スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
Prom 38 ウエスト-イースタン・ディヴァン・オーケストラ
相変わらずバタバタと忙しくてオリンピックもプロムスも完全にスルー状態なのですが、昨夜BBCサイトのオンデマンド・サービスで聴いたコンサートが、なかなかよかったです。

先週木曜・8/14に行われたProm 38、指揮ダニエル・バレンボイム・演奏West-Eastern Divan Orchestra。バレンボイムと故エドワード・サイードがイスラエル、パレスチナ、シリア等中東諸国の若者を集めて創設したこの異色オーケストラ、名前だけは耳にしていたけど演奏を聴いたのは初めて。若々しいけど若さ故の生硬さとは無縁の柔らかな音に驚きました。プログラムは、

- Haydn Sinfonia Concertante in B flat major, for oboe, bassoon, violin, cello
- Schoenberg Variations for Orchestra, Op.31
- Brahms Symphony No.4


以下BBCサイトから全編聴けます。 (特に断り書きしてないのでおそらく英国外でも視聴可能だと思われますが・・・)

http://www.bbc.co.uk/proms/2008/whatson/1408.shtml#prom38

私はビデオ版で見たのだけど、37分ぐらいから始まるシェーンベルクの「管弦楽のための変奏曲」、冒頭からすっと耳に飛び込んできて、ぐいぐい引きこまれてしまった。日頃決して熱心なシェーンブルクの聴き手ではないけど、最近たまたまこの人の音楽を耳にするにつけ、なんて"コンテンポラリー"な作曲家だろう・・・と感嘆することしきり。この変奏曲が書かれたのは1926年、ということは80年以上前なんだけど・・・今の気分にこんなにぴったりくる音楽は、なかなかない。

(注: BBCサイトの視聴可能期間は「放送開始から一週間」とのことですので、興味ある方はお早めに!)
2008-08-18 00:47 | 音楽 | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。