スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
サドラーズ劇場"Sacred Monsters" 公演中止
サドラーズ・ウエルスで来週月・火曜と開催予定だったシルヴィ・ギエムとアクラム・カーンの「セイクレッド・モンスターズ」公演が中止になりました。

http://www.sadlerswells.com/show/Sacred-Monsters

チケット・ホルダーの方には既にお知らせがいっていたのかもしれませんが、(見に行く予定のない)私は今日サドラーズのサイトで見て初めて知りました。このサイトには「怪我のため」としか書いてないのですが、おそらく怪我したのはシルヴィ・・・この公演、今週ブラッセルのモネ劇場でも行われるはずだったのがシルヴィの怪我で中止になっていたのですよ。

http://www.lamonnaie.be/demunt-1.0/programma/productie.jsp?id=6439&language=FR

シルヴィといえばこの夏の東京バレエ団欧州ツアーが来月16日スタートの予定で・・・くれぐれも怪我が重くないことを祈ります。

この東バ公演、シルヴィとイレール&ルグリが客演するアテネ(6/16、17)とリヨン(6/26~28)のどちらかに行きたいと思ってたんですが・・・アテネは平日なのでパス、それじゃリヨンかな・・・と目論んでいたのですが、ノロノロしていたらチケットあっという間に完売!主催者に電話して様子をきいてみたら、ホントに・完璧にソールド・アウトで、なんとキャンセル待ちの人が60人ぐらいいるって・・・!で、もう殆ど諦めモードです・・・。(まぁ当然と言えば当然ですよね シルヴィ・ギエムがフランスでベジャールの「ボレロ」を踊るんだから・・・)

このビッグ公演も控えていることだし、シルヴィの早期快復を心からお祈りしております・・・
2008-05-11 02:49 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(8)
Comment
こんばんわ。僕は、月曜日の最前列ど真ん中を持っていました。ギエム追っかけ人生の中で、初めての最前列だったんです。

 一応、日程は再調整するとありますが、怪我の状況ではどうなることか。怪我が重くないことを祈ります。
守屋 2008/05/11(日) 04:41:31) 編集


守屋さん こんばんは。(お暑うございます・・・)

>>僕は、月曜日の最前列ど真ん中を持っていました

わーそれはそれは・・・残念至極ですね 心中お察し申し上げます。できるだけ早く仕切り直しができるとよいですが、その際は最前列でシルヴィを堪能なさってくださいませ・・・
Naoko S 2008/05/11(日) 05:52:13) 編集

ギエムの怪我で公演中止なんですか。そういえば何年か前、コヴェントガーデンで上演されるはずだった「三つの愛の物語」も彼女の怪我で公演中止になったことありましたよね。6月の「ボレロ」までには復帰してくれるといいですね。リヨンの野外劇場での公演はすごい人気なんですね! 先日行ったばかりですが、3月なので寒々としていましたけど、6月は陽も長くってお天気も良くって、あんな野外劇場で観られたら素敵だろうなあ。
はなはな 2008/05/11(日) 11:49:20) 編集


>>そういえば何年か前、コヴェントガーデンで上演されるはずだった「三つの愛の物語」も彼女の怪我で公演中止になったことありましたよね。

そうそうそんなこともありましたね・・・シルヴィは比較的怪我の少ないダンサーという印象が強かったのであの時はかなり驚いたものでした・・。

>>リヨンの野外劇場での公演はすごい人気なんですね! 先日行ったばかりですが、3月なので寒々としていましたけど、6月は陽も長くってお天気も良くって、あんな野外劇場で観られたら素敵だろうなあ。

そういえばはなはなさん、以前フランスの野外劇場の写真をアップされてましたけど、そうか あそこが会場なんですね・・・!(←全然わかってない奴)

アウトドア・バレエも気持ちいいものですが、この会場はネックが一つありまして・・・座席指定がなくて全席自由(のはず)なので、開演のかなり前から並んでなきゃいけないかも、というのがオバさんにはかなりツラい(7/14のバスティーユ状態・笑)。残念ながら私自身はこの公演を見られる可能性はほぼなくなってしまいましたが・・・。
Naoko S 2008/05/11(日) 22:14:58) 編集

Naokoさん、みなさん、こんばんは。
すっかり御無沙汰しました。
ついに用事にかこつけて、ベルサイユ見に行く事にしましたよ。チケットも取りました。リヨンじゃないのがちょっと残念ですが、そこまで我儘は出来ないので。
シルヴィが怪我から無事復帰してくれる事を祈ります。

