スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ロイヤル・バレエのブッキング・ピリオド4
ロイヤル・オペラ・ハウスの夏シーズン(最終ピリオド)の詳細情報を入手しました。

ロイヤル・バレエは「ミックス・プロ(ダンシズ・アット・ア・ギャザリング/ザ・ドリーム)」「ロメオとジュリエット」でシーズンを締めくくります。日程とキャストは以下の通り:

☆Dances at a Gathering/The Dream

2008年5月: 17(M&S)、21、28、29
2008年6月: 4、9、10

<キャスト>(注:Dances...のキャストは全日"未定"。以下The Dreamのタイターニアとオべロンのキャスト。*印=RBでの役デビュー)

- ベンジャミン&ワトソン (5/17S、5/29、6/9)
- コジョカル&コボー (5/21、6/4、6/10)
- マルケス*&マックレー* (5/17M、5/28)


☆Romeo & Juliet

2008年5月: 26(M&S)、31
2008年6月: 1、7(M*&S)、12、13

<キャスト>(*印=RBでの役デビュー)

- ラム*&サモドゥーロフ (5/26S、6/1)
- ヌニェス*&ソアレス* (5/26M、6/7)
- カスバートソン&ペンファーザー (5/31、6/13)
- アンサネッリ&ワトソン (6/12)

・・・なんとなく予想はしていましたが、残念ながら都さんの登板はなし。シーズン2回目のR&Jということで、秋の布陣とは変えてきていて、まだこの作品を踊っていないプリンシパル・ダンサーたちが一気に役デビュー。(なぜかブローショアには6/12のアンサネッリのエントリーに役デビューの印がついていないので、一般に公開しない6/7のマチネ公演を踊るのが彼女とワトソンなのかも・・・)

このほか、ハウス内の中(&小)規模シアターで行われるイベントで目を引いたのは・・・

☆The Work in Linbury

2008年5月22、23、24(M) Linbury Studio Theatre

ロイヤル・バレエ団のダンサー兼振付家達による新作発表。昨年11月のガラ公演で上演されたマグレガーの新作・Nimbusの再演もあり。

☆In conversation with Violette Verdy

2008年4月28日 Clore Studio Upstairs

前世紀を代表するバレリーナの一人、ヴィオレット・ヴェルディが自身のキャリアについて語る。(これ、行きたい~~)

☆In Rehearsal - Master Class

2008年5月12日 Linbury Studio Theatre

ロイヤル・バレエのマスタークラス


・・・最後に、オペラ部門を駆け足で。

☆Powder Her Face《新作》(6/11、13、15、16、18、20、22)

☆Ariadne auf Naxos(6/16、19、21、25、28、7/1)

☆Le nozze di Figaro(6/24、27、30、7/2、8、10、16、19、7/5、12)

☆The Rake's Progress(7/7、9、11、14、18)

☆La Boheme(7/13、15、17)

一般向け電話/オンライン・ブッキングは3月26日受付開始。

・・・最後に、これは本公演ではありませんが・・・。

さっきたまたま見つけたのですが、ちょっと前の記事に書いた、この夏中国からやって来る「アクロバティック・スワン・レイク」、会場はオペラハウスみたいです!

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/uk/article3193194.ece
2008-01-22 07:43 | ロイヤル・バレエ | Comment(6)
Comment
ついにマックレーくんがROHでオベロンデビューですね!東京でのデキがとてもよかったので、きっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると思いますよ♪
ロミジュリは初役の方が多いので、きっと初々しい舞台になるでしょうね。マクミラン全幕が観られるロンドンが羨ましいです。

ヴィオレット・ヴェルディは、ガルニエの売店でドキュメンタリーを買いました。見るのが楽しみです。まだお元気なんですね!本人を見られるなんて素晴らしいですね。

そしてアクロバティック白鳥の湖!これ、洗練されていない部分はありますが、すごく面白いし、人間の身体能力の驚異に涙が出るほど感動しました。百聞は一見にしかず、と思います。
naomi 2008/01/22(火) 13:09:59) 編集


naomiさん こんにちは。

そうなんです、やっとスティーヴンのオベロンを見られますよ~。相手役はマルケスですが、この二人が一緒に踊るのをあまり見た記憶がなくて・・・どんな感じになるかなあ。

ヴェルディのドキュメンタリー、見たい見たいと思いながらまだ買ってないんです。確かモニクのドキュメンタリーとのカップリングなんですよね(お得ですよね~)。このイベントには是非とも参加したいと思います!(←ミーハー・・・)

「アクロバティック白鳥の湖」はロンドン以外の都市にも行くみたいです。チケットの売れ行き凄いんじゃないかなぁ・・・と予想してるんですが、う~んどうしよう。(夏はなにかと誘惑が多くて・・・)
Naoko S 2008/01/23(水) 07:16:29) 編集

Naokoさん、キャストは見事に若手一色でしたね・・・。
都さんは今シーズンはオマージュ・・・で終了ということになるのかしら。今回のジュリエットにキャスティングされていなくとも、次回がまたあるはず!ですよね。R&Jってほぼ毎年上演されていますか?

