休日雑談・ラファとかビントレーとか・・・
本日もロンドンはまずまずのお天気ながら、ミドル・サンデーでウィンブルドンはお休み。大会に出場している(&勝ち残ってる)プレイヤー達も今夜ばかりは選手村?ヴィレッジのパブ??で、ユーロ杯決戦に釘付けなのでは・・・。

私はサッカーにはまるで関心がなくて、TVにかじりついて見てるハズにたま~に付き合って(?)チラ見する程度なんだけど、それでも予選リーグはちょっと気合入れて見てたんですよ。その理由は、一重に職場の"サッカーくじ"。ここで引いた「マイ・チーム」の動向チェックのためだったんだけど(各自2ポンドずつ拠出して、優勝チームを引き当てた人が全額かっさらうシステム)、よりにもよってエラく退屈で点の取れないチームに当たっちゃったんだなぁ・・・。("Come back Zidane~~!")当然決勝リーグには進まなかったので、もうこれで完璧興味が失せた・・・でも、多分今夜のファイナルは見ると思いますけどね。

年季の入ったサッカー・ファンのハズが言うには、スペインが欧州選手権で優勝したのは40年以上前のことだとか。ドイツは過去に三度はチャンピオンになってるらしい。(で、一度も優勝したことのない国の一つがイングランドだとか・・・かわいそーねぇ あんなにサッカー好きなのに。)

もし今夜スペインが勝ったら40数年ぶり・二度目の優勝ってことで、スペイン・サポーターはかな~り熱くなってることでしょう。タイムズ・オンラインで今年も掲載中の"ナダール・ブログ"を読むと、この二週間というもの彼の頭の中はユーロ杯で占められていたらしいことがわかっておかしい~。なんと、二回戦の試合の日がスペインvsロシア戦と重なっていたので、(夜確実に試合を見られるように)自分の出番を早くしてくれとオーガナイザーに掛け合ったんだとか。「そんなことするなんてプロフェッショナルじゃない、って非難する人がいたけど、そうかなー?自分の試合に出て、そのあとサッカーの試合見たっていいよね?ね?」ってなことを書いてますが、結局希望は通ったみたいで無事サッカー観戦できたようです。まぁ、あの憎めないキャラの彼に嘆願されたら大会関係者もイヤとは言えなかったのかも??

http://timesonline.typepad.com/rafael_nadal/

【追記】 スペイン優勝~おめでとう~~!!

え~続いて話はがらっと変わって、「新国立劇場バレエ団次期芸術監督」のニュース。ニ、三日前にballet..coのリンクで読んでびっくりしたんですが、なんとBRBのデヴィッド・ビントレーが就任するとか。

http://www.brb.org.uk/4714.html

ビントレーはBRBの芸監を辞めるわけではなく、新国と兼任するんですね。2010年から任期は《当初》3年。このBRBのプレス・リリースには書かれてませんが、ballet.coによると「一年に最多で120日間新国にコミットする」そうです。

私はビントレーのことも彼の作品も殆ど知らないので(ニ、三小品を見たことあるだけ)、この任命によるアーティスティック面のインパクトは図りかねるのだけど、経歴をみる限り純・英国産のバレエ人ですよね。日本のバレエ界の本流で(?多分)、新国の標榜してきたと思われるロシア路線とはかなり異なるスタイルを持ち込むことになるのでしょうけど、それが大変興味深いです。

http://www.brb.org.uk/masque/index.htm?act=person&urn=674

以下、野次馬的ノリでビントレー芸監就任がもたらす人事面の変化を予想してみました~。

1. (主役をゲストに頼る現行方式が引き継がれると仮定して)ザハロワの出演回数が減るのではなかろうか。代わってバーミンガムのダンサー達(特に佐久間奈緒、平田桃子、山本康介など日本人ダンサー達)がゲストする可能性が出てくるかも。多分、都さんも・・・(ビントレーと都さんにはピーター・ライトのprotegeeという共通点?がありますよね)

(2) 新国バレエでは英国スタイルを徐々に取り入れる(こっちにシフトする?)ことで、近い将来熊川哲也氏が芸術監督になるための布石としている・・・とか。(←ただの妄想です!)