そして、先週、出先でチェックしていた椿姫のチケットは、この週末自宅で購入、と思っていたら、イレールの発表の所為か、私の見られる日はあっという間に売り切れでした。

昨日、今日と、東京バレエのベジャールプロを見てきました。
とてもいい舞台でした。
音楽の使い方、動き、群舞の配置、ベジャールの偉大さの再認識です。東バダンサーは、一人一人の迫力はBBLやPOBと比べるとどうしても落ちますが、コールドは美しく揃って、ベジャールの才能と相まって、素晴らしいものでした。ギリシャと春祭に感動の涙。不思議に喪失の悲しい涙ではなく、巨匠の残したものを素晴らしく成し遂げ、受け継いでゆく事への感動の涙でした。時代遅れとの声も聞こえる火の鳥も、久しぶりに見ると、動きの一つ一つが不思議に新鮮に思えました。
この舞台なら、きっとヨーロッパツアーもそれなりに評価されると思います。と、ちょっと、母親の心境・・・(笑)。
テス 2008/05/12(月) 01:09:15) 編集


わ~テスさんお久しぶりです。ヴェルサイユ公演、いいですねー。私もリヨンが駄目そうとわかって他の公演地を模索し始めたところですが、なにぶんにもイレールの椿出演日がわからないことには計画をたてられず・・・。(今頭の中ぐちゃぐちゃです~~)

ところでシルヴィの怪我、心配ですよね・・・こればっかりは、ただただ早期快復をお祈りするばかりです。

>>昨日、今日と、東京バレエのベジャールプロを見てきました。
とてもいい舞台でした。

私もいくつかの日本のバレエ・ブログでこの公演の鑑賞レポを読みましたが、総じて好評みたいですね。

>>不思議に喪失の悲しい涙ではなく、巨匠の残したものを素晴らしく成し遂げ、受け継いでゆく事への感動の涙でした。

うーん東バ、やりましたね~。観客にこんな風に感じさせることができたのはダンサー達の功績でしょうね 作品自体に力があることは勿論だけど。見る人を感傷的に・悲しませるのではなくて、ポジティヴな意味で感動させてくれるなんて、まさにベジャール!私も見たいです・・・(返す返すもリヨンで出遅れたことが悔やまれます・・・←猛反省)
Naoko S 2008/05/12(月) 02:09:48) 編集

 こんにちは。リヨンの劇場はベジャールのドキュメンタリー映画、リュミエールでみました。すごく素敵なところですね。私も一度でいいからここで観劇してみたいです。人生でそういう機会があるかどうかはわかりませんが。ベジャールの話題がでていたので、嬉しくてまたコメントかいてます。
 先日NHKでプリセツカヤがアヴェ・マイヤを踊ったのを放送していました。ベジャールがプリセツカヤのために振付けたもので、全部みたのははじめてだったので嬉しかったです。舞台は京都の神社で、他に、能楽師の方と舞踊家の方と3人でボレロの音楽にのって即興で踊るというのがメインでした。プリセツカヤはもう80歳過ぎてるんですね。なにかで、プリセツカヤは本当に正しい訓練をしていたら、いくつでも踊れるという見本だということを読んだことがあります。でも、一流のダンサーはみな正しい訓練をしているはずですよね?本当に、という意味がよくわかりませんでした。ただ、彼女はすごい、ということだけわかります。なんかその文章からそういうことが伝わりました。バレエブログいつも楽しみにしています。それではまた・・・。
,かぼちゃ大王 2008/05/12(月) 14:24:38) 編集


>>リヨンの劇場はベジャールのドキュメンタリー映画、リュミエールでみました。すごく素敵なところですね

えっ!あの映画に出てきましたか?一度だけ見たけど、全然憶えてなかったです・・・(汗)

プリセツカヤと能楽師の共演、ちょっと前に話題になっていた公演ですよね?彼女は本当に凄いですね・・・でも、彼女に限らず、あの年代のバレリーナは皆さん年齢を超越してる方が多いような。イギリスのダム・アリシア・マルコワも90歳過ぎてなお背筋がピッと伸びてお美しかったですよ・・・。

>>なにかで、プリセツカヤは本当に正しい訓練をしていたら、いくつでも踊れるという見本だということを読んだことがあります。でも、一流のダンサーはみな正しい訓練をしているはずですよね?本当に、という意味がよくわかりませんでした。

う~ん私にもよくわからない(笑)。でも、彼女の場合は、訓練以前の要素・心身の強さからして並外れていたことは確かでしょうね・・・
Naoko S 2008/05/13(火) 05:49:54) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。