スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マリス・リエパ・ガラ (2/24) 《後半》
続きです。

8. 「スペードの女王」pdd イルゼ・リエパ&ドミトリー・グダーノフ
音楽: チャイコフスキー
振付: ローラン・プティ


ヘルマンvs伯爵夫人・"対決"のシーン。(背景画はしっかりボリショイから?もってきてました。)今のリエパは、やっぱりこれだな~。彼女が舞台に登場するだけでさっと空気が変わる。銀色のベリーショート・ヘアに、おなじくらい蒼白の顔、黒い唇。シンプルな黒のローブをまとった彼女のごく柔軟でしなやかな動きと鋭角的な表現に、目が釘付け。

グダーノフのヘルマンにはさすがにツィスカリーゼの存在感とドラマ性はなかった。でも逆に、"ごく普通の男"がふとしたきっかけで道を踏み外し・破滅していく、そういうリアリティは感じられたような。


9. 「ファラオの娘」pdd マリヤ・アレクサンドロワ&セルゲイ・フィーリン
音楽: プーニ
振付: ピエール・ラコット


我が"最愛の"バレエ・ペア登場~!

劇場に着いて、キャスト表で二人の名前を確認した瞬間・・・

・・・あ~来てよかった マーシャ&フィーリン ありがとう~~!!と感涙状態に。同時にちょっと心配でもあったんですけど(日本~ヒースローから直行か?)。

舞台の照明がぱあっと明るくなって、ゴージャスなスター・オーラに包まれた二人が登場すると、客席から自然に拍手が。導入シーンはいつも通りに始まったのだけど、途中で一瞬心臓に悪いアクシデントが・・・

回転の後だったか?マーシャがつるっと滑って危うく転びそうになったのです。"あっ!"と心の中で小さく叫んだ私、客席も一瞬どよめいたのだけど、ここからがすごい。

一旦体勢を立て直すや、マーシャが客席に向かって、「アアンやっちゃったわ ウフ♪」ってな表情で、いたずらっぽく微笑んで見せたのです。

・・・いや~、大した度胸というか、機転というか、サービス精神というか、転んでもタダでは起きない(いや、実際転んじゃいないんだが)というか・・・まったくもって、実に、実に、素晴らしい!!

あの微笑み、私がマーシャ・アレクサンドロワにあらためて《ぞっこん》惚れ直したことは言うまでもありません。

さすがにこの後のマーシャはちょっとおとなしめ、やや慎重でしたが、対照的に元気一杯だったのがフィーリン!

・・・いや、実は私が心配してたのはフィーリンだったんだけどね(だって、ベテランだし・・・) まったくの杞憂でありました。なにしろ最初から最後までミョーに(と言ってはナンですが)爽やか~な笑顔振りまいてすんごく若々しい。こちらがびっくりするほど踊りも元気一杯で、さすがボリショイのスター、中0(ゼロ)日の登板だって目じゃないのね~と、フィーリンも惚れ直し・・・(ぽっ)


10. 「オネーギン」"鏡のpdd' アリーナ・コジョカル&ヨハン・コボー
音楽: チャイコフスキー
振付: クランコ


中0日の登板だったのはおそらくコボーも同じ。彼はここ数週間ずっとボリショイで新作ラ・シルフィードの振付をしていて、2日前の舞台ではマッヂを踊ったとか・・・。

そのせいか、リフトがかなり悲惨なことになっていた。一度ならずリフトが崩れてしまい、二人の間の呼吸は最後まで合うことがなかったような・・・ドラマを感じるまでには至らなかった。

印象的だったのはカーテンコール。アリーナが、手にしていた手紙を、"はいっ!(受け取って!)"って感じでぱしっとヨハンに渡したのが可笑しかった~。


11. 「イン・ザ・ミドル」pdd アニエス・ルテステュ&ジョゼ・マルティネス
音楽: トム・ウィレムス
振付: フォーサイス


パリオペから唯一参加の二人。な~んてエレガントなイン・ザ・ミドル!特にアニエスはちとエレガントすぎかも・・・スリリングさに欠けた。(オフバランスはギリギリまで引き伸ばしてほしかったなあ・・・)ジョゼの方が遊べていた感じ。彼の飄々とした風情もよかった。お客の反応はとってもよかったです。


