スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボリショイ・バレエ 「海賊」 (8/15 matinee)
昨夜のミックス・プロ開演前。ほとんど毎回顔を合わせる常連のCからショッキングな言葉を聞いてしまった。彼女いわく、フィーリンがボリショイのロンドン公演に参加するのは今回が最後だとか・・・。顔色一つ変えずに淡々とそう語る彼女に、思わず、えーっ誰がそんなこと言ったの!?と食ってかかったのだけど、あくまでクールなC(彼女はフィーリンのファンではないので)が淡々と続けるには、誰に聞いたか定かじゃないけどそういう噂があるから(常連の)Hが彼に渡すカードを回してるわよ・・・だって。

まさか、何だってそんな噂が・・・フィーリンって何歳ぐらいだっけ まだ30代後半よね?バリバリのクラシック・カンパニーである(しかも世界最高水準を維持し続けなければならない)ボリショイ・バレエ団では、男性ダンサーの寿命は決して長くないのかもしれないけど、それにしても・・・(泣)。Never say Never!と祈るような気持ちで向かったコロシアム、本日のマチネ公演。以下、殆ど「フィーリン鑑賞記録」ですのでご注意ください。メイン・キャストはこちらです:

メドゥーラ: スヴェトラーナ・ルンキナ
コンラッド: セルゲイ・フィーリン
ビルバント: アンドレイ・メルクーリエフ
ギュリナーラ: アナスタシア・ヤツェーンコ
奴隷のpdd: アナスタシア・スタシュケヴィッチ、アンドレイ・ボローティン
海賊ダンス: アンナ・レベツカヤ
オダリスク: オルガ・ステブレツォワ、アンナ・ニクーリナ、アンナ・レオノーワ

早速、フィーリンです(笑)。注目の登場シーン・・・これが、結構意表をつく、やや"老け作り"に見えるコンラッドなんですよー びっくり。髪はフロントをちょっとだけ立てて長髪を後ろで束ねてる。勿論口髭もあるし、しぶ~い雰囲気で、一昨日のサラサラヘアーでナチュラルな若々しい姿&昨夏のあのカワユーイ・変形マッシュルームが目に焼きついている身には、なんとも新鮮。この渋さとフィーリン特有の、ちょっと口角を上げてニヒルに微笑む表情が絶妙のブレンドで、”フィーリンってオネーギンが絶対似合うわ~!”と、彼の新たなレパートリーの可能性に思わず興奮してしまったのでした。

相手役のルンキナは清楚で可憐で陶器でできたお人形のよう。今回のツアー、全幕もので彼女を見るのは今日が初めてだったのだけど、昨夏に比べると格段に踊りのスムーズさが向上していたような。演技面には更に磨きがかかったみたいで、目で表現することにかけては彼女はボリショイ女性陣の中でも随一。慎ましやかで上品な中に茶目っ気もあるメドゥーラを演じていて好感が持てました。真ん中を踊る時の華やかさでは、ザハロワ、アレクサンドロワにやや負けてる感はあったけど。

この美形ペアに絡むのが、これまた綺麗なビルバント・メルクーリエフ。長髪で前髪を下ろしてるんだけどこのスタイルがとっても似合っていて可愛いので、凄みとかワルっぽい雰囲気はないんですが・・・しかし、この人も目力は相当。くっきりアイラインに縁取られた目が今日は凄く生き生きと光っていて、先週見たときよりもインパクト強かった。(前夜とその前に滅茶苦茶運動量の多いサープ作品踊ってすっかりハイになっちゃったのか?なんて空想してました。)フィーリンとメルクーリエフが並ぶ図は、ベテランと若手の対比がくっきり・上下関係は明確だったけど、ちょっと綺麗すぎて、コレほんとに海賊~?だったような。(ま、私的には大歓迎でしたが・笑)

ヤツェーンコの大人なギュリナーラはとっても好きだけど、先週この組で踊って評判の良かったクリィサーノワも見てみたかったなあ。(彼女は明日の「明るい小川」の初日を踊ることになっているからお休みだったのかしら。)トロワ・オダリスクのうち二人は先週と違うダンサーで見られてこれも嬉しかった。先週のファースト・キャストの3人はやはり凄かったけど、今日も満足度の高い踊りを見せてもらいました。(オーシポワが踊った3emeヴァリエーションの気になっていた振付、今日の方はピルエット&アラベスクを繰り返していました。やはり、あれはオーシポワ・スペシャルだったのね・・・)

フィーリン@コンラッドで見ると、つくづくこの版は2・3幕は男性ダンサーの出番がない・・・と痛感。もうちょっと踊ってほしかったなあ・・・彼の演技は素晴らしかったけど。ルンキナを本当に愛おしそうに、"なんてイイ女なんだ~"って熱烈な目で見つめる度に、きゃ~きゃ~♪と反応しながら見ていたのは、私です・・・。

