イレールとプジョルのル・パルク映像!
仏フォーラム・Danser en Franceで紹介されていたのを発見。パリオペ公式サイトに来シーズン上演演目の紹介ビデオがアップされています。「ル・パルク」はイレールとレティシアの「解放」のpdd!一分弱見られます!

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=643&IdS=552

前回上演時のゲネプロの映像ですかね・・・も~~あるんだったら全部見せてくれ~~~!と叫びたくなる衝動をおさえられず。(イレールとオレリーの映像もお願い!!あ、それからレティシアの見事な浮遊力?を目にして、おそらくル・パルク・トップ・ページの写真もこの二人かな?という気がしてきた・・・)

他の演目で舞台映像を見られるのは以下の通りです(残りはルフェーヴル女史によるプレゼン映像のみ):

「ライモンダ」(コールの"ハンガリー風グランパ")

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=641&IdS=549

「リファール/プティ/ベジャール」(ルテステュの"シガレット"とベランガールの"アルルの女")

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=642&IdS=545

「プルースト~失われた時を求めて」(ガニオ、ビュイヨン、ロンベール)

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=647&IdS=551

「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」(ファヴォランの"木靴のダンス")

http://www.operadeparis.fr/Saison-2008-2009/Bonus.asp?Id=648&IdS=537

さて続いては、このフォーラムで読んだ気になる情報。昨夜開幕した「椿姫」、エルヴェ・モローの途中降板により三幕から急遽イザベル・シャラヴォラ&ステファン・ビュイヨンのペアが登場したそうです。エルヴェはニ幕最後に舞台袖に引っ込んでいくところでプロジェクターにぶつかった?というようなことが書いてあるように読めるのですが・・・なんてこった。くれぐれも大事に至っていないことを祈ります。(映像撮りがまた流れるようなことになりませんように!)
2008-06-23 07:56 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(33)
Comment
エルヴェのケガ、びっくりです。そ~んな事あるんでしょうか?というようなケガですよね。エルヴェが舞台から袖に下がる通り道に機材が置いてあるなんて、何だかゾクッとしました。私の変な妄想でしょうか?絶対あってはならない事故ですよね。次の公演では無事に踊って欲しいです。
まりあ 2008/06/24(火) 22:57:56) 編集


まりあさん、詳しい状況がわからないのでなんとも言えませんが、多分エルヴェは怪我というより一時的なショックとか脳シントウとか?だったのではないか・・・と想像していたのですが。幸い次回は7/2とちょっと間があいてますのでリカバーしてくれると思いますよ~。
Naoko S 2008/06/25(水) 07:53:37) 編集

NaoKoさん、エルヴェのケガは、私のオソロしい妄想のような事ではないのですね(冷や汗)あ~よかった。でも、脳しんとうだったとしても、ちょっと心配ですね。体調を整えて、ぜひ踊って欲しいです。そして、ここに書かせていただきますが、ローレン情報ありがとうございます。Londonではボネッリがパートナーだったんでしたか。美しかったでしょうね。プトロフ君、自分が頼りたいような王子のような~うん、うん、と頷いてしまいました。
何しろ、二人には頑張って欲しいです。今は中国ツアーの真っ最中ですね。みんな、お腹など壊さないで、無事、日本に来て下さいね。またまた無い物ねだりですが、シルヴィアは、ダーシーの踊る姿を見たかったです。Videoで見ても、彼女のキラキラしたかっこよさ、はため息ものです。
まりあ 2008/06/25(水) 18:42:39) 編集


まりあさん、ロイヤルの来日公演いよいよ一週間後に開幕ですね。今回ローレンにとっては八面六臂の大活躍の場となりそうですけど、ここは一発、新プリンシパルとしての意地をみせてほしいですよね!

