スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
パリ・オペラ座 「アルチーナ」
今週末パリに行くのですが、あちらもかなり寒そう・・・。金曜と土曜の晩に「パキータ」を見て、日曜の昼はオペラの「アルチーナ」を鑑賞する予定。(まだ土曜のパキータのチケットは取れてないんだけど・・・)

日曜はバスティーユで「くるみ」の公演もかかっているけれど、実はヌレエフ版くるみの振付が苦手すぎる私、オペラも魅かれるしどうしようかな~と迷っていたところ、なんとオペラの方があっさり良席(38ユーロのお得席)が取れてしまったので、こっちに決めたのでした。

・・・もっとも、ヌレエフ版苦手とはいえ、ジョゼのドロッセルマイヤーが見られそうならくるみに鞍替えしようとも目論んでいたのですが、残念ながら彼は怪我で降板・・・。同じくプルミエを踊ることになっていたレティシアも怪我で降板してしまい、結局映像撮りはミリアムとジェレミーのペアで行われるんですよね。

いや、別にこの二人には何の恨みもないんですが、なーんかちょっとすっきりしないものが。これ皆さんとっくにご覧になってると思いますが、ちょっと前にダンソマニで紹介されていた、パリオペくるみの"アドヴェント・カレンダー"ビデオ。

http://toowam.france3.fr/test/casse-noisette/

舞台映像もちらちらうつりますが、幻のファーストキャストが踊ってる・・・ゲネプロの映像でしょうか??こういう映像があるなら、できればこっちをリリースしてほしいなあ ・・・。(ジョゼ・カルロス・マルティネスのドロッセルマイヤーを見せてくれ~~~!言いたいのはそれだけ・・・)

愚痴はこのへんで・・・本題のオペラ・「アルチーナ」。なぜ目を引かれたかというと、出演者リストに、ヴェッセリーナ・カサロヴァの名前を見つけたので。

数年前にロイヤル・オペラ「皇帝ティートの慈悲」にセスト役で登場して、スピリチュアルな歌唱で私をトリップさせてくれた、ブルガリア出身のメゾ・ソプラノ。その彼女を再びズボン役で見られる(聴ける)!日曜のマチネ公演にヘンデルっていうのも気持ち良さそうだし、すごく楽しみ~~。

☆ オペラ座サイトの「アルチーナ」ビデオ。騎士ルッジェーロに扮するカサロヴァのアリアをたっぷり7分間!聴けます:

http://www.operadeparis.fr/Accueil/Actualite.asp?id=384
2007-12-19 09:07 | オペラ | Comment(6)
Comment
Naoko Sさん、お久しぶりです!カキコは久々ですが、いつも拝見して、いろいろ情報をいただいてました。今週末、パリにいらっしゃるのですね。実は、私も来週パリ行きです。今年の年末はプログラム的にどうも…と思いながらも、やはりPOBなしではもう年越しできないようになってしまいました…。本当はミリアムのクララが観られる予定だったのがキャスト変更になったのは残念なんですが、マリ=アニエスのパキータが観られそうです。
ヴェッセリーナ=カサロヴァ、去年の『ばらの騎士』でキャスティングされていたのに、変更になってがっかりしたっけ。アルチーナに出演ですか?!アルチーナを観ることはできないのですが、ご紹介くださったビデオクリップで堪能しますね。
では、Bon voyage!
Bera 2007/12/19(水) 23:44:16) 編集


Beraさん こんにちは。パリ、来週行かれるのですね~。

ミリアムに振られてしまったのは残念でしたね・・・私はいまだにジョゼのドロッセルマイヤーに未練たらたらですわ。(ミリアムのクララは映像リリースをお楽しみに!)

>>ヴェッセリーナ=カサロヴァ、去年の『ばらの騎士』でキャスティングされていたのに、変更になってがっかりしたっけ。

ひょえー彼女の"ばらの騎士"!キャンセルとは残念、でも日本ならきっとまた機会がめぐってくるのではないでしょうか・・・いいなあ。私も一生に一度でいいから彼女をこの作品で見たい(聴きたい)です・・・

>>Bon voyage!

ありがとうございます~ 行ってきます。Beraさんもパリで楽しいノエルをお過ごしください!
Naoko S 2007/12/20(木) 06:25:50) 編集

こんばんわ。いいですね、クリスマス直前のパリとは。カサロヴァは、僕も「ティト」とベッリーニの「ドン・セバスティアン(コンサート形式、これもRO)」で観ましたが、いい歌手ですよね。夏に読んだ以下の記事では、この夏は幾つか公演をキャンセルしたとありましたけど、体調戻ったようですね。
http://www.guardian.co.uk/germany/article/0,,2151873,00.html
 また、ロンドンに来てもらいたいものです。

 ちょっと自分のことを書いてしまうと、今晩、バービカンでバルトリを観て、聞いてきました。あまりの感動に涙がでました。
守屋 2007/12/20(木) 08:26:01) 編集


守屋さん、面白い記事のご紹介ありがとうございました。

ドラッグとアルコールがつきもの・・・なんて、あともう一つ加わったら、ほとんどロック界の話ですね。(まあ耐え難いプレッシャーに晒されてるという意味ではオペラ・スターもロック・スターも似たようなものでしょうけど。それにしても、ロランド・ヴィヤソンが鬱病だったなんて、驚きました。)

カサロヴァ、ほんとまたロンドンに来ていただきたいですよね・・・

ところで、今夜チェチェリア・バルトリのコンサートにいらしてたのですね!涙が出るほど感動的だったなんて・・・すばらしい。(彼女は上の記事で語られているようなクライシスとはまるで無縁の存在に見えます!)
Naoko S 2007/12/20(木) 09:48:34) 編集

カサロヴァには、是非、ロイヤルで「薔薇」のオクタヴィアンを歌って欲しいものです。元帥夫人は、もちろん、フェリシティ・ロットで。

 所で、何か聞き忘れているな、と思っていたのは、ユーロスターでいかれるのでしょうか?もしそうなら、セント・パンクラスからですね。もしユーロスターを利用されるようでしたら、新しい駅、新しいルート等の感想をお願いします。
 それでは、良い週末を。
守屋 2007/12/21(金) 08:00:27) 編集


>>カサロヴァには、是非、ロイヤルで「薔薇」のオクタヴィアンを歌って欲しいものです。元帥夫人は、もちろん、フェリシティ・ロットで。

きゃ~~大賛成です 想像しただけでワクワク・ドキドキ~~。(でも、元帥夫人は、もう少しお若い歌手でもいいんですけど私・・・←ゴメンナサイ!)

ハイ、ユーロスターで行きますよ・・・サント・パンクラスに行くのが面倒で気が重いです・・・確かに今までとはルートががらりと変わりますからちょっと興味はありますけど。何か気づいたことがあったらご報告しますね。(あ、ただし私は"シャンパン・バー"に立ち寄る予定はございませんので その点ご了承のほどを~。)
Naoko S 2007/12/21(金) 08:18:17) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。