まーしかし、ちょっと気になるのは、ビントレー芸監がバーミンガムと兼務、という点。一年の約1/3だけコミットできるというパート・タイムの芸術監督で大丈夫なんだろうか・・・。(っていうか"国立の"バレエ団でこういうアレンジするのって極めて珍しいのでは?)またお金の話で恐縮ですが、新国はそれほど財政が困窮してるわけでもなさそうだから、フルタイムの芸監だって雇えるはずですよね?レジデントでない=スタッフ/ダンサーと日常的コミュニケーションを取れない人が監督、というのはどうなのかなぁ・・・。まさか、新国バレエの年間公演数の少なさからいって常任監督なんて置かなくていい、と判断したわけではなかろうが・・・新芸監就任を機に公演数増やす方針を取り入れてくれるといいんですけどねぇ。
2008-06-30 05:05 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(8)
Comment
こんにちはー、Naoko Sさん。ご無沙汰しています。テニスねた、嬉しいですー。

ウィンブルドンの試合中継はBBC Sportのサイトからライブストリーミングが無料で見れますよ(UK国内のみらしいですが)人気のある試合はときどき画面が固まっちゃうこともありますが、先週はほとんどの試合、わりとよく見れました。BBCのサイトから、スポーツ、テニスと選んでいって、watch live の中から好きな試合を選んでみてください。

月曜日の男子4回戦はおもしろそうな試合が目白押しですね。ジョコビッチを2回戦でストレートで破って大番狂わせをしてみせたサフィン、ほんとうに目覚めちゃったのか、4回戦のバブリンカ戦見ものです。

それと、ボトムハーフで、私的に注目しているのは、あのティプサレヴィッチ。全豪でフェデラーをフルセットに追い詰めたあのセルビアの選手です。全豪のあと、いまいち伸び悩んでましたが、今回ロディックを破ってウィンブルドンで大化けするかも。ひょっとすると準決勝までこぎつけてナダルと当たるのではないか、とヘンマンは予想してるみたいです。

フェデラー対ヒューイットの試合もしまったものになりそうです。ヒューイットは前のフェデラーのコーチだったローチ氏をコーチに迎えて打倒フェデラーに精進してきたようですから、要注意です。フェデラーはあまり表立って騒いではいませんが、全英6連覇を目指しているのはあきらかなので、ここは正念場ですね。芝でも強くなっているラファとの対戦、実現してほしいな。そして、全仏の雪辱を果たしてもらいたいです。

日本期待の新星、錦織くん、せっかく予選なしでのウィンブルドンエントリーだったのに、初戦でのリタイア、残念でしたね。クィーンズでは、ナダルから1セット奪って、ナダルに「彼はすごい選手だ、あと1年でものすごくのびる、将来きっと、トップ10、あるいは、トップ5に入ってくる実力がある」と言わせたくらいですから、今後が楽しみです。

ではまたテニスねた、楽しみにしてます。
maripo 2008/06/30(月) 06:40:39) 編集

NaoKoさん、テニス&サッカーねた、楽しいいろいろ、ですね。サッカーの試合見たさに試合を早める~。次元は違うけど、バレエ見たさに、私達が仕事の仕込みを早めるのに、似てなくもない?
私も、テニス、サッカー、見るのは大好きです。
ヨーロッパでは、高いレベルのサッカー試合が日常見れて羨ましい~と思っています。
さて、ビントレー氏の就任ですが、実はあまり驚かなかったです。すでに、「カルミナ・ブラーナ」の上演がされています。秋には新作「アラジン」が予定されています。今年の「くるみ 」は、いつものディアナとファジェーエフではなく、少しずつ、ロシア色が薄くなっていたから…。「あの二人のくるみは絶品」ですのに。ますます、ファジェーエフの旬を日本では逃してしまう~。悲しい~。個人的にはビントレー作品は好きですが、日本の国立バレエ団なのに、わざわざ、外国から招聘しなくても…。と思います。
これからは、ロシアのダンサーを見る機会は少なくなるのね。何だか複雑な気分です。
まりあ 2008/06/30(月) 08:04:45) 編集


おーmaripoさん お久しぶりです。テニスねたといえばmaripoさん、お越しいただき嬉しいです~♪

>>ウィンブルドンの試合中継はBBC Sportのサイトからライブストリーミングが無料で見れますよ

そうそう、これすごく助かってるんですが、いかんせん夜仕事から帰ってきて見られる時間は限られてるんで、全試合カバーはムリなんですよね・・・(泣)。あと、私のpcは相性が悪いのか、unavailableで見られないことがよくあるんですよ。昨日もガスケー・シモン戦のTV放映が途中で打ち切られちゃったんでネットに切り替えたら途中で切れちゃって以後回復せず・・・すごいフラストレーションたまります。(まぁかなり一方的な試合だったんでそれほど悔しくはなかったですが・・・)