ダーシーのシルヴィア(withコープ)は私にとっては大変幸福な思い出です。今でも、思い出すとついつい顔がほころんでしまいますよ・・・(なにしろ、姫オーラがすごかった・・・)。
Naoko S 2008/06/26(木) 08:18:15) 編集

NaoKoさん、ダーシーのキラキラ感と幸せオーラは誰にもない魅力でしたよね。ウフッ。さて、東京では来週から怒涛のようなバレエ月間です。私はファルフから始まり、ロイヤル、ABT、ニーナのお別れ公演、(涙)ラララ・ヒューマンステップスと、身体が持つかいな?です。
NaoKoさんは、来週はマチューの椿姫ですのね。イレールも出るし、美男親子ですね。羨ましい~。
私、実はあまり言わなかったですが、マチューが大、大好きなんです。彼を見ると、ホントに幸せな気持ちになります。長い間ファンでいるファルフとは逆の魅力です。あんなに美しいのに、ふんわり幸せ感が。ですが、アルマンはやはり、エルヴェが合うように思うのですが。
マチューのレポ、お待ちしています。イレール様、予定通りパパで出演をお祈りしていますね。こちらも、ローレンのご報告致しますね~。
まりあ 2008/06/26(木) 18:19:03) 編集


あら、まりあさんもマチューの大ファンでしたのね(早く言ってくれれば~~?)。彼はほんとに偉大ですよー 仰るとおり、見てるだけで幸せな気分にさせてくれますから・・・

あ、レポはですね、全然期待しないでくださいませ 多分ロクなこと書けないと思います。何を隠そう、私この作品苦手でして・・・前回見たときもマチューがいかに・筆舌に尽くし難い美しさだったか、それしか書いてなかったような(汗)。エルヴェのアルマンには今のところ縁がないのですよ・・・映像でやっと見ること叶うかな、って感じです。

http://londonballet.blog60.fc2.com/blog-entry-61.html#comment

《今回はまた、美男親子鑑賞目的という極めて邪道な観客ですのでねえ・・・》

>>こちらも、ローレンのご報告致しますね~。

お待ちしてま~~す!!
Naoko S 2008/06/27(金) 09:13:58) 編集

マチューファンだという事をあまり大々的に言わずにいたのは…う~ん、
何だかひっそり、こっそりファンでいたかったのかもしれません。さて、8月に日本で行われる「エトワールガラ」の演目に変更がでてしまいました。しかも、私達の間で話題になったエルヴェ・ マリ=アニエスの「スターズ&ストライプス」が、「メリーウィドウ」に。残念だわ~。エルヴェ、また今年もどたキャンはいやよ~。です。
まりあ 2008/06/30(月) 23:31:06) 編集

NaoKoさん、マチュー、ローランの美形親子は無事踊ったようですね。二人の競演については、レポをお待ちしています~。(前回のレポを読ませて頂きました。ありがとうございました。マチューは繊細な、まだ世の中を知らない若者の持つ真っ直ぐさが似合うわ。うっとり)さて、ダンソマニにエルヴェのケガが完治せず、降板。の情報。しかし、オペラ座HPには依然としてエルヴェの名前があるので、どっち~?と、日本にいるのに、てんやわんやしていました。さて、どうだったのでしょう。
まりあ 2008/07/02(水) 22:14:56) 編集


まりあさん、美形親子しっかり見てきましたよ~。なんとエルヴェは回復間に合わなかったようで、おそらく今夜も降板ではないかしら まだ公演が終わっていないので確認できませんが・・・。フィルム撮りは結局アニエス&ステファン・ビュイヨンでするみたいで、初役(ステファン)で初めてペアを組む二人で撮影とは、びっくりしてます。エルヴェ来月のエトワール・ガラ大丈夫かなあ・・・(「スターズ&ストライプス」は幻に終わりましたか・・・「メリー・ウィドウ」って、これがラコット氏振付の新作ってことでしょうか??)
Naoko S 2008/07/03(木) 05:37:11) 編集

