、ホント~に素晴らしく、ほっこり咲いたRoseのような香しいシンデレラでした。
今思い出してもうっとり致します。
まりあ 2008/09/27(土) 23:50:16) 編集


asacoさん、わざわざコメントを引用してくださって有難う。私もこれ見た時に思わず、"わ~!"と反応してしまいました。日本でも映画館で見られることになるんですか?それなら迷わずこの演目&キャストで上映してほしいですね!


まりあさん、お互い12月は体調万全でボリショイをエンジョイしたいですね~。ダーシーの香しいシンデレラ、今思い出してもうっとり・・・なんて、さぞ素敵だったのでしょうね。(いいものをご覧になりましたね!)
Naoko S 2008/09/28(日) 10:10:40) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。