12. 「ロメオとジュリエット」pdd サラ・ラム&デヴィッド・マッカテリ
音楽: プロコフィエフ
振付: ラブロフスキー


ロイヤル組のR&Jとはいえ、リエパ・ガラなので(?)ラブロフスキー版です。踊った二人については特記事項ないのですが・・・久々にこの振付(バルコニーpdd)を見て、ラブロスキー版のマクミラン版への影響を再認識させられました。ほとんど下敷きになっているというか、特にロミオの振付。


13. 「レヴェレーション」 スヴェトラーナ・ザハロワ
音楽: 効果音、ジョン・ウィリアムス
振付: 平山素子


意外にも?この夜最も印象に残ったのがこの作品。暗い舞台の上手・最前線に四角いスポットライトが当たり、長い髪をたらして白いロング・ドレスに身を包んだザハロワが立っている。すっと片手を上げてポーズする姿に緊迫感が漲っていて、思わずはっと惹きこまれる。焦燥感にかられるように舞台をせわしなく移動する、アンドロイドみたいなザハロワ。エッヂィで、時折ヒステリックですらある動きをしてみたり、髪を振り回したり・・・何か、癒されない渇きをもてあますような、そんな感じ。渾身の舞台でした。

正直言って作品が特別気に入ったわけでも、何度も見たいと思わされたわけでもないけど、こういう作品でザハロワを見られたことが嬉しかった(もっとコンテンポラリー踊るべき!)。惜しかったのは、音楽の選択。初めはピアノの鍵盤をぽーん・ぽーんと叩く音でそのあと効果音が入るんだけど、こういう路線でよかったと思う。途中から「シンドラーのリスト」のテーマ曲になるんだけど(イツァーク・パールマンのヴァイオリン)、おセンチすぎ・甘甘すぎで、舞台上のザハロワのクールな佇まい(たとえ"ヒステリックな"動きでも熱くはならない)とまるで相容れない。観客の反応は熱狂的で、瀕死の3倍ぐらい?すごかった。


14. 「ドン・キホーテ」pdd ナタリヤ・オーシポワ&レオニード・サラファーノフ
音楽: ミンクス
振付: プティパ


ボリショイとマリインスキーの若手テクニシャン二人によるお祭りフィナーレ。きっと二人で、「今夜は回ろうね!」かなんか示し合わせていたんでしょう 二人ともほんとにまぁ、よく回ってました。オーシポワなんて、キトリのVでポワントで斜めに舞台を移動する振りはすべて回転に変えていた(回転しながら舞台後方を水平移動してた)。それに加えて見得の切り方から何から、ともかくあまりにやり過ぎで、もう笑うしかない~状態。まぁガラだからね・・・と自分に言い聞かせつつ、でも、バレエに見えないんじゃないの これじゃあ・・・と嘆息。

オーシポワのキトリは私も大好きだし、ロンドンにわんさといる彼女の才能の賞賛者の一人でもあるけど・・・。いかに貴女の身体能力が凄いか、我々はとっくに存じ上げてますのよ。もはやこれ以上、何を証明してくれなくてもいいの。せっかくの恵まれた資質をムダ遣いしてないで、速やかに次なる発展段階に移行して頂きたいと思います!(オーシポワとサラファーノフ、お互いの悪い部分を引き出し合うパートナーのような気がしてならない・笑。あんまり一緒に踊ってほしくないわ・・・)

観客は大喜びで、その騒ぎ方たるや常軌を逸してました(喜びすぎ!)。まぁ、ガラですからね・・・

<終>
2008-02-27 10:01 | その他のバレエ・ダンス公演 | Comment(18)
Comment
Naokoさん、レポどうもありがとう~。一体誰が登場するのか、当日になるまではらはらするガラだったようで(笑)。しかし、本当にマーシャとフィーリンは凄い移動日程でしたね。コボーのマッジ、見ましたよ。想像してたより普通でした。オーシポワの見得の切り方とか回転とか、「ガラだから」じゃないですよ~。ボリショイでの全幕でもやってます。なので、誰か彼女に言ってやって欲しいくらいです。まあ、聞かないでしょうけど。
けいちか 2008/02/27(水) 19:30:24) 編集