NaoKoさん、無事にお帰りなさい。そして、情報ありがとうございます。 ローランのパパ、ご覧になられて本当によかったですね。あ、もちろんマチューもです。やはり、エルヴェのケガは良くないんですね。かわいそうに。古傷が悪化したりしていないと良いのですが。それにしても、初顔合わせのVideo録りにはびっくり。やはり、今が旬のベストの組み合わせで残して欲しかった。アニエスはVideo録りを先に延ばしたくなかったのだと思いますが。エルヴェ、昨年もドタキャンされたけど、というより、オーストラリア公演でのケガが治らず、キャンセルになって。今年も北京公演もあったし、ハードですよね。エルヴェ、ケガと闘うダンサーですね。回復して、日本に来て欲しいです。ダメかなあ。もう、既にアキラメに入りかけてます。「メリーウィドゥ」はですね、雑誌の斜め読みですが、ラコットさんの振付だそうですよ。
まりあ 2008/07/03(木) 08:05:05) 編集

NaoKoさん、ロイヤルが終わり、ABT、そして待ちに待った「エトワールガラ」なのです。が、やはり(ううっ)エルヴェは来ない。彼自身がエトワール昇進の時にインタビューでも語っていましたように、「ケガが多かったので、エトワールになれるとは、うれしい」ですが、やはり過酷なスケジュールにはついていかれないのではないかしら?パリオペラ座は二つの劇場を持ってから、ダンサーのケガが多くなったと思いますね。このあたりで、運営を考えて欲しいです。そして、ベランガールもケガの為、来れず。ルグリ、リアブコが代わりに出演します。代役に不満は無し!ですが、ルンキナとエルヴェの異色の組み合わせが魅力だったのに…。ルンちゃん、まさか、ルグリ先生と踊るのかな?それも必見だなあ。ですけど、この企画、「ペッシュとベランガール&お友達&若手エトワール」という、ちょいリラックスな舞台だったのに、「ルグリ先生と若手エトワール」になるのかしら?私はマチューがいればとりあえずご機嫌なのですけど、
エルヴェ、心配だなあ。
まりあ 2008/07/16(水) 18:58:18) 編集


まりあさん、またまたオドロキの情報をありがとうございます!文化村のサイトに行ってみましたが、こちらはまだ更新されてないようですね・・・

しっかし、エルヴェとジェレミーがアウトですか・・・(ジェレミーってこのガラの共同プロデューサーではなかったっけ??)そして、"代役"がルグリって・・・若手のひ弱さとのコントラストが激しすぎ(笑・まぁこの方が普通じゃないと言うべきかもしれないけど)。

>>やはり過酷なスケジュールにはついていかれないのではないかしら?パリオペラ座は二つの劇場を持ってから、ダンサーのケガが多くなったと思いますね。

パリオペの場合、多様なダンス・スタイルをこなさなければいけないという意味では肉体的ストレスは大変なものがあるだろうと想像しますが、"スケジュール的"には特別過酷には見えないんですけどねえ・・・

またまた数字の比較ですが(笑)、パリオペとロイヤルって年間公演回数殆ど一緒みたいですよ。以前記事にも使った公式サイトのページによると、2007年度のパリオペラ座・バレエ団の本拠地での公演回数は146回、ロイヤル・バレエのROH・メインステージでの公演回数は140回。(ちなみにロイヤルの団員数はごくごく・おお~ざっぱにいってパリオペの半数強位のはず・・・ってことはRBが働きすぎなのかしら??)

>>この企画、「ペッシュとベランガール&お友達&若手エトワール」という、ちょいリラックスな舞台だったのに、「ルグリ先生と若手エトワール」になるのかしら?

