スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロイヤル・オペラの2008/09シーズン
ロイヤル・オペラ・ハウスの来シーズン、バレエに続いてオペラのラインナップをメモしておこうと思っていたら、タイミングよく今日公式サイトに情報がアップされていました。オペラは演目も多いので以下サイトからコピペしちゃいます:

<Autumn 2008/09>
- Don Giovanni, La fanciulla del West, La Calisto, La bohème, Matilde di Shabran, Hansel und Gretel

<Winter 2008/09>
- Elektra, War Requiem, Les Contes d'Hoffmann, Turandot, Die Tote Stadt, Rigoletto, Der Fliegende Hollander, The Beggar's Opera

<Spring 2008/09>
- I Capuletti e I Montecchi, Verdi Requiem, Dido and Aeneas/Acis and Galatea, Il Trovatore, Lohengrin, L'Elisir d'Amore

<Summer 2008/09>
- Lulu, La traviata, Un ballo in maschera, Il barbiere di Siviglia, Tosca


↓のページで各ピリオドの概観をみられます:

http://info.royaloperahouse.org/season/index.cfm?ccs=1203

全キャスト他詳細はこちら(pdfファイル):

http://info.royaloperahouse.org/News/Index.cfm?ccs=1200

プレス・リリースで目を惹いたスター歌手はこちら:

- ファン・ディエゴ・フローレス(マティルデ・ディ・シャブラン・・・ヴェッセリーナ・カサロヴァも出る、セヴィリヤの理髪師)、ロランド・ヴィヤゾン(ホフマン物語)、ブリン・ターフェル(彷徨えるオランダ人、トスカ)、ルネ・フレミング、トマス・ハンプソン(ラ・トラヴィアータ)、デボラ・ヴォイト(トスカ)、et al....

新作8本でそのうち一本(ダブル・ビル~Dido and Aeneas/Acis and Galatea)はロイヤル・バレエとのコラボレーション作品。ウェイン・マグレガーが演出を手がけ、2キャスト用意されるということで、これは楽しみ。歌手の陣容はなかなかだし演目もバラエティに富んでいて、これを見てたら今シーズンはやはりリソースのかなりの部分がリング・サイクルに費やされていたのね・・・としみじみ実感。

え~それと最後におまけ。ロイヤル・オペラではなくて"パリ・オペラ座オペラ"の来シーズンなんですが、リッカルド・ムーティがオペラ座デビューを果たすそうです。・・・ええーっムーティってパリでは振ってなかったの??と驚きましたが、この記事のタイトルからすると、そうですよね??

http://www.lefigaro.fr/musique/2008/03/20/03006-20080320ARTFIG00356-riccardo-mutipremiere-a-l-opera-de-paris.php

ムーティが振るのは18世紀ナポリの音楽家・ニッコロ・ヨンメッリ作曲の「デモフォーンテ」ということですが・・・作曲家の名前もタイトルも初めて聞きました。めったに上演されないコレクター・アイテム的作品なのかな?(さすがパリオペ、太っ腹ですねえ・・・)
2008-03-26 08:18 | オペラ | Comment(7)
Comment
日本では、こんばんは、です。
今、「フィガロ」のチケットが取れました。お陰さまで、1列目と2列目で見ることができます。前にどんなに大きな人が来ても、ここなら大丈夫です。せっかく予習していましたのに、時間にPC入力しましたら、waitingroom へ入れられ、辞書で一字ずつひいても、変な日本語になりました。そうこうする内に、画面がパッと変わって申し込めるようになりました。混んでいたようです。
来シーズンのラインナップを拝見しました。残念ながら来シーズンは、マッティはなさそうですね。ロイヤルとは、しばしお別れか?
あやっち 2008/03/26(水) 21:24:01) 編集


あやっちさん、チケット確保おめでとうございます!(&わざわざお知らせ下さり恐縮です。)

・・・まぁ~それにしても。貴方様はなんという強運の持ち主なのでしょうか あのサイトにログインしてすぐにつながったとは!私も一度だけ試したことがありますが、速攻ウェイティング・ルームに入れられて順番が600番台とかふざけた数字だったのですぐに諦めてしまいました。今日のballet.coも(ブッキングで)さんざんな思いをした人たちの体験談で賑わってましたよ。そんな中、一列目と二列目が取れたとは、ほんとにラッキー。よかったですね!