カーテンコールで幕前に主役ペアが出てきて拍手に応えるとき、フィーリンはドン・キの時同様、ゆっくり時間をかけてレヴェランスして、奥に消えていこうとするルンキナを引き止めると、膝まづいて彼女の手の甲にキス。彼のこういうところが凄く好き!で、二度目の時もフィーリンは恭しく・深ーく膝まづいてルンキナにキスしようとしたのに、彼女ったら、”もういい加減おやめになって~”とばかり、さっさと先に行っちゃったのです!えーっ何今の・・・ルンちゃんったら、ちょっと冷たいんじゃない!?と、一瞬真剣に怒りました私。ドン・キの時のフィーリン&アレクサンドロワの愛にあふれたカーテンコールを思い出して、千秋楽にまたこの二人が踊ってくれるからいいか・・・と気を取り直しましたが。

というわけで、明晩からいよいよツアー最後の演目「明るい小川」がスタートします。フィーリン、当たり役できっとはじけてくれることでしょう。楽しみ!
2007-08-16 07:51 | ボリショイ・バレエ | Comment(5)
Comment
フィーリンの女性をたてるレヴェランスのマナーの良さ、クラシックの基本に忠実なラインの綺麗な踊りとともに彼の大きな魅力の一つですよね!
かなり前のバレフェスで東バの斉藤さんと共演した際、彼のあまりの素晴らしさに拍手に差が付いてしまいそうだったときに、自分は下がって女性をとにかく立てていた紳士的な心遣いを思い出しました。
昨年のボリショイ公演のときに、確か「ファラオの娘」でアレクサンドロワとの主演を観た記憶があるのですが、全く時の流れを感じさせない踊りでした。
LONDON公演が今回最後だなんて勿体無い・・・。
パリオペのようにボリショイでも定年ってあったのでしたっけ?
賞味期限(?)って個人差が大きいことかと思いますので見直していただきたいですよね・・・
maria 2007/08/17(金) 01:23:45) 編集

先日はガルニエの件でお世話になりました!「嵐が丘」コンテンポラリー作品なので私と友人について行けるかちょっと不安なので、まだチケットはとってないのですが劇場の見学は絶対行こうと思ってます。(小心者です)「海賊」私は15日の夜に行ってきました!そして、も~う大興奮です。主役は初日のキャスティングと同じでザハロワとマトヴィネンコ、特に昨年ドン・キでも観たマトヴィネンコに1幕で惚れてしまいました~。2、3幕では演技だけでしたけど、それでも魅入ってしまいました。衣装も素敵で海賊と奴隷というよりは美男美女の王子とお姫様みたいですね。3幕の船が割れちゃうシーン、あまりにもすごくて笑ってしまいました。1人で行ったのでこの感動を誰かに聞いて欲しくて図々しくもここにコメントしてしまいました。すみません。オーシポワが出ていなかったので今「明るい小川」を観に行こうか検討中です。秋くらいには日本に帰ってしまいそうなんですけど、彼女のこと日本でも見るチャンスはありますか?なければ観ておくべきですよね~。あー、迷います。
chikap 2007/08/17(金) 02:48:57) 編集

mariaさま どうも~。フィーリンの東バ客演時のエピソード、ご紹介くださってありがとうございます(目に浮かびます!)。ボリショイの定年って何歳なのか、そもそも定年制があるのか、さだかではないのですが、おそらく徐々に踊るペースを落としていくということなのかな・・・と想像しています。私的にはぜーんぜん受け入れられない話ですが・・・今夜もあまりに素敵な(ぽっ・照)舞台姿を見せて頂いたので。彼の気が変わってこれからも貪欲に踊り続けてくださることをひたすら祈るのみですわ・・・。


chikapさん 昨夜の海賊をご覧になったのですね~ ザハロワ&マトヴィエンコを堪能されたようで何よりです!

>>オーシポワが出ていなかったので今「明るい小川」を観に行こうか検討中です。秋くらいには日本に帰ってしまいそうなんですけど、彼女のこと日本でも見るチャンスはありますか?

今夜「明るい小川」の初日でオーシポワを見ましたが、相変わらず元気に舞台を跳ね回っていました(すごいエネルギーの持ち主!)。彼女残るは土曜のマチネですよね もし見に行けそうでしたら是非、おススメですよ。ボリショイは来年日本公演がありますが、どの演目を持っていくのかわかりません・・・「明るい小川」入ってたかなあ?日本だとチケット代が高いですし、ロンドンで見ておかれてはいかがでしょう?
Naoko S 2007/08/17(金) 08:38:09) 編集

Naoko Sさま初めまして。以前から楽しく読ませていただいております。LondonとParisはいつか行ってみたい(劇場でバレエを見たい)と企んでいるのですが、まだ実現できておりませぬ。

2008年ボリショイの日本公演ですが、『白鳥の湖』『ドン・キホーテ』『明るい小川』が予定演目となっています。まだまだ先の話ですので、誰が何を踊ってくれるかは?ですが・・・。確かに日本でのチケット代は高いと思います。それでも、見に行ってしまうでしょうけどね!
Odette 2007/08/18(土) 23:45:57) 編集

Odetteさん はじめまして。来年のボリショイ日本公演について書き込んでくださって有難うございました。実はこの件、一昨日ボリショイの権威・けいちか様に教えていただき早速JAのサイトをチェックしていたところでした。遂に「小川」が日本上陸!きっと日本でもウケるんじゃないかな~ 是非是非ご覧になってくださいませ。
Naoko S 2007/08/19(日) 22:27:38) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。