ロイヤル・バレエ 「ジュエルス」 (11/30)
Choreography: George Balanchine

Music
- Gabriel Faure (Pelleas et Melisande, Shylock)
- Igor Stravinsky (Capriccio for Piano and Orchestra)
- Pyotr Il'yich Tchaikovsky (Symphony No. 3 in D Major, movements Nos 2/3/4/5)

Set Designs: Jean-Marc Puissant
Costume Designs: Barbara Karinska
Costume Designs Consultant: Holly Hynes
Lighting: Jennifer Tipton
Staging: Karin von Aroldingen, Elyse Borne, Maria Calegari, Patricia Neary
Conductor: Valeriy Ovsyanikov
The Orchestra of the Royal Opera House
Piano Solo for Rubies: Robert Clark

Premiere: 13/04/1967, New York City Ballet, New York State Theater
RB Premiere: 23/11/2007
The 4th performance at the ROH (Emeralds and Diamonds)
The 16th performance at the ROH (Rubies)

<キャスト>

"エメラルド": 第一のカップル ロッホ&ワトソン、第二のカップル ベンジャミン&プトロフ、パドトロワ モレーラ、チャップマン、マックレー

"ルビー": ラム&アコスタ、ヤノウスキー

"ダイヤモンド": コジョカル&ペンファーザー、モレーラ、チャップマン、マクミーカン、小林、フリストフ、佐々木、蔵、ホワイトヘッド


"Diamonds are a Girl's best friend!" (Marilyn Monroe, from "Gentlemen Prefer Blondes")

エメラルド、ルビー、ダイヤモンド・・・あなたはどれが一番お好き?

バランシンの"宝石"に関していえば、私自身はいつもエメラルドとダイヤモンドの間で心が揺れ動いてしまう。(実は、ルビーには一度も心惹かれたことがなくて・・・)

たとえばパリオペの"ジョワイヨ"では、エメラルドが抜群に素晴らしい。夢想的なフォーレの音楽にのせた、詩情豊かで最もロマンティックなパート。エメラルドにはロマンティック・バレエへの憧憬がこめられている・・・とはよく言われることだけど、懐古趣味的ではまったくない。私的にこのパートは古き良き時代のエレガンスに、現代的なスパイスがぴりっと利いているところが面白い。個性溢れるパリオペのダンサーたちが踊ると、このスパイスの利かせ方が絶妙で、作品が生き生きとする。

ダイヤモンドには、在りし日のロシアの帝室バレエへの、バランシンのダイレクトな賞賛と思慕が込められている。古典の粋と、チャイコフスキー独特の哀感にみちた音楽にぴったりくるのは、やはりマリインスキーのダンサーたち。フィナーレのバレエ賛歌のシーンで、<毎回間違いなく>私を恍惚とさせてくれるのは、プティパの伝統の継承者であるペテルブルグのダンサーたち。

さて、初演(&初見)のロイヤル版・ジュエルスでもっとも光り輝いていた宝石は・・・この夜は、ダイヤモンドでした。当然ながら、ロイヤルですから、パリオペともマリインスキーとも全く別物のバランシン。よく言えばおしとやかなお嬢さん風、悪くいうとやや大胆さとスパイスに欠けていたかな。ダイヤモンドが最も印象的だったのは、主役ペアのpddの出来に負う所が大きいです。

「エメラルド」で、舞台の上に音楽が見えたのは、リヤーン・ベンジャミンのソロ("シシリエンヌ")。ごくごくデリケートで微妙なニュアンスに富んだ、素敵なダンスだった。もう一人の女性ソリスト、タマラ・ロッホは、どうも私の目には踊り・表現ともに平板な印象。パートナーのワトソンとアイコンタクトを取らないところも気になった(これでは二人の間の物語が見えてこない・・・)。そのワトソンは、上体をそらす時ドラマチックにしすぎる、いつものあの癖は気になったけど、涙ぐましいまでの騎士ぶりでバレリーナに仕えていました。でも、何やら一人で踊ってる印象のロッホと噛み合ってなくて(可哀想・・・)。第二カップルの男性ソリストはもともと目立たない役だけれど、それにしてもイヴァン・プトロフは生彩を欠いていた(男性三人の中で最も端正なダンサーなんですけどねえ・・・残念)。スティーヴン・マックレーは、どう考えてもルビーのタイプでしょう。あれだと男性ソリストが一人だけだから、お鉢が回ってこなかったのか?次回は、ルビーの主役で見たい。

(衣装はNYCBのオリジナル・カリンスカのデザインを使っているので、基本的にはマリインスキーで見慣れたものに近い。ただ、女性達の着用しているヘッド・アクセサリーがやや違って見えたような・・・。ロイヤルは小柄なダンサーが多いのだけど、その割に、特にダイヤモンドで主役以外の女性アンサンブルがつけていたティアラ(?)はちょっと大きすぎるように見えた。)