>>残念ながら来シーズンは、マッティはなさそうですね

「セヴィリヤの理髪師」にフローレスが登場すると知って、YouTubeで見たマッティさんの姿を思い出したんですが、残念ながら今回はこの二人の共演は実現しないみたいですね・・・。来来シーズン以降(?)またコヴェント・ガーデンに復帰してくださるといいのですが。(私も是非見たいです・・・)
Naoko S 2008/03/27(木) 08:04:39) 編集

ラッキーですか、私は。でも、あの数字は1つずつ減るのではありません。まとめて、バ~ッと減ったりしていました。少し待てば、大丈夫です。日本なら、2時間電話をかけるのは覚悟の上です。
Naokoさんに教えていただければありがたいのですが。
7月頭にロンドンへ参ります。いつも、ストランドパレスホテルに泊まります。(劇場に近くて比較的安いので)食事に困ります。私は、お酒は飲まないので、どんな所で食べたらいいのかと悩むのです。1度入ったイタリアンの店では、スパゲティの多さにびっくり。残すのも申し訳なくて・・・。子供サイズ(ウィーンでは時々見かけます)またはハーフサイズの量のあるお店をご存知ありませんか?またあの近くでお薦めがありましたら。
この語も時々お邪魔させていただくと思います。よろしくお願いいたします。
あやっち 2008/03/27(木) 20:59:41) 編集


>>でも、あの数字は1つずつ減るのではありません。まとめて、バ~ッと減ったりしていました。少し待てば、大丈夫です。

そうですよね 私もわりとサクサク進むなぁという印象がありましたが、恐ろしいことに、経験者の話によると、時々上昇したかと思うとまた後ろに押し戻されることがあるんだそうです。(手の込んだ冗談としか思えないような話ですけど・・・)

>>子供サイズ(ウィーンでは時々見かけます)またはハーフサイズの量のあるお店をご存知ありませんか?またあの近くでお薦めがありましたら。

子供orハーフサイズの量で出すお店はちょっと聞いたことがありませんが、単純に「半分でいい」と言えば、そうしてくれると思いますよ。私自身はたいてい仕事の後に駆け込むことが多いのであの辺で食事してから観劇することはあまりないのですが(サンドイッチか何か買っていって上演前にハウスで食べることが多い・笑)、思い出したら今度書いてみますね。
Naoko S 2008/03/28(金) 08:29:05) 編集

お久しぶりです。イタリアへ遠征されていたのですね。(とっても怖い経験があるイタリアです)
日本は、ゴールデンウィーク  に入り、大分暖かくなりました。
ヨーロッパも過ごし易くなりましたでしょうか?
ロイヤルの来シーズン を載せて頂きありがとうございました。おおよそのことは分かっていましたが、細かい日程まで見つけることができず、大変助かりました。来年もロンドンへ行く必要があります、ハイ!!
いよいよ、6月の私の遠征に備え、準備開始です。そこで又お尋ねしたいのですが、ロンドン⇔パリ  の新幹線と言うのはどの様な車両ですか?個室のようになっているのでしょうか?
また、混んでいますか?
昨年、ローマ⇒ナポリの列車に乗り込んで、余りの混雑と日本の車両と違っていて、中でボーっとしている間に、いきなり知らないおじさんが私達のスーツケースを網だなへ乗せ始め、「自分達では、重くて下ろせないから止めて欲しい」と言っている間に、連れがかなりガードしてあった、カード・現金類を抜かれてしまい、大変な思いをいたしました。予め知識を得ておく・地図はほぼ暗記しておく等今の私には、驚異的な課題ですが、今回は一人旅。
そちらにお住まいの皆様のお力をお借りして、安全な旅をしなければならないと痛感いたしました。
できるだけ荷物は減らすべく頑張りますが、オペラを見るときは、流石にGパンは憚られますので、最低限の靴・服・バックを入れますと、中位のスーツケースにはなってしまいます。
これに振り回されないように、予め列車での置き場所を知っておきたいと思います。
お忙しいとは思いますが、アドヴァイスをいただければ幸いです。
又何か注意することなどございましたら宜しくお願いいたします。
あやっち 2008/04/27(日) 11:37:01) 編集


