スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロイヤル・バレエの2008/09シーズン
パリオペに続きロイヤル・バレエの来シーズン詳細も発表されました。(例年になく随分両者のプレスリリース時期が近かったな~と前回の拙記事をチェックしたら、ロイヤルの発表は昨年は4/4でした。今年はかなり早かったのね・・・)

まずは、最重要情報から・・・

☆ 吉田都さんの出演予定公演: 『くるみ割り人形』 2008年12月15、19日

・・・・ああ~~よかった・・・(ホッ)

今日午後ballet.coで速報を読んで『くるみ』が入ってることはわかったんだけど、キャストまでは書いてなくて、どきどきしながらROHのサイトをチェックしたら・・・初日に都さんの名前が!《感涙》

今年も都さんの金平糖の精を見られるのね・・・ほんとうに有難いことです。《都さん&ロイヤルに心からの感謝を・・・!》

キャスト情報については、現時点でわかるのはブッキング・ピリオド1の演目分のみなので、都さんが『くるみ』以外にも来シーズンロイヤル公演にご出演されるのかどうか、まだわからないんですよね~。11~12月と5~6月に『オンディーヌ』が再演されるので、もしかして??と期待したのですが、プレスコンファレンスに出た方が先ほどballet.coに投稿してくださった記事によると、キャストはロッホ&ワトソンとアンサネッリ&フリストフ・・・と発表されたとか。(でも、2回も上演するのに2キャストで乗り切れるのか?まだどうなるかわかりませんよね・・・)

以下、ラインナップと《一部》キャスト情報です:

☆ 『白鳥の湖』 (2008 10/4~25、2009 2/27~28、3/9~28、4/1~4)

予定キャスト: ヌニェス&ソアレス(10/4、25)、ロッホ&アコスタ(10/6、9)、コジョカル&コボー(10/7、21)、アンサネッリ*&マッカテッリ(10/8、20)

☆ 『マノン』 (2008 10/11~11/27)

予定キャスト: コジョカル/コボー/サモドゥーロフ(10/11、22、11/22)、ベンジャミン/ワトソン*/ソアレス(10/13、17)、ラム/ボネッリ/セルヴェーラ(10/15)、ラム/ボネッリ/ソアレス(11/1)、ガレアッツィ/マッカテッリ/ハーヴェイ(10/22、30)、ロッホ/アコスタ/マーティン(10/24、11/1)、マルケス*/プトロフ*/マローニー(11/4、27)、モレーラ*/ペンファーザー*/マックレー*(11/17)

☆ 『セレナーデ/l'invitation au voyage/テーマ&ヴァリエーションズ』(2008 10/28~11/10)

☆ 『トリプル・ビル~ザ・レッスン/ヴォランタリーズ/マグレガー新作』 (2008 11/13~26)

☆ 『オンディーヌ』(2008 11/29~12/6、2009 5/27~6/6)

☆ 『くるみ割り人形』(2008 12/15~2009 1/10)


予定キャスト: 吉田&ボネッリ(12/15、19)、マルケス&プトロフ(12/17、20E)、崔*&マックレー*(12/20M)、ラム&ポルーニン*(12/21)、モレーラ&佐々木(12/23M、1/7)、カスバートソン&マッカテッリ(12/23、27)、ヌニェス&ソアレス(12/26、31)、アンサネッリ&フリストフ(12/28M、1/9)、ラム&サモドゥーロフ(12/31M、1/3)、コジョカル&コボー(1/3M、1/10)、ヌニェス&ペンファーザー(1/6、10M)

☆ 『ラ・バヤデール』(2009 1/13~2/7)

☆ 『トリプル・ビル~七つの大罪/カルメン/DGV』 (2009 1/31~2/21)

☆ 『ダブル・ビル~イサドラ/ダンシズ・アット・ア・ギャザリング』 (2009 3/11~21)

☆ 『ジゼル』 (2009 4/6~5/26)

☆ 『トリプル・ビル~レ・シルフィード/マリオット新作/火の鳥』 (2009 5/4~29)