NaoKoさん、ここに書かせて頂きます。もう、お耳に入っていらっしゃるかもしれませんが、ダンマガ4月号にジャンのインタビューが。なんと、彼は1月から2月まで、東京バレエ団に教えに来ていたんですね。全く知らなかった。しかも、急な引退に至るいろいろ、たくさんのパートナーの事、そして、意外にも宮崎駿のファンで、ジブリに行った事等。私も、もう一度彼の踊りを見たかったです。
まりあ 2008/02/27(水) 23:05:51) 編集

ちょっとお久しぶりです。
このガラ、すごく気になっていたので早速レポを拝読できて嬉しいです。本当に豪華キャストですね~(でもロパートキナとツィスカリーゼが参加しなかったのはやっぱり残念…!)。恥ずかしながらマリス・リエパさんって私、全然知らない方なんですが(汗)。

ロパートキナ不参加でも、“最愛の”マーシャ&フィーリン・ペアをご堪能できて良かったですね~。アニエス×ジョゼの「イン・ザ・ミドル」は演目的にちょっと意外だったんですよね(アニエスのドキュメンタリーDVDで観たことはあるんですけど)。あとザハロワの「瀕死」とかご感想興味深かったです。マリアネラ&ティアゴの「眠り」(RB来日公演)はやっぱり観ようかなあ、なんて思ったり。そうそう、「海賊」PDDのヴァリエーションは“何でもあり”って、私も以前ガムザッティのソロが踊られるのを観てびっくりした後教わったのでしたー。

はなはな 2008/02/27(水) 23:30:55) 編集

こんばんわ。コボーのリフトの失敗は、かなり吃驚しました。2度目のとき、リフトにならないままコジョカルを降ろした直後の刹那、彼の表情に、「ここで踊るのをやめよう」、と逡巡しているような影を見た気がしました。
 ロミジュリは、ラヴロフスキーだったんですか。プログラムを購入したわりに、全然気がつきませんでした。僕は、「なんだかアスレチックなPDDだな」、としか感じませんでした。
守屋 2008/02/28(木) 04:50:18) 編集


けいちかさん、

>>一体誰が登場するのか、当日になるまではらはらするガラだったようで(笑)

二週間前に一度情報が流れたんですけど、いざ蓋を開けてみたらそこからまた変わってましたね(笑)。

マーシャとフィーリンのプロ根性には本当に頭が下がります。二人が登場してくれただけでハッピーだった、というお客は私一人だけじゃないですよー 絶対に!!

オーシポワのキトリに関しては、少なくとも私が過去2年続けて見た時とは明らかに違ってました。gpddだけの抜粋上演というせいもあるのだろうけど、ちょっと悪ノリしすぎで、サラファーノフとのペアで相乗効果が生まれてしまったのではないかと・・・。今のオーシポワはどちらかというと三幕のgpddだけ切り取って魅せられる、というよりは、一幕の街の情景が向いてる気がするし。カーテンコールでお客があまりにも馬鹿騒ぎしていたんで、"ああ これでいいんだ~"なんて思われたら困るなあとか考えちゃいましたよ。

彼女はまだまだ若くて周りが見えてないのかもしれないけど、次回はちょっと成長した姿をみせてほしいなあ・・・と期待してます。


まりあさん こんにちは。ダンマガ・インタビュー、友人が出てるよ~って教えてくれました。東京バレエ団に招かれて日本に滞在されていた、という情報は前にコメント欄でshushuさんが教えてくださってたんですよ。(小林十市さんのブログにお二人の写真が掲載されていた)

>>意外にも宮崎駿のファン

これ、私もびっくりしました~。フランスって諸外国の中でも特に日本のアニメの人気が高いと聞いたことありますが、ここにもファンが一人!