当初のコンセプトはもう使えませんよねー。かくなる上は、イレール&ロモリ&ベラルビも呼んで、オジサ・・・じゃなくて「熟年ガラ」にしちゃえばいいのに~なんて、ついつい悪ノリしてしまった私です~~。
Naoko S 2008/07/17(木) 08:44:37) 編集

この情報はですね~。エルヴェのファンの方のblogで、知りました。ペッシュのサイトに出ていたという事です。私も、早速チェック致しました。多分来ないと思ってはいましたが、やはり文字で見るとガク然。演目に調整が必要なので、Bunkamuraの方はまだ先になるのではないでしょうか。
ロイヤルとPOBの公演数はほぼ一緒ですか~。では、やはり、多様な演目が原因でしょうか。ですが、最近の若手の身体はやわなんですわ。きっと。この企画はペッシュとベランガールが立ち上げたのに、本人も来なくて、しかもホンワカ雰囲気が無くなっちゃいます。NaoKoさんのおっしゃるように、もう、元エトワール全員で来て下さいな。
って、今日も暑い日本です。蜃気楼のように、全員が舞台から手を振る姿が浮かぶ~。
て、ついでに私の好きなファルフ情報を書かせて下さい。来年の一月にミハイロフスキー劇場は来日予定です。ガラにファルフも出る気だって聞いて、あ~やっとバレエを踊ってくれるのかしら!と喜びました。が、岩田守弘さんねblogで「ルジマトフに新しい事をやろう」と言われ、引き受けちゃった。と。え~。また新作?誤解ないように、岩田さんの振り付けが嫌なのではないんです。ただ、ファルフの新作って、今一つなんですよね。やはり、バレエが見たいですよ。ソロでもよいので。あまり、我が道を突き進まれてもね~。フゥなんですよ。
まりあ 2008/07/17(木) 13:15:29) 編集

意外に早くBunkamuraから発表になりました。も~がっくり。ベランガール、エルヴェ、レティシアが抜けて、マチアス、リアブコ、メラニー・ユレル?に。ルグリはまだ名前がありません。演目も大分替わりました。うれしいのはリアブコの「青い鳥」が見られる事。代役ならシアラヴォラ、ビュィヨンを連れてきてくれたらいいんじゃな~いかしら?雰囲気がChicじゃなくなっちゃった感じです。
見たかった「アントレデュニオン」も無くなったし。ルンキナとエルヴェが踊るはずだった「マノン」は未定です。
何だか脱力感です。
まりあ 2008/07/19(土) 01:01:31) 編集

「続報」というより、私の文句かも~。1番楽しみにしていた「マチューのジゼル」→マチューが踊らない!ルンキナとマチアスになってる!「R&J」マチュー・レティシァ→マチュー・ユレルになっている。あ~もう全壊。Cast変更は仕方ないけど。またマチアスなの?(ルグリのお気に入りだから仕方ないか)&ユレル?正直なところ、この二人は昨年の「ルグリと仲間達」の公演でも見たし、もう見飽きたわ、というか、エトワールガラ公演の雰囲気には合わない~。
しかもまた「ドリーブ組曲」も見るのね~。シアラヴオラとマチューでラ・シルフィード踊って欲しい~。
マチューがいればご機嫌なはずの私ですが、かなりな脱力感。
(マチアス、ユレルのファンの方にはゴメンナサイあくまで、今回の公演コンセプトに合わないという事です)それと「マチューのジゼル」絶対見たかった。パリオペに 限らず何故か外国バレエ団の日本公演には「ジゼル」殆ど持ってきてくれないんですよね…。
まりあ 2008/07/19(土) 08:19:00) 編集


まりあさん こんにちは。ここのところ連日夜遅かった上に、昨夜はなんと地下鉄駅のホームで思いっきり滑って・転んで負傷してしまいました・・・(頭を強打してかすり傷ながら血が~!)レスできない間にもどんどん情報をアップしてくださってありがとうございました。

・・・ふ~ かなりの変わりようですねー 公式サイトには、ルグリさんのお名前はまだ出てないみたいですね:

http://www.bunkamura.co.jp/shosai/org17_08_etoiles_02.html

>>それと「マチューのジゼル」絶対見たかった。パリオペに 限らず何故か外国バレエ団の日本公演には「ジゼル」殆ど持ってきてくれないんですよね…。

マチューのアルブレヒトは必見ですよ!次回本拠地での上演時には是非是非ご覧になっていただきたいわ。確かに、言われてみると日本での引越し公演では「ジゼル」を上演することはあまりないですよね。なぜかしら・・・