>>月曜日の男子4回戦はおもしろそうな試合が目白押しですね。

・・・ふえーん あと9時間後にはユーロスターに乗ってるんですよ 私・・・。パリに行ってもウィンブルドンが気になって仕方ないだろうなあ・・・(←ンなら行くな~・笑)

>>それと、ボトムハーフで、私的に注目しているのは、あのティプサレヴィッチ。

以前maripoさんがご紹介くださったプレイヤーですよね。私今回多分初めてこの方を見たんですが、かなりインパクトあるルックスですよね・・・ゴーグル風の眼鏡?かけてておかっぱ頭でややギーク風・・・。彼、かなりいけそうですか ああ次の試合見たいなあ(まぁ~しかし、テニスの才能の宝庫・セルビアにはただただ驚きです。)

>>ヒューイットは前のフェデラーのコーチだったローチ氏をコーチに迎えて打倒フェデラーに精進してきたようですから、要注意です。

へえ~そうだったんですか・・・打倒フェデラー!でひたすら精進なんて、コワいなあ。ヒューイットは今大会気合の入り方がいつもより凄いようにみえるんですが、明日(もう今日!)は命がけでぶつかっていくんでしょうねえ ああ、なんとか見られないかなあ試合・・・。

錦織さんの試合は未見なのですが、ナダールにそこまで言わせるとは、かなり期待してよさそうですね。どんなプレイヤーなんだろう 早く見てみたいなぁ。

>>ではまたテニスねた、楽しみにしてます。

いやこちらこそ、また色々と教えてくださいませ お待ちしていま~す。
Naoko S 2008/06/30(月) 10:09:11) 編集


まりあさん、スペイン優勝しましたね!(ナダールも徹夜でお祝いしてることでしょう!)

>>ヨーロッパでは、高いレベルのサッカー試合が日常見れて羨ましい~と思っています。

・・・そうなんですか 私には有り難味がわからなくて・・・猫に小判状態です(汗)。

>>さて、ビントレー氏の就任ですが、実はあまり驚かなかったです。すでに、「カルミナ・ブラーナ」の上演がされています。秋には新作「アラジン」が予定されています。

あ、さほど驚きのニュースではなかったですか。確かにビントレー作品新国のレパートリーに入ってますけど、それを考慮に入れても、私にはやはり驚き・というか新鮮でしたね・・・

>>個人的にはビントレー作品は好きですが、日本の国立バレエ団なのに、わざわざ、外国から招聘しなくても…。と思います。

ふむふむ。私は個人的には外国人であること自体は全然問題ないと思うのだけど(意思疎通は大変だろうけど・・・)、"パートタイム契約"って点が引っかかります。一年のうち彼がカバーできない2/3の期間を監督(代行)する人を置くのだろうけど、そうなるとカンパニーの統率という意味で、求心力保てるのか?とか、お互いを知り合う時間をどれだけ取れるのか?とか、ついつい考えちゃいます。(まだ始まってもいないのに、あれこれ詮索しても仕方ないですけどね・・・)
Naoko S 2008/06/30(月) 10:34:47) 編集

Naokoさん、こんばんは。

ビントレーの件は、バーミンガムの発表がフライング気味みたいでした、日本でも公式発表が出たようですが。

以前から「アラジン」のPRを大々的にやっているので、あまり驚きはないのですが、ちょうど「白鳥の湖」を公演中なので会った鑑賞仲間の間では「ザハロワ(とウヴァーロフ)がゲストで来てくれなくなるんでは」、「こーんなに素晴らしい(女性)コールド(本当に良かったんですよ、「ラ・バヤデール」と「白鳥の湖」)が駄目になるのでは」、「コンテ中心になるの?」、と心配の声があがっていました。結構、日本のバレエファンの平均的な反応に近いと思います。「そうなったら私、見に来ない」とまで言っていた知人もいました。

Naokoさんのおっしゃるように、専任の人が望ましいと私も思います。



shushu 2008/06/30(月) 23:46:40) 編集

Naoko様、ご無沙汰しております!
テニス、女子は波乱ですが、男子は順当に・・・衛星のアンテナが落ちてしまったので(くくぅなぜこのタイミングでxxx)今はとりあえず地上波に頼って観ております。
そして、あまりご興味がないにも関わらず、ナダル絡みでEUROのサッカーを取り上げてくださってありがとうございます~。
わたくし、上記の事情でいつもは連日深夜TVにかじりつき・・・のシーズンですのに、これも地上波でほそぼそ観戦・・・。
EUROのグループリーグから決勝までのシミレーションでの賭け、友人5名と毎回行っていますが今回はポルトガルを優勝国としたわたくしは早々に敗退・・・しかしジダン待望説すら出てしまった彼の国をくじとはいえ引いてしまわれたのはテンション落ちますよね。。お気の毒です。
決勝戦は大変見ごたえがあり、奇跡のようなスペインのパス回しに感嘆しつつ、ここでドイツのパワープレイでコーナーからのヘディングひとつで追いつかれでもしたら目も当てられない・・・と手に汗握ってスペインを応援しておりました(ナダルBlogご紹介ありがとうございます^^)

