スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
【特別寄稿レポ】 "Alina & Friends"
去る5/7、サウス・バンク・センターの小じんまりとしたホール(Queen Elisabeth Hall)でアリーナ・コジョカル(初?)の座長公演が開催されました。以前もちらりとお伝えしましたが、この公演は、ルーマニアの医療活動を支援する英国のチャリティ団体"Hospices of Hope"のためのファンドレイジング・イベント。

いつも当ブログにコメントをお寄せ下さっているミッツイカスパーさんがこの公演をご覧になっていて、当方宛に詳細な鑑賞レポを送ってくださいました。こんなに貴重なレポが私一人の目にしか触れないのはあまりにも勿体無い(&申し訳ない)・・・是非当ブログで紹介させてください、とお願いした処快諾を得ました。

・・・というわけで、ミッツイカスパーさんの「アリーナ&フレンズ公演」の鑑賞レポをここに転載させて頂きます。Enjoy!!


『これはたぶん、アリーナにとって初めての自主公演ではないでしょうか? 過去に彼女が仕切った公演って聞いたことないですよね? ご存知の通りチャリティ公演のため、チケットの売り上げはすべてホスピスへ渡るそうです。出演したダンサーは全員ボランティア。プログラムは次の通りでした。

☆ Other Dances (Jerome Robbins) - Alina Cojocaru,
Johan Kobborg
☆ Flames of Paris (after Vasily Vainonen) - Yuhui Choe,
Marian Walter
☆ L'Apres-midi d'un faune (Tim Rushton) - Johan Kobborg
☆ Bird as Prophet (Kim Brandstrup) - Alina Cojocaru
☆ Coppelia (after Arthur Saint-Leon) - Roberta Marquez,
Daniel Ulbricht
☆ Don Quixote divertissement (Petipa) - Alina Cojocaru,
Johan Kobborg, Roberta Marquez, Daniel Ulbricht, Yuhui Choe,
Marian Walter, Emma-Jane Maguire, Romany Pajdak,
Sergei Polunin


クイーン・エリザベス・ホールって行ったことあります? 会場のアットホームさに驚きました。すり鉢を半分にした形の会場で舞台は床からわずか30-40センチほどの高さ。舞台に緞帳がなくオープンなスタジオのよう。1列目の席から舞台までの距離は1メートルくらい。私の席はセンターブロック前から2列目でしたが、1列目の車椅子スペースに誰もいなかったので、もう目の前でダンサー達が舞っていました。ひとりでこんなイイ思いをしていいの?ってくらい感動、興奮。

過去、ロンドンでは、私はいつもアリーナ&ヨハンの組み合わせにふられ放しだったので、やっと落ち着いてちゃんとふたりの舞台を見ることができて嬉しかったです。ロビンズの「アザー・ダンス」はふたりのコミカルなやりとりやロマンティックな会話が聞こえてきそうな作品で、息の合ったところを見せてくれました。ほんとに微笑ましかった。踊ってるときにヨハンがアリーナの耳元で何かしゃべっているのが聞こえちゃいました。余裕なふたり? ヨハンの「牧神」は官能的というよりも興味津々のやんちゃな牧神って感じ。アリーナのソロはワールド・プレミアで、ブランドストラップがアリーナのために振付けた作品。ロイヤルで踊ってたブランドストラップ作品と似たようなムーブメントですが全体的に無機質(表現がとぼしくてすみません)。ストーリーがあれば別ですが、初めて見る作品って解釈が難しい!

このアリーナのソロの前にサプライズがありました。暗い舞台の真ん中にスポットライト。何が始まるのかと思ったら、スティーヴンが黒のスーツ+タイで登場。そしてタップダンスをちょっとだけ披露。きゃぁ~、2003年のローザンヌ・コンクールの再現かしら~、ととても興奮してしまった。カッコよくよそいきに決めたスティーヴンでしたが、「Are you enjoying it? No... not much....」とあのオーストラリア・アクセントでしゃべりだしたらいつもの彼。そして「子供は誰でも夢を持ってる・・・・子供を救うためにホスピスは必要・・・」というホスピスをサポートするスピーチをしたのでした。スティーヴンもこのガラに出演する予定だったのに、悔しかっただろうなぁ。私も残念でなりません。でも、このアリーナのガラ公演の準備にかなり協力してたみたいです。ホスピス関係者のスピーチがあったときにスティーヴンに感謝の言葉が贈られてました。

そして、そして、由姫ちゃん。プログラムに名前を見つけたときは、思わずはしゃいでしまいました。ロイヤルでも毎日のように踊ってるのに、ここでも踊ってくれるなんて・・・。しかも「パリの炎」(ロイヤルではあり得ない!)を見られるとは思ってもみなかったから幸せ~。腕の動きがとてもしなやかで動きの美しさが目立ってる由姫ちゃん。表情もとてもかわいい。堂々と踊ってた姿はこの日の誰よりもバブリーでした。ソロイスト以上の実力も証明できてる。連続フェッテの最後のほうが不安定で最後のほうは「あっち向いてフェッテ」になってたのが惜しい。でも、このガラで多くのファンの心を掴んだことでしょう。終わってからの拍手とブラボーが凄かったです。