さてルジさんの話題が出ていましたが、いよいよミハイロフスキーのロンドン公演が来週火曜に開幕です。私はさ来週末まで猛烈に忙しいので、行けても一回かなあ・・・という状況なんですが、それこそ「ジゼル」を見られるといいなぁと思っています。(どうなることか・・・)
Naoko S 2008/07/19(土) 09:31:22) 編集

NaoKoさん、お怪我の具合はいかがですか?痛い思いをされて、お具合悪いところに私のキレ気味なご報告の数々、傷に障ってしまったのでは…申し訳ありません。お大事になさってくださいね。
「マチューのジゼル」パリに馳せ参じたいです。ぜひとも。(パリオペのアルブレヒトはプレイボーイタイプでは?マチューもパリオペStyleですか?)日本でジゼル全幕が何故公演されないか、とても不思議です。
ミハイロフスキー劇場のHPをご覧になられたでしょうか?London公演は凄い力の入りようです。(マリインスキーもですが、London公演は俄然と力入ります。)フルーツ王の資金投入で、物凄い豪華なHPです。「スパルタカス」めちゃめちゃ豪華。これ、ファルフが踊れるうちに実現して欲しかったです。「ジゼル」ご覧になれるといいですね。
ボルゾイ犬は出るのかしら?
NaoKoさん、お大事になさってください。
まりあ 2008/07/19(土) 10:07:36) 編集


まりあさん、ご心配頂き恐縮です。お陰さまで、多少痛みは残ってるのですがタンコブのような腫れはひいてきました。(実は最近なぜかよく転ぶんですよ 気をつけねば・・)

マチューのアルブレヒト、一度だけ見たことがありますが、その時はプレイボーイはまだムリって感じで(笑)、純真で世間知らずのお坊ちゃま・・・輝くばかりの王子様・光源氏?でした。(当時のレポはこちらです↓)

http://londonballet.blog60.fc2.com/blog-entry-109.html#comment

ミハイロフスキー・ロンドン公演のHPは確かに豪華なんだけど、情報少ないのが難点・・・ダンサーのプロフィール・ページとか創って頂きたかったわ~。ところでボルゾイ犬って何ですか?スパルタクスの虎の写真は最近あちこちで目にしますが・・・
Naoko S 2008/07/20(日) 08:34:15) 編集

NaoKoさん、早く腫れが引いて痛みがなくなりますように。
「マチューのジゼル」レポを付けて頂いてありがとうございました。何と、私がさんざんに言ったユレルと踊ったなんて…。マチューが美しい、まだ純真な青年のアルブレヒトでいるうちに見たいものです。
百合を捧げ持つマチューは美しいでしょうね…。
いつまでも純真な青年でいて欲しいのですが、どうなんでしょう、わかりませんよね。Dancerって。(悩む)
さて、ミハイロフスキーですが、ボルゾイ犬は昨年サンクトで行われた「ジゼル」に出演したとか。新版「ジゼル」で、ディアナが出演。今回はペレンでしたっけ?ルジさんは「ジゼル」がお好きで。「スパルタカス」にトラ。「ジゼル」にボルゾイ犬。
フルーツ王だ!
まりあ 2008/07/20(日) 09:43:56) 編集

そうなんです マチューとメラニーは本公演でジゼル一緒に踊ってるんですよね~。今回のガラでもこの二人のジゼルpddでもよかったんじゃないか・・・という気がしなくもないですが。

ボルゾイ犬(って見たことないけど)は「ジゼル」に登場ですか。それにしても、虎だ犬だと本物の動物がこれだけ出演となると、動物愛護団体が劇場の外でピケはったりする可能性あるかも・・・と心配になったりして。(イギリスには過激な動物愛護団体が山ほど存在するのでねえ・・・)

ところで、ちょっと前につけた当方のコメントに不正確な点がありましたのでここで訂正させてください。

パリオペとロイヤルの団員数について、

>>ちなみにロイヤルの団員数はごくごく・おお~ざっぱにいってパリオペの半数強位のはず・・・ってことはRBが働きすぎなのかしら??