先週シルヴィア観て来ましたが、うーん・・・自分的には微妙な演目でした。わざわざ観に行くならもっと物語のあるバレエがいいかなと。お目当てのダンサーや華があるダンサーが踊らないとつまらないものになる演目という印象を受けました。
オリオンはギャリーくらいの人じゃないとだめですね~
サモドゥーロフを来日公演では観られるといいのですが。

今日発売の来日公演チケットはまだあまり売れていないようです・・・
asaco 2008/02/02(土) 13:06:21) 編集


asacoさん こんにちは。そうですね、公表されているキャスト情報からいくと今シーズン残り、都さんのロイヤルでの出演はオマージュだけ、ということになりそうですね・・・。

R&Jは毎回チケット完売できるロイヤル一番の人気演目なので、ほぼ毎シーズン上演されてますが、来シーズンはどうなることか??

>>先週シルヴィア観て来ましたが、うーん・・・自分的には微妙な演目でした。

おぉーロンドンにいらしてたのですか。シルヴィアあまり楽しめなかったようで、残念でしたね・・・

もしマクミラン系の"物語バレエ"に期待されていたなら、かなり肩透かしだったであろうと推察します。これ、ほとんどアシュトンの"プティパへのオマージュ"と形容したくなるような、純粋古典バレエ志向の作品ですからねえ。(一応、しょーもないプロットは存在するけど、あくまで踊るための方便にすぎない)

でも、だからこそ、まさに踊り手(主役バレリーナ)に殆ど全てがかかってくるんですよね・・・私は04年11月にアシュトン・センテナリーでこの作品が数十年ぶりにリヴァイヴァル上演されたときにダーシー・バッセルとジョナサン・コープの組み合わせで見て、ものすごく感激しました。シルヴィアってプティパ・プリンセスみたいに、圧倒的なバレリーナのオーラを要求する役柄だと思うんですが、ダーシーの姫オーラがもう、ぴったりで。アシュトンの細かなステップ(3幕のピチカートとかね)は大柄なダンサーが踊るには厳しいし、実際、たとえば都さんだったらきっと完璧だろうなぁ・・・なんて思ってしまう場面もあったんですが、そんな雑念もすぐさま吹っ飛ぶ堂々たる舞台姿で、それはそれは見事なものでした。

・・・あ、つい思い出話してしまったわ。サモドゥーロフはまだ復帰してないんですよねー(彼最後に踊ったのは一体いつだったかなぁ?) 日本公演には間に合うといいんですが。

その日本公演のチケット、発売開始したんですね。今回知名度のある大スターが減ってしまったので、かなり苦戦を強いられるでしょうね。日本は他にもメジャー・カンパニーの公演が目白押しだし・・・まだ数ヶ月あるので、チケットの売れ行き徐々に上向いていくでしょうかね??
Naoko S 2008/02/03(日) 09:12:51) 編集

そうなんですよね~。ダーシーとコープはさぞや素敵だったろうと思います。
ゼナイダも素敵だったのですが、やはり彼女は大柄すぎて、あのステップを観ていて私が気付かれしてしまいました(笑)←すごく余計なお世話。

日本公演のチケットは、ゆっくり売れてくれた方が席も選べるし、当日キャスト発表があってからも買えるので、私としてはある意味歓迎なんですけどね。ソリストも色々見てみたいので。
何せチケット代が高いので吟味して買いたいのです・・
asaco 2008/02/03(日) 18:06:56) 編集


>>ゼナイダも素敵だったのですが、やはり彼女は大柄すぎて、あのステップを観ていて私が気付かれしてしまいました(笑)←すごく余計なお世話。

ゼナイダ主演でご覧になったんですね。実は私はダーシー以降の顔ぶれにイマイチぴんとこなくて、今のキャストではこの作品見てないので、なんとも言えないのですが・・・。ゼナイダのシルヴィア、概して地元ファンのウケは良い印象がありますが、今回の初日評で某批評家が「彼女にこの役柄は向いてない」と断言してるのも目にしたし、評は割れてるのかも。

(作品自体は魅力的だし、何しろ音楽が死ぬほど好きなので(笑)、3月末のrunでは見に行こうと思ってるのですが、確か買ってあるのはラム主演の日だったかなぁ??)

>>何せチケット代が高いので吟味して買いたいのです・・

公演日が近づいても売れ行きが芳しくないときは得チケが出るんでしたっけ?確かにキャストにこだわりたいのなら直前まで待って買った方がいいですよね(私もそうするだろうなあ・・・)。地元でのシーズン終了直後のツアーですが、怪我人など出ずに日替わりでソリストの見比べができるといいですね~。
Naoko S 2008/02/04(月) 01:21:11) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。