話変わって、新国立のビントレー氏、「アラジン」から芸監までどういった経緯なのかは明らかではないにしても、今後の新国立の方向性がどう舵取りされていくのかは気になるところです。
Naoko様の将来の熊川氏就任に向けての布石、説、オリジナリティのある発想ですけどひょっとしたら!?今は妄想だなんておっしゃっていますが、一応記憶に留めておきますね!(そういえばあの時
・・なんてことがあるかも??)
元東バの古川氏が今新国立で踊っていらっしゃるみたいなので、ブログでふれてくださることもあるのでは・・と期待しております。
maria 2008/07/01(火) 03:35:00) 編集

こんにちはー。またテニスねたです。
今日は月曜日ということもあって、あまり私も試合は見れなかったのですが、注目していたティプサレヴィッチ、残念でした。ほんと、彼、インパクトある風貌ですよね。でも眼鏡とってインタヴューするときの顔は、これまたぜんぜんかわいらしいというか、まじめっぽいというか、落差がはげしいのがおかしいです。

ところで、ニシコリくん、五輪出場が決まったそうですね。ワイルドカードをもらったそうです。ぜひ頑張ってもらいたいですね。オリンピックでフェデラーと対戦したりして。ちなみにフェデラーとはアメリカでのツアーで何度か練習したそうです。フェデラーも彼のことはよく覚えていて、とてもいい選手だと言っているそうです。

ではまた近々、寄らせていただきます~。
maripo 2008/07/01(火) 07:57:03) 編集


shushuさん こんにちは。ビントレー就任の件、ファンの間で結構波紋をよんでいるのでしょうか リアクションを教えてくださってありがとうございます。

新国バレエ団が現在持っている美点はそのままに、別の面を補強していただけるといいんですけどねえ・・・ビントレーは演劇性の強い作品も創っているから、演技力・表現力が磨かれる・・・という点には期待できるかな・・・と想像したりも。


mariaさん こんにちは。衛星受信がままならないというピンチにもかかわらず、貪欲にスポーツ観戦を楽しんでいらしたんですね~v

mariaさんはポルトガルでしたか 惜しかったですね・・・途中までは、"なんだか・結構イケるかも?"って勢いだったのに。私の方は、もうなんともハヤ・・・でございました。(この手のクジでろくなものにあたった記憶がないんです・・・トホホ)

熊川さんの話は、ただの思いつきですので(笑)。どうせ国費を投入するなら彼に投資すればいいのに・・・とふと思ったまでです。(私は日本のバレエ界の内情とか全然知らないので、国立バレエ団の芸監にふさわしい人材といっても、表面に出ている・有名人しか思いつかないんですよ。)

あ、ところで殿のMデュバル・デビュー見てきましたよん。こちらは別記事にて・・・v


maripoさん、どうも~!

大会半ばを過ぎて、今日やっと"テニス・デー"を満喫できました。準々決勝ニ試合と雨で中断の間に放送されたボルグをフィーチャーした特別番組♪を見られて、ここ数日の欲求不満を解消しましたよ!(試合はどちらも一方的でしたけどね・・・)

月曜も幸いパリのホテルでテニスを放送している局を受信できたので、ナダールvsユルスノフ戦は見られたんですよ。でもフェデラーvsヒューイット戦は全然映さないし、コメンテーターが触れていたかもしれないけどフランス語でわからないし、試合の結果が気になって気になって・・・。観劇から戻ってホテルの共用pcでBBCサイトをチェックして結果を知り、やっと安心して眠れた・・・という状態でした。(全く何しにパリまで行ってるんだか・・・笑)

ティプサレヴィッチ、残念でしたね・・・私は結局彼の試合はちゃんと見れず終いでした。錦織さんのこと、フェデラーも評価してるんですか。これはますます見るのが楽しみだ~~。

ところで、フェデラーの準決勝の相手はサフィンですね。今日のアンチッチ戦を見た限りでは、"ナダールとの"ファイナルに向けて一直線に突き進みそうな雰囲気でしたが・・・さて、どうなることか??
Naoko S 2008/07/03(木) 06:52:00) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--