と書きましたが、今日ballet.coでRB・アシスタントディレクターのジャネット・ローレンス氏のインタビューを読んだところ、現在カンパニーには93名のダンサーが在籍しているとのこと。

当方RBのダンサー数は80人強という昔の記憶ベースでパリオペの団員数(154人・公式サイトより)と比較してしまったのですが、93人vs154人ということで、これはあまりに雑すぎでした。訂正してお詫び申し上げます・・・
Naoko S 2008/07/20(日) 23:49:16) 編集

いよいよ、ミハイロフスキーのスパルタカスが始まりましたね。ballet.Coにもミハイロフスキーのスパルタカスやチッポリーノの写真が。私はいまだに、ファルフが踊っていたら、迫力あっただろうな~と思ってしまう。仕方ない。彼はマリィンスキーのDancerだったんだから。ボリショイでのスパルタカス40周年記念公演は幕ごとにDancerが踊り分け、特に、エギナをザハロワ・ステパネンコ・グラチョーワで踊り分けるという豪華な舞台だったんですね!凄いわ。しかし、男性Dancerの方は随分弱かったらしく、姉さん方の迫力で舞台を盛り上げたらしいです。ボリショイらしい勇壮なDancerは今はいないよう。ワシリーエフも出ています。
ミハイロフスキーのスパルタカス公演の様子が早く知りたいです。
まりあ 2008/07/24(木) 07:23:16) 編集


まりあさん、「スパルタクス」今夜見てきましたよ!

前評判にたがわず、ビッグで・騒々しくて(これはいい意味もあり)・お金のかかってそうなプロダクションでした。純然たるエンタメ作品としてはまずまず楽しめましたよ。

散々話題になっていた"虎"は結局登場せず、オリの中には代わりに人間が入ってました(!)。二日目にもかかわらず、お客の入りは8割ぐらいいってたんじゃないかなー?運動量が多い&アクロバティックな動きが沢山入ってる振付を果敢にこなしたダンサーたちに、カーテンコールでは盛大な拍手が贈られていましたよ。
Naoko S 2008/07/24(木) 09:21:23) 編集

NaoKoさん、ご覧になられたんですか~。あ~、お羨ましい。早速のお知らせありがとうございます。キャストはおわかりになりますか?これというDancerはいましたか?私、最近のミハイロフスキーのDancer、あまり知らなくってf^_^; ですね、名前と顔が繋がらないかもしれませんが。
マトヴィ夫妻は初日でしたか?キラキラ豪華なエンタメ作品。う~。見て見たい。基本的にはボリショイの作品路線なのだろうか?トラちゃんは自粛ですか、代わりに人間って!
ルジ芸監、念願のLondonデビューは成功なのですね。ジゼルもご覧になられたら、またよろしくお願い致します。
まりあ 2008/07/24(木) 11:50:09) 編集


>>キャストはおわかりになりますか?これというDancerはいましたか?

キャスト表とミニレポ、後ほどアップしますので~。2日目のせいか?私の知っているダンサーはイリーナ・ペレンしかいませんでした・・・特に目を惹いた人はいなかったんですが、まあ"真剣勝負"のジゼルの時にしっかり見てきたいと思います。

そうです マトヴィ夫妻は初日でした。(明日のジゼル初日も彼等です)ルジさんは、2日目ということで残念ながらカーテンコールにはお出ましになりませんでしたけど、幕間にお見かけしました~。ストール席への入口のドアの影で談笑されている姿を目撃。数人の関係者とおぼしき人達と何やら楽しそうにお喋りされてましたよー。(黒ずくめでキメてました。細かった~~~!)
Naoko S 2008/07/25(金) 08:01:18) 編集