☆ 『ジュエルズ』 (2009 6/9~19)


* London debut in role with Royal Ballet at ROH

※公演日詳細はROH公式サイトをご参照ください(pdfファイル):

http://info.royaloperahouse.org/News/Index.cfm?ccs=1200

目を惹くキャストは、なんといっても『くるみ』で主役デビューを果たす崔&マックレーのペア!二人は12/20(土)のマチネ公演で一回だけ踊ることになっていて、すごく見たいんだけど、都さん公演の翌日なのよね・・・(どうしよう~~)。あとは、マノンの《全員》主役デビューでこちらも一回だけ踊る予定になっているモレーラ/ペンファーザー/マックレーのトリオ。(スティーヴンはレスコーなのね・・・)

演目でやや面食らったのが『レ・シルフィード』。私はロイヤルがこの作品を踊るのを見た記憶がまるでないのですが、最後に上演されたのはいつだったのでしょう・・・??

オペラの方はざっと目を通しただけで書く時間がないのですが、ヤッタ~~~!!

・・・ファン・ディエゴ・フローレスが戻ってきます。しかも、彼の大大大のお得意演目(ですよね??)『マティルデ・ディ・シャブラン』と『セヴィリヤの理髪師』で!!

いや、1シーズンにフローレスが二回も来てくれるなんて信じられなくて、オペラハウスのプレス・リリースを何度も目をこすりながら見ましたが、確かに彼の名前が・・・《感涙》!しかもですね、『マティルデ~』の方には、なななんと、ヴェッセリーナ・カサロヴァ様のお名前も・・・(役:エドアルド) 信じられない!!

果たしてこんなウマい話が世の中にあっていいのだろーか??も~~アタマが爆発しそう・・・来シーズンのコヴェント・ガーデン、一番盛り上がるのは間違いなくこのニ演目でしょう!!(あっ、マティルデは10~11月、セヴィリヤは来年7月です・・・詳細はのちほど。)
2008-03-20 09:33 | ロイヤル・バレエ | Comment(4)
Comment
Naokoさん、お久しぶりです。来シーズンのお知らせありがとうございました!今年は早かったですね~。
ところで!都さんが今年もくるみの初日を飾られるとのこと!(涙)めでたいですね~。
くるみだけをロンドンまで観に行くのはなかなか難しいので私は観られないかもしれませんが、それでもとってもうれしいです。(そういえば、都さん表紙のくるみパンフgetしました♪)
でも行けば、都さんと、ユンフィちゃん&マックレーくんのデビューが観られる・・と悪魔のささやきも聞こえます。
マノンも観たいし(三人デビューの日はなかなか魅力的ですよね。マックレーくんのレスコー・・・うーんどうなんだろう)、もしかしたらオンディーヌかジゼルに都さんがキャスティングされるかもしれないし・・・と一人で色々書き出しては、カレンダーと睨めっこしています。
まだ2008年は始まったばかりなのに、2008年後半~2009年の予定に想いをめぐらせているいる私・・・こうやってあっという間に一年が過ぎてゆくのでした・・・。
asaco 2008/03/20(木) 16:38:31) 編集

>>目を惹くキャストは、なんといっても『くるみ』で主役デビューを果たす崔&マックレーのペア!

私もまずここに注目しちゃいました。よいパートナーシップが見られそう。

シルヴィとダーシーが去ったあとの「マノン」のキャストはこういうふうになるですねぇ。個々にはエドワードとかスティーヴンとかサラとかの役づくりが気になりますが、日本からわざわざ出かけてまで観たいと思えるようなケミストリーを感じさせる組み合わせというと、どの日がおすすめでしょうか? 