「ルビー」の主役ペアは、サラ・ラムとカルロス・アコスタ。二人とも端正な踊りをするダンサーで、二人揃ってあまりに優等生的で、面白みとスリリングさに欠ける・・・。身体能力的には全く不足はありませんが、ブロードウェー風のエネルギーやセクシーさとは無縁。もう一人のソリスト、ゼナイダ・ヤノウスキーも、あまり役に合っているとは思えなかった。俗に、"tall girl role"と言われるだけあって、背の高いダンサーがキャストされることが多い役だけれど、ゼナイダはこの種のダンスが似合うダンサーなのだろうか?どうも背が高いというだけで抜擢されたとしか思えない・・・彼女は体格も踊りもソリッドすぎて、いなせで洒落た感じがしないのが難点。(まぁ、私は「ルビー」の熱心な観客ではないので、誰で見ても心から"好き!"と思えたことはないんですが。ヴィシニョーワは、少なくとももっとスリリングだったなあ・・・)

「ダイヤモンド」は、なんといってもアリーナ・コジョカルとルパート・ペンファーザーのpdd。私がこれまでに見たことのあるダイヤモンドのバレリーナたち・・・ロパートキナ、パヴレンコ、ザハロワ、ルテステュ、ファレル(映像)・・・概して長身で細長く優雅なラインを持つダンサーたちで、やや非現実的で手の届かない存在。アリーナは、彼女たちとはまるで違っていて・・・恋の真っ只中にいて、見るもの・聴くもの全てが新しい・・・という表情の、血肉のかよった乙女でした。なにしろ、こんなにエモーショナルなダイヤモンドは見たことがなくて、驚嘆。

ダイヤモンドは、チャイコフスキーの第3交響曲に振付けられていますが、pddの踊られる第3楽章は"Andante elegiaco"、そう、エレジーなんですよね。エレジーといえば哀歌、ロシアの、しかもチャイコフスキーの哀歌ですから、それはもう・・・ どうしようもなくセンチメンタルで、救いようのないメランコリーに浸りきっている音楽なわけです。アリーナの作品解釈は、この音楽の提示する世界とは明確に相容れないものでした・・・それは確か。でも、なんだかそれもありなんじゃないか・・・と思わせる強さがあるんですよね 彼女には。パートナーを見つめる目線、手首の折り方・・・どれをとっても100%、アリーナのダイヤモンド。なんというか、春風に舞う恋する乙女なアリーナが、"これが私のダイヤモンドよ!"と高らかに宣言するのをただただ眩しい思いで見つめていたというか・・・天晴れでした。

パートナーのルパート・ペンファーザーが、これがまた、驚くほどよかった。彼は怪我で降板したボネッリの代役だったんだけれど、技術的なサポートが優れていただけでなく、アリーナの問いかけによく反応していて(多分ペアを組んだのは初めてだと思うけれど)、二人はとってもいい雰囲気でした。第4楽章・スケルツォでのソロは、ダンスも立ち居振る舞いも実に堂々と自信に満ちていて、"こんな貴方は見たことない!一体何が起きたの~~?"と、申し訳ないけど、心の中でパニクってしまったほど。(いや~ ほんとにびっくりした。ペンファーザー君、確実に一皮むけましたよ!)

最終楽章。ロイヤルのダンサーはラヴリーだけれど必ずしも様式美に忠実ではないので、私の見たい荘厳なポロネーズは見られなかったけれど、最後のシーンはやはりうるっときてしまった。全員のグラン・バットマンからピルエットの連続、舞台中央でパートナーに支えられアラベスクのまま静止する主役バレリーナ。後方にはずらりと並んだアンサンブル・・・バレエ賛歌・プティパ礼賛のこのフィナーレ、クラシック・バレエファンなら、心を動かされずにはいられません・・・。

☆ ballet.coのギャラリーで"Jewels"の舞台写真を見られます:

http://www.ballet.co.uk/gallery/jr_rb_jewels_roh_1107
2007-12-03 08:33 | ロイヤル・バレエ | Comment(8)
Comment
Naoko S さん、こんにちは。私も11/30観に行きました!そして私もダイヤモンドが一番好きだと思いました。アリーナ・コジョカルとルパート・ペンファーザーの2人にとっても惹き付けられ、観ている間は違う世界へ連れて行かれた感じでぽ~っとしてしまいました(笑)いよいよ12月は「くるみ」が始まりますね。ねばってサイトをチェックし続け、8日の都さんのチケット手に入れることができました!楽しみです☆
Chikap 2007/12/03(月) 19:51:27) 編集


Chikapさん こんばんは。

金曜いらしてたんですね!ダイヤモンドのpdd、ほんとによかったですよね・・・このキャストでもう一度見たいなーと思ったんですけど、残りあと2回しかなくて・チケットも私の守備範囲では既にソールドアウトなので、諦めるしかなさそうです。(セカンドキャストは水曜に見るんですけど・・・)

>>ねばってサイトをチェックし続け、8日の都さんのチケット手に入れることができました!

