スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
フローレスとかブライアンとか
この間たまたま目にした嬉しい情報。今年のプロムス・最終夜にファン・ディエゴ・フローレスが登場するとか!

フローレス・ファンの方なら先刻ご承知でしょうか 私はプロムスは追っかけてないので、全然知りませんでした。プロムスのラスト・ナイトなんて久しくまともに見て(聴いて)ないけど、今回はしっかりTVつけとかなくっちゃ。

http://www.bbc.co.uk/proms/2007/pitp/london.shtml

フローレスは'In the Park'(ハイド・パーク)の方なんですね。全然チェックしていなかった本公演の方を見てみると、こちらにはアンナ・ネトレプコとジョシュア・ベルがゲスト出演するようで、なかなか豪華な最終日となりそう。

さて、話はガラリと変わります。このブログにも何度かご登場頂いているクイーンのギタリスト、ブライアン・メイ。先日Google Skyのことを書きましたが、天文関係の話題というと真っ先にこの方のことが頭に浮かぶ私、久々に彼のブログを覗きに行ってみたんですよね。そうしたら、なんたる偶然かちょうどその日(8/23)、ブライアンはPh.Dの口頭試問にパスされていたのです! 

学生時代に天体物理学の博士号をめざしていた彼、クイーンの活動に専念するために学業の継続を断念されたという経緯があるのですが、ご本人いわく、「37年かかったけど、やっと博士になったよ!」。凄い人だなあ・・・ますます尊敬してしまいます。

Congratulations, Dr. Brian May!


2007-08-26 10:09 | 情報系(ニュース、公演) | Comment(4)
Comment
NaokoSさん、こんばんは。
ブライアン・メイ、口頭試問にもパスしたのですね。お知らせありがとうございます。日本でも論文提出まではニュースに出たのですが、その後は出ていませんでしたので。合格も凄いですが、それだけ追い求める研究テーマを見つけられること自体が凄いなぁ、と私なぞ感心してしまいます。
↓のタイトルで、思わずボストンの「宇宙の彼方へ」が頭に流れてしまったのは、私だけでしょうかw。
shushu 2007/08/26(日) 22:50:17) 編集


shushuさん こんにちは。

ブライアンご自身の説明によるとPhDの口頭試問のレベル(カテゴリー)には8段階あるそうです。最高が"1"でその場で博士号を授与されるというもの、だけどこのレベルで取れる人は殆どいないとか。彼のレベルは"2"で、基本的にOK・あとは若干論文に修正を加えれば可ということで、実質的にパスしたということらしいです。
(ちなみにレベル"3"以下だとかなり険しいみたい・・・)

>>合格も凄いですが、それだけ追い求める研究テーマを見つけられること自体が凄いなぁ、と私なぞ感心してしまいます。

ほんとですよねえ・・・彼はギタリストとしてもやや職人的なところがあるように思うんですが(お父さんとギター作っちゃったりとか)、根っから研究者タイプなんでしょうねえ。今後は学者としても功績を残されるのかもしれませんね。

>>↓のタイトルで、思わずボストンの「宇宙の彼方へ」が頭に流れてしまったのは、私だけでしょうかw。

うふふ 気づいて下さってありがとう。実は以前ボストンのこの曲についてちらっと触れたんですよ・・・全然違う話題ででしたが。

http://londonballet.blog60.fc2.com/blog-entry-42.html


Naoko S 2007/08/27(月) 01:43:52) 編集

以前のBlog記事拝見しました。「宇宙の彼方に」は本当に名曲ですよね。この曲とセカンドに入っていた「A man I'll never be」は未だに大好きですが、やはり絶対の1曲といえば、こちら。ただ1回の武道館ライブにも行きましたw。

ギター+理系博士号というとボストンのトム・ショルツもそうでしたね。何と言う偶然!
shushu 2007/08/27(月) 21:22:04) 編集


shushuさん たびたびどうも~。

>>この曲とセカンドに入っていた「A man I'll never be」は未だに大好きですが、やはり絶対の1曲といえば、こちら。ただ1回の武道館ライブにも行きましたw。

セカンドならなんといっても私は表題曲のDon't Look Backですわ~。あの冒頭の超・派手派手、華麗なギター・リフは今聴いても血が騒ぎます(笑)。これ聴いているといつも思うんですが、ボストンを大音量で流しながらアメリカのだだっ広いハイウェイをドライブしたら、どんなにか気持ちいいだろうなあ・・・と。(一度やってみたい!)ただ一回の武道館コンサート!貴重な体験されてるんですねえー 私は見逃してますわ~。

>>ギター+理系博士号というとボストンのトム・ショルツもそうでしたね。何と言う偶然!

このお二方のギター・サウンドってちょっと似てますよね。(トム・ショルツが出てきたとき、”あ、ブライアンの真似!”と思った私です・笑)。緻密で完璧主義に加えエンジニアの素養がある(おっとショルツは素養どころか本職でしたね確か)という点も共通するものが・・・。何よりお二人ともロック界では貴重な知性派ギタリスト!(←これで丸く収まった~)
Naoko S 2007/08/28(火) 01:32:33) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。