はなはなさん こんにちは。普段滅多に見られない顔合わせのガラで、楽しめましたよ~。この種のロシアのチャリティ・ガラは、だいたい公表予定参加者の半分来てくれれば・・・ってこちらも既に学習ずみではあるんですが、今回一番ひどかったマリインスキーは・・・予定していたダンサー4人(ゼレ込み)は一人も参加せず、予定外のサラファーノフ一人だけ登場って・・・。(まぁでも、そもそもこの4人が本当に呼ばれていたのかどうかも怪しいので・・・笑)

>>アニエス×ジョゼの「イン・ザ・ミドル」は演目的にちょっと意外だったんですよね

私的には、れいのジョゼの「ドリーブ組曲」を見たかったんですが(未見だし・・・)、結果的にはこれを入れたことで上演演目に変化がついてよかったような気がしました。マリアネラは今充実してますね~ 手堅いです。その彼女を一歩下がって(?)支えるソアレス・・・なかなかいい感じですよ。

海賊のpddですが、《前半》のコメント欄に書いたんですけど、自分が今まで何を見てたのか、すっかり自信なくしてしまいました・・・(見たものを完全に忘れちゃってるのか?最近少なくないんですけどね こういうこと・・・)


守屋さん、

>>2度目のとき、リフトにならないままコジョカルを降ろした直後の刹那、彼の表情に、「ここで踊るのをやめよう」、と逡巡しているような影を見た気がしました。

・・・うーんご本人も相当ショックだったんでしょうね。ballet.coによると、ガラの前の数週間をコジョカルはミラノで、コボーはモスクワで過ごしていたということで、リハの時間が殆どとれなかったせいではないか、と・・・。まあ仕方ないですよね たまにはこういうことも起きるでしょう・・・
Naoko S 2008/02/28(木) 08:11:46) 編集

さすがに、ジャンの情報はご存知だったのですね。インタビューで引退の事情を読んで、仕方ない事、と諦めつきました。
前回のパリオペ来日がキャンセルになり、次回は…と期待は持っていたのですが、いい指導者になって欲しいですね。
リエパガラのレポを読ませて頂きました。パパリエパ、すごいダンサーだったんですね。来日公演、ヌニェスのSleepingを見てみようか、と思いました。(実は、私はカスバートソンが好きで、今回のSleepingはパスかな?と思ってたのですが)いつも、素敵なレポありがとうございます。私は今、パリオペの中国公演のチケットをどうやったらちゃんとGet出来るのか、奮闘中です。
まりあ 2008/02/28(木) 08:39:00) 編集

こんにちは。後半の方が、観たことがあるものが多いです。

コボーのリフトの失敗・・忙しかったんでしょうか?
コボーには、8月に日本の小林紀子バレエシアターで「ラ・シルフィード」を上演するために指導していただくので、その時も、同じようにされるのでしょうか?
いつかは分かりませんが、6月に来日公演があるから、その時に時間を作っていただけるのでしょうか?

サラファーノフは、良いダンサーだと思うのですが、どうしても、こういうガラ公演ではりきって踊る人というイメージがあります。

一番、安定しているのは、やはりアレクサンドロワ&フィーリンの「ファラオの娘」でしょうか。
フィーリンの出演する日の「明るい小川」のチケットを取りました。
とにかく、観たことがないので、楽しみです。
くみ 2008/02/28(木) 11:16:55) 編集

Naokoさん

コボーは確か1月下旬から(ボリショイのパリ公演の後から)2月23日までモスクワに居て、23日の朝の便でロンドンに出発したと聞いてます(22日の夜はマッジ役で舞台に出てましたしね)。コジョカルは19日のゲネプロを見に、モスクワに来ていたそうですよ。

勿論、「シルフィード」は改訂新作上演の3週間前にだけお稽古をつけたのではなく、主役級のダンサー達には昨年末のトリノ公演の前にもコボーが数週間モスクワに滞在してレッスンしていたそうです。

ゼレンスキーに関してですが、2月6日にモスクワのクレムリン大会宮殿での「ドン・キホーテ」の後、「今月はロンドンのガラに出る」と言っていたそうです。予定には入ってたんでしょうね。でも、現在彼が芸術監督をしているノヴォシビルスク・バレエで21日に「セレナーデ」を新作上演したり、昨日28日はモスクワのボリショイ劇場でゴールデン・マスク賞フェス参加作品としてミックス・プロを上演していたので、色々忙しかったのかもしれませんね。昨日もご自身は踊ってませんでしたが、客席で見かけました。姿勢がきれいでかっこ良かったです。
けいちか 2008/02/28(木) 15:49:50) 編集


