スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
リファール・マランデン・プロ 「白の組曲」
昨日ダンソマニにプレキャスト情報が出て、さていつ行こうか・・・ずっとスケジュールを見つめているのだけどなかなか決心がつかず。私のお目当てはなんといっても「白の組曲」のTheme & Varieで競演するマチューとエルヴェ(&デルフィーヌ)!この組み合わせは3回だけで、平日2回、週末(日曜)1回の配分にため息・・・。

恨めしきは初日(10/9)のAROPガラ。パリオペ後援組織(要はパトロン)専用の公演なのでチケットの一般販売はなし。今日ダメもとで電話して聞いてみたけれど、貸切なので・・・の一点張り。当日並んでも買えませんよ、と言われたけど、以前眠りのAROPガラの時に当日並んでなんとか潜り込めたんだけどなぁ(とんでもなくヒドい席だったけれど)。この日に入れればデフィレも見られるし、翌日(全く同じキャストになってる)と合わせてマチュー&エルヴェを2回観られるので一番美味しいんだけど・・・。でもよーくキャスト表を見ると、この2日間はジャン=ギーは全然出ないみたいなので、それも悔しい、もうちょっと後にしようか・・・ううう やっぱり決められない。

このミックスプロで上演される作品中、私が過去に観たことがあるのは「白の組曲」だけ。といってもこれもクロード・ベッシー・ガラで一度観ただけなので記憶が曖昧なのだけど・・・筋書きのない抽象バレエで、フレンチ・スクールの技と粋を披露するのにうってつけの、古典の習作のような作品・・・という印象があります(かなり大雑把ですが・・・汗)。タイトル通り女性は純白のクラシック・チュチュ着用、男性も全身白ずくめじゃなかったかな?デフィレの衣装のままでそのまますんなりと踊れそう。メインロールは、女性がラ・シガレット、男性はラ・マズルカ・・・だったように記憶しているのですが。(でも今回のキャスト表を見ていると、アダージュとフルートも重要な役どころみたいに見える・・・なんたって初日にこのパートを踊るのはルグリとオレリー、となってますから)

一番最近この作品が上演されたのは昨秋の北京公演時。パリオペ・ダンサーのソフィー・パルセン嬢のサイトを見ると、この時のキャストがコール・ドに至るまですべてわかりますが、ラ・シガレットはアニエスが、 ラ・マズルカはエルヴェが踊ったんですね。

http://mapage.noos.fr/sparcen/archiv/china05fr.html

(余談ですがソフィーさんはハンガリーの方なんですよね。彼女のウエブサイトは仏・英・ハンガリーの3カ国語が用意されていて、すごいなぁ・・・とひたすら感心してしまいます。更新も大変でしょうに、偉いなあ・・・)

ちなみにベッシー・ガラの時もアニエスがラ・シガレットでした。で、ラ・マズルカはジャン=ギー。これ以前だといつ上演されたんだろう・・・サーチしてみたら、どんぴしゃ・素敵なページを見つけました。仏人バレトマン・Cathyさんが運営するフォーラムから:

http://www.danser-en-france.com/repertoire/suiteenblanc.htm

ベッシー・ガラが2004年3月、それ以前は96年、90年と上演されたようですね。今から16年前、90年の顔ぶれを見ると、Theme & Varieにはプラテル、イレール、ルグリの名前が!彼等が恐らく第一キャスト?他にはモラン、ロモリ、ドラノエ。ラ・シガレットを踊っていたのは、クレールとプラテル。ラ・マズルカはジュド、ロルモー、デュポン。ほーっ・・・・ついつい、「プレイバック!」と叫びたくなってしまいますねえ。イレールとルグリの踊ったパートは、それぞれマチューとエルヴェのどちらに引き継がれるんでしょうか?興味津々です。
2006-09-14 08:58 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(6)
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2006/09/14(木) 12:30:18) 編集

こんにちは。10/7-12とパリへ行く予定、9日のガラはわたしも観られないのですが(わたしも数日前に電話しました!売り切れよ、と冷たくあしらわれました)、10日と11日に観ようと思っています。ルグリ様がお出になるし、近年稀なほど(?)一夜にして、オペラ座の立派なダンサー達を大勢観られるようなので期待しています。AROPガラはですね、前回には数日前に劇場で直接聞いたらオーケストラ席がたまたまあって観られた、という人がいましたよ。
aya 2006/09/14(木) 20:05:06) 編集

私は北京で9/17の昼夜公演を観たんですけど、ラ・マズルカの出番はそこしかなくって(幕があがった時に一番中央に立っているけど)、そんなにメインの役には思いませんでした。ラ・シガレットとレ・フェッテはアニエスが降板してエミリーでこれまた役不足でうーん…でしたし。やっぱりアダージョとラ・フルートがオレリーだったのでこのパートがメインロールだと思いました。
はなはな 2006/09/14(木) 20:44:22) 編集

ayaさん

お~そうでしたか リファール・プロ開幕早々にご覧になるのですね。確かにこのプログラムは一夜で豪華絢爛なキャストを見られて美味しいですよねー。初日の件、今日識者の方に伺ってみたところ、結論としては、買えることも買えないこともある・・・というお話で。(ボックスオフィスでぽつっと売りに出されることはあるようですね)気まぐれなフレンチ・システムに振り回されるのも何だし、やっぱりパスかなぁ・・・という心境です。

はなはなさん

そうでしたね~はなはなさんは北京に遠征されたんですよね。アニエスが降板してしまったとは残念でしたね・・・ラ・マズルカはあまりメインっぽくなかったですか?ラ・シガレットは私はアニエスで見たのでそう思ったのかもしれませんけど、このパートが女性リードね、という印象がありました。
Naoko S 2006/09/15(金) 07:20:52) 編集

 こんにちわ。

 私もリファールプロの初日にはパリに駆けつけるつもりです。
幕があいたら、エルヴェとマチューが一緒に舞台に立っているのですよ! さぞ眩しいでしょう。 笑

 「白の組曲」ですが、ベッシーガラで上演されたものは原典とは
ちょっと違っていました。 キャスト表にもプラテルとバールが改編と
書いてありましたよね。 本来は女性中心の作品ですが、お祝いバージョンに男性パートを付け加えてあったような。。。
それがまたとてもチャーミングだったんですよ! 今回もそれが見たいけれど無理でしょう。

 初見も「ミラージュ」も楽しみです。
あすわ 2006/09/19(火) 10:29:27) 編集

あすわさん こんにちは~

>>「白の組曲」ですが、ベッシーガラで上演されたものは原典とはちょっと違っていました。 キャスト表にもプラテルとバールが改編と書いてありましたよね。 本来は女性中心の作品ですが、お祝いバージョンに男性パートを付け加えてあったような。。。

ほんとだ~ キャスト表にそう書いてあります!教えて下さって有難う。この作品にはすごい人数が登場してたんですね 群舞の中にマチューの名前もあったりして(しかし、見た記憶がない・汗)。

私は結局初日は諦めて最初の週末に行こうかなと思案中です。あすわさんのデフィレ&公演レポ、ガルニエに行こう!で拝読するのを楽しみにしています。
Naoko S 2006/09/20(水) 05:46:10) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。