スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
「嵐が丘」 番外篇~ジャン=ギョーム・バール礼賛
☆☆☆

ジャン=ギョーム・バールというダンサーの魅力・・・時々こんなことを思うことがある。私自身はまだ巡り会っていないけれど、最良のモーツァルト・テナーがこの世に存在したとして、きっとその人とジャン=ギーの資質は似通っているのではないか。明朗で濁りのない、どこまでも澄み切った声。モーツァルトのオペラに登場するテナーのアリアには、純粋さと寛容・単純明快さという、男性性だけが持つ美質が与えられているように常々感じているのだけど、これは、まさにジャン=ギーのダンス。純度の極めて高い、真のダンスール・ノーブル。全く、希少な存在だった・・・。

☆☆☆

さて、「番外篇」は当夜のカーテン・コール・レポです。

  ・・・あっと その前に、この夜のガルニエ、特にいつもと変わったところはありませんでした。この時点で(今もだけど・・・)ジャン=ギーの去就については公式情報は何も出ていなくて、勿論引退公演につきものの記念ポスター配布もなし・・・。

本当に、いつもと何ら変わらない夜でした。ただ、カーテン・コールではやや異変があって・・・

最初のカーテン・コールでメインのダンサーたちが代わる代わる登場して喝采を受けるシーン、ジャン=ギーにはとりわけ盛大な拍手とブラヴォーがおくられていました。そして、ガルニエで通常の公演の時にはまず見かけない、ブーケ投げ。オケピットの両サイドの上に位置するボックス席に陣取ったバレエ・ファンたちが全部で6つぐらい(?)ブーケを投げ込んでました。

彼の引退のニュースを聞いて駆けつけたバレエ・ファンは少なくなかったようで、何度か続くカーテン・コールでジャン=ギーへの拍手喝采が誰よりも多くて、何も知らない一般の観客はさぞ面食らったことでしょう。(何故主演ダンサーよりこの人に熱狂してるのか?って。実際、私は途中からずーっとブラヴォーを叫び続けてましたが、両隣はすっかりひいてました。)

カーテン・コールではいつもクールな表情を崩さないジャン=ギー、この夜もいつもと変わらず涼しい顔してたけど、何度目か緞帳が上がったとき、少し泣いていたそうです。(私は彼の涙を見逃した!オケの5列目で見てたんだけど、カーテンコールの時オペグラを使うのはちょっと失礼な気がして、肉眼で見てたんですよ・・・)

途中何度か、真ん中で手をつないで立っていたニコラとレティシアが位置をかわってジャン=ギーを真ん中にして前に出てました。一人だけ前に押し出されてレヴェランスしてくださったのも何回かあって、これを見ていたら、”あぁやっぱり最後なのかな”と涙が・・・。舞台に投げ込まれたブーケは誰も拾わず、かなり立ってからやっとジャン=ギーが自分の目の前にあった分だけ取って、他のはどうなるんだろうと気を揉んでいたら、残りのブーケをニコラがかき集めてジャン=ギーに手渡してくれました。(いい人ねえ ニコラ・・・)

最後の最後に緞帳が下りた後、幕の向こうからすごい歓声と拍手が湧き上がるのがきこえました。嵐が丘はこの日が楽日だったから、そのせいかな でも多分ジャン=ギーへの同僚達からのはなむけだったんじゃないか・・・と想像したらどっとさみしさがこみ上げてきて、悲しくて・・・喪失感に押し潰されそうになりながら、ガルニエを後にしました。

あんなに美しい舞姿を見せてくれたのに、引退なんて・・・いまでも信じられないのですが、ここ数年足の怪我を引き摺りながら無理して、それでもあんなに完璧な舞台をみせてくれたのだから、これ以上引き止めたら酷ですね。回数こそ多くはなかったけれど、私が見ることのできたジャン=ギーの舞台は本当にどれも完璧で、クラシック・バレエを見る真の喜びを与えてくれた・・・そのことに感謝の気持ちで一杯です。バレエ人としての第二の人生が、実り多く充実したものとなりますように、お祈りしています。(ありがとう ジャン=ギー・・・)
2007-10-16 08:01 | パリ・オペラ座バレエ | Comment(4)
Comment
ジャン・ギーの名が純粋クラシックバレエの担い手としてバレエファンから礼賛の声があがるようになってから、なぜか観る機会に恵まれず、今日に至ってしまっているわたくしにとって、Naokoさまのレポは、貴重な体験を憧れとともに拝読するばかり・・・。
とはいえ、ダンサーの引退公演の最後の場面の一つ一つ、人それぞれ違っていても胸に去来する思いは同じ、これが最後だなんて・・・と惜しむ気持ちが良くわかります。

ところで二コラ、本当にいいヒトですね・・・v
maria 2007/10/18(木) 06:23:51) 編集


maria様 こんにちは。

>>憧れ

って、まさに私のジャン=ギーへの思いそのものですわ。彼に開眼したのが遅かったのであまり多くの舞台を見られず、それゆえ思慕の念が・・・私の中では彼は永遠に憧れの存在として不滅化してしまいそうです!

>>ところで二コラ、本当にいいヒトですね・・・v

確かジャン=ギーとニコラって同級だったような記憶が。全く個性の異なる二人ですが、それぞれ超一流のダンサー・舞台人で、共にパリオペの要として今後益々活躍してほしかったんですが。バレエ界は本当に、貴重な芸術家を失いましたよ・・・
Naoko S 2007/10/19(金) 06:47:34) 編集

Naoko Sさん、6日の公演の詳しいレポ、どうもありがとうございます。なんだかやっぱりまだ信じられないんですよね…、ジャン・ギーがもう踊らないなんて! 今度時間を作って、彼が出演している舞台映像を片っ端から見直したい気分です。

ニコラとジャン・ギー、同級ですね。学校時代、同室とかだったような・・・?
はなはな 2007/10/19(金) 23:20:16) 編集


はなはなさん こんにちは。

>>今度時間を作って、彼が出演している舞台映像を片っ端から見直したい気分です。

いいですね~。マネしたいけど、私ってば、彼の映像といえば「ダイヤモンド」しか持っていないのでした・・・

>>ニコラとジャン・ギー、同級ですね。学校時代、同室とかだったような・・・?

ああやっぱり同級生でしたか~ フォローを有難うございます。そして、同室だったんですか!?未来のエトワール二人が寝起きをともにしていたなんて、まぁ・・・(驚)

ニコラ、次はくるみですね。はなはなさんの鑑賞レポを楽しみにしていま~す。
Naoko S 2007/10/20(土) 06:21:05) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。