スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ドロテのニュース映像と新聞記事
ドロテのエトワール任命がFrance2のニュースで取り上げられています(一番最後の話題):

http://jt.france2.fr/20h/index-fr.php?jt=0&start=1953

ルグリとのレッスン風景、過去の舞台映像等が流れますが、私が大好きだったガムザッティも!この時のドロテには、パリオペ・ダンサーには珍しい、ディーヴァな雰囲気があったんですよね・・・ただ綺麗なだけでない、握力(腕力?)の強さを感じさせてとっても印象に残ってます。演技にも踊りにも、さぞ負けず嫌いなんだろうなあ、と思わせる勝気さがあらわれていて、私はすごく好きでした。

それからこちらは今日のタイムズ紙。"セットなし・照明も貧弱な舞台にもめげず見事な踊りを見せてエトワールに任命された・・・"と写真付でドロテが紹介されてますが、記事の主眼はストのこと。イギリスの新聞でパリオペラ座バレエ団のエトワール任命が記事になるなんて初めて見たけど、スト絡みだからでしょうね。(ロイヤルのプリンシパル昇進だって記事になってるの見たことない・・・)

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/europe/article2910929.ece

パリオペの非常に恵まれた年金システムについて、ドロテが最近パブリックで発言したらしく、その言葉が引用されているのですが、"世界に類をみない手厚い制度で、そのお陰で踊りに専念できる”、とのこと。以前も話題にしましたが、パリオペのダンサーは最低10年勤務をまっとうすれば年金がおりる、って本当みたいですね。これは、確かに恵まれてますね~。
2007-11-22 08:01 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。