オンディーヌ、ジゼル、火の鳥・・・、都さん出演が気になります。

オペラはJDFとカサロヴァの久々の共演に惹かれます。ロンドンに行くなら、まずはこのあたりがターゲットと考えてます。
ミッツィカスパー 2008/03/21(金) 00:17:56) 編集

先ほどはどうもです。本編最後、今思い出しても、目頭が熱くなります。明日、速攻でかかなければ。

 本題。僕は、吉田さんに「レッスン」の殺される生徒役をやって欲しいです。数年前、「アナスタシア」のクシェンシスカ役で見せた大人の色気の演技が素晴らしかったので、吉田さんとはちょっと結びつかない役をやって欲しいですね。
 「マノン」は、ギエム、バッセル、ヤナウスキーが踊らなければ、僕にとって残るは、コジョカルくらいです。以前見たとき、コジョカルの役解釈、特に第2幕は「こんな解釈もあるのか」、と感心した覚えがあります。それにしても、ベンジャミンはタフですね。ワトソンとベンジャミンも見てみたいかな。
 コジョカルは、いまだに「白鳥」では評価されていないし、昨シーズンは、怪我で降板してしまったので、来シーズンは、「オデット・オディール」に関しては彼女はかなり力を入れてくるのではないかと期待します。ロホは、最近の雑誌インタヴューで、「カルメン」を踊ると断言していたので、踊るでしょうね。
守屋 2008/03/21(金) 08:21:25) 編集


asacoさん こんにちは。

"例の"くるみパンフ、無事ゲットされたんですね おめでとうございます~。

都さんの来シーズン・ロイヤルご出演の可能性についてはほんとに気になるところですが・・・(私も『ジゼル』ご出演を熱望しています!)

>>まだ2008年は始まったばかりなのに、2008年後半~2009年の予定に想いをめぐらせているいる私・・・こうやってあっという間に一年が過ぎてゆくのでした・・・

はは観劇《バレエ》ファンはいずこも同じですね・・・劇場通いでまた一年、あっという間にすぎてしまうのですよね・・・。


ミッツィカスパーさん、やはり由姫さんとスティーヴンのくるみデビューに注目されましたか~。将来を最も期待されるダンサー二人のダブル・デビューという粋な計らい、一回しか予定されていないこともあって、ファンの間では最もチケット競争率の激しい公演となりそうですね。

>>「マノン」のキャスト
日本からわざわざ出かけてまで観たいと思えるようなケミストリーを感じさせる組み合わせというと、どの日がおすすめでしょうか? 

うっっ・・・すみません、回答は保留させてくださいませ。私「マノン」を大の苦手としてまして(ハッキリ言うと"キラい"!)、ここ数年は見てないのです。それこそ個々のキャストで興味があれば多少食指が動きますが(れいのトリプル・デビューの日とか・・・)、今回もおそらくブックしないと思います・・・

>>オペラはJDFとカサロヴァの久々の共演に惹かれます。ロンドンに行くなら、まずはこのあたりがターゲットと考えてます。

マティルデ~は10月後半~11月にかけての上演で、この時期ちょうどRBはマノンとミックス・ビル(セレナーデ他)を上演してますよね。かなり美味しいのではないでしょ~か?


守屋さん、昨夜はどうも~。

・・・いや~しかし、ホントに凄かったですよね。2008年のマイ・ベスト・ステージは(早いですが)もうグル様でキマリですわ!

都さんの「レッスン」ですか??ぎゃ~~ あの変態趣味の作品に清らかな都さんが・・・ちょっと想像できません~。(「アナスタシア」は見逃しました!悔しい~~)

>>「マノン」
以前見たとき、コジョカルの役解釈、特に第2幕は「こんな解釈もあるのか」、と感心した覚えがあります。

アリーナってある程度解釈が確立されている作品にも独特の視点を持ち込むダンサーですよね。私も彼女の独自性に唸らされたことが何度かありますが、白鳥はもしかしたらその個性がアダになってしまってるのかも・・・。彼女の白鳥はデビュー公演の時しか見ていないので、今はまた変わっているのでしょうけれど、あのデビューの時にかなり愕然としてしまった印象が鮮烈で、まだ当面は見る勇気のない私です・・・。
Naoko S 2008/03/22(土) 03:49:26) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。