NaoKoさん、続報ありがとうございます。特にこれといったDancerは~。ま、そうですよね。ルジさん情報まで頂いてありがとうございます。うれしい~。ますます痩身になっていますか。(例え方が変かもしれないけど、日本の俳優田村正和のように、ダンディだけど、細っ!)やはり黒ずくめでしたか、男性Dancerは多いですよね、黒ずくめ。想像するに、舞台衣装の反動かしら?先日来日したジョナサン・コープさんも黒ずくめでございました。
新版「ジゼル」どうなのでしょうか。私も見たいなあ。レポを楽しみにしております。
昨日は「ニーナのラスト白鳥」を友人と仕事を休み (マチネだったので)見ました。これでホントにオールラウンドに踊れる最後のプリマ引退だわ。(涙)毎年誰かを見送りしてますのね…。
まりあ 2008/07/25(金) 17:46:25) 編集


>>やはり黒ずくめでしたか、男性Dancerは多いですよね、黒ずくめ。

あ、そういえばイレールも黒のジャケット着用のことが多いかも・・・(笑)

>>「ニーナのラスト白鳥」

これはABTでの最後の白鳥という意味でしょうか ニーナは完全引退してしまうわけではないですよね??私もできることなら、せめてもう一度彼女の舞台を見たいです。グリジア国立、ロンドンに来てくれないかなああ・・・
Naoko S 2008/07/26(土) 07:07:16) 編集

NaoKoさん、ご安心を。「ニーナラスト白鳥」はABTとして。ですよ~。急遽追加公演が決まり、マチネ公演となりました。ホセと踊る姿も見納め(日本では)でした。万感胸に迫りました。観客は皆さん同じ思いでニーナを見る為集まった方々と思います。果てしなく続くと思われるようなカーテンコール。温かい拍手。ニーナのザ・プリマの姿でした。(涙、涙)
で、(気を持ち直し)グルジアバレエですが、Londonでもきっと公演があるのではないでしょうか。
もし、無かった場合は日本においでませ。JAさん、しっかり呼んでくれます。2010年2月(再来年かぁ)R&Jの予定です~。
まりあ 2008/07/26(土) 08:28:48) 編集


まりあさん、感動的な公演だったようですね・・・詳しく教えくださってありがとう~。

>>2010年2月(再来年かぁ)R&Jの予定です~。

2010年の公演予定がもう発表になってるんですか!グルジア国立は確か今年エジンバラ・フェスに招待されているはずですが(来月だったかな)、ロンドンは今のところ予定ないんですよ・・・ニーナが現役のうちに来て頂きたいなあ・・・。
Naoko S 2008/07/27(日) 06:37:04) 編集

NaoKoさん、グルジア国立バレエはエジンバラフェスに参加ですね、Londonからは遠いのでしょうか?(距離感覚が分からず、すみません)ニーナの踊りをなるべく早く見たいお気持ち、わかります。早く来て~。と念力を送りましょう!さて、この前から私が騒いでいる「エトワールガラ」。やっとルグリの出演が正式発表され、やっぱりルンちゃんはルグリ先生と「マノン」を踊ります。
ロシア、パリオペのDancerが一緒に踊ると、一種の化学反応が起きるようですし、期待です。(でも先生ではなくエルヴェで見たかった、しつこくてすみません)ルグリは来年もパリオペでキャスティングされていますが、どういう位置で残るのでしょうか?(ご存知の方、教えてくださいませ)他のDancerはアデュ-したら、一区切りですよね。その為に定年制度があるわけだし。ルグリだから特別なのは、ファンはうれしいでしょうけれど、何だかふに落ちないですね…。ちょっと前迄のエトワール(特に女性達)は、まだ踊れるのに辞めていったのだし。そういえば、彼のアデュはいつなのでしょう?(ロモリ、カデールが既に終了したけど)ルグリが素晴らしいDancerである事と、この事とは全く別だと思うんですが。で、気持ちはDownしながらも、来週から始まります。
まりあ 2008/07/29(火) 08:04:38) 編集


>>グルジア国立バレエはエジンバラフェスに参加ですね、Londonからは遠いのでしょうか?