まりあさん、ローレン・カスバートソンがお好きなんですか?彼女は既にオーロラ・デビューはすませているので、眠りではアンダーに入るかもしれませんね。(キャストが変わらなければ妖精の一人でしょうかね。フロリナは踊っていたかな??←すみません曖昧で・・・)


くみさん、コボーは東京でもシルフィードを上演するんですか すっかりシルフィードの専門家?ですねえ・・・。

>>サラファーノフは、良いダンサーだと思うのですが、どうしても、こういうガラ公演ではりきって踊る人というイメージがあります。

いや、彼はもう本当に尋常ならざる才能に恵まれたダンサーですよね。(初めて見たときは驚嘆しましたよ・・・)でも、この手のお祭り公演になると、ちょっとガンバリのベクトルが間違った方を向いてるのではなかろうか、と感じてしまうことが多いのですよ・・・。


けいちかさん、「シルフィード」の舞台裏の様子を教えてくださってありがとう~。なんと、トリノ公演の前からモスクワに行ってたんですかー。新作の上演って大変なのね・・・

ゼレ情報もありがとうございます!("姿勢がきれいでかっこいい"姿を目撃したんですね うらやまし~~~)

ゼレは噂では元マリインスキー・現ドレスデン・バレエの若手バレリーナ、エレーナ・ヴォストロティナと影の王国のpddを踊ると言われていて、楽しみにしてたんですけどねー。まあ彼もいまや芸術監督さんだからなかなか自由は利かないのでしょうね・・・(涙)。
Naoko S 2008/02/29(金) 08:11:24) 編集

エントリの趣旨から外れますが。僕は、2月16日に、サドラーズでコジョカルを見かけました。ピナ・バウシュを観に来ていました。首の怪我で、同時期にかかっていた「クローマ」を降板したこと、かんぐりたくなります。
 コボーは最近、振り付けに携わることが多いように思っています。僕は、彼の踊りは好きなので、出来れば舞台で彼を見たいです。
守屋 2008/02/29(金) 08:17:17) 編集

カスバートソン、もう、オーロラデビューしているんですか!日本では、ヌニェスの日にフロリナの予定。直前まで、待ってみようかな?彼女の話題はあまり聞かないですが、ファンが少ないのでしょうか? そして、ここに書かせて頂くのは、趣旨が外れますが、パリオペです。日本公演前の北京公演のキャストが豪華なんです。(ため息)つい先日、ジャカルタ在住の友人情報。バレエではないですが、イルディーボ公演があり、彼らとディナーを共にするという企画公演があったそうです。お値段は25000~30000円。まあ、なんという、スゴイ企画。日本なら10万くらい取られるかもね。一緒に写真撮ったそうで、アジア振興国に負けてるなあ…。と。
まりあ 2008/02/29(金) 08:43:39) 編集

コジョカルについては、2月20日にミラノ・スカラ座でロベルト・ボッレと『ロミオとジュリエット』を踊っているんですが、観にいった友達の話だと素晴らしかったようです。
なお、8日と10日にもスカラ座のロミジュリに出ていますよ。8日や10日はそれほどでもなかったそうですが、20日は何かが降臨したかのようだったそうです。
naomi 2008/02/29(金) 09:40:44) 編集


守屋さん、アリーナのクローマ降板の件、英フォーラムで一時話題になってたんですけど、首の「怪我」ではなくて、大事をとって踊らないことにしたようだ、という主旨の情報を読みました。あと、naomiさんが教えてくださったスカラ客演の要因も大きかったかもしれませんね・・・


まりあさん、ローレン@オーロラの写真です↓

http://www.ballet.co.uk/gallery/jr_rb_sleepingbeauty_1006/jr_rb_sb2_cuthbertson_arms_diagonal_500

>>彼女の話題はあまり聞かないですが、ファンが少ないのでしょうか?

はは・・・そんなことないでしょう。ballet.coでは結構話題になりますよ ロイヤルの貴重な"国産"ダンサーですし・・・

ジャカルタはともかく、北京なら行けちゃうのでは?(あ、でもキャスト情報はあくまで事前の参考《程度》に思っておいた方がいいのでは・・・当日どうなるかは!?)


naomiさん、アリーナ情報ありがとうございます。「何かが降臨した」のですか・・・ミラノのお客さんは凄い舞台にあたったのですね!!