えらいっ!!本当に、楽しみですね・・・と申し上げたいところなのですが・・・。

別スレで読者の皆さまにお寄せ頂いた情報によれば、この週末(12/1,2)に日本での公演に出演される予定だった都さん、練習中に捻挫されて、降板されたということです・・・。

今週土曜の行方が俄然不透明になり、心配で今日も何度もROHと英サイトの情報欄をチェックしてしまいました。(今のところ特に変わったところはないのですが。)"絶対に都さんの金平糖を見られますように!!"と、一昨日からずっと祈り続けてます・・・
 
Naoko S 2007/12/04(火) 06:06:43) 編集

こんばんわ。何度もご覧になられているとのことで、一つ疑問に思っていたことがすっきりしました。新聞各紙のレヴューを読んでいると、「ジュエルズの三作は全てプロットレス」、との表現ばかりでした。ですが、Naokoさんが書かれている「ダイヤモンド」を見ているとき、「これをプロットレスと言い切ってしまって良いのか?」、と思っていました。
 僕も、水曜日にセカンド・キャストを観る予定です。ヌニェスの評判が高いようです。既にファースト・キャストのことは書いたのですが、もしセカンド・キャストの事を書くことがあれば、Naokoさんのこのエントリーをリンクさせてください。
守屋 2007/12/04(火) 06:58:11) 編集


>>「ジュエルズの三作は全てプロットレス」、との表現ばかりでした。

その分類?自体は間違っていませんよね 実際プロットのない、抽象作品ですから。

これ、是非ご紹介したいのですが、バランシン語録と語り伝えられているものに、こういう言葉があります。

"If you put a man and a woman on stage you have plot, but if you put three dancers on stage, you have drama."

守屋さんがお感じになったこと、これで言い尽くされているのではないかな・・・。エメラルドもダイヤモンドも、私にとっては踊るダンサー(恋人)たちの会話がきこえてくるような、そして(観客の感情をかき乱すような)ドラマが見える舞台でないと、面白くないのです。

でも、これが難しいんですよね。物語バレエのように明確な筋がない分、ダンサーには演技力ともまた違う、《特殊な?》表現力が求められるので。踊りを通して自然に滲み出る"何か"・・・個性とか人間としての魅力とか・・・それがないと、振付をなぞるだけのつるっとした無機質なダンスで終わってしまう。

コジョカルとペンファーザーのダイヤモンドには二人の物語がちゃんと見えましたよね これは素晴らしいことです・・・。(音楽の視覚化に成功していたかどうかは別問題ですが・笑)リンクの件は、こんなものでよろしければどうぞ。
Naoko S 2007/12/04(火) 08:55:00) 編集

Naoko Sさん、残念ながら8日は都ちゃんは「くるみ」を降板のようです…。
はなはな 2007/12/08(土) 01:01:01) 編集


はなはなさん

>>残念ながら8日は都ちゃんは「くるみ」を降板のようです

そうなんですよ・・・覚悟はしていましたが、やはりショックです。今はただただ残る2回がどうなるか、注視するしかないですね・・・。
Naoko S 2007/12/08(土) 07:59:44) 編集

Naokoさま、こんばんは!
「ジュエルズ」は好きな作品ですので、ロイヤルでは如何だったのかしらと気になっており・・・。
今回も目の前に情景が浮ぶような素敵なレポをありがとうございます。
アリーナのインタビューを今月のダンスマガジンの「真夏の夜の夢」特集で見ましたが、とても興味深かったです。
音楽と踊りの関係について、そういうとダンス教師は嫌がるけど・・・と前置きをして、音と戯れる感覚が好きで、音にあわせるのではなく身体で音を感じながらちょっと先を行ったり戻ったり文字通り戯れることに喜びを感じるのだそう。
また、アシュトンについては振り付けが特に上体に表現が細やかに定められており、正確に踊ることが要求されている、と表現。バランシンが大好き、とした上で、大胆な演技の出来る自由度の高さをその魅力の理由としていました。
「ダイヤモンド」は彼女にとっては愛の成就、ウェディングダンスなのだそう・・・。
わたくしのイメージする高雅な憂愁を帯びた世界とはまた全く違った色を彼女はつけてきたのですね。是非機会があれば観てみたいものだと思いました。。。
maria 2007/12/09(日) 20:01:29) 編集


わ~い、アリーナのインタビューのご紹介ありがとうございます!

>>「ダイヤモンド」は彼女にとっては愛の成就、ウェディングダンスなのだそう・・・。

ウエディング・ダンス!そう、まさに彼女のダイヤモンドは愛の成就を高らかに歌い上げる、生気に満ちたダンスでした。("憂愁"はまったく影を潜めていました・・・。)あの音楽にこの解釈もありなのか!と頭ではちらと考えがよぎりましたが、アリーナのダンスに見事"心"を持っていかれましたよ(笑)。

>>バランシンが大好き、とした上で、大胆な演技の出来る自由度の高さをその魅力の理由としていました。

うんうんうん、深く頷いてしまいました。観客として見ていても、個々のダンサーに解釈(表現面)の自由を許す懐の深さがバランシン作品の魅力の一つですから・・・。


Naoko S 2007/12/10(月) 04:27:31) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--