由姫ちゃんの素晴らしい演技に興奮したあと、ロベルタの「コッペリアpdd」を観る気が失せてしまってあまり印象に残ってません。ましてや、1月に観た都さんのスワニルダがまだ頭の中にあって・・・。一緒に踊ったダンサーがむちむちしてて、安定感はあったものの全体的に重たかったです。

最後のグラン・フィナーレは「ドンQ」のハイライト版。最初にアリーナ&ヨハンがPDDのアダージョ。バジルのソロをセルゲイ・ポルーニン。なかなかジャンプの高い、鋭い動きのダンサーですね。そして、ヨハン&エマ・ジェーン&ロマニーがパ・ド・カトル。アリーナのキトリ・ソロ。最後は男性ダンサー4人で同時にスピン(すみません、バレエ用語がわかりません)。女性は交代でフェッテ。華やかに終わりました。

関係者から女性ダンサー全員に花束が贈られて、そのあとアリーナが大きな真っ赤なバラを1輪ずつ出演した仲間にあげてた姿が愛おしかったです。左から順番にあげてたのに、ヨハンの前に来るとあげないで通り過ぎようとして笑いを誘ってました。

インターバルなしの90分。短かったけど充実した公演でした。プログラム構成もよかったし、とにかくアリーナの精一杯がとっても伝わってきて最後はうるうるしちゃいました。オーディエンスの中にはROHの常連があまりいなかったように思えます。いつも楽屋口にいる人たち、誰も見かけませんでした。この前日、アリーナが首を痛めてたことを知り、そのためビューティもホマージュも降板していたらしいと聞いていたので、この日の公演はどうなるんだろ・・・と少し不安でしたが、踊りを見る限りでは首を悪くしているようには見えなかったです。痛み止め打って踊ってたのかしら??

駆け足レポでしたが、雰囲気だけでも感じていただければと思います。Alina&Friends、また企画してほしいです。』

《完》

(Naoko S: 座長・アリーナの奮闘ぶりが伺えるのは勿論、由姫さんが大活躍されていたことがわかってとっても嬉しい~<見たかった~!>ミッツイカスパーさん、素晴らしいレポをありがとうございました!!)
2008-05-28 07:55 | その他のバレエ・ダンス公演 | Comment(3)
Comment
こんにちは ご無沙汰しております

この一夜ははじめから終わりまで本当に充実していた内容演目でさらにアリーナの自国の恵まれない人達への心遣いにとても感動し家に帰るまでほのぼの気分を味わっていたことを思い出します。

後日の彼女との話では寄付金が思っていた以上に集りとても喜んでいました。
彼女は時々ロイヤルバレエダンサー達から
フィットしないトゥシューズや着古したレオタードを集めてルーマニアでバレエを習っている子達にプレゼントしているのです。
ダンボール箱を開いて喜んでいる顔が想像できますね。
Yoshi 2008/06/01(日) 16:38:37) 編集


Yoshiさん お久しぶりです~!!

アリーナ&フレンズ公演Yoshiさんもご覧になっていたんですね。寄付金が思いのほか集まっていたとは、後日談をお聞かせいただきありがとうございました。(よかったですね!)

>>彼女は時々ロイヤルバレエダンサー達からフィットしないトゥシューズや着古したレオタードを集めてルーマニアでバレエを習っている子達にプレゼントしているのです。

そうだったのですか・・・日頃から個人で地道な慈善活動をされていたのですね アリーナは・・・。頭が下がります。

アリーナは結局ダブル・ビルには登場しなかったけれど(彼女のDances~を見たかった・・・)、Yoshiさんのお話からお元気そうな様子が伺えて?ほっとしました。

ところで、Yoshiさんブログを一新されていたんですよね。私ずっとお引越し先を見つけられず、少し前にMさんに教えて頂いてやっと辿り着けたのでした。以降ちょこちょこ覗かせて頂いてます(ブダペストの歯科治療のお話は興味津々・笑)。私と同様Yoshiさんのブログを探し求めて見つからなかった方のために、URLを貼らせてくださいませね~↓

http://blog.goo.ne.jp/vesper_uk
Naoko S 2008/06/01(日) 23:29:58) 編集

Yoshiさん、

ブログで何度か拝見していたYoshiさん制作のアリーナのキトリの衣装の本物をやっと見ることができました。写真でも感じてましたが、袖のレースの部分がとても素敵でアリーナにあってますね。あの衣装で日本公演のガラも踊るのかしら?
ミッツィカスパー 2008/06/03(火) 14:41:29) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。