Naoko S 2008/03/01(土) 08:25:44) 編集

わあ~ ローレンのオーロラ。キラキラしてますね。ありがとうございます。Ballet.Coのギャラリーにあるんですね。日本ではなかなか話題に上らないんです。残念な事に。
北京公演は、中国が近くて遠い国だと実感しました。チケットもまだクレカ払い出来ないですし、(銀行に送金)偽チケット掴まされた、とか、サイトが偽だったとか、まだまだリスクがあるそうです。何しろ日本では、ギョーザ事件も解決してないですし。もう少し中国の様子を見てから、今回は諦めました。Parisより近いのに、遠い~。
まりあ 2008/03/01(土) 09:01:20) 編集

横レスですが。

>まりあさん
 カスバートソン、先日の「クローマ」でとてもいい踊りをしていました。特にエリック・アンダーウッドとのPDDでは、ちょっとぴっくりするくらいのシャープな動きでした。
 一ついつも気になるのは、彼女のメイク。どうしてあんな細ーい眉をかくのか、僕には判りません。彼女の年齢なら、自然で良いと思うんですけどね。
守屋 2008/03/01(土) 17:39:59) 編集

守屋さん、はじめまして。カスバートソンの情報ありがとうございます。来日が楽しみになります。が、残念な事に、彼女が出演するのは、今のところフロリナだけなのですが。私が彼女を見たのは、3年前のしかも6年ぶりの来日公演。ダーシーがシンデレラをマッカテリと踊った舞台でした。素敵なダンサーだなあ。と思いました。もちろん、ダーシーは輝くばかりでした。今回の「シルヴィア」もダーシーで見たかったです…が、(Videoを見ましたが、あれは、ザ・プリマが踊るべき演目ですね)仕方ないです。ロイヤルはなかなか日本には来てくれません~。
まりあ 2008/03/02(日) 00:47:27) 編集

リアルなガラ・レポートありがとうございました!
リエパとツィシカリーゼの「スペードの女王」は映像で見たことがあり、是非生の舞台でも観たい演目の一つですが・・。
リエパの美貌と存在感は圧倒的ですよね・・・!
お父様もそんなマルチに活躍されていた伝説のダンサーでいらしたのですね!なにかと興味深いです。

「イン・ザ・ミドル」、アニエスのようにオフバランスでの重心移動が物足りないダンサーが多いですね。あのギリギリのスリリングな感じ、このところ誰でも見ていない気がしています(除・ギエム、イレールの映像)ジョゼは似合いそうですね。彼の「イン・ザ・ミドル」見てみたいです!

「ファラオの娘」
アレクサンドロワがそんなステージパフォーマンスを・・・
それにしてもまさに世界をまたにかけての大活躍!
体調管理だけでも大変そうですが、ハラハラしますよね。
でもって観客を惹きつける表情の演技。機転。とてもマーシャらしいエピソードだなあと思ったことでした。
それにしてもフィーリンの踊りの若さって一体ナンなんでしょう・・・??

あ、いつもノロノロなわたくしのステージレポですが、マラーホフBプロもUPしていますので、よろしければ・・・☆

maria 2008/03/02(日) 02:42:44) 編集


mariaさん、レポに反応して頂き有難うございます。mariaさんの長編・Bプロレポ、拝読しましたよ!読み応えたっぷりで反応したいところ多々だったんですが、なかなか書き込みできなくて・・・(スミマセン・・・)

白眉は、マーシャ&フィーリンのロシアン・ハムレットで、衝撃のあまり?mariaさんがオペグラを落としてしまわれたシーン(?)だったのですが・・・。mariaさんをそこまで動揺させるなんて、いかに凄いパフォーマンスだったんでしょう もう、本当に日本のバレエ・ファンが羨ましいですよぉぉ~~。(フィーリンについて穏やかならざる噂が流れている昨今特に・・・)TVカメラ入ってなかったんでしょうかー 見たい、見たすぎる~~。 
Naoko S 2008/03/02(日) 04:58:25) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。