ロンドン~エジンバラは近くはないです・・・少なくともパリよりは遠い!ロンドン公演実現にはスポンサー確保が必須なんでしょうけれどねー あ~なんとかならないかなぁ・・・

ルグリ、やはりエトワール・ガラにご登場なんですね!ここのところルグリ出演公演がすっかり日本の夏の風物詩として定着してるような・・・しかし、この方はなんだってこんなにお元気なんでしょうか??私は彼と同世代なのですが、ちょっと忙しくなるとすぐヘタる我が身と比べるにつけ(比べても意味ないですが・・)、ただただ尊敬のまなざしですわ・・・

ところで、ルグリは64年10月生まれだから来々シーズン末(?)までパリオペ・エトワールとして踊っていてもおかしくないような気がするんですが(カデもお誕生日月の11月でなくその8ヶ月後にアデューしたわけだし)。アデュー公演に来シーズン後半の「オネーギン」が本命視されてるためにルグリは来シーズンで引退・・・という見方が定着してるのかなと思ってました(確かご本人も一時そう仰っていたような)。どうなるんでしょうね??
Naoko S 2008/07/30(水) 15:53:49) 編集

NaoKoさん、エジンバラはパリより遠いのですか…。それは、早くLondon公演を熱望致しますね。ルグリさん、ルジさん、日本をご贔屓頂いていますね。私も彼、ニーナと同年台ですが、舞台を見ている私がゼイゼイしているのに、踊っているんだから凄いですわ~。といつも思います。さて、ルグリ引退時期ですが、NaoKoさんのおっしゃる通りでした。来シーズンの「ライモンダ」でした。来年の春ですね。
日本のバレエ雑誌「Dancemagazine」にルグリのインタが掲載されていました。
「ホントーは今シーズンで引退だったけれど、1シーズン延ばして貰いました。でもこれ以上は延ばせません。アデュはライモンダ。」と、まるで私の疑問へのお答。でも、延ばせるんですね?(私がルグリに対してあまり特別な熱がないからであって、ファンの方はやはりもっとエトワールとして踊って欲しいんですよね。)

「Dancemagazine」にはヴェルサイユ宮殿での東バ、シルヴィの写真が掲載されていて、深い緑の中、あの大噴水が見える庭園に舞台が作られ、夢のようです。
ルイ王朝時代も、この庭園でバレエコンサートが行われたのでしょうね。
私も貴族の仲間入りして、フリルのいっぱい付いたDressでバレエを見ている気分になりました。
まりあ 2008/07/30(水) 18:09:02) 編集

あ~。私、もしかしてルグリのアデュは「ライモンダ」なんて書いていませんか?「オネーギン」です!あ~またそそっかしい事ですみません。
まりあ 2008/07/30(水) 19:45:31) 編集


なんというタイミングのよさ!まりあさんの疑問にルグリさん自ら答えてくださったんですね(笑)。

引退時期延長・・・って、言われてみれば私もちょっと前に立ち読みしたDance Europeで彼がそんなことを語っていたような、とうっすら記憶が甦ってきました(←いい加減でスミマセン・・・)。う~んこういう措置はそうしょっ中はとられないだろうとは思いますが、パリオペのことだからよくわからないですね~。(はあー しかし、来シーズンでいよいよルグリも引退なんですね・・・)

>>ヴェルサイユ宮殿での東バ、シルヴィ

この公演を見た友人が会場の雰囲気にいたく感激していました。(もちろん舞台も素晴らしかったようですが・・・)私も一度このセッティングの中でバレエ/ダンスを鑑賞してみたいです・・・ル・パルクなんかいいんじゃないかな~?
Naoko S 2008/07/31(木) 07:06:09) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--