あやっちさん こんにちは。

日本は今一年で一番いい陽気の頃ですね。かなり暖かいみたいですけど、ロンドンの気候は・・・相変わらず不順です。徐々に気温は上がっていますけどまだ急に寒くなったりもするので・・・

いよいよ準備開始ですか。ユーロスターですが、乗る曜日・時間帯によって違いはあると思いますが、今かなり乗車率いいみたいです。ロンドンの新駅・サント・パンクラス効果もあって飛行機からかなりお客が流れていてホクホクみたいですよ。

ユーロスターは1stクラスも2ndクラスもコンパートメントではなくて、「普通の」列車のつくりです。対面式の4人がけ席が各車両に若干数設けてあるほかは2人がけの席。決してゆったりしたつくりではなくて新幹線に比べると狭苦しく感じるかも・・・。(ユーロスター公式サイトのどこかに車両のスペックがあるかもしれませんので探してみてください。)

もし二人がけの席があてがわれていて隣に人が来なければ中型のスーツケースなら自分の席に押し込めるかもしれません。そうでなければ狭いながらも荷物置き場が各車両の客席スペースの端にあります。大型のスーツケース等は各車両間の通路に置くことになります。ここは"早いもの勝ち"なので大きな荷物があるなら早めに乗車して置き場を確保しないとすぐに一杯になってしまいます。

イタリアでは大変な目に逢われてお気の毒でしたね・・・。状況がよくわかりませんが、パスポートと現金をスーツケースに入れてあったわけではないですよね??飛行機同様列車の旅でもスーツケースには貴重品は入れない(万が一紛失しても害の小さいものだけ入れる)、貴重品は常に肌身離さず持っている・・・と徹底すれば多分大丈夫じゃないかと思うのですが。

ユーロスターで窃盗事故が多発しているという話は私自身は聞いたことがありませんが、ひょっとして当たり前すぎてニュースにならないだけかもしれないし(笑)、ヤバい雰囲気の人たちが沢山乗車してると感じたこともないですが、これはあくまで個人的印象にすぎませんので・・・。多分何も問題ないと思いますけど、もしまだチケットをブックされてなくてどうしても不安であれば、1stクラスのチケットを取っておかれては?2ndクラスのお客よりは乗務員が何かとヘルプしてくれるのではないかと思うのですが。
Naoko S 2008/04/28(月) 00:59:51) 編集

アドヴァイスをありがとうございました。
私が持っている「ロンドン」の本は、古いので、新幹線のことが載っていませんでした。慌てて、2008を求めましたら駅が変わるとか、早く行かないと締め切られてしまうとか衝撃の内容。旅行本は、新しくしていかなくてはいけないのですね。
しかし、読めば読むほど、地下鉄に乗るのもバスに乗るのも難しそうですね?!慣れていらっしゃると、ゴチャゴチャした東京の方が大変なのかもしれませんが・・・。毎日本を眺めて、暗記しようと思います。
それと、料金が高いので驚きました。私は、既に2クラスを取ってもらいましたが、東京⇔大阪  位かと考えていましたら、えらい違いでした。余り頻繁に往復するのも考え物です・・・。
本を読んでいると分からなくなることもあるかと思います。
又どうぞ宜しくお願いいたします。
あやっち 2008/05/07(水) 20:50:49) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。