スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
マリインスキー・バレエの人事異動
Kevinがballet.coにポストしてくれた情報から。

今季限りでマリインスキーを退団するダンサー、筆頭はルジマトフですが、コール・ド・レベルでは、ダリヤ・スホルーコワとマキシム・チャスケゴロフ(Maxim Chaschegorov)がドレスデン・バレエに移籍する模様。(ドレスデン・バレエって、いまや元マリインスキー・ダンサーの宝庫ですね!)

そして、入団者にはなんと、エイフマン・バレエのイヴァン・コズロフ!

この方のことは過日ロパートキナの新たなパートナーとして話題にしましたが、マリインスキーに移ってくるとは予測外。どのランクでジョインするのかが不明だけど(純クラシックに関しては未知数??)、ロパートキナが彼のことを気に入って積極的に動いたのかな だとしたら面白いことになりそうで、楽しみ~。
2007-07-30 08:39 | マリインスキー・バレエ | Comment(4)
Comment
Naokoさん、こんばんは。
いや~私もびっくりしました。スホルーコワは昨年の来日公演でも大活躍していたので…(白鳥ではトロワ、花嫁候補、2羽の白鳥の1人3役)まさか移籍するとは思ってもいませんでした。
そしてあのコズロフ君が!マリインスキーに来るのですね。「2大バレエ団」と銘打った公演にまで連れてきちゃうなんて、余程のお気に入りなんだな~と思っていたら、そういうことな訳だったのですか。クラシックのバレエ団でどういう使われ方をされるのでしょうね~?日本でも上演予定のエイフマン"Double Voice" 私もYou Tubeでちらっと見ましたが(曲はPink FloydのThe Great Gig In The Skyでしょうか)件の雑誌のブノワ賞ガラ・レポでは「薔薇の死」よりも作品として興味深く、より観客の胸に深く刻み込まれた…と書いてありましたよ。
今晩からいよいよボリショイ・ロンドン公演が始まりますね!Naokoさんのご感想、楽しみにしております!
こう 2007/07/30(月) 23:48:41) 編集


ボリショイ、初日行ってきました!メル君@ビルバンド、かわいかったですよ~ 詳しくはのちほど。

昨夜コズロフ君のバイオを見たくてネット・サーチしてみたんですが、見つからず・・・。どういう経歴の方なのかな、特にどこでダンス教育を受けたのか、クラシックはどれぐらいいけるのか・・・気になりますね。

来月このホットなペアをご覧になれる日本のバレエ・ファンが羨ましい!こうさんのご感想、どこかで拝見できるのを楽しみにしております~~。
Naoko S 2007/07/31(火) 09:14:11) 編集

イワン・コズロフくんのマリインスキー・バレエ移籍は、わたしにとってビッグニュースでした。

彼の経歴をご紹介します。

1982年1月13日生(キエフ出身)
ウクライナ国立キエフ舞踊学校を2000年に卒業。
2000年    サンクトペテルブルク国立アカデミー・エイフマン・バレエにソリストとして入団。
2002年以降 インターナショナル・バレエ(USA)のソリストとなる。
2004年以降 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場のソリストとなる。
2006年以降 サンクトペテルブルク国立アカデミー・エイフマン・バレエにソリストとなる。
<(エイフマン・バレエでの)レパートリー>
「ピノキオ」男の子 「ドン キホーテあるいは狂人のファンタジー」バジル 「カラマーゾフ」イワン 「レッド・ジゼル」国家諜報員 パートナー 「ロシアン・ハムレット」お気に入り 相続人 「ドンファンとモリエール」コマンダー

2000年キエフ舞踊学校卒なので、マリインスキー・バレエのレオニード・サラファーノフとは同期生です。
2000年にエイフマン・バレエに入団した後、キエフ・バレエのソリストをしたりして2006年にエイフマン・バレエに復帰したという複雑な経歴。
彼はサラファーノフと違い、高身長で身体もとても美しいです。(笑)
今後、マリインスキー・バレエでどのような扱いになるか、楽しみです。

エイフマン・バレエのアーティストは、すべてロシア国内の舞踊アカデミー卒です。また、エイフマン・バレエの公演をご覧になられたらご理解頂けるかと思いますが、クラシック・バレエ準拠の演目ばかりです。
Yura 2007/08/01(水) 01:27:50) 編集


ひゃ~凄い!Yuraさん、書き込んでくださって有難うございます!!

ふむふむコズロフ君はウクライナ出身でキエフの学校を卒業されてるんですね。サラファーノフと同期なんだ~ 若いのねー!(いいなぁロパートキナ・・・←コラコラ)

確かにちょっと複雑な経歴ですが、プロのダンサーとしてスタートを切ったのはエイフマン・バレエだったのですか~ そして他所での経験を経てまた古巣に戻ったわけですね。マリインスキーへの移籍は彼にとってはキャリア上最大の冒険というか挑戦のように見えますが、ぜひ成功してほしいですね!(キエフで"ソリスト"として踊っていた、という部分にはちょっとホッとしてしまいました。米国のBallet Internationaleってどんなカンパニー?とちょっとサーチしてみたんですが、元キーロフのダンサー、エルダー・アリエフが創設した小規模のカンパニーで、05年末に解散したとか。)

>>高身長で身体もとても美しいです。(笑)

ウフフ、私もYouTubeで見て期待感を募らせてましたわ。ご紹介くださったエイフマン・カンパニーでのレパートリー、諜報員とかカラマーゾフならイワンとか、クールでダーク系のキャラクターを演じることが多かったのでしょうか。早く生で二人が踊る舞台を見てみたいです!
Naoko S 2007/08/02(木) 06:26:15) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。